ファイアー エムブレム 風花雪月 感想。 ファイアーエムブレム風花雪月プレイ感想その①誰を選ぶかでいきなり迷う!

【FE風花雪月プレイ感想①】黄鹿/序章~6月まで

ファイアー エムブレム 風花雪月 感想

のゲーム『風花雪月』は過去の作品をプレイするためにハードごと購入していたにもかかわらずここ最近の作品には手を出さなくなっていた古参の元ファンである私がシリーズ最高傑作だと断言する素晴らしい作品だったよ! 配信日 2019年7月26日 メーカー ジャンル 価格 6,980円 1980年にでが発売されてからこのシリーズを緩く追いかけている古参ファンです。 封印や劣化をプレイするためにを購入いたしました。 蒼炎をプレイするためにを購入いたしました。 続編である暁をプレイするためにを購入いたしました。 しかし、この暁がどうしてもクリア出来ず、私の中でへの熱が冷めていきました。 そしてを購入して覚醒をプレイしクリアまで漕ぎつけたのですが、ストーリーが今一つだったためなのか、単純に面白くなかったのか、そもそも飽きてしまったのか、ここで完全に熱が冷めてしまったようです。 ifに関しては売り方が気に入らなかったのもあり、全く購入する気持ちが湧きませんでした。 そしてEchoesに至っては発売されていたことも知りませんでした。 そんな中発売されたの『風花雪月』ですが、当初は購入するつもりはありませんでした。 最初のPVを見たときは「学園ものかよ」と寧ろ印象を悪くしたぐらいでした。 発売日が延期されたこともあり、私の記憶から消えかかっていたぐらいでした。 それが。 それがこのPVで全部覆りました。 5年後の彼らを見て即限定版を予約しました。 学園もので温いストーリーかと思ったら知ってる者同士で殺しあうえげつないストーリーと分かり、これだよこれが俺の求めていただよ!と購入意欲がマックスを越えてしまいました。 限定版が到着した時の様子をブログにて報告しております。 到着後すぐにプレイしてます。 してるのに。 ボリュームが凄いとか4ルートあるとか知ってはいたのですが、まさか半年も掛かるとは思ってもおりませんでした。 4ルート目をクリアしたのが2019年12月31日の大だったからね!プレイ時間を調べたら270時間でした。 毎日猿のようにプレイしまくってた『』に匹敵する時間です。 剣斧槍の3すくみの撤廃や全兵種選択可能等、今までのシリーズでは当たり前だったものを変えてきたことに対して不安がございましたが、完全に杞憂に終わりました。 断言しましょう。 この『風花雪月』は、UIにしてもストーリーにしてもデザインにしても一番肝であるゲームとしての面白さにしても、シリーズ最高傑作であり、古参ファンも覚醒からのファンも新規の方も満足できる最高の作品です。 ただ、残念な部分が無い訳ではありません。 戦闘の肝であるマップに関しましては酷いレベルとしか言いようがありません。 しかも使いまわしもあったりして。 でマップの出来が悪いって致命的なのですが、他の面でカバーして何とかなったとしか言いようがないぐらい酷いです。 を3Dで歩き回るパートも無駄とかし思えませんでした。 無駄に広いし。 これのお陰で必要以上にプレイ時間が掛かってしまいました。 毎月初めの散策が面倒で嫌々こなしておりました。 ロードの時間もかなり長いです。 サードやインディーゲームなら仕方ないと割り切れるのですが、から発売されたにもかかわらずここまで長いと手を抜いた感があります。 そのぐらい長いです。 長いから画面下に傾きを感知して小さい主人公が動くような遊びを導入したのでしょうか?そんなことやってないでそのリソースを改善に振れよ!と毎回思ってました。 釣りも面倒で殆どやりませんでした。 1匹釣るのに時間も掛かるし集中力を要する設定でした。 ただでさえ散策で時間が掛かるのに釣りなんてやってられません。 クトで釣りをやらされたのが結構苦痛だったっけなぁ。 やる気を上げるのに一緒に食事をするのですが、仲間は一日一回しか食事が出来ないのに主人公は何回でも出来ます。 こういうガバガバ設定が気になってしまうのは私だけでしょうか。 計略のバランスもおかしいです。 育てれば上がりますが、使える回数を考えるとそんな気になれません。 逆に言えば、まだまだ伸びしろを感じられたんです。 これだけ多くの不満点があるにもかかわらず、私を半年もプレイさせ続けたぐらい素晴らしい作品なんですから。 これらが改善されたらもっと良くなるんだもの。 計略に関しては、もっと突き詰めればというかマス目タイプのジャンルに革命を起こせるぐらい素晴らしいアイディアだと思ってます。 移動範囲と攻撃可能範囲の表示や敵ごとの範囲等々、親切で丁寧な部分が多々ございました。 回数制限がございますが時間を戻せる設定も素晴らしい!これのお陰で最初からやり直さずにプレイ出来たおかげで大幅にプレイ時間短縮が出来たし、こともなく全ルートクリアすることが出来ました。 何よりこの設定をちゃんとストーリーで裏付けしてたのも丁寧な仕事っぷりだなぁと感心しました。 そしてストーリーです。 本当に素晴らしい出来にただただ感謝です。 ゲームの面白さにストーリーなんて関係ない、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 実際私もそう思ってる側の人間ですし、実は今でもそう思ってます。 思ってますが。 この作品に関しましては、根底にある物語がゲーム全体の面白さを底上げしてると感じられました。 ただの戦闘も王国を取り戻すためだと胸が熱くなったりするんですよ! 4ルートございますがハズレもなく全部楽しめました。 寧ろ4ルートクリアするのが前提ですね。 どの順番でも問題なく楽しめますけどね。 少しでも興味がありましたら、濃厚で丁寧で細部にまで作り上げたこの世界を是非堪能して欲しいです。 シミュレーションやが苦手で不安に感じる人がいらっしゃるとは思いますが、そういう方には救済策が相当用意されております。 難易度も選べますし、死亡した場合キャラロストをしないカジュアルモードもございます。 そもそも、あまり得意ではない私でさえ難易度ハードで死んだらキャラロストするクラシックモードでもクリア出来るぐらいの難易度です。 安心して下さい。 これだけ多くのキャターがいるのに全員に思い入れがあるんだぜ?どうでもいいキャターがいないんだぜ?しかも一人一人語れるぐらい思い入れが深いんだぜ?ここまで多くのキャターを愛せた作品は今までありません。 半年間、本当に毎回楽しくプレイ出来ました。 制作したインテシジェントシステムズ、には感謝しかありません。 本当にありがとうございました。

