スマイルゼミ 旅行 おでかけモード。 スマイルゼミ<小学生コース>2ヶ月受講した3年生男児の体験談

スマイルゼミを1年続けて良かった10のコト!

スマイルゼミ 旅行 おでかけモード

電源の入れ方には、 「ジャストシステムのロゴが表示されるまで長押し」と書かれている。 当初は、 数秒押せばロゴがポッと現れていた気がします。 (冒頭の画像) でも最近は、押しても押しても、なかなかロゴが出ない。 10秒長押ししても出ない。 そこで、サポートセンターへ電話をしました。 サポートセンターにて 保護者の本人確認の後、一度電話を切り、担当者から1時間後に電話がかかってきました。 タブレットの状態を確認する為、電話を繋いだままやってもらう確認動作が2つあるとのこと。 結局、我が家のタブレットは 一つ目の方法で復活したので、2つ目のことは分かりません。 私が対応してもらったのは、以下の通り。 画面下に電話番号も載っています。 元に戻したい時は、同じように短く1回押すと、スリープモードに入る前の画面に戻る。 電源OFFとスリープの違い タブレット学習を始めて間もない頃、長女は両者を使いこなせていなかった。 本人は電源を切ったつもりでもスリープになり、次回立ち上げた時には充電を使いきっていて電源が入らないことが多々ありました。 画像で違いを説明します。 これが電源OFF。 でもさ、説明書に載せた方がよくない? 7. 5秒で強制終了って…。 重要だよね。 もう一度、繰り返しますよー!.

次の

スマイルゼミ幼児コースの使い方。初期設定から勉強方法まで解説します。

スマイルゼミ 旅行 おでかけモード

スマイルゼミ中学講座、経験者の方どんな感じですか?? 小学6年の長女がスマイルゼミを受講中です。 多少ムラはありますがコンスタントにこなせていて楽しんでいます。 いまのところですが、ありがたい事に成績も39人クラスで1~2番です。 中学講座のホームページでは9教科対応?とか内申対策や定期テスト対策がどうとか書いてはいるのですが 実際のところスマイルゼミだけでも、それなりの高校を狙えるものなのでしょうか?? 不便さや物足りなさ等はありますか?? この系統の教材は超マイペースな娘の性格には合致していると思うのですが、もし理解しにくい事があった場合に直ちに質問して解決できないのが難点だなとは思っています。 地元中学では学習環境が良くないと評判でして、学校側から塾にも行くよう勧められるんだそうです。 変な話ですが…。 スマイルゼミでも効果的に使いこなせば充分なのか、塾に行った方がいいのか。 塾に行くのであればそろそろ塾探しもしていかないといけない時期なのかなと、塾の広告と睨めっこしています。 有名無名・集団に個別、様々ですが、私も通塾経験がなくサッパリわかりません。 恥ずかしながら家計は厳しく、あまり高額の塾は無理があるのですが、必要があれば2(3)教科位なら通える様に何とかサポートしなければと思っております。 今のところ、当人は「塾なんてお金と時間がもったいない。 行く気ない。 マイペースにスマゼミ続けたい」と申しており、正直ホッとする気持ちもありますが果たしてそれでいいのかな…と。 現在スマイルゼミ中学講座を受講中の方、スマゼミと塾を併用、もしくは受講してたけど辞められた方など、些細な事でも構いませんのでアドバイスお願い致します。

次の

スマイルゼミ、タブレット電源が入らない!正しい電源ON・OFF方法&スリープとの違い

スマイルゼミ 旅行 おでかけモード

電源の入れ方には、 「ジャストシステムのロゴが表示されるまで長押し」と書かれている。 当初は、 数秒押せばロゴがポッと現れていた気がします。 (冒頭の画像) でも最近は、押しても押しても、なかなかロゴが出ない。 10秒長押ししても出ない。 そこで、サポートセンターへ電話をしました。 サポートセンターにて 保護者の本人確認の後、一度電話を切り、担当者から1時間後に電話がかかってきました。 タブレットの状態を確認する為、電話を繋いだままやってもらう確認動作が2つあるとのこと。 結局、我が家のタブレットは 一つ目の方法で復活したので、2つ目のことは分かりません。 私が対応してもらったのは、以下の通り。 画面下に電話番号も載っています。 元に戻したい時は、同じように短く1回押すと、スリープモードに入る前の画面に戻る。 電源OFFとスリープの違い タブレット学習を始めて間もない頃、長女は両者を使いこなせていなかった。 本人は電源を切ったつもりでもスリープになり、次回立ち上げた時には充電を使いきっていて電源が入らないことが多々ありました。 画像で違いを説明します。 これが電源OFF。 でもさ、説明書に載せた方がよくない? 7. 5秒で強制終了って…。 重要だよね。 もう一度、繰り返しますよー!.

次の