ご査収くださいますよう。 「ご査収ください」という表現の正しい意味や使い方

「ご査収ください」という表現の正しい意味や使い方

ご査収くださいますよう

このライフレシピのもくじ 【】• よく、メールなどで「よろしくご査収ください」という言葉が入っていることがあります。 ご査収の読み方は「ごさしゅう」となりますが、基本的にはメールでの締めの文章でよく見る表現です。 しかし、ご査収、というのは一般的には聞き慣れない言葉ですよね。 そこで、ここでは「ご査収」の意味と基本的な使い方、例文や間違った使い方について紹介していきます。 「査収」の意味 そもそも「査収」とはいったい何でしょうか?国語辞典で調べてみると、 金品・書類などを調べて受け取ること とあります。 「査」は検査の「査」であり、「収」は回収の「収」だと思うとよさそうですね。 そして、「ご査収」とは、それに尊敬語の接頭語の「御(お・ご)」をつけている言葉になります。 「査収」メールでの使い方&例文 メールで使う場合 多くの人が迷っているのが、「ご査収」をメールで使う時です。 ご査収、という時点で丁寧な言い方なので、基本的には よろしくご査収ください。 くらいで十分です。 ちなみに、ご査収という名詞によろしくがつくのは違和感があるという人もいると思いますが、これはよく使われる言い回しなので、このまま使って問題ありません。 よろしく、を使いたくない場合は ご査収くださいませ。 などがよく使われます。 これらをやや古めかしい、と思う方は ご査収のほど、よろしくお願いします。 などの言い方でもいいでしょう。 例文 ・添付ファイルにて、今回のプロジェクトの前提情報をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ・契約書をお送りいたしました。 専門的な内容も多く、やや複雑ではございますが、ご査収のほど、よろしくお願いたします。 添付ファイルの確認に使うのはNG!間違った使い方 「ご査収」を知ってしまうと、つい色んな場面で使いがちです。 そこで、間違いがちな使われ方も紹介します。 調べるものがないもの たとえば、添付ファイルなどがない場合に「よろしくご査収ください」などと言われても「えっ、何をよく調べればいいの?」となってしまいます。 日程などを送っている場合は「ご確認ください」くらいで十分です。 よく調べなくてもいい時 ご査収とは、よく調べて受け取る、という意味があるので、すでにちゃんと見てもらっているようなものには使われません。 たとえば、すでに送ってある契約書の最終版などを送る場合にも「ご確認ください」で十分です。 丁寧すぎる ご査収という表現がやや古い印象を受けるせいか、丁寧すぎる言い方になってしまう場合もあります。 ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 特にメールでは、ここまで丁寧な言い回しにすると、逆に違和感を与えてしまうかもしれません。 使ったほうがいいか? しかし、そもそもご査収という言葉は、メールなどで使ったほうがいいのでしょうか? この点については色々な意見があると思いますが、個人的には、そんなに使う必要がない言葉だと考えています。 というのも、「ご査収」という言葉自体、よく理解していない人が多いからです。 相手に伝わらない可能性がある言葉をメールで使うのは、リスクがあります。 添付ファイルをよくチェックしてほしかったら「ファイルを添付いたしましたので、内容をよくご確認の上、お返事いただけると幸いです」くらいで意味は伝わります。 また、昨今では、メールでの言い回しはどんどんとシンプルになっています。 昔の手紙のマナーとは違い、大量のやり取りをするわけですので、すぐに用件を確認できるほうが大事です。 使ってはいけないというわけではありませんが、積極的に使うほどではない単語だと思っておいてよいでしょう。 特にビジネスメールに慣れていない方などにとっては、難しい表現かもしれませんが、いまだに使われる表現ですので、覚えておいて損はないでしょう。 image by.

次の

「ご査収」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いや類語も

ご査収くださいますよう

金額や文言など、相手のチェックが必要な書類を送るときに使います。 【「ご査収」NG例(1)】 ・弊社の新商品のカタログをお送りします。 よかったらご査収くださいね。 この場合「お時間のあるときにご確認いただけますと幸いです」「ご笑納ください」などと言うのがよい。 【「ご査収」NG例(2)】 ・(「ご査収ください」の返信で)私が確かに査収いたしました。 【例文】 ・企画書をお送りいたしましたので、 ご確認ください。 メールや書類などの書き言葉で使われています。 【例文】 ・資料を ご高覧いただければ幸いです。 (3)「お目通し」 資料や本に目を通してもらうこと、一通り見ることを意味します。 会議に使う資料などを送ったときに使います。 【例文】 ・会議資料を送付いたしましたので、事前に お目通しのほどお願い申し上げます。 (4)「ご検収」 納品された成果物に対して使われています。 数があっているか、破れているものがないかなど、確かめたうえで受け取ることを意味します。 【例文】 ・ご注文の品を納品いたします。 間違いがないか ご検収ください。 (5)「ご笑納」 相手から頼まれたわけではないけれども、おまけや好意によって贈り物をするときに使います。 【例文】 ・お礼の品です。 どうぞ ご笑納ください。

