ピーナッツバター。 ピーナッツバターの人気おすすめランキング15選【栄養満点】

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』公式サイト

ピーナッツバター

「 」、 「 」は、いずれも の で、名称も似ているものの別の です。 「ピーナッツ 」とは、乾燥したピーナッツを炒って砕き、 になるまで や にかけた加工食品で、 のように に塗ったり、 や 、 の や の にするなどして食されます。 「ピーナッツバター」は、ピーナッツに含まれる によりペースト状になるため、副材料はほとんど使用されておらずバターという名称がつくものの は全く含まれていません。 日本においては、 などで をつけたものや、 「ピーナッツバター」をベースに、砂糖や などの 、 、 、 、 などで調味し、パンなどに塗りやすくしたものを「 」として販売しているものが多いです。 カタカナでは「ピーナツバター」と表記されることもあります。 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 440.

次の

ピーナッツバターの人気おすすめランキング15選【栄養満点】

ピーナッツバター

アメリカに行くと、ホントにみんなピーナッツバター好きだなぁ~って感じますwww。 パン文化のせいなんですかね、トースト、オートミール、サンドイッチからドレッシングまで、いろんなものにレシピとして使われてますよね。 料理の隠し味にも使われてるので、気がつかないで食べてることも結構あったりします。 日本人にはあんまり馴染みが無いですが、小麦が主食の西洋文化圏では比較的この傾向は強いようですね。 ピーナッツバターが身近な分、アナフィラキシーショックが強いピーナッツアレルギーって日本人が思っている以上に結構大問題のようですよ。 そのおかげであんまりよいイメージを持ってない人も少なくないかもしれません。 海外ではよく使われているピーナッツバターですが、ピーナッツバターと聞くと太った肥満のアメリカ人を連想するせいか「太りそう、体に悪そう」と思われがちです。 ですが 海外のトレーニーやボディービルダー、フィジーカーの間では手頃な筋トレフードとして有名だったりします。 朝食昼食の食材としてピーナッツバターを使う人がすごく多いです。 プレーンタイプのプロテインに混ぜてシェイクする人もいるし、瓶から直接指ですくって口にしてるビルダーもたまに見かけますwww。 よく考えてみれば、プロテインバーにはほぼ間違いなくピーナッツって入ってるしねwww。 海外トレーニーのような美しい体を想像してみてくださいwww。 実はピーナッツバターは非常に栄養価の高い、筋量アップにはもってこいの食品なんですよね。 日本人にはあまり馴染みのないピーナッツバターですが、もったいないから知識だけでも入れておいた方がいいですwww。 おすすめの理由や、気になるカロリーや栄養素、どんなピーナッツバターを使えばいいのかを解説しますね。 もくじ• ピーナッツバターと筋トレ。 良質の脂質とたんぱく質でバルクアップ! 「ピーナッツバターは筋トレに良い!」といわれても、いまいちピンときませんよねwww。 ピーナッツバターで実質的に期待できるのは良質の脂質とたんぱく質です。 特に期待値大なのは 脂質ですwww。 脂質は太ると嫌われますが、実際は無いとエネルギー源にならないし疲労も回復できません、適度に必要なものの一つなんですよね。 良質な脂質を摂るというのはバルクアップのためにも、もちろん増量中にも結構重要なことなんですよ。 特に脂質は 飽和脂肪酸と 不飽和脂肪酸に分けられますが、 ピーナッツバターには体に害が少ないオリーブオイルと同じ不飽和脂肪酸が多く含まれています。 また、ピーナッツバターにはたんぱく質が、メーカーによっても違いますが、 100g中23g~27gも含まれています。 結構な量でしょう? プレーン味の味気ないプロテインやオートミールなどに香りと味をつけ足すだけじゃなく、たんぱく質もちょい足しできるので、トレーニーだけじゃなく、健康を気にしている人にも隠れた調味料として人気があります。 ちなみに、 バターという名前がついてますが、乳製品のバターとは全く別物なので勘違いしないでくださいね。 塗ったときの見た目がバターに似ているって言うだけで、乳脂肪分は入ってませんwww。 ぜひ海外のトレーニーのように、ピーナッツバターを筋トレのお供にしてみましょう。 トレーニーだったらピーナッツバター、できれば ナチュラルピーナッツバター、もしくは生ピーナッツバターと言われている物を選んでください。 