木ネジ。 ネジの百科事典

木ネジの種類と選び方!長さと板厚の関係は?下穴は必要?

木ネジ

木ネジの貫通圧は大きいので、原則としてあらかし下穴を開ける。 細身の木材や木の端部に打つ時は特に大事。 解説 端部割れ(ビキッ!しまった!) 木ネジで木材同士を固定する場合、木材の端部を固定することは多いですが、直接木ネジを打ち込むと木目に沿ってピキピキッと割れることもまた、多いです。 完全に割れないまでも、ビキッと亀裂が入った音を聞いて頭を抱えた人もいることでしょう。 下穴を開けてから木ネジを打ち込むのが基本となります、これで割れにくくなります。 なぜ割れやすいのか 諸説ありますが、木ネジの特性から説明します。 木ネジは半ねじ形状、つまりねじ頭に近いねじ胴にはネジ山がありません。 それだけでしたらコーススレッドと同じ条件ですが、更に木ネジはネジピッチが小さい、つまりねじ山のらせんの角度が浅いことも特徴です。 ネジが緩みにくい特性がありますが、ピッチが小さい=ネジ山の深さが小さいので、逆にネジ胴の太さが大きくなるのです。 ねじ胴の太さゆえに、木材にくさびを打つような貫通圧が大きくかかります。 下穴を開ける 木ネジの呼び径に対し、少し小さめの穴を、あらかじめキリやドリルビットを使って開けておきます。 下穴をいちいち開ける作業は、手間も馬鹿にならないので、できれば電動ドリルドライバー(インパクトドライバーでも代用可)を購入して進めると良いです。 いきなり購入するのは不安であれば、レンタルで試してみるもの賢い選択です。

次の

木ねじの選び方と商品一覧

木ネジ

なぜ下穴が必要なの? 真っ直ぐネジを打つためと、ネジを打ち込んだ時に発生する木割れ(木が割れること)を防ぐためです。 下穴をつけずにネジを打ち込むとネジが曲がって入ってしまったり、写真のように木が割れてしまったりします。 なぜ木割れするの? 無垢材のような木は合板や集成材とは違い、丸太からそのまま切り出した板材のため、一定方向に木目があります。 下穴をあけずにネジをねじ込むことで、木目に負荷がかかり木割れが生じるのです。 さけるチーズに竹串をさしたら繊維にそって穴が広がりますよね?そんなイメージです。 合板は下穴不要? 合板は、複数の薄い板を木目を変えて接着剤で貼り合わせているため、ネジをねじ込むぐらいでは簡単に木割れはしません。 しかしそれでも際部分は別で、端っこ近くにネジを打ち込むなら下穴あけを推奨します。 下穴のあけ方3つ 主な下穴の開け方を3つ紹介します。 錐(キリ)を使って穴あけする場合 おすすめは三ツ目ギリで、錐のサイズは木ネジよりも少し細いくらいがベスト。 あけ方は、真上から見て木材に垂直に錐を立て、木材に刃型つくように押し付ける。 刃型がついたら柄の上部を両手の手のひらではさみ、キリを回しながら木材に押し付けていく。 穴がずれないように最初はゆっくり、穴が安定したら強めに回し押していく。 ドリルビットを使って穴あけする場合 下穴のサイズは木ネジよりも少し細いくらい。 長さは打ち込むネジと同じ長さか少し短いぐらいがベストです。 長さがわかりづらいときは、ドリルビットにビニールテープやマスキングテープを巻いて目印をつけてから穴あけすればわかりやすくなります。 下穴ドリルビットは100円SHOPやホームセンター等で販売されています。 皿ネジの場合は皿取錐ビットを使ってもよい ドリルビットとは違い、木ネジの皿の部分まで下穴をあけてくれるビットであるため、木ネジを打ち込んだ時に木材と面一(つらいち)になるビットです。 もちろん、もっと深く穴をあければ木ネジが隠れてダボ埋めもできます。 こちらが皿取錐ビットで深めにあけた穴です。 穴の中に深くて細い穴があるのがわかりますでしょうか? 皿取錐ビットであけた穴にネジを入れた状態です。 ネジはきっちり入っているのに木材の表面より深い場所で止まっていますね。 この穴に木工ダボを打ち込めばネジを隠すことができます。

