ライン バックアップ 取り 方。 LINEのバックアップ方法やデータの引継ぎについて!

大切なデータを復元!万が一に備えたPCのバックアップ方法

ライン バックアップ 取り 方

iPhoneのバックアップの取り方は? まずは、バックアップの取り方から見ていきましょう。 iPhoneのバックアップを取る方法は、大きく分けて パソコンにバックアップを取るiTunesと、 クラウドにバックアップを取るiCloudに分けられます。 iCloudはiPhoneの容量が多い人だと 有料契約を行う必要がでてきますので、 可能であればiTunesでバックアップを行うことをオススメします。 参考記事> iTunesのバックアップのやり方は? iTunesでバックアップを行うにはPCが必要となりますが、OSはWindowsでもMACでも問題ありません。 まずは、Appleの公式ページからフリーソフトのしましょう。 ダウンロードが完了すればiTunesを開いて、 自動同期解除の設定をしておく必要があります。 これを行わないままiPhoneをPCに接続してしまうと、 データが重複してしまったり、最悪の場合データが消失してしまいますので要注意です! 自動同期を解除するには、 編集の中の 設定をクリックします。 設定画面が開かれますので、画面上部の デバイスをクリックします。 初期だとチェックが入っていない、 iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しないにチェックを入れて、 OKをクリックします。 これで自動同期の設定は解除できましたので、iPhoneとPCをUSBケーブルで接続します。 iPhoneの接続が完了すれば、iTunesの左上に iPhoneアイコンが表示されますので、そちらをクリックします。 すると、モデル番号などのiPhone情報と共に、バックアップ項目が表示されますので 今すぐバックアップをクリックします。 LINEのトーク履歴なども引き継ぎたい場合は、すぐ左にある iPhoneのバックアップを暗号化にもチェックを入れれば引き継ぎ可能です。 以上でiTunesを使ったバックアップは完了です。 お疲れ様でした。 iCloudのバックアップのやり方は? お次は、iCloudを使ってサーバーにバックアップを取る方法を見ていきましょう。 今回操作する端末はiPhoneだけでOKですが、 WiFiへの接続が必ず必要となりますので、よろしくお願いします。 まずは、 設定のアプリケーションをタップで開きます。 画面中程にある、 iCloudをタップします。 未ログインの方は、Apple IDとパスワードを入力して サインインをタップします。 バックアップをタップします。 iCloudバックアップのタブをオン(緑色)にし、 今すぐバックアップを作成をタップします。 以上でiCloudでのバックアップ作業は終了です。 お疲れ様でした。 尚、バックアップが完全に完了する前にWiFi環境を離れてしまうと、バックアップデータが壊れたり、うまく復元できない原因になりますので、 バックアップが終わるまで絶対にWiFi環境から出ないようにしてください。

次の

【iPhone版】LINEトークのバックアップをPCに保存する方法

ライン バックアップ 取り 方

トークの項目内にLINEトーク履歴のバックアップと復元があるのでそこをタップします。 するとその中の項目に前回のバックアップとGoogleドライブにバックアップするとGoogleアカウントの3つの項目があります。 前回のバックアップにはこのスマホでLINEのバックアップを取った最新日時が表示されています。 もしまだ一回もバックアップを取ったことが無い場合には何も表示されていません。 次にその下の項目のGoogleアカウントにGmailアドレスが表示されているかを確認します。 ここにGoogleアカウントが表示されていればそのアカウントのGoogleドライブにバックアップデータが保存されることになります。 まずはiTunesを開きiPhoneとPCをケーブルで接続します。 仮にここでうまく接続されない場合は以下のことを確認してください。 もしコンピュータに接続したデバイスが iTunes で認識されない時に不明なエラーまたは「0xE」エラーと表示されることがあります。 このような場合は以下の手順で正しく接続できるかを試して下さい。 手順を 1 つ実行するたびに一旦デバイスを接続し直して確認をしてください。 まずiOS デバイスのロックが解除され、ホーム画面が表示されているか確認します。 次に使用しているコンピュータが対応している最新バージョンの iTunes をお使いか確認します。 バージョンが古い場合はうまく認識しないことがあります。 設定画面にて初期設定ではバックアップ先はiCloudに設定されています。 iCloudにLINEのバックアップ以外も含むiPhoneのデータをバックアップするにはiCloudの容量が足りません。 なぜならばiCloudは無料では5GBまでしかデータの保存が出来ません。 LINEのデータのみならば問題はありませんがiPhone内のデータを保存することは出来ないわけです。 そのためバックアップ先をPCに変更しなければなりません。 この際にバックアップを暗号化することも可能です。 暗号化することによってデータの安全性が高まります。 これらの設定を確認したらバックアップをクリックするとiPhoneのデータをiTunesを通じてPC内に保存する事が可能になります。 パスコードを作成してからパスコードをもう一度再入力します。 続いてiCloudのパスワードを入力してください。 この作業でiPhoneの設定が完了しアプリのダウンロードがはじまります。 これでiPhoneの機種変更とデータの復元作業は完了となります。 ここまで作業が完了したらLINEのアプリを起動してメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 ログインすると2段階認証に進みますので携帯番号に届いたSMSに記載されているコードをLINE画面に入力します。 この設定が終わると新端末でLINEを引き継ぐことが出来ます。 それから旧端末から引き継いだバックアップからLINEのトーク履歴の復元を行います。 この項目ではAndoridにてLINEのトーク履歴を復元する方法について説明します。 Androidの場合はまずこれから使う新端末をパソコンに接続してください。 接続するとバックアップを取った旧端末と同じようにパソコンで認識されます。 コピーの書き込みが完了すればパソコンからスマホを取り外してください。 ちなみに動画ファイルや写真などの旧端末で保存されていて新端末に移行したいデータもこの時に一緒にコピーすればGoogleドライブなどからダウンロードする必要がなくなるためおすすめです。

