年金定期便見方。 将来もらえる年金額がわかる!ねんきん定期便(年金定期便)の見方|たあんと

ねんきん(年金)定期便通知書の味方改め見方を解説!見込額は年額いくら?

年金定期便見方

35歳・45歳の「ねんきん定期便」では加入履歴を確認する 35歳と45歳の「ねんきん定期便」の項目内容は、以下の通りです。 ・国民年金と一般厚生年金、共済厚生年金の加入期間合計 ・基礎年金番号と私学共済加入者番号 ・これまでの年金加入期間 ・これまでの加入実績に応じた年金額(年額) ・これまでの保険料納付額 ・これまでの「年金加入履歴」 ・これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況 ・これまでの国民年金保険料の納付状況 それでは、これらの項目で注意点があるものを解説していきます。 これまでの加入実績に応じた年金額(年額) 加入実績に対しての年金見込み額であり、受給資格期間が120ヶ月未満であっても金額は記載されます。 受給開始の65歳まで20年以上ある時期なので、年金額は参考としておきます。 これまでの「年金加入履歴」 加入制度・勤め先名称等・資格取得年月日・資格喪失年月日・加入月数・国民年金内訳・船員保険内訳・厚生年金保険内訳が記載されています。 この中で、必ず確認してほしいのが、 資格取得と 資格喪失年月日です。 まず、20歳の誕生日前日もしくはそれ以前に最初の資格取得年月日があるかどうかをチェックしてください。 ない場合は基礎年金の満額を(480ヶ月)を60歳で満たすことは不可能です。 満額にしたいなら、60歳以降任意で国民年金に加入して保険料を納付する方法もあります。 次に、資格喪失日と直後の資格取得日が同日か、同日でないなら同年月かどうかをチェックしてください。 どちらでもない場合は空白の期間があるということです。 「空いている期間があります。 」と記載されています。 その空いている期間に会社に勤めていたとか、第3号被保険者(会社員の被扶養配偶者)であったなどの心当たりがあれば、年金事務所などで相談しましょう。 特に注意したいのは、別姓や旧姓など今の姓と違うときのお勤め期間が抜けていることがあります。 勤め先名やその所在地がわかり、それに該当する年金番号があれば何年前であっても遡ることができるので早めに相談してください。 なお、国民年金の保険料未納が5年以内にあり、平成30年9月までに納付するなら当時の保険料+加算額で納めることができる「後納制度」が利用できます、至急相談に行きましょう。 これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況 過去すべての厚生年金期間の「標準報酬月額」「標準賞与額」「保険料納付額」が記載されています。 大きく違う点がある場合は、当時の給与明細を持参して年金事務所などに相談してください。 これまでの国民年金保険料の納付状況 過去すべての国民年金保険料の納付月数の内訳、各月の状況が記載されています。 これも払ったのに未納となっていれば、保険料領収書を持って相談に行きましょう。 また、5年以内の未納期間がある場合は、先ほどと同じく後納制度が使えるので早めに相談します。 次は50歳未満の場合と50歳以上の場合で、「ねんきん定期便」を見るべきポイントを紹介します。

