少年 の 日 の 思い出 エーミール。 『少年の日の思い出』ヘルマン・ヘッセ|教科書のあらすじ&感想文|作者が伝えたいこと|ほんのたび。読書感想文とあらすじ

少年の日の思い出【中1国語】指導案とテスト対策!感想文の例

少年 の 日 の 思い出 エーミール

エーミール(l, の発音はエィー)とは、• の人名。 ルとも訳される。 の・ヘッセのの登場人物。 短篇 『少年の日の思い出』の作中話の登場人物• 『デーン: エーミール・のの』のり手、および発表時のヘッセの偽名• の児童・ケーの『エーミールとたち』、『エーミールと三人のふたご』の登場人物、 エーミール・ン。 ノイシュタットに住む。 による『』の登場人物。 - の副官。 - 付きの従卒を務める。 、「」の登場人物。。 「」の1人。 本項では多くの人により染みの深い2-Iについて解説する。 あらすじ り手である「」のもとを訪れた友人の「」が、の標本を見せられたことを切っ掛けにの頃のを話す。 エーミールはその話の登場人物。 エーミールは「」のの中庭の向こうに住むのである。 非の打ちどころがなく(「」はこれを 悪徳と表現)、あらゆる点で品正な模範生であり、さらにの展翅について優れた技術も持っていた。 そんなエーミールを貧しい庭の「」は感嘆しながらも妬み、憎んでいたのだという。 実際、の中で「」の悪印があってか、エーミールは非常に感じの悪い(しかし軽蔑しようのいほどに璧な)としてられている。 「」はの収集に情熱を燃やしていた十歳ぐらいの頃、しいいコを捕える。 その展翅したコをエーミールに見せるのだが、そのしさを認めながらも、「」の展翅についてこっぴどい批評を食らってしまう。 二年後、「」が最も熱に欲しがっていたヤユ(ヤユガ科クスサン属()の)をエーミールがからかえしたと聞き、エーミールのを訪ねる。 エーミールの不在から「」は誘惑に負けて展翅中のヤユを盗み出してしまう。 直後に良心と不安から戻そうとするのだが、その時にはヤユはポケットの中で潰れてしまっていた。 エーミールはに修復するが、どうにもならなかった。 耐えきれず罪を打ち明けたの勧めもあって、「」はエーミールに自分の罪をし、侘びとして大切な自分のを全て差し出すと提案する。 だが、エーミールはすることもなく、ただ息をひとつ鳴らして「」を冷淡に軽蔑した。 「そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな。 」 「結構だよ。 は、君の集めたやつはもう。 そのうえ、また、 君がちょうをどんなに取りあつかっているか、ということを見ることができたさ。 」 の収集を自ら穢してしまった「」がその、自分のを全て、手ずから潰してしまうところで話は終わる。 日本において この『少年の日の思い出』( Jugendgedenken, 『の日』『』の邦題もあり)はの認知度が非常に高い作品である。 この短篇はもともとヘッセがに発表した『ヤユ』( s hene)を、地元ヴュルテンベルクの向けに1年に稿したもの。 同年に留学中の独者・健二(一般にはヘッセやケーので知られる)がにてヘッセを訪問した折、帰り際に中の聊を慰めるよう同のを手渡された。 それをしてで発表したものが『少年の日の思い出』である。 それがの定教科書『』に掲載されて以来年以上も過半数の教科書に掲載され続け(当項のも訳)、多くのが課程で を背負い込むにすることになったのである。 なお、の名前は訂の度に「」「蚕/ふ」「ヤユガ」と変化し、最終的に標準和名に沿った「ヤユ」に落ち着いた。 本では初稿の s hene の方が有名。 では健二の子にして協会および類理事を務める雄による厳密な学術考を踏まえた『ヤユ』が三省堂の教科書に採用されている。 『ヤユ』では「」にンリッヒ・モーア(Hnrh r)という名前があったり、エーミールがヤユを成体で捕獲したことになってたりと細部が色々と異なる。 つまり『少年の日の思い出』は「」を 名前変更可名にすることでのがより深まり、またエーミールがから育てることで彼にとってのヤユの価値がプになったりと、稿前として度がいっそう増していると言えるだろう。 もちろん教養(ビルドゥングス)としてもさることながら、かつては的な階級闘争を踏まえた的など、当時からさまざまな方がなされてきた。 現代的なではの元祖と視ることも可かもしれない。 ニコニコ動画において この作品の高い知名度ゆえか、内においてやの標本など(時には生きている場合でも)が登場すると「エーミール」のが流れることがままある。 登場するだけで流れることもあるが、によっては標本が仕掛けの一つとなっている場合もあり、が勝手に持ち出す様子がのを強く想起させるものと思われる。 くれぐれもにおいて人の物を盗んだり、壊したりしないこと。 何よりも他人にし憎悪しないこと。 関連動画 関連商品 関連項目• ・ヘッセ• 幻の編 - 少年の日の思い出を翻案している。 個人のを侵す〈〉の危険性というか。 その嫌悪はできるものではない(できたらそもそもそれがになるので)わけだけど。 と〈ぼく〉の間で善悪/好感度べをすると足を取られるけど、いっそはしない人物くらいに思った方がぁ。 たしかこれ、数十年後の〈ぼく〉が、聞き手の〈〉に話してる設定だったよね。 当然数十年の間に記憶はんでいるだろうし、もはやは、かつてしたかもしれないとなった人物をえて、の想のなかの徴的な憎悪の対なんだと思う。 〈〉へのな憎悪という〈ぼく〉の妄執に、〈〉が圧倒される。 500 ななしのよっしん.