次の

【クリア後レビュー】ファイアーエムブレム風花雪月の感想・評価|重厚なシナリオ・キャラ育成にハマる良作SRPG

ファイアー エムブレム 風花雪月 感想

来週にはサイファ19弾が発売され、引き続き風花雪月が収録されます。 各級長の考えてることなどが違うので、その辺りの会話だけ各ルート限定といった感じでしたね。 金鹿ルートは、クロードがフォドラの歴史や大修道院、レア、フレンなどいろんな物事や人物に興味を示し、謎を解き明かしていくという流れだったので、青獅子ルートとはまた違った面白さがあって新鮮でした。 特に終盤の展開は青獅子ルートで判明しなかった謎(タレスはどうなったのか? 闇に蠢く者とは? など)についてしっかり説明されてたのでスッキリしました。 ただ、それでも最終マップは移動しづらい地形でのんびりの進軍だったり、ネメシスを攻撃したら動くようになったりで、やや苦戦したところもありました。 ・主人公(女):ニルヴァーナ 青獅子と変わらずニルヴァーナに。 違うのは性別と声ぐらいです。 てことはディミトリもまた別のがあるんでしょうね…。 飛行で弓という珍しいクラスは使ってて新鮮でしたし、障害物を気にせず長距離移動からの高射程攻撃は強力でした。 クロードはとにかく常識を疑う、覆す、搦手で攻める、みたいな性格で、その辺は割と自分も似たような部分があるので共感するところもけっこうありました。 とは言え、そこまで好きかと言われるとそうでもないかなぁと。 ホーリーナイトは回復も出来るので一見便利なんですが、パラディンのままで良かったかもとか思ったり…。 女好きの偉そうな貴族様かと思いきや案外そうでもなく、確固たる考えを持っていたり、支援会話を通して少しずつ考えを変えていったり、そこまで堅物でも無いんだなぁという印象でした。 ちょうど足りてないからアーマーにしてみよう、ということでこんなことに…w まあ過去にも紋章のシーマとか封印のウェンディとか、女性アーマーもけっこういたから違和感は無いでしょう。 とにかくサボりたがり、他人任せ、みたいなキャラですが、後半になると少しマシになってましたね。 ただ、自分はそれほど好きにはなれなかったです。 戦闘においては速さが高めのアーマーだったこともあり大活躍しました。 斧も使ってましたが、ほとんどは格闘してました。 青獅子ルートのツィリルでも書きましたが、連続攻撃で一気に倒し切れるのがありがたかった。 必殺率が上がる装備も付けてたので必殺しまくり。 ドラゴンボールの孫悟空みたいな喋り方で、画面ウインドウに表示されるセリフと実際のボイスでは語尾など微妙に違う部分もあり、「あ、声優さんちゃんとキャラ分かって演じてるなぁw」と感心してました。 性格も大体想像通りで、おちゃらけた音楽が流れる支援会話が多かったですね。 終盤は60ダメージとかザラでした。 ステータス画面を見たら納得、なんかいろいろプラスされるとか書いてるやんけ! …でもその実、帝国の実験材料にされたことで強い力を得させられたとか、その影響で寿命が短いとか、髪の色が落ちたとか、子供扱いを嫌って生き急ぐ理由が支援会話等で判明すると、なんとも言えない気持ちになりましたね。 アッシュと同じく大活躍でした。 割と真面目な性格で、個人的にはあんまり面白いところが無かったのもアッシュと同じく…ですね。 長距離移動しつつ魔法攻撃と回復が出来るのは便利でした。 が、ホーリーナイトにした影響か回復量が追いつかなかったりリザーブが無かったり、グレモリィにしておくべきだったなぁと反省…。 主人公、ローレンツ、リシテアなど他にもサブ回復役がたくさんいてたのでその辺でカバーしてた感じです。 キャラとしては…とにかく暗い! すぐ謝る! なんだこいつは…!? って印象でしたが、支援会話では周りの人によって少しずつ明るく、笑うようになっていったし、けっこう好きになりましたね。 ボウナイトにしたけど弓を使うことはほぼ無かったかな…。 これならパラディン止めで良かったかも? 途中まではローレンツより速いキャラでしたが、最後はその辺がうやむやになったというか気にならなくなったので、違いは魔法の有無ぐらいでしたね。 ジェラルトを師匠と仰ぐ快活な女の子。 けっこう好きなタイプです。 実は青獅子ルートでスカウトしようと思ってましたが、上手くステータスや技能を上げられなかったので出来ませんでした。 正直、他のユニットで事足りてたので、一応出撃させるか副官に設定する程度でした。 終盤では魔法の敵に突っ込ませたり宝箱回収に走ったりしてちょっと役割はあったと思います。 確か、シルヴァン、フェリクス、フェルディナントだったかな? 青獅子から誰か2人は引き抜こうと考えてましたが、主力にすることは無かったですね。 フェルディナントは間違えて引き抜いた覚えが…。 穴埋めで誰か出撃する程度。 青獅子のときと違い、ちょっとひねったクラスチェンジをさせたので「なんか微妙やなぁ…」ってなることが多く、バランスが悪くなってしまいました…。 無理して最上級職を目指さずに上級職で止めることも大事だなということがよーく分かりました。 育成などけっこう余裕のあるプレイだったので、支援会話もけっこう埋めました。 これでキャラの関係や性格、意外な事実が判明することがかなり多かったので、めんどくさがらずに見ておいた方がいいと思いましたね。 とまあ金鹿ルートの感想はこんなもんで。 次の記事で最後になります。