次の

スマホ買い替え時にやること~データバックアップ・ライン引継ぎなど~

ライン バックアップ 取り 方

スマホのデータを移行 スマホを買い替える前にまずやるべきことはデータのバックアップと移行。 スマホのバックアップは苦手にしている人も多いことです。 きちんとデータを移行できるかが不安で買い替えに踏み切れないという方もいると思います。 しかし、安心してください、スマホのデータのバックアップと引継ぎについて当記事で解説していきます。 iPhoneとAndroidについて紹介をしていきます。 iPhoneのデータのバックアップと移行 まずはiPhoneのデータを移行するやり方を解説。 iPhoneのデータをバックアップする方法は次の2種類があります。 iCloudでバックアップをとる• iTunesでバックアップをとる 当記事ではパソコンがなくてもできるiCloudでのバックアップの取り方とデータ引継ぎの方法を解説します。 patentlyapple. iCloudでのバックアップの手順は以下の通り。 iPhoneをWi-Fiに接続• また、iCloudのストレージが足りるかどうかは事前に確認をしておくことをおすすめします。 ストレージ容量が足りないとすべてのデータをバックアップできない場合があるので注意が必要です。 iCloudからデータを復元 iCloudでバックアップが完了したら次は新しい端末に復元をします。 データ復元手順は以下の通りです。 iPhoneの電源を入れる• [iCloudからバックアップを復元]を選択• iCloudにサインイン• 使用可能なバックアップのリストから復元したいデータを選択• 復元が完了するまで待つ 以上の手順でデータの復元は完了できます。 基本的にiPhoneの初期設定の手順に従うだけでよいのでそんなに難しいことはありません。 iPhoneのデータ移行が不安で買い替えに踏み切れないという方もそんなに心配する必要はないと思います。 Androidのデータのバックアップと移行 次はAndroidのバックアップとデータ移行の方法を解説します。 AndroidもiPhoneと同様、バックアップの方法が2種類あります。 クラウドストレージにバックアップ• SDカードにバックアップ ここではAndroidひとつでできるクラウドストレージを利用したバックアップの方法を解説します。 クラウドストレージにデータをバックアップ AndroidはGoogle DriveやDropboxなどのクラウドストレージにデータをバックアップできます。 当記事ではGoogle Driveを利用するやり方をご紹介します。 事前にGoogleアカウントの取得をよろしくお願いします。 Google Driveにバックアップをとる手順は以下の通りです。 お持ちのAndroidに「JSバックアップ」というアプリをインストール• 「JSバックアップ」を起動• [バックアップする]を選択• バックアップ先として「Google」を指定• Googleアカウントにログイン• [バックアップスタート]をタップ• バックアップが完了するまで待つ 以上がAndroidのデータのバックアップの手順になります。 少し手順が長いですが、特に難しいことはありません。 買い替えたAndroidにデータを復元 バックアップが完了したら新しいAndroidにデータを復元しましょう。 バックアップデータ復元の手順は以下の通りです。 買い替え後のAndroidに「JSバックアップ」をインストール• 「JSバックアップ」を起動• バックアップした際のGoogleアカウントでログイン• [復元する]を選択• [復元スタート]を選択• データ復元完了を待つ 復元は以上の7つのステップで完了です。 Androidに関してもデータ移行は特に難しいことはありません。 データの移行が心配で買い替えを躊躇する必要はないと思います。 アプリデータの引継ぎ スマホのデータを移行した後にやるべきはアプリの引継ぎ。 ラインやゲームなど消えてほしくないデータはたくさんありますよね? 実際、スマホの機種変更をして、ラインのデータが消えたなんてことはよく起こってしまいます。 そこで、当記事でアプリデータの引継ぎ方を解説していきます。 ここではSNSとゲームのアプリについて紹介していきます。 