ユウナ 声優。 FF10 & 10

FF10ユウナのモデルや声優まとめ

ユウナ 声優

スポンサーリンク キャラ性能や最強武器 ユウナの最強武器(七曜の武器)はニルヴァーナです。 月輪の印を入手後、サブイベントのレミアム寺院で召喚獣バトルに勝利したあと、ナギ平原のモンスター図鑑を埋めれば宝箱から入手出来ます。 キャラの性能としては最初は白魔法の回復役 後々スフィア盤でルールーのルートへ向かわせれば 回復、攻撃の白魔法と黒魔法を同時に使える優秀なキャラクターです。 結婚イベント FF10の中盤で盛り上がる見せ場の一つにユウナの結婚イベントがあります。 老師であるシーモアからプロポーズをされるのですが、これには結構複雑な工作が絡んでおり、他の人達の為に一時は結婚する決意を固めるユウナですが、ティーダ達に救出されて事無きを得ます。 ウエディングドレス姿のユウナはかなり良いですw 各キャラとの関係など ワッカはユウナのお兄さん、ルールーはお姉さんのような存在で小さいころからユウナを知っています。 また、キマリはユウナのボディーガードといった感じです。 主人公ティーダとは後に相思相愛の関係になります。 ユウナがビサイドで育ったのにはアーロンが絡んでおり、 アーロンはユウナの父ブラスカのガードとして旅をした際に、命がけでユウナをキマリに託しに帰ってきました。 また敵であるシーモアには一方的に好かれて困惑しますが、前述のイベントでティーダ達の活躍によって救われます。 アルベド族に対してもあまり偏見がなく、リュックともそれほど揉める事なく妹のように接しています。 ユウナの母の兄がシドである事からシドの娘であるリュックとは従姉妹同士です。

次の

ユウナのエンディング後や名セリフ/年齢・声優さんなど

ユウナ 声優

スポンサーリンク キャラ性能や最強武器 ユウナの最強武器(七曜の武器)はニルヴァーナです。 月輪の印を入手後、サブイベントのレミアム寺院で召喚獣バトルに勝利したあと、ナギ平原のモンスター図鑑を埋めれば宝箱から入手出来ます。 キャラの性能としては最初は白魔法の回復役 後々スフィア盤でルールーのルートへ向かわせれば 回復、攻撃の白魔法と黒魔法を同時に使える優秀なキャラクターです。 結婚イベント FF10の中盤で盛り上がる見せ場の一つにユウナの結婚イベントがあります。 老師であるシーモアからプロポーズをされるのですが、これには結構複雑な工作が絡んでおり、他の人達の為に一時は結婚する決意を固めるユウナですが、ティーダ達に救出されて事無きを得ます。 ウエディングドレス姿のユウナはかなり良いですw 各キャラとの関係など ワッカはユウナのお兄さん、ルールーはお姉さんのような存在で小さいころからユウナを知っています。 また、キマリはユウナのボディーガードといった感じです。 主人公ティーダとは後に相思相愛の関係になります。 ユウナがビサイドで育ったのにはアーロンが絡んでおり、 アーロンはユウナの父ブラスカのガードとして旅をした際に、命がけでユウナをキマリに託しに帰ってきました。 また敵であるシーモアには一方的に好かれて困惑しますが、前述のイベントでティーダ達の活躍によって救われます。 アルベド族に対してもあまり偏見がなく、リュックともそれほど揉める事なく妹のように接しています。 ユウナの母の兄がシドである事からシドの娘であるリュックとは従姉妹同士です。

次の

FF10ユウナのモデルや声優まとめ

ユウナ 声優

記事概要• 人物 登場作品:FF10 年齢:17歳 身長:161cm 武器:杖 両親:父 僧官 大召喚士 ブラスカ:母 アルベド族シドの妹 職業:「シン」を倒す為の召喚士 出身:ベベル 七曜の武器 最強武器 「ニルヴァーナ」 概要 本作のヒロイン。 大召喚士ブラスカを父に持ち、ユウナ自身も召喚士。 母はシドの妹でユウナが4歳の頃に乗船中『シン』に襲われ亡くなっている。 ティーダが漂流してきてワッカに拾われた後に、シンを倒す旅に出る。 父が究極召喚で命と引き換えに『シン』を倒したこと、自分も最後は命を失うことを知りながらも明るく振る舞いながら旅を続けるが、究極召喚は自分だけでなく仲間も一人犠牲にしなければならない事を知って、ユウナレスカから究極召喚を修得することを拒否してユウナレスカを倒す。 主人公ティーダとは相思相愛。 名セリフ *一部ネタバレ注意* 「ひとつだけお願いがあります いなくなってしまった人たちのこと 時々でいいから…… 思い出してください」*エンディングスピーチ 「はい!じゃあ笑顔の練習!」*ルカでティーダと 「スピラが好きです ナギ節を待つ人たちに わたしができる贈り物 たったひとつの贈り物 それは『シン』を倒すこと ……それだけです」*ロンゾ族族長へ向けて 「やめちゃったらね…… どこでなにをしていても……きっとつらい キミといっしょにいても…… わたし きっと笑えない」 *マカラーニャの森、ティーダと湖の中でのシーンで 担当声優 FF10では勿論の事、FFシリーズ全体でもかなり人気の高いユウナ。 数々の名シーンと名セリフを担当したのは 青木麻由子さんです。 実はユウナの声優だけではなくモーションアクターも務めています。 この他にもFFシリーズではモーションアクターやキングダムハーツの声優などで活躍しているようですが、2016年現在ではあまり活動されていないようです。。 元々女優さん志望だったようですね。 FF10ユウナのエンディング後 *ネタバレ注意* シンを倒したことによって 「夢のザナルカンド」の住人であったティーダとは離れ離れになってしまう。 永遠のナギ節が訪れたことによって平和な日常をにはなったものの、ティーダへの思いが忘れられないまま過ごしていた。 尚、ビサイド島でワッカに潜水の訓練を受けているような描写も見られる。 エンディングの後、2年間ほどシンを倒した しがらみから開放されない日々を過ごしていたが、ある日リュックの持ってきたスフィアにティーダに似た人物が写っていたため、カモメ団に入りリュックやパインとともにスフィアハンターとして活躍する。 FF10-2.

次の