湯豆腐作り方 簡単。 湯豆腐のレシピ・作り方一覧(35件)

おいしい湯豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

湯豆腐作り方 簡単

土佐醤油を用意するのがおすすめ 湯豆腐は 「美味しい豆腐を用意して、いろいろな薬味で素朴な美味しさを楽しむ」のがいちばんだと思います。 そんな湯豆腐になにをかけて食べるのかは迷うところではありますが、個人的には 『土佐醤油を少し薄めたもの』がおすすめ。 「醤油+甘み+かつおの風味」という組み合わせの『土佐醤油』を薄め、温めずに冷たいままで熱々の豆腐にかけるんです。 薄める割合は、 できあがった土佐醤油2に対して、水が1〜1. 5くらいの割合です。 そのままだと少し塩気が強いので、豆腐をたくさん食べることを考えると、少し薄めたほうが美味しく食べることができます。 土佐醤油は、一度作ってしまえば長く冷蔵保存もできるので、下記のページを参考に作ってみてください。 湯豆腐のレシピ/作り方 湯豆腐を作るには、まずはじめにできるだけ美味しい豆腐を用意します。 これは木綿でも絹でも好みのものを使ってください。 ちなみに私はしっかりとした食べごたえの木綿豆腐をよく使います。 土鍋に水と昆布を入れ、少し大きめに切った豆腐を上からそっと入れます。 その水の量に対して0. 5%ほどの昆布。 いつものだし取りの半分くらいの少なめの昆布で十分です。 薬味は好みのものを5種類ほど用意しましょう。 できるだけ多い方が食べる時に楽しく、より美味しく食べることができます。 おすすめは定番の「刻みねぎ」「おろし生姜」「花かつお」と、あるとうれしい「切り海苔」「大根おろし(一味唐辛子をふりかけて)」。 その他にも大葉や柚子のせん切り、おろしわさびなども美味しいです。 土鍋を火にかけ、じっくり豆腐を芯まで温めます。 温かい豆腐を器に取って薬味をそえ、土佐醤油を水で割って作った醤油だれをかけていただきます。 個人的には湯豆腐の醤油だれを温めず、冷たいものをかけるほうが美味しいと思います(もちろんお好みで温めてもらっても!)。

