リトルペガサス。 JUN ジュンインターナショナル カブ50/リトルカブ用部品|PEGASUS:ペガサス

JUN ジュンインターナショナル カブ50/リトルカブ用部品|PEGASUS:ペガサス

リトルペガサス

はじめに… ナイキで最も古い歴史を持つシューズと言っても過言ではない。 ミッドソールにが必ず内蔵されるは、馬の半身に鳥の翼を持つ神話上の生き物をモチーフに作成され、弾むような履き心地、速さ、空を飛ぶようなデザインに仕上がっています。 エンジニアードメッシュとは、通気性が必要な箇所をオープンに、耐久性が必要な箇所をタイトに自由自在に編み込める万能なメッシュです。 と同じ素材を採用していますが、以上に オープンで スケスケのアッパーに仕上がっています。 は暑い時期に開催予定だった東京オリンピックに照準を合わせて販売される予定だったシューズなので、このように通気性を重視したアッパーの構造を採用しています。 また、ミッドソールの厚さが増した は、アッパーで少しでも軽量化を図る必要があったので、このような かなりオープンなメッシュになったという側面もあります。 実際に使用して思ったのは「 トランスルーセントに近いスースーした抜群の通気性を足の甲を中心に感じた」ということです。 まだまだ暑い季節には程遠いの、軽い参考程度に捉えて頂けると良いのかなと思います。 前作はフライワイヤーが同じ位置に配置されていました。 フライワイヤーは軽量な点は素晴らしいのですが、一点に圧がかかってしまうことと耐久性に乏しいことがマイナスポイントでした。 要は、不快感が最小限になっている感じです。 ちなみに、「 スエードとは天然皮革を研磨した素材なので耐久面はUPしていないんじゃないの?」と思った方も多いのではないでしょうか? そこはご安心を!! しっかりと合成樹脂でコーティングされています。 薄手ということは圧迫感がなく、フルマラソンの後半で足が浮腫むこと踏まえた構造と言えます。 薄手とはなっていますが、中央部分に僅かですがクッション素材が内情されているので、足触りの良さも兼ね備えています。 ちなみに、左右非対称のデザインは、ナイキお馴染みのデザインで、走行中の足のズレを軽減してくれます。 また、シュータン内側部分は、こんな感じです。 中央部部分にシューズのサイズなどの情報が記載されているタグが配置されています。 シュータン裏側で注目して欲しいのは、端の部分を 柔らかいスエード調の素材を配置していることです。 LOWソックスを使用するとシュータンの端が足に直接触れることもあるでしょう。 直接当たっても擦れて痛みが生じないよう 柔らかいスエード調の素材を配置することで工夫しています。 ヒール部分 前作同様せり上がった形状を採用しています。 アキレス腱がピタッと収まる形状なので、これまたズレや擦れなどの走行中のストレスを感じる事象を抑えてくれます。 前作から大幅に進化したミッドソール 進化しすぎないことを良さとしているには珍しい、大幅な進化を遂げているのが のミッドソールです。 まずは、ミッドソールの素材の進化について説明します。 はフルレングス 足裏全体 のを採用し、どこから着地しても高い反発性を感じることができる構造を採用していました。 要は、走法に関わらずを活かすことができる構造ですね。 ヒールから着地しようが、前足から着地しようが、の高い反発性を感じながら走れる万能さは流石だなと販売当時感じたことを思い出します。 しかし、 はこの構造をぶっ壊します。 フルレングスのから前足へ配置を変更します。 厚さは前作のの2倍です。 ちなみに、は男女でミッドソールの構造が違うとことは有名で、女性用は柔らかくハイアーチが多い女性向けの形状を採用しています。 はこのミッドソール以外にもズームエアの容量が男女で異なってきます。 男性は硬めで反発性が高い20PSI 女性は柔らかく反発性を抑えた15PSI PISとは、空気圧の数値を表した単位です。 着地時に反発性が不要の初心者ランナーにはヒール部分には不要ですし、フォアフット走法で走る中、上級者にはそもそもヒールには不要で、前足に大きいがあるだけでことが足りてしまいます。 少し複雑な話になってしまいましたが、簡単に言うのであれば 「 より多くの走法に適したシューズに進化した」 ということです。 インソールはこんな感じ 見た感じナイキランニングシューズに多く用いられる一般的なインソールに見えますが、 厚めの柔らかいインソールを採用しています。 別メーカーのインソールを使用するという検証動画のため、様々なインソールを試した際に感じたのは、 既存のこのインソールの抜群の柔らかさです。 本当に想像以上に柔らかいので、ぜひ一度この厚手のインソールの足触り、柔らかさを実際に感じてほしいです。 ラバーの範囲に関してはほぼ変わりがないと思ってOKなので、特有の高いグリップ力は健在なのでご安心下さい。 レギュラー幅とエクストラワイド幅の違い 左がエクストラワイド幅 4E 、右がレギュラー幅 D です。 前足から中足部にかけては幅、高さ共に違いを感じるのですが、足首部分はそこまで違いはないように見えます 私だけかも。 履いた感じも足首部分にそこまで差を感じませんでした 足の形に難ありかも。 ちなみに、試着した際に履いたソックスは、 かなり極薄 1mmくらい? のナイキ スパーク ライトウエイトソックスです。 ほぼ裸足のように履けるランニングソックスなので、このソックスがサイズ感に影響していることはないと思います。 レギュラー幅の足首部分と エクストラワイド幅の足首部分です。 こう見ると足首部分も少し差があるように見えますが、正直履いた感覚は…。 個人差があるので参考程度の捉えて頂きたいのですが、試用感含め足首部分に大きな差はないように感じました。 レギュラー幅の前足部分と エクストラワイド幅の前足部分です。 前足部分はかなり差があるように感じます。 履いた感じも同様で、エクストラワイド幅の方が幅と高さにかなりのゆとりを感じます。 数値でお伝えするのは難しいのですが、当ブログで紹介しているサイズ表に近い印象を受けましたので、参考にして見て下さい。 ちなみに、含め多くのナイキランニングシューズを28cmで使用している私は、 のレギュラー幅28cmがジャストサイズでした。 あえてサイズ変更する必要がないシューズだと思いますので、サイズ選択の参考にしてみてください。 さいごに… 長々と書き綴りましたが、 との変更点を知って頂ければOKです。 アッパーの編み込み方の変化 ミッドソールがリアクトになったこと ズームエアの配置が変わったこと 上記3点さえ網羅すれば、 の力を存分に発揮できると思います。

