僕は君が好き 焼けた肌に。 える🌻エル・レガーロ。

あいざき進也 / 歌詞: ♪takimariの音楽な自由時間

僕は君が好き 焼けた肌に

僕はお姉ちゃんと二人。 朝焼けのきれいなホテルに泊まっていた。 都内の大きな道路が、見えるのだ。 朝焼けに照らされて、真っ直ぐに。 『おはようユウくん。 子供なのにコーヒーを飲むなんていけないんだ』 お姉ちゃんはコーヒーを飲む僕の頭の上に胸を乗せる。 「僕、春から大学生なのに」 お姉ちゃんは背が高い。 240cmくらいは有ると思う。 人間じゃないからだ。 両親は八尺様と呼んでいた。 けど綺麗だ。 背の高いお姉ちゃんの体の上に乗って、白い肌に指を這わせて、二の腕に指を埋める時なんて、そのまま溶け込んでしまいたくなる。 僕には勿体無いくらい綺麗なお姉ちゃんなのだ。 『ごめんごめん。 ユウくんはもう大人だものね』 「まだお姉ちゃんには子供にしか見えない?」 『ごめんって』 お姉ちゃんは僕の頬に唇を寄せる。 困ったら甘えておけば許してくれると思っている。 どうしようもなく適当で、姉としての威厳も何もない。 生活だって僕に頼っているし、僕が居ないと外にも出られない。 「待って」 朝焼けに照らされるお姉ちゃんを捕まえて、瞳をじっと見つめる。 『なに? 恥ずかしいよ……』 白い髪が綺麗だ。 赤い瞳が綺麗だ。 日に焼けた肌が綺麗だ。 飾りっ気のないワンピースも綺麗だ。 光の中で恥じらう彼女が綺麗だ。 「素敵だよ」 お姉ちゃんは顔を赤くして、ホテルの机の上に飛び乗り縮こまる。 体重を感じさせない軽やかな動き、猫みたい。 生まれた時から、お姉ちゃんはお姉ちゃんだった。 僕よりも背が高くて、僕よりも背が高いままで、ずっと追い越せない。 そして何時も綺麗で、僕にだけ笑ってくれる。 ずっと前から、僕に微笑んでくれるのはお姉ちゃんだけだ。 * ずっと前。 まだお父さんもお母さんも居た頃のことだ。 「ユウ! はなれなさい!」 お父さんが僕を抱きしめる。 力強くて乱暴で、痛いくらいだった。 「ほらユウ! 乗りなさい! お寺さん行くわよ!」 『お母さん、連れて行かないで、ユウを連れて行かないで』 「お母さん、なんでお姉ちゃんを無視するの?」 お母さんは何も答えない。 「お父さん!」 お父さんも答えない。 みんなお姉ちゃんを無視している。 お姉ちゃんはずっと傍に居てくれたのに。 「そもそもあなたがお祖父ちゃんの一周忌に里帰りなんて言い出さなきゃ」 「こうでもしなきゃ家族なんて集まらないだろう」 「集まらなくて結構よ、こんなことになるくらいならユウは家に」 「家に放置しているだけだろう? それでも母親か?」 「あなたこそずっと仕事じゃない」 「男が稼いでくるのは当たり前だろう! なんだ君こそ何時までも!」 お姉ちゃんは車に張り付いて、扉をすり抜けて、僕の手を握ってくれた。 優しくて柔らかかった。 お姉ちゃんはずっと大丈夫だよと言ってくれた。 だから連れて行かれたお寺でも、お坊さんに僕は正直に話すことにした。 「お姉ちゃんは危なくないよ! 事故の時も、車の中に居た時も、変な人に連れて行かれそうになった時も、お姉ちゃんが守ってくれたんだもん!」 お坊さんがため息を吐いていた事はわかる。 両親は多分怯えていたんだと思う。 「ダメなんですか。 連 れ て 行 か れ るんですか」 「帰ったらダメだと言っていたでしょう。 お祖父様がどれだけ悩んであなたを家から引き離したかご存じないのですか」 「そんな、ですが」 「なんで私やこの子まで巻き込まれなくちゃいけないのよ……全部あなたのせいよ……!」 人間の表情は上手く分からなかった。 困っていたのか、哀れんでいたのか、それとも。 ただぼんやりと嫌な気持ちだった。 お姉ちゃんは窓の向こうから心配そうに僕を見ていた。 「私が迎えに来るまでここから出てはいけないよ」 お坊さんがそう言っていたのは覚えている。 『迎えに来たよ』 翌朝。 