次の

「ファイアーエムブレム 風花雪月」をクリアーしたので感想。キャラ育成が好きなら絶対楽しめます。

ファイアー エムブレム 風花雪月 感想

公式サイト: あらすじ 仲間を育てるのおもしろさと、 戦術を立てて戦うシミュレーションのおもしろさを融合させた、 ロールプレイング 「」。 『 風花雪月』は、 シリーズ従来の要素はもちろん、本作ならではの戦略性や、 より幅広い育成を可能にする新たなシステムなどを加え、 さらに進化しました。 プレイヤーの分身となる本作の主人公は、 国や背景の異なるさまざまな登場人物と出会い、 共に戦いへと身を投じていくことになります。 彼らの行く末には、はたしてどんな運命が待ち受けているのでしょうか。 運命の鍵は、主人公である、あなたのその手の中に。 あなたの選択次第で、物語は三つの異なる結末へと向かいます。 購入したきっかけ 知り合いがものすごくはまっていて興味を持ちました。 育成要素がめんどくさそう(育成苦手)と敬遠していたのですが、プレイ動画を見て『思ったより育成難しくなさそう』と感じたので購入に至りました。 公式サイトを見てみよう 主人公が3人?って感じですが、主人公は一人でした(男女どちらかを選べます) 赤黄青の3人は主人公が受け持つ学級の級長みたいです。 FEはいつから学園物になったのだ…! (管理人の歴は『』以来。 ブランクありすぎてFE初プレイの気分です笑) 物語としては二部構成の様子。 第一部 の先生になり、3つの学級から受け持ちのクラスを選ぶ 第二部 第一部から5年後。 3国の戦争をそれぞれの立場で体験 とりあえず赤い子と青い子の顔がいい(顔がいい) 育成やら出撃やら兵種やら、覚えることがいっぱいありそう。 普段しかやらないのでついて行けるか不安です。 各キャター(初見の感想) ・主人公(男女選択可) 顔がいいよ! 男主人公の顔のよさに戦慄を覚えました。 なぜ彼を攻略できない!(脳) 女主人公は柄タイツが絶妙にエロくて、こんな色っぽいお姉さまが担任だなんて勉強に集中できないだろういい加減にしろ!と学校側にお歳暮を送りたい所存です。 ありがとうございます。 ・謎の少女 脳内幼女…だと? 新しいな。 どのファン層狙ったのでしょうか。 cvともよちゃんGoodJob! ・エーデルガルト(赤い子) 顔がいいなぁ(2回目) 銀髪プライド高そうな皇女様とかおいしいですありがとうございます。 ・ディミトリ(青い子) 顔が…いい!!(3回目) 金髪碧眼騎士という三重奏。 『明るさの中にかげりを見せる性格』だなんて攻略対象あるある設定じゃないですかありがとうございます(ではない) ・クロード(黄色い子) 顔が良い子しかいない!! 『人好きしそうな笑顔と飄々とした態度~どこか油断ならない一面も』だなんて(略 こういう明るいタイプこそ腹に一物かかえているんですよね。 怖い怖い。 登場人物多かったので、各学級の級長のみ感想書いてみました。 ここから各キャターの印象がどれだけ変わって行くのか楽しみです。 miyasatokouki25.

次の