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス 37をレビュー!

リトルペガサス

2016年が始動しました。 HPの写真、羽ばたけ子天馬を更新しました。 1月4日に駆けつけてくれたOB・OGのみんな本当にありがとう。 みんなの成長と心配りに感動しました。 ならびに、『せっかくだから、所属チームのユニフォーム姿で来てもらおう!』と発案してくれた32コーチもありがとう。 大成功やったね。 そして、香椎宮(&知る人ぞ知る巻尾神社)への初詣とレクレーションを段取りしていただいた保護者の皆様もありがとうございました。 限られた地域の中の、限られた出会いの中で知り合えた、限られた子どもたちと保護者の縁と和を大切にしながら、今年もチャレンジしていきましょう。 さあ~、今年は審判が大変だ~。 ひるまずにがんばらんと・・・ 汗。 今大会は時間の使い方、準備のやり方に課題が残りました。 2試合を指揮して輝やいていたのはウィル、蓮太郎。 結果を反省しバネにして欲しいのは桜雅、竜馬、百花、ゆり、雄大、航之介。 嬉しかったのは、32コーチが新しく購入したLP帽を嬉しそうに私に自慢してくれたこと。 近道はありません。 選手もコーチも保護者もコツコツと今より一歩前へ。 個人的には今日も目一杯楽しくて悔しかったです。 何苦楚!コンチクショウ!。 さぁ、また週末!。 追伸 鬼海監督様。 怪我・病気等々でメンバーを欠く中、好プレー有り! まずは百花!バッティング開眼中!何より結果が欲しい今、ナイスヒット・ナイスバッティングです。 これからも頼む! そして蓮太郎のクリーンヒット、父ちゃんに見てもらいたかった 笑 ! 途中出場の憂琉の守備、ボールに食らい付く気持ちが伝わってきて良かったです。 桜雅の1番バッターは完成の域?と思わせるほどのレフト前・センター前…末恐ろしい 笑。 努力の成果ですね。 まだまだありますが、中でも嬉しかったのが3年生内野陣の上達振り。 LPでは普通ですが、よくよく考えるとすごいことです。 「3年生」ですから。 特に1試合目は1人キャプテンの蓮太郎のファーストと相まって、感動的でもありました。 やっぱり、勝利するって楽しいね。 特にチャレンジするプレーが、 沢山見られた事が嬉しかった。 31さん、無免許さんが言ってる通り、 雄大のダイビングは鳥肌モンだったし、 32番は思わず立ち上がって喜んでしまったよ! 勿論、煌太の守備や 地味だけど凡打しても全力で走る桜雅姿とか、 エンドランでキッチリ叩きつける竜之介にも感動しました! 実力はそう簡単に身につくものじゃないから、 大変だし日々の反復練習しかない。 どんどん伸びろ!そして航之介・菜那・大斗・遥翔・優那が数少ないチャンスをものにして全員出塁!バットに当たらないと、ボールを我慢して見逃さないと出塁は出来ないから、進歩している証拠です。 あとは、サインとルールと走塁ね 笑。 竜之介のファーストも安定感があって声もすごく出ていたし、煌大のサードも強い打球にビビらず処理出来ていてgood、送球もgood。 桜雅のヒットは狙い打ちでカッコ良かったなぁ。 他にもたくさんありましたが、家に帰れなくなるのでこのくらいに 笑。 それと忘れてはいけないのがこの2日間でさせて頂いた紅白戦(ベースラン競争も)。 日頃は公式戦や練習試合で相手ばかりに目が向いて自分や自分のチームの事を見失いがちなので、自チームメイトの良い点・直すべき点を見つめ直す良い機会だったのではないかと思います。 審判の練習の良い機会でもあったと思います 笑。 次回は夢梨を含めての紅白戦が見たいものです。 教育は吉塚さんにギリギリで勝ちました。 ~選手のみんなへ~ 結果を受け止めて、今よりできるようになるための練習をしていくしかないよ。 なにごとも近道はありません。 