勢い まとめ。 地下アイドル:2ch勢いランキング

驚異の約6100万画素フルサイズ機を筆頭に破竹の勢い【令和元年の新製品まとめ・ソニー編】

勢い まとめ

先月皆様にご回答いただいた最強ランキングの結果を発表! 果たして、どのキャラがもっとも投票されたのか。 カテゴリ別にTOP3を見ていきましょう。 リーダーランキング 順位 モンスター コメント 1 ・今でも強い ・可愛いし、リーダー、サブ、アシストどれでも優秀だから ・最近のダンジョンだと76弾圧がすごいが、逆にそれ以外はお散歩になるレベルの強さ。 2 ・とにかく書いてあること全てがヤバイ ・半減+20倍+100万追い討ちで、万能だから。 ・7コンボ強化4個はずるい 3 ・全パラ2倍と固定8秒が強すぎ ・3色で2コンボ加算はおかしい ・ミッキーは神スペック リーダーランキングは上位に変更なし。 しかし4位以下には、「ツクヨミ」「ノルザ」のペアやDMCコラボキャラがランクインしていました。 かわいい。 3 ・7コンボ強化とスキルチャージ3つあって火力要員とギミック対策両方できる ・3ターンの属性、ダメージ吸収無効は強い、アルジェ達多色パには最適 ・難関ダンジョンには必須 サブランキングでは、正月リーチェが大きくランクアップ! 1位のアテンも含め、多色時代の到来を感じさせる結果となりました。 アテンの潜在無効貫通に最適。 2 ・スキル優秀 変身キャラが多くなってきている中でスキブが嬉しい ・現段階のアシストにしては珍しい無効貫通スキル且つスキブや多々の耐性がある ・光に限ったことじゃないけど、耐性が優秀!複数欲しい! 3 ・ドロ強5個でアテンの火力を底上げできる上スキルもミッキーフレンズにつけて腐らない ・光パーティの攻撃力底上げできるから ・15ターンで色々な状態異常をかき消せる アシストランキングではファスカが3位に。 アテンを始めとした光属性の攻撃力向上が望める上、スキルも非常に優秀。 また、ニーズヘッグやプルトスのカードといった周回モンスターもランクイン。

次の

【ブルーオース】【話題】一時期覇権の勢いだったけど、どうしてこうなったんだ…⇒おそらく〇〇だけど、今日の生放送次第で大きく流れが変わってくれることを祈ろうぜ

勢い まとめ

いろいろあった2019年、なかでも大きなトピックといえば「改元」だろう。 2019年5月1日より元号が平成から「令和」に変わり、世間は新たな時代への期待感に包まれた。 そんな令和元年、カメラ業界はどうだったのだろう。 ということで、令和元年(2019年5~12月)に発表・発売された新製品を中心に主要メーカーごとの注目トピックを一挙に振り返っていきたい。 それが2019年9月に発売された「」だ。 高精度なAFや強力な手ブレ補正もあいまって、高画素機は扱いが難しいというイメージを覆した。 6-6. 3 G OSS フルサイズミラーレスカメラ用のレンズとしては、2019年8月に発売された大口径広角単焦点レンズ「」に注目したい。 開放F値1. 8の大口径単焦点でありながら、最大径65. 0mm、質量約280gという小型軽量サイズを実現。 浅い被写界深度や高い近接撮影能力を生かしたスナップやテーブルフォト、風景、ポートレートなどの幅広い被写体やシーンで活躍する。 そのほか、2019年7月には大口径超望遠レンズ「」(受注生産/受注受付は6月~)や超望遠ズームレンズ「」が登場している。 5-6. 3 G OSS APS-Cフォーマットのミラーレスカメラとしては、エントリーデルの「」が2019年10月に、最上位となる「」が2019年11月にそれぞれ発売となった。 両機ともフルサイズミラーレスカメラの開発で培われた画像処理技術や、AI(人工知能)を活用した最先端のAF性能を搭載。 また、EマウントのAPS-Cミラーレスカメラ対応レンズとして、大口径標準ズームレンズ「」と超望遠ズームレンズ「」が10月に発売された。 手元でズームや撮影操作が可能なシューティンググリップ「VCT-SGR1」、マイクなどのアクセサリーを装着することができるアクセサリーシュー対応のブラケット、リチャージャブルバッテリーパックが付属する「シューティンググリップキット」も人気で、当サイトで連載中の「」のコンパクトデジタルカメラ部門では発売以来、常に上位をキープしている。

次の

驚異の約6100万画素フルサイズ機を筆頭に破竹の勢い【令和元年の新製品まとめ・ソニー編】

勢い まとめ

いろいろあった2019年、なかでも大きなトピックといえば「改元」だろう。 2019年5月1日より元号が平成から「令和」に変わり、世間は新たな時代への期待感に包まれた。 そんな令和元年、カメラ業界はどうだったのだろう。 ということで、令和元年(2019年5~12月)に発表・発売された新製品を中心に主要メーカーごとの注目トピックを一挙に振り返っていきたい。 それが2019年9月に発売された「」だ。 高精度なAFや強力な手ブレ補正もあいまって、高画素機は扱いが難しいというイメージを覆した。 6-6. 3 G OSS フルサイズミラーレスカメラ用のレンズとしては、2019年8月に発売された大口径広角単焦点レンズ「」に注目したい。 開放F値1. 8の大口径単焦点でありながら、最大径65. 0mm、質量約280gという小型軽量サイズを実現。 浅い被写界深度や高い近接撮影能力を生かしたスナップやテーブルフォト、風景、ポートレートなどの幅広い被写体やシーンで活躍する。 そのほか、2019年7月には大口径超望遠レンズ「」(受注生産/受注受付は6月~)や超望遠ズームレンズ「」が登場している。 5-6. 3 G OSS APS-Cフォーマットのミラーレスカメラとしては、エントリーデルの「」が2019年10月に、最上位となる「」が2019年11月にそれぞれ発売となった。 両機ともフルサイズミラーレスカメラの開発で培われた画像処理技術や、AI(人工知能)を活用した最先端のAF性能を搭載。 また、EマウントのAPS-Cミラーレスカメラ対応レンズとして、大口径標準ズームレンズ「」と超望遠ズームレンズ「」が10月に発売された。 手元でズームや撮影操作が可能なシューティンググリップ「VCT-SGR1」、マイクなどのアクセサリーを装着することができるアクセサリーシュー対応のブラケット、リチャージャブルバッテリーパックが付属する「シューティンググリップキット」も人気で、当サイトで連載中の「」のコンパクトデジタルカメラ部門では発売以来、常に上位をキープしている。

次の