SNSアプリのデータ引継ぎ まずは、SNSアプリのデータ引継ぎについて解説。 SNSのアカウント情報はスマホの買い替えにあたり把握しておく必要があります。 機種変更後にログインを求められたが、パスワードがわからない。 そんなトラブルはよく起こってしまうものです。 トラブルを事前に回避するためにもSNSのアカウントの引継ぎ方はきちんと覚えておきましょう。 当記事ではライン、ツイッター、フェイスブックの3つのSNSの引継ぎ方法について紹介します。 ラインのデータを引継ぎするためには次の2つの情報が必要。 メールアドレス• パスワード 引継ぎの手順は以下の通りです。 ラインのアカウントにメールアドレスとパスワードを設定• 引継ぎの許可設定• 新しいスマホにラインのアプリをインストール• 設定したメールアドレスとパスワードでログイン• SMSに4桁の暗証番号が送られてくるのでそれを入力 SMSに送られてきた暗証番号を入力すれば、アカウントの引継ぎは完了! パスワードは簡単に変更が可能なので、買い替え直前の設定がおすすめ。 その際に紙などにメモを取っておけば、問題なく確実に引継ぎできると思います。 ツイッターのアカウント引継ぎに必要な情報は次の2つ。 ツイッターアカウント名もしくは登録したメールアドレス• パスワード ツイッターアカウントの引継ぎ手順は以下の通り。 新しいスマホにツイッターのアプリをインストール• 自分のアカウントでログイン ツイッターはこの2つの手順だけで引継ぎを完了できます。 ラインよりもはるかに簡単なので、アカウントの引継ぎが心配だったという方も特に心配無用だと思います。 手順はほとんどツイッターと一緒です。 引継ぎに必要なデータは次の2つ。 フェイスブックに登録しているメールアドレス• パスワード フェイスブックアカウント引継ぎの手順は以下の通り。 新しいスマホにフェイスブックのアプリをインストール• 自分のアカウントでログイン フェイスブックもこの2つの手順のみで引継ぎ完了。 スマホの買い替えにあたりアカウントの引継ぎが不安だったという方も特に心配はいらないと思います。 ゲームアプリのデータ引継ぎ 次はゲームのアプリのデータ引継ぎについて解説。 SNSよりもゲームのデータの方がずっと大事だという方もおそらくいると思います。 ゲームアプリに多額のお金を課金しているという方は特にそうだと思います。 データの引継ぎに失敗して、課金したアカウントが消滅したということは実際に起こります。 ご自分が利用しているゲームのアカウントの引継ぎの方法はきちんと把握しておくことをおすすめします。 当社のサイトではありませんが、人気ゲームのアカウント引継ぎ方法について解説したものがあるのでそちらのリンクを掲載しておきます。 アカウントの情報を把握しておくことが重要 スマホ買い替え時のアプリの引継ぎについて説明してまいりました。 SNSやゲームは確実に引継ぎをできないと困ることも多いです。 ここで紹介してきたことを参考にしっかりとアプリデータの引継ぎは実行してください。 スマホアプリの引継ぎはアカウントの情報をきちんと把握しておくことが大切。 SNSにしてもゲームにしても自分のアカウントの情報はきちんと控えておくようにすることをおすすめします。 買い替え前のスマホを売る業者を探しておく スマホは買い替えしてデータの移行をすればすべて完了だと思っていませんか? 実はまだ完了していません、買い替え前のスマホを買取業者に売りましょう! スマホは下取りよりも買取業者やリサイクルショップに売るほうがお得です。 せっかくなので、買い替え前のスマホをお得に処分しませんか? そのためには、スマホを買い替える前に売るための業者を探しておくべきです。 そこで、当記事では中古のスマホの買取に強い業者をいくつか紹介します。 独自の査定方法 当社では査定の方法として独自のビデオ査定システムSEL-LIVEを導入しています。 SEL-LIVEはビデオチャットを利用したオンライン査定サービス。 自宅にいながら査定確定価格がわかるというとても便利なサービスです。 当社ではSEL-LIVEを導入したことにより、査定にかかるコストの大幅削減に成功! 削減できたコストは査定価格に上乗せする形でお客様に還元しています。 