地道にコツコツとできることを増やしていくだけ、できたことを忘れないだけ(笑)。 いつも言いようようにメモをしろ(そういえば、最近LPノートに巡りあってないな~、時代かな~)。 悪い流れの時こそ、イライラしたり、なげやりになったら心がにごってきます。 こういう時こそ、礼儀と挨拶を見つめ直すこと、キャッチボールを速く正確に丁寧にやること、いかなる打球も全力疾走すること、ボールをよく見て正面で捕球すること・・・などなど生きる基本とプレーの基本に立ち戻ろう。 根っこを掘り下げて人間力を高めよう。 それから、ワンプレーごとに意味を理解するために、もっと頭をつかってください。 理解してないのに「はい!」って言わないようにしてください(笑)。 理解するためには反復練習の繰り返しになります。 ただいま君たちはソフトボールの試合では負けまくっています、圧倒的に弱いです。 プレーやバッティングも自分の理想通りにならないことばかりでしょう。 自分はできてるけど仲間のミスで負けることも多いだろうし、自分の弱気なプレーやミスで仲間の足を引っ張ってしまった試合もあるでしょう。 叱られた悔しさや情けなさをどこに?誰に?ぶつけたらいいのか分からないことも多いでしょう。 悔しいですか?、歯がゆいですか?、泣きたいですか?、逃げ出したいですか?、なにくそ!って思ってますか?、必ずできるようになる!って自分を信じ切れていますか?。 君たちには明るい未来が待ってますが、生きてる中で負けることはたくさんあります、そしてうまくいかないことも多いです。 余談ですが、31コーチはうまくいかないことばかりで、負けばかりです(汗)、特に今年(笑)。 蓮太郎キャプテン率いる今の君たちは、自分がうまくいかない時や転んだ時の自分なりの起き上がり方や仲間の起き上がらせ方、心が傷ついた時やケガをした時の自分なりの治し方、傷ついた仲間への本当の優しさや接し方などを、どのチームよりたくさん学んでいると思います。 いま押しつぶされそうな心は、実は気がつけば前より大きくなっています。 君たちが気づいてないだけで日々たくましくなっていってるんです。 知らぬ間にはい上がる強さが身についていってるんです。 よかったやんか!勝ちっ放しのチームではこれは学べません(笑)。 お年玉やお小遣いでも買えません(笑)。 学校でも教えてもらえません。 お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも教えてくれません。 今、君たちはたくましくなってる途中なんです。 明るく明るく!ポジティブに!。 今を学んで、今に活かそう。 君たちはソフトボールを通して、【人間】を勉強しているんです。 できないということは、できる途中でやめちゃうことです。 いくら失敗してもいい!できるまでやれば、一瞬で『できた!』に変わる。 負けるということは、負けてる途中で諦めることです。 逃げることです。 勝つ(克つ)とうことは、勝つ(克つ)までやり続けることです。 いくら負けてもいい!最後に勝て(克て)ば勝ち(克ち)なんです。 俺もコーチのはしくれです。 君たちに、なにかを伝えてなにかを共有したい。 さぁ、また週末!・・・って、今週末がリーグ戦最後のレギュラー戦やん。。。 終わるんやな~。。。 なんだか疲れた~(笑)。 うるさいコーチやったけど、もうちょっとだけ付き合って~(笑)。 追伸 教育リーグのちっちゃい選手たちには意味がわからんことばかりを書いてゴメンね。 『ツーアウト!満塁!一打逆転のチャンス!バッターはハルト!。 ピッチャー第1球を投げました~!・・・』みたいな(笑)。 あの時のみんなの顔はよかった~。 本当のバッターボックスでもあの時の顔でいけば必ず良い結果がでるよ。 そして、なんとなく31コーチが書いた文章が分かる選手たちは、分からない漢字の読み方を勉強しといてください(笑)。