お姉ちゃんがそう言って嬉しそうに襖を開けてくれたのも覚えている。 朝日にすっかり肌が焼けてしまったお姉ちゃんが覆いかぶさるように僕を抱きしめて、子供みたいに泣いていた。 『怖かった?』 「怖くないよ」 僕は真っ白になってしまったお姉ちゃんの髪を撫でた。 『怖かった?』 「大丈夫、怖くないよ」 そうやってしばらく撫でてあげていたら、お姉ちゃんは大人しくなって、僕の隣でしばらくじっとしていた。 お姉ちゃんは怯えた顔で僕に尋ねた。 『お姉ちゃん、怖くなかった?』 綺麗だった。 * その後、遠い親戚がお金を出してくれて、僕はなんとか大学生をやっている。 けど、それも昨日までのこと。 バイトして貯めたお金で、僕はお姉ちゃんと旅に来ていた。 東京に、一度は来てみたかったから。 『ユウ君ったら、なにぼーっとしてるの?』 昔のことを思い出していると、さっき逃げたお姉ちゃんが机の上で三角座りをしながらこちらを見下ろしていた。 お姉ちゃんは背が高いのに、狭いところで小さくなっているのが好きだ。 猫みたいに。 「昔のことを思い出していただけだよ」 『昔のこと?』 「お父さんとお母さんが居なくなった時のこと」 『ごめんね。 ユウくんを一人ぼっちにして』 「お姉ちゃんが居たから、寂しくなかったよ」 僕には人の顔がよく分からない。 分かるのはお姉ちゃんだけだ。 お姉ちゃんのことはどこに居てもよく分かる。 どこに居ても、お姉ちゃんのことはよく見える。 暗くても、明るくても、笑ってても、泣いてても。 「一緒にご飯も食べられたし」 『遊園地も行ったね』 「お家が静かになったよね」 『ユウくんが笑う顔、久しぶりに見たなあ』 「僕、笑えたんだね」 『笑ってるよ、今も』 「お姉ちゃん、連れてってよ」 『だめ』 「連れてって」 『だめ』 「好きだよ」 僕が腕を伸ばすと、お姉ちゃんが縮こまる。 こわごわと触れて、お姉ちゃんの手が、僕を抱き寄せる。 お姉ちゃんに引っ張られて半透明になった僕は、お姉ちゃんの胸元に飛び込んで、振り返った。 『ほら、見て。 ユウくん、笑ってるよ』 『笑ってる』 返事したのは僕の声だった。 けど、それはもう僕の喉から出た声じゃない。 僕の身体は椅子の上。 眠るように死んでいる。 お姉ちゃんは僕を抱っこしたまま、机から降りてベッドへと移る。 『ねえユウくん、見える? ユウくんは綺麗な顔をしているよ』 『そうなのかな?』 『お姉ちゃんよりずっと綺麗だよ』 『僕はそう思わないな』 『お姉ちゃん、ユウくんまで殺しちゃったよ』 『けど、これでずっと一緒にいられるね』 お姉ちゃんの大きな身体を、ぎゅっと抱き寄せた。 あっけないものだった。 折角血の赤が映える服を着ていたのに。 * 狭義の相貌失認は、熟知した人物を相貌によって認知する能力の障害である。 しかし、声を聞くとわかる。 一方、熟知相貌の認知障害がなくとも、未知相貌の学習・弁別、表情認知、性別・年齢・人種などの判定、美醜の区別などにいくつかに障害がある病態が広義の相貌失認と診断される。 (日本神経科学学会 脳科学辞典より 一部抜粋) * 最初に僕の死体を見つけたのはホテルの掃除業者だった。 彼女はベッドの上に丁寧に寝かされた僕の死体を見つけてくれた。 枕元にはお姉ちゃんが花が添えていた。 お姉ちゃんは僕の死体を綺麗に飾ってくれた。 僕が居ればそれでいいからって。 部屋は強く冷房が効いていたせいか、顔色は少し悪かったものの、頬に紅を差していたため、業者の人は最初は死んでいると気づけなかった。 事件性を疑い、司法の捜査が入ったものの、掃除の人が来るまでは、僕の部屋には誰も入っていない。 事件は容疑者不在のままで捜査が終了した。 奇妙なことに捜査資料には 「終わったことですから」 という遠い親戚からの証言がわざわざ残されていた。 あの人達は、お姉ちゃんについて、なにか知っていたのだろうか。 けどもうどうでもいいことだ。 僕とお姉ちゃんは二人ぼっち。 忘れられて、おしまい。