次の

おいしい湯豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

湯豆腐作り方 簡単

Contents• 寒い時期になると湯豆腐を食べる機会が増えますよね。 さっぱりとして、温まる湯豆腐にピッタリな献立を紹介します。 一、きんぴらごぼう ピリ辛のきんぴらごぼうとさっぱりとしたら湯豆腐はとても相性が良いです。 野菜を使った副菜を用意でき、ご飯やお酒のおつまみになるのでとてもいいです。 二、魚の煮付け 湯豆腐は、魚とよく合います。 甘辛く煮付けることで、さっぱりとした湯豆腐にピッタリです。 三、水菜のサラダ シャキシャキとした水菜のサラダと相性が良いです。 きゅうりやトマトなどの具材を入れても良いですね。 ドレッシングも和風、洋風、マヨネーズなどその時々に使い分けて味を楽しみましょう。 簡単な作り方 一、きんぴらごぼうの簡単なレシピ ごぼうをよく洗います。 水にさらして、アクを取ります。 人参は皮を剥いて、細切りにします。 フライパンを熱して、ごま油を入れて、人参とごぼうを炒めます。 砂糖、みりん、酒、だし、しょうゆを入れます。 汁気がなくなるまで炒めましょう。 二、魚の煮付けの簡単な作り方 魚を用意します。 生姜を薄切りにします。 鍋に煮汁の材料を入れて、水、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を全て入れて強火で加熱して、煮立ったら魚を入れます。 落し蓋をして弱火で五分程度煮て、蓋を取って中火で煮付めます。 三、水菜のサラダの作り方 水菜をよく洗います。 水気を切り、食べやすいサイズに切っていきます。 他にトマトやきゅうりも切っても良いです。 皿に盛り、マヨネーズやドレッシングで味付けします。 あっさりとした湯豆腐に合うおかずなので、ぜひ作ってみてくださいね。 ガッツリ食べたい時は、肉料理ですね。 大根とチキンの煮つけが多いかも。 たまに、ギョーザ。 基本、冷蔵庫あるもの残りものを見てから、献立は湯豆腐と決めることが多いので、毎回似たり寄ったり。 あと、おかずではないですが、炊き込みご飯にすることもあります。 (湯豆腐と炊き込みご飯のみの献立です) おススメになるか分かりませんが、我が家では毎回こんな感じです。 簡単な作り方 作り方 「きんぴら」至ってシンプル。 人参とゴボウを炒め、だし汁で5分ほど煮ます。 そこに、みりん、砂糖、醤油を加えて更に10分ほど煮て、最後にゴマ油気持ち入れ、ひと煮立ちしたら完成。 ゴボウの代わりに大根にしたり、人参の代わりに蒟蒻にすることも。 人参はおろし金があると便利。 そこに、みりん、砂糖、醤油を加えて、更に10分ほど煮たら、完成。 「炊き込みご飯」市販の炊き込みの素に、人参、しめじ 又はえのき)、鶏肉を入れ、スイッチオン。 ボリュームのある炊き込みご飯になります。 家族が多い場合は、1合追加に対し、出し醤油を大さじ1足すといいですよ。 ご飯なのですが、うちはおかずとしてたくさん食べます。 付け合わせとしてはマヨネーズ和えの野菜(ポテトサラダや大根とハムの和え物など)を出したりもしますが、主に湯豆腐に合うものという認識で言うと、混ぜご飯や炊き込みご飯と湯豆腐の組み合わせは、男子も満足感のあるおなか一杯メニューだと思っています。 男子からするとさっぱりとして物足りない湯豆腐ですが、お腹は結構膨れます。 そこに肉料理などを足すと、作る側も手間がかかりますが、混ぜご飯にするとお肉も入っていてコッテリしているので食べ応え抜群です。 たくさん作れば次の日のお弁当にも嬉しいごはんとなります。 簡単な作り方 簡単なレシピですが、手っ取り早く済ませる時は炊き込みご飯の素を使う事も多いです。 混ぜご飯にする場合は、鶏もも肉、ごぼう、人参、油揚げ。 調味料は、だしの素、みりん、しょうゆ、酒、砂糖、にんにく(すりおろし)。 ごぼうはささがきにします。 鶏もも肉は小さめにカットしておきます。 皮は取り除いた方が私は好きですが、お好みです。 フライパンに油をしき、具材を炒めます。 ある程度脂がまわったら、調味料を入れて汁けが少なくなるまで煮詰めたら完成です。 ご飯に混ぜるので、多少の汁気は残した方が良いですが、好みで加減して下さい。 大分の鶏めし風ににんにくを入れると、男性もガッツリ食欲がわくので、湯豆腐と一緒に食べてお腹いっぱいになります。 湯豆腐に合うおかず・献立なので作ってみてくださいね。 さて、湯豆腐に合うおかずを色々と考えていましたが、熱々の食べ物なのでちょっと冷やっとするものがあると口休めになると思い、パッと思い浮かんだのが枝豆とお刺身です。 お刺身はスーパーにある旬な物や、切ってある状態のしめさばなどはどうでしょうか。 お鍋をすると食べ終わった後の片付けもなかなか大変なので、ささっと作れて簡単に片付くものが良いですね。 それと、付け合わせにきんぴらごぼうはどうでしょうか。 ポン酢でお鍋をつつくと甘いものがほしくなったりします。 甘辛く味つけたきんぴらごぼうは口の中の味が変わってお鍋がまた美味しく食べられると思います。 これらがあると夜ご飯も楽しくなるのではないでしょうか。 簡単な作り方 お刺身はきってある状態の商品がおいてあるのでそれを買えば時短になります。 きんぴらごぼうの作り方はきんぴらごぼうセットなどがスーパーにあるので軽く水洗いし、油でさっと炒めます。 ある程度炒めたらだし汁をごぼうが浸る程度入れます。 煮立ってきたら砂糖を入れて煮ます。 次に醤油、酒、みりんを入れ煮汁がある程度なくなるまで煮ます。 時間がかかるようで以外と時間がかからない簡単な煮物です。 ごぼうや人参を炒めるときにごま油を使うと香りも良く、コクがでるような気がするのでお勧めです。 きんぴらごぼうは大量に作って保存しておくと、次の日の献立に困ってもおかずとして使えます。 お刺身にまぐろを買って余ったら、醤油とわさびを混ぜたつけ汁を作って混ぜておくと漬けになり、湯豆腐に合うおかずになりますよ~。 これだけであったまりますよね。 ですが湯豆腐だけではさっぱりとしているので付け合わせには少しボリュームのあるおかずを用意したいですね。 湯豆腐が献立に入っているということはあまり油っこいものではなくあっさりとしたものが食べたい時だと思います。 なので冬場に美味しいタラの野菜餡掛けがおススメです。 