一般的に普通のスーパーで売られているパンに塗るピーナッツクリームは、大量の糖分が入っていて甘ったるいものが多いです。 化学調味料や人口甘味料、保存料が含まれています。 裏のラベルを確認してみてください、 植物油脂、 脱脂粉乳、 乳化剤、 ショートニングなどが入っませんか? トレーニーには向きません。 ナチュラルピーナッツバター、もしくは生ピーナッツバターと言われている物は、 すりつぶして練ったピーナッツだけで出来ていて少量の塩が入ったほの甘い食品です。 実はピーナッツバターって自分で作れるんですよ。 ピーナッツバターの作り方は、殻と皮をむいた炒ったピーナッツをフードプロセッサーで脂分が出てしっとりするまで粉にします。 あとはひたすらすり鉢で粘り気が出るまでゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ、ペースト状になってから粘り気が出るまでネリネリネリネリネリネリしていくとピーナッツバターの出来上がりですwww。 うどんと同じで生地のつなぎで少量の塩を途中で加えますが、これだけです。 私はピーナッツの産地で有名な千葉県某所の出身なので、小学校の家庭科の授業で郷土料理として作った記憶があるんだけど、次の日筋肉痛でめちゃくちゃ大変でしたねぇwww。 今はアレルギーの問題で授業はなくなっちゃったんだろうなぁ。 とにかく ピーナッツと少量の塩だけで作られてるのが本来のピーナッツバターです。 トレーニーにはうれしい不健康なものが入ってないピュアな素材でできているのがナチュラルピーナッツバター、もしくは生ピーナッツバターと言われているものなんですよね。 正直自分で作るとメッチャ大変なので、買った方が安いですwww。 ちなみに、ナチュラルピーナッツバターは一般的に売ってるピーナッツクリームのように甘くないのであしからずwww。 ほんのりピーナッツの甘さがあるだけで、どちらかと言えばパサパサしてるし粉っぽい感じもします。 まあ、慣れだと思いますが、慣れちゃうとすっかり虜になっちゃってクリームの方はもう、食べられなくなっちゃいますねw、不思議www。 メモ あとね、これは実際アメリカ人がやってたピーナッツバターの使い方。 基本常温保存で冷蔵庫に入れない。 食べる前に瓶をひっくり返してちょっとしてから使ってました。 冷やすとカチカチになって食べられなくなるし、日本のメーカーのはそんなことないんですが、海外メーカーのピーナッツバターは柔らかくて置いておくと油分と分離して二層に分かれちゃうんですよね。 この瓶をただひっくり返すだけというのは、中身をかき混ぜないでもきれいに分離したのが混ざります。 ちょっとした発明だよねwww。 ピーナッツバターの栄養について ピーナッツバターの栄養のポイントは 脂質と たんぱく質。 上で書いている通り、増量やバルクアップに最適です。 本当は、 脂質+たんぱく質+炭水化物の組み合わせが筋肉増量を期待できる組み合わせなんですけどね、脂質と炭水化物の取りすぎは脂肪の増やし具合と筋肉との兼ね合いになってくるので、この辺の組み合わせは個人差を踏まえて研究してみてくださいwww。 ピーナッツバターの 特徴的な脂質ですが、脂質は 不飽和脂肪酸と 飽和脂肪酸に分けられます。 簡単に分類すると、 飽和脂肪酸は肉などに多く含まれ、ラードなどもそうですが常温で固まる油です。 不飽和脂肪酸は反対にオリーブオイルなどと同じで常温で固まらない油になります。 不飽和脂肪酸はさらに、体内で作ることができる一価不飽和脂肪と体外から摂取する多価不飽和脂肪に分けられますが、ピーナッツバターは一価不飽和脂肪が多く、体に悪影響が少ないですね。 気になるピーナッツバターの カロリーですが、脂質が豊富なのでカロリーは当たり前ですけど、100g当たり640kcalと高めですwww。 筋肉増量中はカロリーが必要なのはわかると思いますが、ジャンクなもので無差別に増やすがいいのか、クリーンなもので増やすがいいのかは意見が分かれるところです。 クリーンな脂質でカロリーを増やしたいなら結構優秀、ピーナッツバターはおすすめです。 ヘルシーに上質な脂質を取り入れている、海外の体の大きいトレーニーが選んでいる理由が分かります。 ピーナッツバターの たんぱく質については、ナッツ類特有の高たんぱく食品に分類されます。 脂質が多くカロリーが高めなのがどうしても先に目が行ってしまいますが、高タンパク質というのもトレーニーが注目してる点です。 上で説明している通りメーカーによっても違いますが、 100g中23g~27gたんぱく質が含まれています。 朝食のトーストに塗るだけでも5~7gのたんぱく質がちょい足しできるというのも結構トレーニーとしては魅力的です。 