次の

高嶺の花子さん

僕は君が好き 焼けた肌に

久々に顔を合わせたミーティングの後。 ソファーに向かい合わせに座って僕は紅茶を、ヒロはコーヒーを飲みながら世間話なんかをして時間を潰していた。 「ヒロは最近何してたの?」 何をしていたかなんて聞かなくても大体わかるけどね。 その焼けた肌を見れば。 「サーフィンやってゴルフして、友達と飲んだくれてだらだらしてー、う〜んそんな感じ。 大ちゃんは?」 「僕もサーフィンしてたよ」 「えっ」と大きな目を更に大きくしてヒロがびっくりする。 というか噎せてる。 よかったね、コーヒー飲んでる途中じゃなくて。 「・・・そんなに驚かなくてもいいじゃん。 海でじゃなくてネットでだよ」 「なんだあ、びっくりしたぁ」 「する暇なんてあるわけないじゃない。 見てよこの肌」 長袖のシャツを捲くると長らく日にあたっていない白い腕が顔をだす。 その肌色は不健康そのものだ。 「ホントだ、真っ白。 あ、ちょっと待って」 そう言いながらヒロはシャツを捲って自分も腕を出すとそれを僕のと合わせて笑った。 「大ちゃん見て、こんな違うよ。 あはは、オセロみたい」 オセロって・・・。 例えが古いよ。 それともゲームのオセロにのこと? どちらにせよその例えってどうなの・・・。 ヒロは僕の冷たい視線に気づくことなく何がそんなにおかしいのか涙を流しながら爆笑してる。 「もう、ヒロ。 何がそんなにおかしいのさ」 「だって、だって・・・。 俺、こんなに自分が黒いと思わなかったんだもん。 日本人じゃないみたい」 ・・・確かに。 ヒロの肌は健康的を通り越して「焦げてる」って言葉が合いそうなくらいに焼けている。 そのせいで自分の白い腕がより白く見えた。 そのあまりの違いとヒロの笑いが伝染してなんだか僕も笑えてくる。 「ふふ、僕も白過ぎ〜。 はははっ」 ふたりしてヒーヒー言いながら腹を抱えて笑った。 普段ならおかしくも何ともないことなんだけどツボにはいっちゃったみたいで笑いが止まらない。 ヒロなんか太腿をバチバチたたいて笑ってる。 「あー、おかしぃ。 僕もヒロみたいに焼いてみようかなぁ」 なんとか笑いをおさめて涙をぬぐう。 笑って涙を流したのなんかいつぶりだろう。 明日、筋肉痛になるかもしれない。 「いいんじゃない、そのままで」 まだ笑いの残る声でヒロはそう言って捲くった自分のシャツを直し、僕の腕を引っ張った。 その拍子に体がヒロのほうへと傾いて二人の間にあったテーブルに手を付いた。 それがなかったら僕はヒロの胸の中に転がり込んでいたかもしれない。 「大ちゃんが焼けてたらなんかおかしいよ、真っ黒なんてさぁ。 それに俺、大ちゃんの白い肌好きだよ。 神聖っていうか儚いっていうか。 守ってあげなくちゃって気がする」 「なっ・・・」 耳元で聞こえる甘い声とふわっと香るヒロの香水の匂いに僕は震えた。 ヒロはこういう口説き文句みたいなことをさらりと言ってのける。 ご丁寧に屈託のない笑顔まで添えて。 自称フェミニストの君のやり口に今まで何人の子が絆されて何人の子が恋したんだろう。 そういう僕も情けないことにその中のひとりだったりするわけだけど。 「ばっかじゃないの。 そういうセリフは女のコに使ってよね」 「あはは。 いいじゃん、ホントにそう思うんだからさ」 なんでもないことのようにヘラヘラ笑いながら僕のことを煽るのはやめてほしい。 人の気持ちも知らないで。 いや、知られてもそれはそれで困るんだけど・・・。 僕だってヒロのその焼けた肌好きだよ。 うぅん、ヒロだからその焼けた肌も好き。 だけど、そんなこと僕には絶対言えない。 言葉の重さが違うんだ。 君の「好き」と僕の「好き」の意味なんてかけ離れたところにあるんだから。 「今更だけどさぁ、俺たちってホント正反対だよねぇー」 煙草に火をつけながら首をかしげた僕にヒロは笑いながら言った。 「俺大ちゃんみたいに仕事ばっかなんて絶対無理。 