白身魚でクセがないし、餡掛けの甘辛の餡が淡白な湯豆腐とは違う味つけで楽しめます。 タラでタンパク質も取れますし、にらや人参、玉ねぎなど野菜もたっぷりで栄養のバランスも取れています。 餡の中には生姜も入れて体がさらにあったまるようにします。 冬場の疲れた胃腸にもとても優しいメニューだと思います。 簡単な作り方 タラの野菜餡掛けはとても簡単なメニューです。 レシピはタラの切り身を半分くらいの大きさに切り、小麦粉をつけます。 フライパンに油を多めに入れてタラを揚げ焼きにして一旦取り出しておきます。 餡掛けの野菜は、にら、玉ねぎ、人参、きのこ類など何でも良いです。 鶏ガラスープの中に野菜を入れて一煮立ちさせ、みりん、醤油、生姜汁などで味つけをします。 結構、濃い味つけにした方が美味しく食べられます。 にらは色が変わってしまうので最後に少し煮る程度で大丈夫です。 餡ができあがったらタラの上にたっぷり掛けたら出来上がりです。 にらや人参などの野菜の彩りも大切にしてバランスよく盛り付けてください。 湯豆腐に合うおかずですし、お年寄りから子供まで無理なく食べられるメニューです。 我が家では、湯豆腐にした時には主に、ほうれん草の卵とじと、塩唐揚げにします。 やはり湯豆腐だけではさっぱりしすぎて味気ないと思うので、ほうれん草の卵とじと塩唐揚げにします。 大体、子供さんがいる、ご家庭では分かると思うのですが、湯豆腐を好んで食べるっていう子供さんは少ないと思います。 なので我が家では、塩唐揚げとほうれん草の卵とじをプラスするだけで、子供たちも食べれる献立にしています。 それに湯豆腐を作るのはとても簡単なので、塩唐揚げとほうれん草の卵とじを作る時間も出来てしまうのです。 湯豆腐に合うおかずとしては、この2つをプラスして、皆さんにも試して欲しいなって思います。 簡単な作り方 紹介した献立の簡単なレシピを紹介したいと思います。 まずはほうれん草の卵とじです。 次に塩唐揚げです。 白身系の魚のお刺身をおかずにすることが多いです。 付け合わせには肉味噌を付けます。 これは、白身魚の味がさっぱりしてるので、肉味噌で少しガツンと味をつけます。 湯豆腐のおかずで好きなのはモロヘイヤも好きです。 モロヘイヤにした時はメインのおかずを生姜焼きなどがっつりしたお肉にするのが好きです。 あと、副菜でほうれん草などの青物野菜のお浸しか、わかめなどの海藻類のサラダにします。 サラダにするのなら、大根サラダの時もあります。 モロヘイヤを洗います 2. 沸騰したお湯でゆでます 30秒くらい 3. 茹でたモロヘイヤを5センチくらいに切ります 4. 切ったモロヘイヤをボールなどの容器に入れ、醤油を少々かけて混ぜ、鰹節を入れてさらに混ぜます 5. 調味料をまぜておきます 砂糖大1. 酒大1. 味噌大1. にんにく少々 2. 油をひいたフライパンで合挽き肉を炒めます 3. 炒めた肉に1を混ぜ、軽く火を通します 4. お肉は薄いもので、火を通す時間を短縮します。 豚ロースに酒を少々入れて、お肉を柔らかくします 2. すりおろし生姜を豚ロースに塗り込みます 3. 油を引いたフライパンで豚ロースを焼きます 中火 4. お肉に火が通ったら、焼肉のタレを回し入れて炒めます 5. 少なめなお野菜を補うために、ほうれん草の煮びたしを足して、さらに湯豆腐の付け合わせとしてねぎをたっぷりと乗せると野菜がたくさん摂れます。 追加で大根や白菜の浅漬けなども合いそうですね。 おなかの空き具合や気分に合わせて白米や、炊き込みご飯、お味噌汁を足すことで、「湯豆腐」から感じる手抜き感を一掃できます。 それでいて、どれも簡単にできるものばかりです。 肌寒くなる今からの時期に、温かい湯豆腐とおかずの夕飯で家族に身も心も温まってもらいたい、そんな献立です。 簡単な作り方 おすすめのおかずの簡単な作り方を紹介します。 作る分量によって、材料や調味料の量を調整してみてください。 ・さばの味噌煮 さば2切れをぴったりサイズのお鍋に入れ、2:1の水:酒をさばが浸かるくらい入れる。 みりん、砂糖、みそは同量ずつ、醤油をその半量ほどを溶かし、生姜の輪切りを1カケ分乗せて火にかける。 落し蓋をし、沸騰したら弱火で15分ほど煮込めば完成。 ・きんぴらごぼう 牛蒡と人参をピーラーなどで削り、ごま油をひいたフライパンでしんなりするまで炒めます。 醤油、酒、みりん、さとうを同量ずつとお好みで鷹の爪の輪切りや七味を混ぜたものを加え、水分が飛ぶまで炒めて出来上がり。 牛蒡と人参のほかに、細切りにしたピーマンや、きのこ類を加えるといろいろな食材がいっぺんに摂れます。 ・ほうれん草の煮びたし 食べやすいサイズに切ったほうれん草をひたひた位のだし汁で煮びたしに。 食べるときにお醤油を垂らしても。 お好みでしらすや大根おろしを足してもおいしいです。 基本的に湯豆腐は味が薄めなので塩辛いものを選ぶことがポイントです。 加えて我が家では湯豆腐を汁物として扱うので、お味噌汁などは出しません。 それを踏まえた献立を下記に3点示します。 簡単な作り方 ・焼き魚 【簡単な作り方】よく熱したグリルで焼いて完成。 ・生姜焼き 【簡単な作り方】豚肉に塩コショウをふり、焼く。 生姜、砂糖、醤油、酒で味付けをする。 最後に千切りキャベツと一緒に皿へ盛り完成。 ・きんぴらごぼう 【簡単な作り方】ささがきのごぼうと人参を水に浸す。 油で軽く炒め、砂糖、醤油、酒、一味唐辛子で味付けをする。 味が整ったらごま油をいれさっと炒める。 白ごまをまぶして盛り付けて完成。 ・青菜のおひたし 【簡単な作り方】沸騰したお湯にほうれん草などの青菜を入れて湯がく。 水で冷却し、しっかり水分をしぼる。 食べやすいサイズに切り、鰹節をまぶして完成。 ・青菜炒め 【簡単な作り方】にんにくを包丁でつぶし、フライパンに油をひき、油ににんにくの香りがつくまで加熱する。 食べやすいサイズに切った青菜(空心菜がおすすめ)をさっと炒める。 途中で塩をふり味付けして完成。 ・サラダ 【簡単な作り方】好みの野菜を食べやすい大きさに切る。 中華風ドレッシングをかけて完成。 ・シンガポール風チキンライス… 【簡単な作り方】炊飯器に米2合と鶏モモ(ムネ可)1枚、コンソメキューブ1個、塩一つまみを入れる。 2合分の水を入れ炊飯器で炊く。 炊けたら鶏肉を食べやすい大きさに切り、ライスの上に乗せて完成。

