冷蔵庫 ミニ サイズ。 1ドア・2ドアのミニ冷蔵庫のおすすめ10選

ミニ冷蔵庫のおすすめ人気ランキング20選【便利な冷凍庫つきも!】

冷蔵庫 ミニ サイズ

自宅のキッチンの広さや間取りによって、最適なドアタイプの冷蔵庫を選びましょう。 片開きタイプ 左右どちらかに扉が開きます。 400L以下の大型ではない冷蔵庫は片開きタイプが多いです。 右開きタイプと左開きタイプがあるので、キッチンの冷蔵庫を置く場所によって使いやすいタイプを選びましょう。 観音開きタイプ 真ん中から両サイドに扉が開き、フレンチドアとも呼ばれます。 冷蔵庫の中が見渡せるので使いやすく、ドアの前にあまりスペースが無くても開け閉めしやすいです。 両開きタイプ シャープの特許である、左右どちらにでも開くことができる「どっちもドア」がこのタイプです。 冷蔵庫前に扉をラクラク開け閉めできるスペースさえあれば、リビング側からでもキッチン側からでも開くことができて便利。 お客さんに中身が見えないように開け閉めできるのも嬉しいですね。 冷蔵庫の電気代もチェック! 冷蔵庫の各メーカーごとの独自の機能比較。 家電の買い替えとともに、電気料金プランもアナタにぴったりなプランに見直してみよう! 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