その他にも ビタミンEを多く含み、ナイアシン、マグネシウム、カリウム、銅などのミネラルも多く含んでます。 ビタミンEは抗酸化成分として特に有名ですよね。 アナイアシン、カリウムも体の疲労回復や修復に役立つので有名。 いろいろ期待してしまいますwww。 まあ、高栄養価の食品であることは間違いないってことでwww。 興味があれば、ぜひ日頃の食事に取り入れてみてください。 メーカーや製法でも違ってきますが、Wikipediaに栄養表があったので載せておきます。 100 gあたりの栄養価 エネルギー 2,678 kJ 640 kcal 炭水化物 20. 5 g 食物繊維 6. 1 g 脂肪 50. 7 g 飽和脂肪酸 11. 35 g 一価不飽和 20. 00 g 多価不飽和 14. 70 g タンパク質 25. 88 mg• 無添加• 低糖質• コスパ この辺がやっぱりトレーニーとしては気になるところでしょうかねwww。 クランチというピーナッツのつぶつぶが入っているタイプもありますがこの辺は好みです。 私は何も入ってない方が応用範囲が広いような気がして何も入ってないのを使ってますね。 「甘くなきゃヤダ!」って人は糖質の摂取は避けたいので、オリゴ糖になるはちみつとかをかけて食べてみてください。 まあ、甘くないって言っても、ピーナッツの自然な甘さはあるし風味がかなり強いので、慣れてしまうと逆に甘くない方が美味いと感じるようになってくるんですけどねwww。 砂糖や食塩、保存料不使用で、ピーナッツ100%のピーナッツバターです! アメリカンピーナッツバターの代表格で、私も愛用してますwww。 ピーナッツ以外なんにも入ってないので、料理用としても使いやすく、味も濃くて深いので、ほかのピーナッツバターが使えなくなるというほどファンが多いのでも有名です。 多くの海外ビルダーもこのスマッカーズを使ってますね。 意外とコスパもいいので一度試してみるのもいいかもです。 コチラはクランチタイプですが、乳化剤・安定剤を一切使用していない100%オーガニックのピーナッツバター、もちろん砂糖や食塩も使ってないです。 スマッカーズとどっちを選ぶか毎回悩むんですよねぇ~。 コスパではスマッカーズが勝っちゃうんだけど、オーガニックって言うのに惹かれてしまいますよ。 トーストに塗るのにはこっちの方がいいような気がするんですが、どうでしょう? 筋トレベースで考えるならマイプロテインもありだと思います。 これはパウダータイプ。 ペーストタイプだと1kgサイズしかなかったので、さすがにちょっと量が多いっすよねwww。 と、いうわけで保存がきく水で溶いて使うパウダータイプのピーナッツバターをチョイスです。 パウダーにするにあたって脂肪分をカットしています。 料理の味付けや隠し味に使うには結構重宝しそうですよ。 このピーナッツバターはちょっと高い高級スーパーみたいなところに行くと売ってることがあるので、比較的手に入れやすいのかな? イギリスでは超有名なオーガニック食品の会社です。 もちろん乳化剤・安定剤を一切使用していないピーナッツバターは、ちょっと柔らかいですが、ピーナッツの自然の甘さを楽しめます。 私の地元、千葉県に行くと結構見かける地元名産のピーナッツバター。 製造先もピーナッツも、もちろん千葉県産ですよww。 もちろんピーナッツだけで作られているので、余計なものは入ってません。 国産にこだわりたいなら産地名産しかないですよねwww。 おすすめです。 良質のピーナッツだけで作られたピーナッツバターです。 おそらく一番コスパがいいピーナッツバターですね。 始めてピーナッツバターを使ってみるには非常に手に取りやすいと思います。 コスパ重視の人にはおすすめです。 有名なピーナッツバターですが、正直言ってこのスキッビーは砂糖と塩が使われてます。 ただ味は甘さは控えめで少なくクリームじゃなく完全にバターだったので紹介しておきます。 あらびきピーナッツがゴロゴロ入ってて味も深いので、トースト用やパンケーキ、お菓子用、子供用と考えたら結構お買い得なピーナッツバターです。 ガッツリ食べたい人にはおすすめ! ピーナッツバター まとめ 今回海外のトレーニーやボディービルダー、フィジーカーの間では定番のピーナッツバターについて解説しました。 見逃しがちな食材ですが、非常に栄養価の高い、筋量アップにはもってこいの高脂質・高たんぱくな食品として非常に重宝しますね。 甘すぎず香りも豊かなので、意外とトーストだけじゃなく、パンケーキやトッピング、ドレッシングや料理の隠し味としても活躍します。 ぜひ海外ビルダーに負けない体を作るためにも、興味があれば上手に使ってみてください。