次の

おいしい湯豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

湯豆腐作り方 簡単

土佐醤油を用意するのがおすすめ 湯豆腐は 「美味しい豆腐を用意して、いろいろな薬味で素朴な美味しさを楽しむ」のがいちばんだと思います。 そんな湯豆腐になにをかけて食べるのかは迷うところではありますが、個人的には 『土佐醤油を少し薄めたもの』がおすすめ。 「醤油+甘み+かつおの風味」という組み合わせの『土佐醤油』を薄め、温めずに冷たいままで熱々の豆腐にかけるんです。 薄める割合は、 できあがった土佐醤油2に対して、水が1〜1. 5くらいの割合です。 そのままだと少し塩気が強いので、豆腐をたくさん食べることを考えると、少し薄めたほうが美味しく食べることができます。 土佐醤油は、一度作ってしまえば長く冷蔵保存もできるので、下記のページを参考に作ってみてください。 湯豆腐のレシピ/作り方 湯豆腐を作るには、まずはじめにできるだけ美味しい豆腐を用意します。 これは木綿でも絹でも好みのものを使ってください。 ちなみに私はしっかりとした食べごたえの木綿豆腐をよく使います。 土鍋に水と昆布を入れ、少し大きめに切った豆腐を上からそっと入れます。 その水の量に対して0. 5%ほどの昆布。 いつものだし取りの半分くらいの少なめの昆布で十分です。 薬味は好みのものを5種類ほど用意しましょう。 できるだけ多い方が食べる時に楽しく、より美味しく食べることができます。 おすすめは定番の「刻みねぎ」「おろし生姜」「花かつお」と、あるとうれしい「切り海苔」「大根おろし(一味唐辛子をふりかけて)」。 その他にも大葉や柚子のせん切り、おろしわさびなども美味しいです。 土鍋を火にかけ、じっくり豆腐を芯まで温めます。 温かい豆腐を器に取って薬味をそえ、土佐醤油を水で割って作った醤油だれをかけていただきます。 個人的には湯豆腐の醤油だれを温めず、冷たいものをかけるほうが美味しいと思います(もちろんお好みで温めてもらっても!)。

次の