次の

#少年の日の思い出 #エーミール そんなやつ

少年 の 日 の 思い出 エーミール

蝶の標本作りに熱心な主人公「僕」は、 隣に住む「非の打ちどころがない」模範少年エーミールが持つ貴重なクジャクヤママユの標本を盗み出し、破損させてしまう。 取り返しのつかないことをした「僕」はエーミールに謝罪するが…… 「そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな。 」 罵倒されるより胸を抉るセリフが、多くの中学生の心にトラウマを刻んだ…らしい。 60年以上も教科書に掲載され続け、多くの日本人が初めて読むヘッセ作品として認知されている本作。 言葉にし難い重苦しさ、妬ましさ、恥ずかしさ情けなさ、居た堪れなさ… 目を背けたくなるけれど、誰しも人生のどこかで一度は遭遇するだろう苦い気持ちの思い出話。 1:打ち合わせ(約1週間) ・『少年の日の思い出』挿画4点 ・各シーンに描くモチーフや構図に細やかな指定あり ・横長、縦長など4点ともサイズはばらばら (指定されたサイズ周辺のアキの部分にはみ出してもOK) ・装画のタッチのイメージで ・納期:約2ヶ月 教科書の挿絵のお仕事は初めてだったので、イラストの内容以外の確認もいろいろしました(紙だけでなくデジタル教科書へも使用されます)。 『本を守ろうとする猫の話』からカラフルさを削ぎ落とし、寂寞感を強めたかんじかな〜とイメージ。 なるべく全体のバランスを見ながら制作したいのと、別件のお仕事との兼ね合いで少しお時間をいただき、最初のラフは4点まとめての提出とさせていただきました。 2:ラフイラスト(約1ヶ月) 事前にレイアウトイメージをいただき、文章とイラストの関係を意識しながら制作しました。 カット1:書斎の机の上でランプの光を受けている厚紙の箱 (箱は蓋が閉まった状態。 ランプは指定の資料あり) カット2:古いボール紙の箱に数匹の蝶が留められている (真上でなく少し引いたところから箱の中の蝶が見える様子。 蝶はあまり細かく描かない) カット3:階段を上った先のエーミールの部屋の前でたたずむ「僕」 (下からのアングルで、階段の上の部屋の前にいる僕の後ろ姿) カット4:暗い部屋の中で、持っている箱を覗き込む「僕」 (うつむいていて細かい表情は見えない) 余白の部分にはみ出してもよいとのことでしたので、 モチーフが枠外へ飛び出ていたり蝶の鱗粉のような光が枠外にまで散っているような演出をしたいと思いました。 (最後のカットは、蝶を粉々にするイメージも重ねています) また、枠の縁はクレヨンでごりごりしたような線にしたいと思っています。 カット2の蝶の模様は、とりあえず構図のチェックをしてからで。 全体的に落ち着いた色調で、しかし 光の演出で暗すぎる印象にはならないように…と意識しました。 3:フィードバック(約4日) 鱗粉の演出や、落ち着いた雰囲気の中に光が差し込む感じが、作品の世界観にとてもぴったりだと感じました。 カット2について ・構図はこちらで問題なし。 ・蝶の模様はキアゲハ 、ワモンキシタバなど新たに参考資料を添付。 あくまでもイメージでかまいません) カット4について ベッドの上に座っている様子ではなく、脇に立って、ベッドの上に箱を置くか開こうとしているか、というタイミングの様子に。 「その後ベッドの上に座った」という描写がないので、そこは読者の想像に任せる部分にしたいと考えています。 ただ、少年の顔のアングルなどは、今のままでお願いします。 先輩イラストレーターさんから「教科書のお仕事は指示が細かく、修正が多くなるのはある程度覚悟しておいたほうがいいよ」とうかがっていました。 しかし今回は編集さんの指示がわかりやすく丁寧だったので、安心して進行できました。 4:修正ラフ(約5日) ベッドはそれほど高くなく、少年が膝をついてお腹の高さくらいです。 全体的にちょっと暗すぎたかもですが(箱を「闇の中で開いた」とあるので)とりあえず構図の確認からということで。 5:フィードバック(即日) 構図はこちらで問題ありません。 差し込んでいる光や鱗粉の効果で、暗すぎる感じにはならないと思いますし、少年の心情がよく表われていると思います。 6:完成(約10日) 胸が軋むような息苦しさを醸し出しながら、けれど絵としては美しく見えるように…と意識しました。 作品の世界観を見事に描きながら、古い感じがなく、現代の中学生も作品に入り込みやすくなるような新しい挿絵だと感じました。 鱗粉の演出がとても幻想的で、編集部一同、「かっこいい!」と喜んでおります。 とても嬉しいお言葉をいただきました。 ありがとうございました! 鱗粉は、暗く物悲しいだけでなくどこかあたたかみも感じられるように、 ドラマチックな印象で物語にひっぱりこめるように…と意識していたので、成功していたら嬉しいです。 教科書の挿絵のお仕事はこれが初めてでしたが、自分のちょっとダークなところもある作風をこんなふうに生かせたことが新鮮で楽しかったです。 (今まで経験した学参書系のお仕事では、もっと明るく健全なタッチでオーダーされていたので) 『少年の日の思い出』は私が学んでいた教科書には載っていなかったのですが、「大人になっても忘れられない話」と言われていることは知っていました。 誰しも似たような経験はあるだろうし、思春期に出会っていたら刺さっていたでしょうね。 優しいばかりでなく、辛い、居た堪れない物語が「教科書」に載っていることにはとても大きな意味があると思います。 こういうことを物語として仮想体験していると、現実で「それ」と直面したとき自分が何に動揺していて何に傷ついているのか気づくきっかけになることもありますし。 (こうした概念を知らない、言葉にし難い気持ちを言い表す語彙が無いと、自分の心を把握するのも難しかったりするのですよね。 さらに他人を慮るのはもっと難しい…) また、この短編小説が文学に親しむきっかけとなった人も多いそうで。 この挿絵が、少年少女たちが物語に入り込む手助けになると嬉しいです。