次の

ピーナッツバター

ピーナッツバター

広告 ピーナッツバターは栄養たっぷり まず、ピーナッツバターに含まれる栄養素をチェックしておきましょう。 カロリーは100gあたり640kcalと、とても高カロリーなものに感じますが、トーストにこってりと塗ったとしても 実際は20g程度しか使用しないので、カロリーはおよそ128kcalです。 この20gのピーナッツバターの中には、実に様々な栄養素が含まれています。 具体的にどのようなものが含まれているのか、特に女性に嬉しい栄養素に絞ってご紹介しましょう。 良質な不飽和脂肪酸 ピーナッツは、その栄養素の半分近くが脂肪で占められています。 ですがそのほとんどが良質な不飽和脂肪酸なのです。 成分としては、アボカドなどに含まれる 悪玉コレステロールを下げるオレイン酸が60%、体内では作り出せない 必須脂肪酸であるリノール酸が40%と、摂りすぎてしまいやすいリノール酸の方が少なくなっています。 豊富なビタミン ピーナッツは、ビタミンEおよびビタミンB1、B6をはじめ葉酸やナイアシン、パントテン酸などのビタミンB群が豊富です。 ビタミンEは、老化の原因である細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用が非常に優れています。 また、末梢血管を広げるはたらきもあるため、 血行が良くなって冷え症や頭痛、肩凝りの改善に効果があります。 血行が良くなると代謝も上がるので、ビタミンEは美容とダイエットには欠かせない栄養素です。 ビタミンB群は、個々の栄養素によって細かなはたらきは異なりますが、 エネルギーの代謝や疲労回復に効果があります。 また、女性を苦しめる 月経前症候群(PMS)や多くの妊婦さんが苦しむ つわりを軽減する効果もあり、女性の心強い味方であるビタミンです。 ダイエット中においては、たんぱく質不足を起こしやすいものです。 しかし、たんぱく質が足りなくなることは、ダイエットの効率を悪くさせることになるため、ダイエットを成功させるためには適度なたんぱく質の補給が必須なのです。 また、 不溶性食物繊維も豊富で、実にゴボウの2倍も含まれています。 不溶性食物繊維は腸内環境の改善に効果があるだけでなく、血糖値の上昇や糖質・脂質が体に吸収されるのを抑えるはたらきがあります。 また、 腹持ちが良いので間食防止にも効果的です。 特に、午前中にピーナッツバターを食べておけば、一日中満腹感が維持されて食べ過ぎを防止できることもわかっています。 ピーナッツバターの意外な効果 良質な不飽和脂肪酸やビタミン、たんぱく質、食物繊維が豊富に含まれているピーナッツから作られたピーナッツバターですが、具体的にどのような効果を得ることができるのか。 次は、ピーナッツバターの7つの効果をご紹介します。 1.アンチエイジング ピーナッツバターには、肌の若返りに欠かせないビタミンEやビタミンB群、 肌を柔らかくしてシワを改善するオレイン酸が豊富に含まれており、健康的で若々しい肌を作る効果があります。 2.ダイエット ピーナッツバターは不溶性食物繊維とたんぱく質が豊富なので 腹持ちがよく、間食防止になります。 また、不溶性食物繊維には血糖値の上昇を抑えるはたらきがあり、オレイン酸には血糖値を下げるインスリンの分泌を抑えるはたらきがあるため、ピーナッツバターは食事による血糖値の急激な変化を防ぐことができる低GI食品です。 ただし高カロリーなので食べ過ぎは厳禁ですし、ダイエットのためなら砂糖がたっぷり入った甘いピーナッツバターは避けるべきでしょう。 