次の

木ネジ(もくねじ)/よくわかる規格ねじ

木ネジ

木ネジはその名の通り木材を締結するのに使用されるネジで読み方は「もくねじ」と発音します。 ネジの先端が尖っていて軸の一部にネジが切られているのが特徴でや雌ねじを必要としません。 現在では頭部穴に十字穴が多く使用されています。 基本的に木ネジはと同じように、下穴を開けてからドライバーで締めこんでいきます。 下穴を開ける際には木ネジの太さの70%くらいの大きさの穴を目安にして「きり」や「ドリル」などを使用します 右図参照。 中間に挟み込んだ材料にねじ山がかからないので、密着して締め付ける力が強まるほか、戻り止めやがたつきを防止するとされています。 木ネジの用途はタッピングネジに似ていますが、木ネジはタッピングネジと違い、ネジ部でない部分があるので見分けるのは簡単です 左写真参照。 皿頭 丸頭 木ねじにおいて一番良く使用される頭部形状で木ねじ頭部を部材に埋め込む形で使用します。 下穴以外に頭部を木材に埋め込む為の加工が推奨されます。 小ねじやタッピングねじでいうところのに近い形状です。 上側の木材が薄い場合に使用され、ワッシャー 座金 を使用するとよりしっかりと締める事ができます。 ねじ呼び径 d 2. 1 2. 4 2. 7 3. 1 3. 5 3. 8 4. 1 4. 5 4. 8 5. 1 5. 5 5. 8 6. 2 8. 2 4. 8 5. 4 6. 2 7. 0 7. 6 8. 2 9. 0 9. 6 10. 2 11 11. 6 12. 4 16 頭部高さ k 1. 25 1. 4 1. 55 1. 8 2. 0 2. 15 2. 35 2. 55 2. 7 2. 85 3. 05 3. 2 3. 5 4. 4 十字穴番号 1 1 1 2 2 2 2 2 2 3 3 3 3 4 単位 mm ねじ呼び径 d 2. 1 2. 4 2. 7 3. 1 3. 5 3. 8 4. 1 4. 5 4. 8 5. 1 5. 5 5. 8 6. 2 8. 2 4. 8 5. 4 6. 2 7. 0 7. 6 8. 2 9. 0 9. 6 10. 2 11. 0 11. 6 12. 4 16. 75 2 2. 25 2. 6 2. 8 3. 05 3. 35 3. 65 3. 8 4. 05 4. 35 4. 6 4. 9 6. 2 十字穴番号 1 1 1 2 2 2 2 2 2 3 3 3 3 4 単位 mm ねじ呼び径 d 2. 1 2. 4 2. 7 3. 1 3. 5 3. 8 4. 1 4. 5 4. 8 5. 1 5. 5 5. 8 6. 2 8. 9 4. 4 5. 0 5. 7 6. 5 7. 0 7. 6 8. 3 8. 9 9. 4 10. 2 10. 7 11. 5 14. 8 頭部高さ k 1. 6 1. 8 2. 0 2. 3 2. 5 2. 7 2. 9 3. 1 3. 3 3. 5 3. 8 4. 0 4. 2 4. 通常一般品の木ネジを表現する時には「材質」「表面処理」「ねじの種類」「ねじ部の呼び径」「ねじ部の長さ」で表現する場合が多いと言えます(例;「ステン生地皿木ネジ2. 1X13」の場合、材質「ステンレス」,表面処理「無し(生地)」「皿木ネジ」のねじ部呼び径 ねじの直径 「M2. 1」の長さ L寸法 「13」となります)。

次の