次の

少年の日の思い出【中1国語】指導案とテスト対策!感想文の例

少年 の 日 の 思い出 エーミール

蝶の標本作りに熱心な主人公「僕」は、 隣に住む「非の打ちどころがない」模範少年エーミールが持つ貴重なクジャクヤママユの標本を盗み出し、破損させてしまう。 取り返しのつかないことをした「僕」はエーミールに謝罪するが…… 「そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな。 」 罵倒されるより胸を抉るセリフが、多くの中学生の心にトラウマを刻んだ…らしい。 60年以上も教科書に掲載され続け、多くの日本人が初めて読むヘッセ作品として認知されている本作。 言葉にし難い重苦しさ、妬ましさ、恥ずかしさ情けなさ、居た堪れなさ… 目を背けたくなるけれど、誰しも人生のどこかで一度は遭遇するだろう苦い気持ちの思い出話。 1:打ち合わせ(約1週間) ・『少年の日の思い出』挿画4点 ・各シーンに描くモチーフや構図に細やかな指定あり ・横長、縦長など4点ともサイズはばらばら (指定されたサイズ周辺のアキの部分にはみ出してもOK) ・装画のタッチのイメージで ・納期:約2ヶ月 教科書の挿絵のお仕事は初めてだったので、イラストの内容以外の確認もいろいろしました(紙だけでなくデジタル教科書へも使用されます)。 『本を守ろうとする猫の話』からカラフルさを削ぎ落とし、寂寞感を強めたかんじかな〜とイメージ。 なるべく全体のバランスを見ながら制作したいのと、別件のお仕事との兼ね合いで少しお時間をいただき、最初のラフは4点まとめての提出とさせていただきました。 2:ラフイラスト(約1ヶ月) 事前にレイアウトイメージをいただき、文章とイラストの関係を意識しながら制作しました。 カット1:書斎の机の上でランプの光を受けている厚紙の箱 (箱は蓋が閉まった状態。 ランプは指定の資料あり) カット2:古いボール紙の箱に数匹の蝶が留められている (真上でなく少し引いたところから箱の中の蝶が見える様子。 蝶はあまり細かく描かない) カット3:階段を上った先のエーミールの部屋の前でたたずむ「僕」 (下からのアングルで、階段の上の部屋の前にいる僕の後ろ姿) カット4:暗い部屋の中で、持っている箱を覗き込む「僕」 (うつむいていて細かい表情は見えない) 余白の部分にはみ出してもよいとのことでしたので、 モチーフが枠外へ飛び出ていたり蝶の鱗粉のような光が枠外にまで散っているような演出をしたいと思いました。 (最後のカットは、蝶を粉々にするイメージも重ねています) また、枠の縁はクレヨンでごりごりしたような線にしたいと思っています。 カット2の蝶の模様は、とりあえず構図のチェックをしてからで。 全体的に落ち着いた色調で、しかし 光の演出で暗すぎる印象にはならないように…と意識しました。 3:フィードバック(約4日) 鱗粉の演出や、落ち着いた雰囲気の中に光が差し込む感じが、作品の世界観にとてもぴったりだと感じました。 