次の

「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

ご査収くださいますよう

公開日: 2018. 10 更新日: 2019. 21 「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説! 「ご査収」という言葉をご存知でしょうか。 「ご査収ください」という言い回しは、ビジネスメールやビジネス文書で目にする機会が多いと思います。 しかし、日常会話では全くと言っていいほど使いませんよね。 ですので、メールで「ご査収ください」と来ても意味が分からないということもあるのではないでしょうか。 また、相手に意味を深く考えずにとりあえず使っている、なんていうこともあるかもしれませんね。 そこで今回は「ご査収」の意味や使い方、返事の仕方、類語について解説していきます。 「ご査収」はビジネスの場で使うことの多い敬語の一つです。 意味をしっかり理解して、正しく使えるようにしましょう。 「ご査収」の使い方と例文 「ご査収ください」「ご査収願います」は一般的に使う 社内の目上の人に対しても、状況に合っていれば「ご査収ください」を使えます。 相手によって「ご査収」だとやや堅いなと思う場合は、「添付させていただきます」「添付資料のご確認をよろしくお願いします」などと言い換えることもできます。 ただ、社外の目上の人やお客様には「ご査収ください」だと強要する印象を与えてしまうため、より丁寧な「ご査収のほどお願いいたします」「ご査収いただければ幸いです」などを使うのが良いでしょう。 例文 ・請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ。 ・新商品のサンプルを郵送いたしますので、ご査収ください。 ・ご依頼いただきました資料をお送りいたしましたので、ご査収ください。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」はビジネスや目上の相手に使える ビジネスシーンや目上の相手に使う場合は「ご査収の程よろしくお願いいたします」と使うと、とても丁寧です。 顧客や取引先へのビジネスメールでも使うことができます。 例文 ・下記の添付ファイルをご査収の程よろしくお願いいたします。 ・明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収の程よろしくお願いします。 「ご査収くださいますよう〜」「ご査収のうえ〜」もビジネスや目上の相手に使える かしこまった言い回しで目上の相手に使うことができます。 「ご査収のうえ〜」は、「ご査収をしたあとに」という意味になります。 調べて確認してもらったあとに、手配や検討をしてもらう場合に使います。 よく使われる言い回し ・ご査収くださいますよう、よろしく願いします。 ・ご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 ・ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご査収のうえ、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。 ・ご査収のうえ、ご検討のほどお願いいたします。 ・ご査収のうえ、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 「ご査収いただければ幸いです」はより丁寧 「ご査収」はメールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときに、そのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。 添付資料を確認してほしいとお願いする丁寧な言い方になるため、目上の相手にも使うことができます。 また、「ご査収のほどお願い申し上げます」もとても丁寧な言い方になります。 ・ご査収いただいてから、ご連絡お願いいたします。 ・企画案を送付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 ・当日のスケジュールを添付いたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます。 ・提案書を添付いたしますので、ご査収の上、ご検討のほどお願い申し上げます。 「ご査収」を使う上での注意点 「ご査収」は資料や請求書など調べるものがある場合にのみ使う 「ご査収」という表現を使う際は、資料など受け取るものがあることが前提です。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際に、最適の言葉です。 契約書や請求書など、ただ受け取るだけでなく、しっかり内容を理解してもらわないと結果的に相手にも迷惑がかかってしまう場合にも使います。 ですので、 添付ファイルや同封する資料がない場合、メールの本文のみの場合は使用しません。 確認すべき資料がないのに「ご査収」といってしまうと、相手を戸惑わせてしまいます。 また、メールなどで添付・同封するものがあったとしても「ご査収」を使わない方が良いケースがあります。 それは添付・同封するものが多い、または書類自体は少なくてもチェックしてもらいたい箇所が多々あるという場合です。 このような場合に「ご査収」を使ってしまうと、大袈裟な感じが出てしまいます。 代わりに「ご確認ください」を使います。 「ご確認ください」でも十分意味は通じます。 