飲み行きたいし、遊びたいし、ダラダラしたいし」 「僕は音楽が全てなの。 だって天使だもん」 「はいはい。 でも・・・」 「ヒロー」 何かを言いかけた時、スタッフの誰かがヒロのことを呼ぶ。 この後のヒロ予定なんて僕は全く知らない。 知る権利もない。 違う仕事、違う事務所、違うスタッフ。 今ではもう当たり前になってしまった僕たちの距離。 「今行くー。 じゃあ、大ちゃんお疲れっ。 またね」 その「また」は一体いつ? そんな心の声を飲み込んで僕はニッコリと笑いながら手を振った。 「うん、お疲れ。 またね」 そそくさと、後ろ髪引かれることもなくヒロは去っていった。 そして僕ひとりが冷めた紅茶とヒロの飲みかけのコーヒーとともにぽつんと残された。 ヒロが帰ったというだけでこの部屋の空気が冷え冷えとしたように感じる。 暖を求めて握りしめたカップの中の紅茶は冷めきってしまっていて僕を暖めてはくれない。 短くなった煙草の灰がポトリと落ちて服を汚した。 「あっ。 ・・・もう・・・」 君は大した意味も持たせずに甘い言葉を囁いては僕のことを困らせる。 そんなことに気づいていないのがまた厄介で、それを僕は煩わしいとさえ思っている。 それなのに・・・。 ホントに僕はどうかしてる。 いい加減で、飽きっぽくて、落ち着きが無くて、行き当たりばったりで、ヘタレで、女の子にだらしなくて、僕には理解できなくて、どうしようもないところだらけなのに。 それなのに、君というヒトは僕を捕らえて離さない。 僕はどれだけ君を愛すれば気がすむんだろう。 どこまで君を愛することができるんだろう。 君は知らないよね。 その何気ない言葉が優しい刃を向け僕を突き刺し、甘い鎖となって僕を縛っていることを。 叶うことのない、伝えることのない君への愛に僕は何度涙を流しただろうか。 君の鎖に縛られ、君の刃に血を流し、それなのに君という毒にイカれてしまった僕はその痛みさえも愛しくてそれを解くことも抜くこともできずに微笑みながら涙を流す。 君はそんな僕を見て見ぬフリをして、いや気づいてさえもいなくて、再び優しい言葉をかけてはさらに刃を深く突き刺し鎖をきつくしめあげる。 僕が何を言ったところで君は動じることなんてないのに、僕は君の一挙手一投足に振り回されてばかりで。 悔しいけれど、君のことを愛してしまったのだからもうどうしようもないことなのかもしれない。 君みたいにたくさんの恋をできたらどんなに楽だろう。 そう思ったことなんてもう数え切れない。 だけど僕にはきっと無理だ。 僕は君みたいにはなれない。 君が存在する限りは。 君は僕ではない誰かに恋をして、僕は君だけに恋をする。 君は僕から愛されていて、僕は君からは愛されない。 君は自由に飛び回り、僕はここからずっと動けないままでいる。 そうだよ、僕たちはあまりにも違い過ぎる。 僕の生きる世界は音楽が全てで、その音楽は君でできている。 君みたいに女だとか遊びだとか色んなものが混ざり合ってできてる世界じゃないんだ。 もう随分前から僕には君のことしか見えていない。 君の瞳が何かを探してキョロキョロと動き回るのと違って。 そんな僕たちはいつでも対角線上にいて向かい合ってはいても隣で寄り添えることは決してないんだ。 君は自ら強い光を放ち多くの者を魅了する太陽のよう。 僕は君の光に照らされて始めてその存在を明らかにすることができる月のよう。 君がいなければ僕は闇に埋もれてそこにいるのかどうかさえもわからない。 そんな僕が抱く醜い感情はひっそりと、静かに、闇のなかでしか許されないんだ。 君を愛せば愛すほどに僕の中で罪悪感は膨らんでいく。 愛してる。 誰よりも愛してる。 だけど、君のことがとっても憎いよ。 決して僕のものにはならない、近くて遠いヒト。 『正反対かもしれないけどそんな大ちゃんのこと好きだよ(^-^)!!!!!!!!!』 やっぱり僕たちは対照的だね。 だって、君は笑ってるけど僕は泣いてるんだから。 END.

