ディープフェイクまとめ。 【ディープフェイクAV】深偽ぽるのJP

芸能人ディープフェイク動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

ディープフェイクまとめ

その中でも経緯と放送で語れなかったことに関しては正直公の場で書き辛い内容なので、有料部分に載せようと思います。 ディープフェイクを自分でも使ってみたい、ディープフェイクによって今世界に何が起きているのか詳しく知りたい、ベナオは結局何をやってTVに出ることになったのか知りたい、という方はぜひ最後までお付き合いください。 僕がフリーランスになって初期にやっていた活動についても書いていますので、気になる方はぜひご購入ください。 僕が運営しているサイトもそちらの方に掲載したいと思います。 ディープフェイクってそもそも何? そもそもディープフェイク技術について説明したいと思いますが、これはディープラーニングの技術を使って動画の中の人間の顔の部分をプログラムによって認識して切り取り、それを別の動画に映っている人間の顔と入れ替えるというものになります。 これが単純に顔の静止画を切り抜いて動画に当てはめるような付け焼き刃なものではなく、映っている人の表情に合わせてそれぞれのパーツが自在に動くので、何も知らない人ならそれが加工された動画だと気付くことは困難です。 iPhoneのカメラが顔認識できるのは人間だけのようです。 これはAppleのサーバーに蓄積された大量の顔写真データを元に機械学習を行い、プログラムに人の顔特有のパターン(目や耳などのパーツの数、配置、顔の輪郭など)を記憶させることで実現されています。 具体的には大量のサンプル画像データ一枚一枚について、被写体のパターンを全て数値的なパロメータ( 特徴量と呼ぶ)まで分解し、それらに統計的な処理を加えて 機械学習モデルを作成することで新たなサンプル画像のどこからどこまでが顔なのかを判定できるようになります。 機械学習モデルは例えるなら、ある水溶液の酸性度を判定してくれるリトマス試験紙のようなものです。 今回の場合の画像データは水溶液と同じ位置付けになります。 画像認識に関してはこちらのnoteでも触れてますので合わせてどうぞ。 これは画像にしか適用できませんが、明らかにディープフェイク技術の原型ですね。 こちらは動画のように時間当たりで表情を動かしたりする必要がない分、ディープフェイク動画よりも単純なプログラムで済むと言えるでしょう。 そしてこれができるなら同じことが動画でもできるはずで、それによって使い道が無限に広がると考えるのがエンジニアです。 ディープフェイクが世界で何を引き起こしているのか 新たに生まれる技術は、常に良い事ばかりに使われるとは限りません。 この技術は諸外国で政治スキャンダルの捏造に使われています。 トランプ大統領と似たような体型の人に髪型を似せて喋らせ、その映像にディープフェイクを使うことで、ぱっと見では見分けられないほど精巧な偽造動画を作っています。 他には偽造ポルノの作成にも使われており、カリフォルニア州ではこうしたフェイク動画による名誉毀損を訴えることができる法律が既にできています。 ディープフェイクの希望 ここまでディープフェイクの恐ろしさばかりを強調してきましたが、僕が伝えたいのは決してそんなことばかりではありません。 僕はAIが人間の可能性を押し広げてくれると信じて、このような情報発信を続けています。 なので無料部分の最後でディープフェイクのわずかな光について書きたいと思います。 以下はAbemaTVのニュース番組であるAbemaPrimeでの、乙武洋匡さんの発言です。 正直僕は美空ひばりさんのに思い入れは特になかったのですが、今回記事を書くにあたって動画を見てみたら観客の方が泣いているのにつられてうるっときてしまいました。 よく考えたら僕が去年にNHKから取材を受けた時にも、ディープフェイク動画の作り方について詳しく聞かれました。 その時からこの企画が走っていたんでしょうね。 今回の件で、僕のNHKさんに対するイメージもかなり変わりました。 昨今のAI技術の急激な進歩を、しっかり追いかけていこうという意思が感じられました。 前半まとめ ・ディープフェイクはAI技術の一種 ・ディープフェイクは被写体の顔を他人の物と入れ替える ・ディープフェイクには画像認識が重要 ・ディープフェイクは政治スキャンダルやポルノの捏造に使われている ・ディープフェイクは悪いことばかりじゃない.