カット2について ・構図はこちらで問題なし。 ・蝶の模様はキアゲハ 、ワモンキシタバなど新たに参考資料を添付。 あくまでもイメージでかまいません) カット4について ベッドの上に座っている様子ではなく、脇に立って、ベッドの上に箱を置くか開こうとしているか、というタイミングの様子に。 「その後ベッドの上に座った」という描写がないので、そこは読者の想像に任せる部分にしたいと考えています。 ただ、少年の顔のアングルなどは、今のままでお願いします。 先輩イラストレーターさんから「教科書のお仕事は指示が細かく、修正が多くなるのはある程度覚悟しておいたほうがいいよ」とうかがっていました。 しかし今回は編集さんの指示がわかりやすく丁寧だったので、安心して進行できました。 4:修正ラフ(約5日) ベッドはそれほど高くなく、少年が膝をついてお腹の高さくらいです。 全体的にちょっと暗すぎたかもですが(箱を「闇の中で開いた」とあるので)とりあえず構図の確認からということで。 5:フィードバック(即日) 構図はこちらで問題ありません。 差し込んでいる光や鱗粉の効果で、暗すぎる感じにはならないと思いますし、少年の心情がよく表われていると思います。 6:完成(約10日) 胸が軋むような息苦しさを醸し出しながら、けれど絵としては美しく見えるように…と意識しました。 作品の世界観を見事に描きながら、古い感じがなく、現代の中学生も作品に入り込みやすくなるような新しい挿絵だと感じました。 鱗粉の演出がとても幻想的で、編集部一同、「かっこいい!」と喜んでおります。 とても嬉しいお言葉をいただきました。 ありがとうございました! 鱗粉は、暗く物悲しいだけでなくどこかあたたかみも感じられるように、 ドラマチックな印象で物語にひっぱりこめるように…と意識していたので、成功していたら嬉しいです。 教科書の挿絵のお仕事はこれが初めてでしたが、自分のちょっとダークなところもある作風をこんなふうに生かせたことが新鮮で楽しかったです。 (今まで経験した学参書系のお仕事では、もっと明るく健全なタッチでオーダーされていたので) 『少年の日の思い出』は私が学んでいた教科書には載っていなかったのですが、「大人になっても忘れられない話」と言われていることは知っていました。 誰しも似たような経験はあるだろうし、思春期に出会っていたら刺さっていたでしょうね。 優しいばかりでなく、辛い、居た堪れない物語が「教科書」に載っていることにはとても大きな意味があると思います。 こういうことを物語として仮想体験していると、現実で「それ」と直面したとき自分が何に動揺していて何に傷ついているのか気づくきっかけになることもありますし。 (こうした概念を知らない、言葉にし難い気持ちを言い表す語彙が無いと、自分の心を把握するのも難しかったりするのですよね。 さらに他人を慮るのはもっと難しい…) また、この短編小説が文学に親しむきっかけとなった人も多いそうで。 この挿絵が、少年少女たちが物語に入り込む手助けになると嬉しいです。

次の