次の

マイリトルポニー (まいりとるぽにー)とは【ピクシブ百科事典】

リトルペガサス

2016年が始動しました。 HPの写真、羽ばたけ子天馬を更新しました。 1月4日に駆けつけてくれたOB・OGのみんな本当にありがとう。 みんなの成長と心配りに感動しました。 ならびに、『せっかくだから、所属チームのユニフォーム姿で来てもらおう!』と発案してくれた32コーチもありがとう。 大成功やったね。 そして、香椎宮(&知る人ぞ知る巻尾神社)への初詣とレクレーションを段取りしていただいた保護者の皆様もありがとうございました。 限られた地域の中の、限られた出会いの中で知り合えた、限られた子どもたちと保護者の縁と和を大切にしながら、今年もチャレンジしていきましょう。 さあ~、今年は審判が大変だ~。 ひるまずにがんばらんと・・・ 汗。 今大会は時間の使い方、準備のやり方に課題が残りました。 2試合を指揮して輝やいていたのはウィル、蓮太郎。 結果を反省しバネにして欲しいのは桜雅、竜馬、百花、ゆり、雄大、航之介。 嬉しかったのは、32コーチが新しく購入したLP帽を嬉しそうに私に自慢してくれたこと。 近道はありません。 選手もコーチも保護者もコツコツと今より一歩前へ。 個人的には今日も目一杯楽しくて悔しかったです。 何苦楚!コンチクショウ!。 さぁ、また週末!。 追伸 鬼海監督様。 怪我・病気等々でメンバーを欠く中、好プレー有り! まずは百花!バッティング開眼中!何より結果が欲しい今、ナイスヒット・ナイスバッティングです。 これからも頼む! そして蓮太郎のクリーンヒット、父ちゃんに見てもらいたかった 笑 ! 途中出場の憂琉の守備、ボールに食らい付く気持ちが伝わってきて良かったです。 桜雅の1番バッターは完成の域?と思わせるほどのレフト前・センター前…末恐ろしい 笑。 努力の成果ですね。 まだまだありますが、中でも嬉しかったのが3年生内野陣の上達振り。 LPでは普通ですが、よくよく考えるとすごいことです。 「3年生」ですから。 特に1試合目は1人キャプテンの蓮太郎のファーストと相まって、感動的でもありました。 やっぱり、勝利するって楽しいね。 特にチャレンジするプレーが、 沢山見られた事が嬉しかった。 31さん、無免許さんが言ってる通り、 雄大のダイビングは鳥肌モンだったし、 32番は思わず立ち上がって喜んでしまったよ! 勿論、煌太の守備や 地味だけど凡打しても全力で走る桜雅姿とか、 エンドランでキッチリ叩きつける竜之介にも感動しました! 実力はそう簡単に身につくものじゃないから、 大変だし日々の反復練習しかない。 どんどん伸びろ!そして航之介・菜那・大斗・遥翔・優那が数少ないチャンスをものにして全員出塁!バットに当たらないと、ボールを我慢して見逃さないと出塁は出来ないから、進歩している証拠です。 あとは、サインとルールと走塁ね 笑。 竜之介のファーストも安定感があって声もすごく出ていたし、煌大のサードも強い打球にビビらず処理出来ていてgood、送球もgood。 桜雅のヒットは狙い打ちでカッコ良かったなぁ。 他にもたくさんありましたが、家に帰れなくなるのでこのくらいに 笑。 それと忘れてはいけないのがこの2日間でさせて頂いた紅白戦(ベースラン競争も)。 日頃は公式戦や練習試合で相手ばかりに目が向いて自分や自分のチームの事を見失いがちなので、自チームメイトの良い点・直すべき点を見つめ直す良い機会だったのではないかと思います。 審判の練習の良い機会でもあったと思います 笑。 次回は夢梨を含めての紅白戦が見たいものです。 教育は吉塚さんにギリギリで勝ちました。 ~選手のみんなへ~ 結果を受け止めて、今よりできるようになるための練習をしていくしかないよ。 なにごとも近道はありません。 地道にコツコツとできることを増やしていくだけ、できたことを忘れないだけ(笑)。 