次の

高嶺の花子さん

僕は君が好き 焼けた肌に

わたしはほんとうに、状況説明のじょうずな歌詞が大好きです。 君から見た僕はきっと ただの友達の友達 たかが知人Bにむけられた 笑顔があれならもう 恐ろしい人だ いやだってこの2行すごくないですか? 「友達の友達」というポジションであった「君」に、「僕」は一目惚れしてしまった。 ってことがはっきりわかるじゃん。 「好き」とか「恋に落ちてしまった」とか、そういう言葉ひとつもないのに。 そしてその歌詞のつき方にはセオリーがあります。 たとえば、作詞家のさんは印象的に展開する歌詞の特徴として、こんな風に紹介しています。 試しにback number『高嶺の花子さん』で考えてみます。 君から見た僕はきっと ただの友達の友達 たかが知人Bにむけられた 笑顔があれならもう 恐ろしい人だ これがAメロ。 「友達の友達」に笑顔を向けられた「僕」の描写から始まります。 「恐ろしい」みたいな内面の描写もありつつも、ここは笑顔を向けられている点を重視して 「半径5m」と認定します! つぎはBメロ。 君を惚れさせる 黒魔術は知らないし 海に誘う勇気も車もない でも見たい となりで目覚めて おはようと笑う君を これがBメロです。 注目しておきたいんですけど、 ここ、完全に妄想なのですよね。 「君を惚れさせ」た事実があるわけでもないし「海に誘う勇気」や「車」はありません。 「となりで目覚めて おはようと笑う君」とはあなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。 というわけで、Bメロは内面の話でした。 つまり 「半径0m」。 最後にサビです。 会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか に連れ去られ 僕のもとへ 生まれた星のもとが 違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で 僕のものに なるわけないか これがサビ。 いままでと雰囲気がすこし違うのがわかります。 「君」という言葉が登場せず、「友達の友達」だった「僕」と「君」との個別具体的な間柄から距離のある表現になっています。 「会いたい」とか「飛び出してきてくれないか」とか、っていうのは、Aメロに出てきたふたりの関係に限らず、世の中のいろんな人間関係に当てはまるフレーズです。 これがいしわたりさんの言う、 「半径100m」です。 かくして、back number『高嶺の花子さん』も、セオリー通りのきれいな歌詞だということがわかったのでした。 めでたしめでたし。 ではありません。 わたしがこの歌詞を好きなのには、理由があります。 2番で調和が裏切られるからです。 続く妄想 2番のAメロを見てみると、こんな感じです。 君の恋人になる人は モデルみたいな人なんだろう そいつはきっと 君よりも年上で 焼けた肌がよく似合う 洋楽好きな人だ 1番とはちがいます。 1番は笑顔を向けられて一目惚れした「半径5m」の歌詞だったんだよ! ボク覚えてる!! ところが2番のAメロは「君」のことが出てきません。 「君の恋人になる人」の話に終始しています。 しかも、• モデルみたい• 君よりも年上• 焼けた肌がよく似合う• 洋楽好き いままでで一番人物の描写がしっかりしてる! 「君」の描写とか結構あやふやだったくせに! その上ですよ。 これ全部妄想、なんですよね。 Aメロは 「半径0m」の歌詞なのです。 Aメロ、1番が「半径5m」だったのに2番では「半径0m」になったからといって、特別困ったことにはなりません。 歌詞なんてたくさんあるし、1番と2番で趣が異なるものもたくさんあります。 問題はBメロです。 キスをするときも 君は背伸びしている 頭をなでられ君が笑います 駄目だ何ひとつ 勝ってない いや待てよ そいつ誰だ いま待って。 これ妄想の続きじゃん!! 「半径」の実際の数字がどうであろうと、歌詞のよしあしにはそんなに関係がありません。 そうではなくて、AメロからBメロにいくとき、そしてBメロからサビにいくときに、それぞれ「半径」が変化するのが大切なのです。 と、わたしは理解しています。 この歌詞は、Bメロでそのセオリーを外してきます。 Bメロも「半径0m」のままです。 本来変化が似合うところで、変化しきれない、思い切りが足りない、だらだらした歌詞になってしまいます。 でもさ。 Aメロで収めるはずだった妄想を、Bメロまではみ出させてしまうことによって、それが止められない感じを、遂行的に表現しているのです。 すごくないですか? 「妄想が止まらない」って歌えば短く済むところを、実際に妄想を止めないことで表現しているのです。 わたしがこの歌詞を、いちばん好きに思う部分です。 というわけで、back number『高嶺の花子さん』でした。 いろんなひとが言ってるだろうと思うんですけど、この歌詞好きポイント多すぎるんですよね……。 など、見どころたくさんです。 前に『ジェットコースター』の歌詞についてしゃべったときに、歌詞の組み立てについてのことを書きました! よかったら読んでね。 back numberの歌詞を考えたのはこの2曲以来。 また楽しい歌詞のこと発見できてよかったです〜!.

次の