興味を持っていただけたのであれば利用を検討してみてください! 低コストでの店舗運営 当社は全国的に店舗を展開している大手の業者でないことが特徴。 大手でないことはよくないことに感じるという方も多いかもしれません。 しかし、そこが当社の強みなのです。 なぜなら、全国的に店舗を展開しているとそれだけ運営に多くのコストをかけることになります。 そして、多くかかっている分買取の部分に割けるコストは小さくなります。 しかし、当社は運営にかけるコストを減らして査定価格を上げるよう心がけています。 iPhoneを利用している方はこちらのボタンよりそっきんをインストールできます。 手軽にスマホを売りたいという方におすすめのアプリとなっています。 あなたからの買取依頼をおまちしています 当社の3つの特徴を取り上げました。 当社では他社よりも高い査定価格を出すための条件は揃っていると思っております。 ぜひあなたのスマホを買い取らせていただきたいと思っています。 もしも、当社に興味をもっていただけたのであればスマホの買取についての相談をしてください。 以下のボタンから当社に電話ができます。 あなたからのお問い合わせをお待ちしております。 スマホのおすすめ買取業者を紹介 ここではスマホのおすすめ買取業者についてご紹介していきます。 当社としてはぜひマクサスを利用していただきたいところです。 しかし、お客様が満足のいく買取を実現してほしいので他社の紹介もさせていただきます。 当記事では簡単に3つの買取業者を紹介していきます。 より詳しく知りたいのでしたらスマホの買取に強い業者をまとめて紹介した記事があるのでそちらを参照してください。 それでは、スマホのおすすめ買取業者を紹介していくのでぜひ読んでください! 当記事を読んでくださっている方の多くはスマホの買い替えを検討中でしょう。 なので、中古スマホの買い替えも可能な業者を中心に取り上げていきます。 bookoff. あなたの自宅の近くにもあるのではありませんか? ブックオフの強みは何といってもその知名度の高さ。 さらに、電子機器の買取に強いのも特徴。 買取だけでなく販売にも強いので中古スマホの買い替えも可能です。 下取り感覚で楽に買取してもらえることも特徴のひとつであるといえるでしょう。 janpara. 特定の商材に特化しているが故の高額査定も期待できるでしょう。 じゃんぱらではiPhoneの買取を強化している模様(記事執筆時の情報)。 iPhoneユーザーの方には耳寄りな情報です。 ブックオフ同様、中古スマホの販売にもかなり力を入れている店舗です。 買い替えのついでに下取り感覚でスマホを買取してもらうのもいいでしょう。 sofmap. 他の2店舗と同様に中古のスマホの販売も行っています。 また、SIMロック解除で査定額をアップするというキャンペーンも魅力的です。 買い替え前のスマホを少しでも高く売りたいのでしたら、SIMフリーにしてソフマップに持っていくのもよいでしょう。 ソフマップのスマホ買取に興味があるのでしたら、ぜひご自分で調べてみてください。 スマホのおすすめ買取業者まとめ スマホの買い替えを行えるおすすめ買取業者を紹介してきました。 ここで紹介したのは全て買い替えを検討中の方にうってつけの買取業者です。 当記事で紹介した3店舗以外にもおすすめの買取業者はたくさんあります。 秋葉原などのスマホのお店が立ち並んでいる場所にはおすすめの業者が勢ぞろいです。 当社では東京在住の方向けのおすすめリサイクルショップ紹介記事もご用意しております。 リンクを貼っておくのでもしよければ、そちらも参照してください。 スマホ買い替え時にやることはデータ管理と業者探し スマホ買い替え時にやるべきことを解説してきました。 結論を言うと、スマホ買い替えの際にやることはデータの管理と売るための業者探しです! バックアップやデータ移行に苦手意識があり、スマホの買い替えに踏み切れない方は多かったと思います。 しかし、この記事でその悩みは解決できたのではないでしょうか? また、お得に買い替えを行うために買取業者を探しておくこともおすすめします。 当記事で紹介した以外にもよい業者はたくさんあります。 マクサスの利用もぜひ検討してみてください! 買い替えに伴い不要なスマホが出てきましたら、ぜひ当社に買取を依頼してください!.

次の