3.強い骨と筋肉を作る ピーナッツバターには、たんぱく質のほかにマグネシウムやカルシウム、リンも豊富に含まれています。 どれも 強い骨や筋肉を作るためには必要不可欠な栄養素で、脂肪を落とし筋肉をつけたい女性におすすめなのはもちろん、 骨粗しょう症予防にももってこいです。 4.デトックス ピーナッツバターに含まれるビタミンB群の中には、ナイアシンという通常の食事では十分に摂れない栄養素も豊富に含まれています。 ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれ、肝臓が糖質や脂質などの栄養素を体が使用できる形に変換したり、アルコールなどの毒素を分解したりするときに使用されます。 ナイアシンを十分に摂取できていれば、 肝臓のはたらきが向上して栄養素を溜め込まずに効率よく使用することができ、 毒素の分解も促進されるということですね。 また、腸内環境を整えて排便を促す食物繊維や利尿効果のあるカリウムも豊富で、分解された毒素のスムーズな排出に役立ちます。 5.冷え症改善 ピーナッツバターには、鉄分や亜鉛など健康な血液を作る上で必要不可欠な成分が含まれています。 血行促進効果の高いビタミンEも豊富なので、 貧血や冷えの防止に最適です。 また、ピーナッツバターは女性ホルモンと同じはたらきをするともされており、 生理痛や生理不順、更年期障害といった女性を悩ませる症状の 改善に効果があります。 6.脳機能の活発化 肝臓のはたらきを助けるナイアシンですが、実は神経、脳を健康に保ち、はたらきを活発にする効果もあるのです。 また、体内のナイアシンの量と精神安定に欠かせない幸せホルモン「セロトニン」の分泌量は比例していて、ナイアシンを摂取することで うつや認知症を予防したり、 統合失調症の治療にも効果があることがわかっています。 7.心臓の健康を保つ ピーナッツバターに豊富に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールが上昇するのを防ぎます。 血液や血管をキレイで健康に保つ栄養素も豊富なので、 心筋梗塞や動脈硬化の防止に効果的です。 広告 上質なピーナッツバターの選び方 様々な効果を持つピーナッツバターですが、残念ながら日本で販売されている甘いピーナッツバターではその効果を十分に得ることはできません。 なぜなら、日本のピーナッツバターはあの甘さを出すために大量の砂糖が加えられており、添加物なども多いからです。 ピーナッツバターを購入するなら、 無糖のものを選ぶようにしましょう。 アメリカ産のピーナッツペーストもおすすめです。 パンに塗るだけじゃない!ピーナッツバターの使い方 日本でピーナッツバターというと甘みの強いものが連想されるので、トーストに塗って食べる以外の使い方がなかなか思いつきませんが、無糖のものであれば実に様々な使い方ができます。 きゅうりやにんじん、セロリなどの 野菜スティックのディップとして使用したり、練り胡麻代わりに使用して 胡麻和えや白和えを作ったり、お菓子作りに使用するのもおすすめです。 どうやって使えば良いのかわからないときは、 インターネットのレシピサイトで検索してみましょう。 無糖のピーナッツバターには独特の甘さとコクがあり、簡単にいつもとは違う味わいがある料理を作ることができます。 美容とダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれており、腹持ちがよく少量でも長く満腹感が続くので、ぜひ試してみてください。

次の