冷蔵庫 一人暮らし ミニサイズ おしゃれ 2ドア 冷凍 冷蔵 ノンフロン冷凍冷蔵庫 156L コンパクト AF156

冷蔵庫 ミニ サイズ

冷蔵庫のサイズの幅について 冷蔵庫は冷蔵庫を収める幅に応じたサイズの製品を選ぶことが重要となります。 あらかじめ冷蔵庫の寸法を考慮していないと、放熱に必要な隙間が狭くなったり、予想以上に余裕ができたりしてしまいます。 この記事では以下の項目について記載しています。 ・冷蔵庫のサイズに合う幅について 冷蔵庫を購入する際に注意すべき寸法についてご説明します。 ・幅別のおすすめ商品のご紹介 冷蔵庫の設置場所の幅(45、50、55、60、70cm)に応じたおすすめ製品をご紹介します。 冷蔵庫のサイズに合う十分な幅がありますか? 冷蔵庫を購入する際には事前に搬入経路の寸法・設置場所の寸法・据付必要寸法をご確認ください 冷蔵庫を購入する際には、搬入経路の寸法・設置場所の寸法・据付必要寸法の確認が重要となります。 まず、 搬入経路の寸法は、高さ、幅、奥行ともに 本体の寸法+10cmの余裕が必要です。 搬入経路の寸法として確認しておきたい箇所は、玄関の高さと幅、エレベーターの高さと幅、階段の横幅、玄関から設置場所までの廊下の横幅が挙げられます。 次に、 設置場所の寸法は、冷蔵庫の仕様などに記載されている 据付必要寸法(必要設置スペース)を満たしていなければなりません。 据付必要寸法は、メーカーや製品によって異なりますが、 左右5mm~50mm、上部50mm~100mm、奥行100mm以上の空間が必要とされています。 この隙間の空間が無いと放熱がうまくいかず冷えにくくなる場合があります。 購入前に設置場所の寸法は計っておきましょう。 その他、床が丈夫で水平であることと、専用コンセントの有無なども確認しておきましょう。 サイズの他に注意するのはドアの開き方 サイズの他に注意する点は冷蔵庫のドアの開き方です。 設置場所の構造に適したドアの開き方の冷蔵庫でないと使いづらくなってしまいます。 ドアの開き方には以下の4タイプがあります。 右開き:向かって右側にドアが開きます。 右側に壁がある場合や右利きの人におすすめです。 左開き:向かって左側にドアが開きます。 左側に壁がある場合や左利きの人におすすめです。 フレンチドア(観音開き):2枚ドアで中央から左右に開きます。 狭いキッチンなどでも置くことができ、省エネにも役立ちます。 左右開き:1枚のドアで左右どちらからも開けることができます。 設置場所を選ばないのが特徴です。 以下ではサイズごとのおすすめ冷蔵庫をご紹介いたします。 本体寸法の他に据付必要寸法(必要設置スペース)もわかる範囲で記載します。 45cm 450mm の幅にはいるサイズのおすすめ冷蔵庫 45cm 450mm の幅ってどれくらい? 45cm 450mm の幅と聞いて賃貸アパートなどの小さなキッチンに備え付けのミニ冷蔵庫が収まる幅かな?と思われると思いますが、ミニ冷蔵庫が収まる幅は据付必要寸法を考慮すると55cmくらい必要になります。 冷蔵庫本体の幅が45cm未満の製品はこの他にもありましたが、据付必要寸法を含めて45cm以内の製品は筆者が調べた限りでは以下の2製品しかありませんでした。 以下でご紹介する製品は、どちらも「ペルチェ方式」とい冷却方式が採用されています。 ペルチェ方式の長所は運転音が静かなことが挙げられますが、冷却効率が悪いため冷蔵はできますが冷凍はできず、頻繁にドアを開け閉めするような使い方には適していません。 庫内は一般的な冷蔵庫と違ってダークブラウンが配色されており、庫内照明の暖色系の明かりとともに高級感が演出されています。 50cm 500mm の幅にはいるサイズのおすすめ冷蔵庫 50cm 500mm の幅にはいる冷蔵庫の特徴 50cm 500mm の幅にはいる冷蔵庫だと冷蔵室の他に製氷室を備えた製品が見受けられます。 しかし、製氷室は製氷皿に水を入れて氷を作る機能しか持っておらず、冷凍庫としてアイスクリームや冷凍食品を貯蔵することはできません。 直冷式という冷却方式は冷蔵庫内の冷却器によって直接冷やす冷却方式で、使用していると冷却器に霜が付いてきます。 冷却器に多量の霜が付くと冷却能力が低下して電気代の無駄につながります。 霜が5mm~10mm程度付いたら霜取りを行う必要があります。 コンパクトなので高齢者介護施設の個室に入居する方が購入されるニーズが多い製品です。 55cm 550mm の幅にはいるサイズのおすすめ冷蔵庫 55cm 550mm の幅にはいる冷蔵庫の特徴 55cm 550mm の幅にはいる冷蔵庫だと賃貸アパートなどの小さなキッチンに備え付けのミニ冷蔵庫も該当してきますが、冷蔵室と冷凍室を備えた2ドアタイプの製品も各メーカーから販売されています。 この製品は某家電量販店の新生活応援セットの一つとして採用されて販売されています。 冷蔵室のドアポケットに2Lペットボトルが3本入る容量を備えていることもこの製品の特長です。 この製品は冷却方式が直冷式のため定期的に霜取り作業が必要です。 60cm 600mm の幅にはいるサイズのおすすめ冷蔵庫 60cm 600mm の幅にはいる冷蔵庫の特徴 60cm 600mm の幅にはいる冷蔵庫だと日立、パナソニック、シャープ、三菱、東芝など国産メーカーの製品が名を連ねてきます。 55cm未満の幅にはいる冷蔵庫も各メーカーから販売されていますが、60cmの幅にはいる冷蔵庫から各メーカー独自の機能が搭載されているようです。 横幅がスリムな製品ですが一人暮らしや二人暮らしには充分な容量を確保しています。 上記の日立の製品と同様にスリムサイズながらも庫内は大容量を確保するように工夫されています。 なお、壁際に設置した場合は、冷蔵室のガラス棚を取り出すには壁から310mm以上のスペースをあける必要があります。 70cm 700mm の幅にはいるサイズのおすすめ冷蔵庫 70cm 700mm の幅にはいる冷蔵庫の特徴 70cm 700mm の幅にはいる冷蔵庫だと、横幅65cm 650mm から68. 5cm 685mm の製品が該当します。 最近の大型冷蔵庫は、据付に必要な横幅が左右5mm程度あれば充分という製品が多数販売されていて、設置場所の横幅をフル活用できます。 各メーカーともに様々な冷蔵・冷凍機能を盛り込み、冷蔵庫の大きさに反して省エネ性能が高く年間電気代が安く抑えられるのが特長です。 その他、除菌効果のあるナノイー機能、節電を制御するエコナビ機能が搭載されています。 そして、様々な冷蔵・冷凍機能が搭載されているのにも関わらず、年間の電気代が6,970円 税込 程度に抑えられるほど省エネ性能が高い製品です。 冷蔵庫を選ぶ際、冷蔵庫の横幅は設置場所の横幅マイナス10cm 100mm が目安 冒頭でもご説明しましたが、冷蔵庫を選ぶ際に特に重要なのは寸法(サイズ)です。 寸法は、 搬入経路の寸法、設置場所の寸法、据付必要寸法の3つが冷蔵庫本体の寸法よりも大きくなければなりません。 冷蔵庫の仕様に記載されている据付必要寸法は、最低限必要な放熱スペースなので据付必要寸法より広い隙間を取れるのであれば取っておいたほうが良いです。 冷蔵庫を選ぶ際には、搬入経路の寸法と据付必要寸法を考慮して、 設置場所の横幅マイナス10cm 100mm を目安としてお考えください。

次の

【2020年最新版】冷蔵庫のサイズどう決める?家族の人数別、冷蔵庫の大きさの選び方!

冷蔵庫 ミニ サイズ

9m ひとり暮らしにちょうどいい、大容量タイプの2ドア冷凍冷蔵庫です。 大容量2列ドアポケットで、たっぷり収納できます。 LED庫内灯で、庫内を明るく照らします。 お掃除ラクラク!丈夫で傷つきにくく、ニオイ移りのしにくいガラス棚。 スライドトレー付きで、整理整頓しやすく、取り出しやすい。 大容量156L(冷蔵111L+冷凍45L)。 大容量2列ドアポケットで、たっぷり収納できます。 LED庫内灯で、庫内を明るく照らします。 スライドトレー付きで、整理整頓しやすく、取り出しやすい。 電子レンジ等を置くことができ、お部屋のスペースを有効活用できます。 いつも快適に使えます。

次の