次の

【無料動画】広瀬すず&橋本環奈のディープフェイクが本物過ぎると話題

ディープフェイクまとめ

最終更新日: 2020年7月3日 あたかも人が実際に動いたり話したりしている架空の動画をAIで作れるようになっています。 例えば、先日 Facebook社の共同創業者兼会長兼CEOのザッカーバーグ氏が話しているディープフェイク 動画がインスタグラムにアップロードされ話題を呼びました。 そのように、実際に人を使って撮影しなくてもその人を使った動画を気軽に作成できる技術がディープフェイク です。 ディープフェイク が発展すれば、ニュースや映画などあらゆる業界に改革を巻き起こすかもしれません。 そこで、今回はディープフェイク に関してご紹介していこうと思います。 GANは生成モデルの一種で、「ジェネレーター(generator)」と「ディスクリミネーター(discriminator)」の2種類のAIを使って画像などの生成を行います。 ジェネレーターは偽物を作ろうとするAIで、ディスクリミネーターはこれをその偽物を見破るAIです。 その2つのAIが偽物を作っては、見破る過程を繰り返します。 はじめのうちは学習量が足りず、ディスクリミネーターは容易に偽物を見破ります。 しかし、次第にジェネレーターの学習量が増えていくにしたがって偽物が巧妙になり、最後にはディスクリミネーターは偽物を見破るのが困難になります。 このようにして、GANでは生成物の精度を高めていきます。 ディープフェイク はそのようにGANで生成された動画です。 実在の有無に関わらず生成可能 ディープフェイク は実在する人物はもちろん、実在しない人でも生成することができます。 そのため、動画の分野においては非常に活用の幅が広いと言えます。 例えば、広告モデルとして適切な人物をディープフェイク を使って低コストで的確に生成できるようになるかもしれません。 techcrunch. すでにこのキャンペーンは世界で4億インプレッションを超えており大きな反響を読んでいます。 自分の顔を映画スターに!「Zao」.

次の

ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

ディープフェイクまとめ

その中でも経緯と放送で語れなかったことに関しては正直公の場で書き辛い内容なので、有料部分に載せようと思います。 ディープフェイクを自分でも使ってみたい、ディープフェイクによって今世界に何が起きているのか詳しく知りたい、ベナオは結局何をやってTVに出ることになったのか知りたい、という方はぜひ最後までお付き合いください。 僕がフリーランスになって初期にやっていた活動についても書いていますので、気になる方はぜひご購入ください。 僕が運営しているサイトもそちらの方に掲載したいと思います。 ディープフェイクってそもそも何? そもそもディープフェイク技術について説明したいと思いますが、これはディープラーニングの技術を使って動画の中の人間の顔の部分をプログラムによって認識して切り取り、それを別の動画に映っている人間の顔と入れ替えるというものになります。 これが単純に顔の静止画を切り抜いて動画に当てはめるような付け焼き刃なものではなく、映っている人の表情に合わせてそれぞれのパーツが自在に動くので、何も知らない人ならそれが加工された動画だと気付くことは困難です。 iPhoneのカメラが顔認識できるのは人間だけのようです。 これはAppleのサーバーに蓄積された大量の顔写真データを元に機械学習を行い、プログラムに人の顔特有のパターン(目や耳などのパーツの数、配置、顔の輪郭など)を記憶させることで実現されています。 具体的には大量のサンプル画像データ一枚一枚について、被写体のパターンを全て数値的なパロメータ( 特徴量と呼ぶ)まで分解し、それらに統計的な処理を加えて 機械学習モデルを作成することで新たなサンプル画像のどこからどこまでが顔なのかを判定できるようになります。 機械学習モデルは例えるなら、ある水溶液の酸性度を判定してくれるリトマス試験紙のようなものです。 今回の場合の画像データは水溶液と同じ位置付けになります。 画像認識に関してはこちらのnoteでも触れてますので合わせてどうぞ。 これは画像にしか適用できませんが、明らかにディープフェイク技術の原型ですね。 こちらは動画のように時間当たりで表情を動かしたりする必要がない分、ディープフェイク動画よりも単純なプログラムで済むと言えるでしょう。 そしてこれができるなら同じことが動画でもできるはずで、それによって使い道が無限に広がると考えるのがエンジニアです。 ディープフェイクが世界で何を引き起こしているのか 新たに生まれる技術は、常に良い事ばかりに使われるとは限りません。 この技術は諸外国で政治スキャンダルの捏造に使われています。 トランプ大統領と似たような体型の人に髪型を似せて喋らせ、その映像にディープフェイクを使うことで、ぱっと見では見分けられないほど精巧な偽造動画を作っています。 他には偽造ポルノの作成にも使われており、カリフォルニア州ではこうしたフェイク動画による名誉毀損を訴えることができる法律が既にできています。 ディープフェイクの希望 ここまでディープフェイクの恐ろしさばかりを強調してきましたが、僕が伝えたいのは決してそんなことばかりではありません。 僕はAIが人間の可能性を押し広げてくれると信じて、このような情報発信を続けています。 なので無料部分の最後でディープフェイクのわずかな光について書きたいと思います。 以下はAbemaTVのニュース番組であるAbemaPrimeでの、乙武洋匡さんの発言です。 正直僕は美空ひばりさんのに思い入れは特になかったのですが、今回記事を書くにあたって動画を見てみたら観客の方が泣いているのにつられてうるっときてしまいました。 よく考えたら僕が去年にNHKから取材を受けた時にも、ディープフェイク動画の作り方について詳しく聞かれました。 その時からこの企画が走っていたんでしょうね。 今回の件で、僕のNHKさんに対するイメージもかなり変わりました。 昨今のAI技術の急激な進歩を、しっかり追いかけていこうという意思が感じられました。 前半まとめ ・ディープフェイクはAI技術の一種 ・ディープフェイクは被写体の顔を他人の物と入れ替える ・ディープフェイクには画像認識が重要 ・ディープフェイクは政治スキャンダルやポルノの捏造に使われている ・ディープフェイクは悪いことばかりじゃない.

次の