いつも言いようようにメモをしろ(そういえば、最近LPノートに巡りあってないな~、時代かな~)。 悪い流れの時こそ、イライラしたり、なげやりになったら心がにごってきます。 こういう時こそ、礼儀と挨拶を見つめ直すこと、キャッチボールを速く正確に丁寧にやること、いかなる打球も全力疾走すること、ボールをよく見て正面で捕球すること・・・などなど生きる基本とプレーの基本に立ち戻ろう。 根っこを掘り下げて人間力を高めよう。 それから、ワンプレーごとに意味を理解するために、もっと頭をつかってください。 理解してないのに「はい!」って言わないようにしてください(笑)。 理解するためには反復練習の繰り返しになります。 ただいま君たちはソフトボールの試合では負けまくっています、圧倒的に弱いです。 プレーやバッティングも自分の理想通りにならないことばかりでしょう。 自分はできてるけど仲間のミスで負けることも多いだろうし、自分の弱気なプレーやミスで仲間の足を引っ張ってしまった試合もあるでしょう。 叱られた悔しさや情けなさをどこに?誰に?ぶつけたらいいのか分からないことも多いでしょう。 悔しいですか?、歯がゆいですか?、泣きたいですか?、逃げ出したいですか?、なにくそ!って思ってますか?、必ずできるようになる!って自分を信じ切れていますか?。 君たちには明るい未来が待ってますが、生きてる中で負けることはたくさんあります、そしてうまくいかないことも多いです。 余談ですが、31コーチはうまくいかないことばかりで、負けばかりです(汗)、特に今年(笑)。 蓮太郎キャプテン率いる今の君たちは、自分がうまくいかない時や転んだ時の自分なりの起き上がり方や仲間の起き上がらせ方、心が傷ついた時やケガをした時の自分なりの治し方、傷ついた仲間への本当の優しさや接し方などを、どのチームよりたくさん学んでいると思います。 いま押しつぶされそうな心は、実は気がつけば前より大きくなっています。 君たちが気づいてないだけで日々たくましくなっていってるんです。 知らぬ間にはい上がる強さが身についていってるんです。 よかったやんか!勝ちっ放しのチームではこれは学べません(笑)。 お年玉やお小遣いでも買えません(笑)。 学校でも教えてもらえません。 お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも教えてくれません。 今、君たちはたくましくなってる途中なんです。 明るく明るく!ポジティブに!。 今を学んで、今に活かそう。 君たちはソフトボールを通して、【人間】を勉強しているんです。 できないということは、できる途中でやめちゃうことです。 いくら失敗してもいい!できるまでやれば、一瞬で『できた!』に変わる。 負けるということは、負けてる途中で諦めることです。 逃げることです。 勝つ(克つ)とうことは、勝つ(克つ)までやり続けることです。 いくら負けてもいい!最後に勝て(克て)ば勝ち(克ち)なんです。 俺もコーチのはしくれです。 君たちに、なにかを伝えてなにかを共有したい。 さぁ、また週末!・・・って、今週末がリーグ戦最後のレギュラー戦やん。。。 終わるんやな~。。。 なんだか疲れた~(笑)。 うるさいコーチやったけど、もうちょっとだけ付き合って~(笑)。 追伸 教育リーグのちっちゃい選手たちには意味がわからんことばかりを書いてゴメンね。 『ツーアウト!満塁!一打逆転のチャンス!バッターはハルト!。 ピッチャー第1球を投げました~!・・・』みたいな(笑)。 あの時のみんなの顔はよかった~。 本当のバッターボックスでもあの時の顔でいけば必ず良い結果がでるよ。 そして、なんとなく31コーチが書いた文章が分かる選手たちは、分からない漢字の読み方を勉強しといてください(笑)。

次の