次の

ねんきん定期便の見方 もらい忘れに注意!65歳までの特別支給の老齢厚生年金

年金定期便見方

「ねんきん定期便」とは? 「ねんきん定期便」とは、自分自身の年金の保険料の納付実績や、年金に関する情報を加入者に知らせるためのものです。 自身の年金基礎番号など年金についての基本情報から、これまでの年金加入期間(国民年金・厚生年金など)と、これまでの加入実積に応じた年金額が記載されています。 老後の生活資金に欠かせない年金の情報ですので、中身をチェックしてしっかり理解しておきましょう。 「ねんきん定期便」の見方 毎年の誕生月になると「ねんきん定期便」が日本年金機構から届きます。 ねんきん定期便の内容は、年齢(年代)別に記載内容が多少違っていますので注意しましょう。 具体的には50歳未満と50歳以上で大きく異なる記載内容についてチェックしていきましょう。 ねんきん定期便の見方(50歳未満) 50歳未満の加入者に届くねんきん定期便には、主に 今までに支払ってきた累計の保険料と、それに基づく支給年金額(見込み)が記載されています。 このままいくと年金でいくらもらえるか?の予想となります。 各項目について、具体的に解説します。 まず「照会番号」には問い合わせなどの際に使う番号が記載され、「これまでの年金加入期間」に国民年金・厚生年金それぞれの加入期間が書かれています。 後ろに各年金の合計加入期間、受給資格期間が記載されています。 上記の加入期間を基に「これまでの加入実績に応じた年金額」欄に想定される支給年金額が記載されています(年額)。 さらに右欄の「保険料納付額(累計額)」には、これまでいくら払ったか年金保険料の額が記載されます。 ねんきん定期便の見方(50歳以上) 50歳以上の方の「ねんきん定期便」では、現時点で60歳まで納付し、60歳で年金加入が終了したケースとして想定されています。 (60歳を過ぎている方は、現時点に金額) ですので、 50歳以下の方の見込み金額より、実際の支給に近い年金額が明示されていると言えます。 実際の記載内容ですが、照会番号・これまでの年金加入期間は50歳以上と同じです。 次に65歳以前より老齢厚生年金が受け取れる方(特別支給の老齢厚生年金)にだけ「老齢年金の種類と見込額」が記載されます。 (年齢に応じて分かれて記載の場合もあり) 通常の方だと、65歳からもらえる年金額(65歳~)が記載されています。 もらえる年金の種類ごとに、いつから・いくらもらえるか?が記載されています。 ねんきん定期便・裏面の見方 届いた「ねんきん定期便」には裏面にも重要な内容が記載されていますので解説します。 まず、「お客様アクセスキー」とは、年金記録などがネットで確認できる「」に登録するときに利用します。 このアクセスキーを入力することでスムーズにねんきんネットが利用できるようになります。 ・保険料納付額の累計(50歳以上) これまでいくら年金を払ってきたか、支払い累計額が記載されています。 ・直近1年間の納付状況 「最近の月別状況です」には、最近1年間で納めた年金額が、種別ごと・月ごとに記載されています。 ねんきん定期便が届かない?いつ届く? ねんきん定期便は、日本年金機構から 毎年一回、誕生月に国民年金と厚生年金の加入者に封筒で送られてきます。 もし、誕生月になっても届かない時は、管轄の年金事務所に問い合わせしてみましょう。 (誕生した月に届く予定ですので、必ずしも誕生日までに届くわけではありません) ねんきん定期便の見方(日本年金機構HP) 尚、ねんきん定期便の見方については、日本年金機構のホームページでも詳細を確認できます。 nenkin. html 平成22年度以降に送られる「ねんきん定期便」の見方について、年代別に注意事項が記されています。 ・35歳、45歳の方 ・50歳未満の方(35歳、45歳の方を除く) ・58歳の方 ・50歳以上の方(58歳の方を除く) ・年金受給者であり現役被保険者の方.

次の

ねんきん定期便で年金の見込み額がわかる!その見方とは?

年金定期便見方

35歳・45歳の「ねんきん定期便」では加入履歴を確認する 35歳と45歳の「ねんきん定期便」の項目内容は、以下の通りです。 ・国民年金と一般厚生年金、共済厚生年金の加入期間合計 ・基礎年金番号と私学共済加入者番号 ・これまでの年金加入期間 ・これまでの加入実績に応じた年金額(年額) ・これまでの保険料納付額 ・これまでの「年金加入履歴」 ・これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況 ・これまでの国民年金保険料の納付状況 それでは、これらの項目で注意点があるものを解説していきます。 これまでの加入実績に応じた年金額(年額) 加入実績に対しての年金見込み額であり、受給資格期間が120ヶ月未満であっても金額は記載されます。 受給開始の65歳まで20年以上ある時期なので、年金額は参考としておきます。 これまでの「年金加入履歴」 加入制度・勤め先名称等・資格取得年月日・資格喪失年月日・加入月数・国民年金内訳・船員保険内訳・厚生年金保険内訳が記載されています。 この中で、必ず確認してほしいのが、 資格取得と 資格喪失年月日です。 まず、20歳の誕生日前日もしくはそれ以前に最初の資格取得年月日があるかどうかをチェックしてください。 ない場合は基礎年金の満額を(480ヶ月)を60歳で満たすことは不可能です。 満額にしたいなら、60歳以降任意で国民年金に加入して保険料を納付する方法もあります。 次に、資格喪失日と直後の資格取得日が同日か、同日でないなら同年月かどうかをチェックしてください。 どちらでもない場合は空白の期間があるということです。 「空いている期間があります。 」と記載されています。 その空いている期間に会社に勤めていたとか、第3号被保険者(会社員の被扶養配偶者)であったなどの心当たりがあれば、年金事務所などで相談しましょう。 特に注意したいのは、別姓や旧姓など今の姓と違うときのお勤め期間が抜けていることがあります。 勤め先名やその所在地がわかり、それに該当する年金番号があれば何年前であっても遡ることができるので早めに相談してください。 なお、国民年金の保険料未納が5年以内にあり、平成30年9月までに納付するなら当時の保険料+加算額で納めることができる「後納制度」が利用できます、至急相談に行きましょう。 これまでの厚生年金保険における標準報酬月額などの月別状況 過去すべての厚生年金期間の「標準報酬月額」「標準賞与額」「保険料納付額」が記載されています。 大きく違う点がある場合は、当時の給与明細を持参して年金事務所などに相談してください。 これまでの国民年金保険料の納付状況 過去すべての国民年金保険料の納付月数の内訳、各月の状況が記載されています。 これも払ったのに未納となっていれば、保険料領収書を持って相談に行きましょう。 また、5年以内の未納期間がある場合は、先ほどと同じく後納制度が使えるので早めに相談します。 次は50歳未満の場合と50歳以上の場合で、「ねんきん定期便」を見るべきポイントを紹介します。

次の