「ご査収」は送付状・申込書でも使う 「ご査収」は送付状を送る際にもよく使われています。 主にビジネスでの資料や履歴書などを送る際、同封して確認してほしい書類に対して使います。 また、相手から申し込みを検討したいなどの要望があった際、「添付しました申込みにあたっての確認事項の書類をご査収のうえ、お申し込みください」と使われる場合もあります。 「送付状」の詳しい使い方は下記の例文を確認してみてください。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 下記の通り、書類を送付させて頂きますので、ご査収のほどよろしくお 願い申し上げます。 com 成沢 竹輪 応募書類の送付について 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 私は大学卒業後の3年間、介護の職務に従事してまいりました。 大学 でも4年間社会福祉において学び、社会福祉士の資格も取得しておりま す。 下記の通り応募書類を送付させていただきます。 ご査収ならびに選 考のほど、よろしくお願い申し上げます。 また、はっきりとたしかめること」を意味します。 「ご確認ください」とした場合は、「はっきりと確かめてください」「はっきりと認めてください」という意味になります。 受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使うことができません。 ご確認ください」といったように、具体的に確かめてほしい箇所を書き、「ご確認ください」と締めるのが良いでしょう。 「ご確認」の例文 ・お時間のあるときに、書類をご確認ください。 ・資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします。 ビザ となります。 「査証を申請する」「査証を免除される」などと聞いたことがあるかもしれません。 使われる頻度としては、「ご査収」よりも低いです。 「ご査証」の例文 ・問題のあった件について、ご査証のほどよろしくお願いいたします。 ・何か不具合がありました、ご査証ください。 「ご査収」のその他の類語 ご検収 「ご検収」は <ごけんしゅう>と読みます。 「検収」は「納品されたしなが注文通りであることを確かめた上で受け取ること」を意味します。 「ご検収ください」は品が実際に届くときに使い、書類など数量を確認しないものには使われません。 また、「ご検収」はコンピュータのシステムを外注したときに検証してほしいという場面でも用います。 例文 ・商品に間違いがないか、ご検収ください。 ・システムに誤りがないか、ご検収お願いいたします。 お受け取り 「受け取る」は、 「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 「お受け取りください」はビジネスシーンでも日常会話でも一般的に使われることが多い言い回しです。 ただ「〜ください」は命令形になりますので、目上の相手には「くださいますようお願い申し上げます」などと言い換えると良いでしょう。 例文 ・本日お見舞いの品をお送りいたしました。 心ばかりの品ではありますが、お受け取りください。 日頃お世話になっておりますお礼に、持参しました。 ささやかですがお受け取りください。 ・心ばかりのものではございますが、お詫びの品をお送りいたしますのでお受け取りいただけますと幸いです。 ご笑納 「ご笑納」は 「ごしょうのう」と読みます。 「笑納」は贈り物をする際、「つまらない物ですが笑って納めてください」という気持ちを込め用いる語です。 「ご笑納ください」と言った場合は、 「差し上げる品は大したものではないですが、笑って受け取ってください」といったニュアンスになります。 「ご笑納」は、比較的冗談を言い合える相手に対してではないと、軽々しい印象を与えてしまいます。 したがって 目上の人に対しては、よほど親しい間柄ではない限り使用しないのが無難です。 「ご笑納」は気軽な関係の相手に、お礼として記念品や粗品を送る際に使用するのが適切になります。 例文 ・実家で採れたりんごをお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・別便にてお礼の品をお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ご一読 「ご一読」は 「ごいちどく」と読みます。 「一読」は「一度読むこと。 ひととおり読むこと」を意味しており、「ご一読ください」と言われた場合は「一度目を通してください」といった意味になります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。 大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。 ご高覧 「ご高覧」は <ごこうらん>と読みます。 「高覧」は 「他人が見ること」を意味する尊敬語です。 「ご高覧」の「ご」は、尊敬語の接頭語になります。 「ご高覧」は目上の人に、文章や商品を見てもらうことをお願いするときに使用します。 「ご高覧」は堅い表現なので、主に文章内で使われることが多く、口頭ではあまり使われません。 口頭では「ご覧ください」という表現を使います。 例文 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧いただきたく存じます。 ・見積書を同封いたしましたのでご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

次の