ご承知おきください 敬語。 【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

「お含みおきください」の意味とは?目上の人に失礼にならない使い方

ご承知おきください 敬語

「ご承知おきください」とは? 「ご承知おきください」という表現は、慣習的に何気なく使っている人も多いかもしれません。 まずはその詳しい意味から紹介します。 知っておいてください、という意味 「ご承知おきください」とは、「知っておいてください」という意味の表現です。 「承知」には、内容を聞き知ること・受け入れること・引き受けること、といった意味があります。 「おき」は、「前もって準備する」という意味で、「用意しておく」という場合の「おく」と同じ意味です。 これを合わせると、「ご承知おきください」は、あらかじめ理解しておいてください・知っておいてください、という意味になるのです。 「ご承知おきください」の正しい使い方 意味が分かったところで、「ご承知おきください」の使い方を紹介します。 ポイントは、相手によっては失礼になるという点です。 敬語として使うのは不適切 「ご承知おきください」はあらゆるビジネスシーンで使用されていますが、実は、敬語として使うのは不向きなケースがあります。 「ご承知おきください」の「ください」は命令の補助動詞です。 そのため、「してください」という表現には、強制するようなニュアンスが入ります。 また、「承知」に使われている漢字「承る(うけたまわる)」は謙譲語であることから、自分以外の人の行為に使うと、不釣り合いな印象を与えてしまうのも理由のひとつです。 文法上の間違いはありませんが、目上の人には好まれる表現ではないと覚えておきましょう。 上司には「お含みおきください」 上司や目上の人に「ご承知おきください」という意味の言葉をかけるのであれば、「お含みおきください」が適切です。 「含みおく」とは、事前に(物事を)理解し了解しておくこと、という意味があり、「お含みおきください」とすることで、相手に了解してもらう・心にとめてもらう、といった意味になります。 「ください」という表現を使用してはいますが、「お含みおきください」は依頼やお願いのニュアンスが強くなり、ビジネスでもおすすめの表現です。 目上の人にも使える類語 「お承知おきください」は目上の人には使いにくい表現ですが、似たような表現は他にもいくつかあります。 類語として使える言い回しをいくつか紹介しましょう。 「ご了承ください」より「ご了承願います」 「了承」とは納得して承知する、という意味の言葉で、「ご了承ください」とすると「どうか納得して受け入れてください」という意味になります。 先にも少し触れましたが、「ください」という言葉の意味から、どうしても押しつけがましいニュアンスが生まれるのが懸念点です。 「了承」という言葉を使うのであれば、「ご了承願います」という表現がおすすめです。 目上の人でも問題なく使え、「ご了承のほどお願い申し上げます」とするとより丁寧になります。 「ご容赦ください」には許しを得る際の表現 「ください」を使う表現では、「ご容赦ください」という言い回しもあります。 自分に非がある場合などに、許しをもらう際の表現です。 たとえば、「急な変更になり恐縮ではございますが、何卒ご容赦ください」という風に使います。 相手に理解を求めるとともに、過失を認め反省しているので許してください、というニュアンスになります。 「ご認識おきください」はあまり使わない 知っておいてください、という意味で「認識」という単語を使用した表現もいくつかありますが、「ご認識おきください」という表現はしません。 「認識」を使うのであれば、「ご認識のほどお願いいたします」や「ご認識のほどお願い申し上げます」というのが正しい表現です。 「お知りおきください」は使わないのがベター ~おきください、という表現では「お知りおきください」という表現もあります。 知っておく、承知しておくという意味の「知りおく」を丁寧にしていますが、あまり使用する表現ではありません。 同様の意味で使用するのであれば、「ご承知おきください」がベターです。 「お見知りおきください」は異なる意味 「お知りおきください」と語感が似た表現に「お見知りおきください」があります。 似ているように聞こえますが、こちらは相手に名前や顔を覚えてほしい場合に使う、ごく限られた表現です。 既知の間柄で使うと意味をなさない表現なので注意しましょう。 「ご承知おきください」の英語表現 Business. 英語では「Please note that…」 「ご承知おきください」を英語にすると「Please note that …」となります。 英語の「note」には、注意して心に留めるという意味があり、たとえば、「Please note that there is a change in the resume」とすると、レジュメに変更点がありますのでご承知おきください、という意味です。 また、もう少しフランクな表現では、「Please keep in mind that」もあります。 気に留めておいてください、という意味で使われます。 まとめ 「ご承知おきください」はビジネスメールでよく見かけますが、目上の人には不向きです。 「ください」という言葉には強制のニュアンスを含むため、「ご了承願います」のように言い換えます。 また、取引先など目上の人には「お含みおきください」という表現もおすすめです。 本文を参考に、状況に応じた使い方にトライしてみましょう。

次の

「お含みおきください」の意味とは?目上の人に失礼にならない使い方

ご承知おきください 敬語

ご承知おきくださいの意味とは? ご承知おきくださいとは知っておいてほしい要望を意味する敬語表現 ご承知おきくださいとは知っておいてほしい要望を意味する敬語表現です。 ご承知おきくださいという言葉はビジネスでよく使われる敬語表現であり、何かを依頼する時や周知をする時に、物事をスムーズに進めるのに役に立ちます。 そのため、知っておいて損はない言葉であると言えます。 またご承知おきくださいという表現については様々な言い換え表現も存在しており、それらを状況に合わせて使い分けていく必要があります。 ここではご承知おきくださいの関連表現と類語の使い方も併せて紹介をしていきます。 ちなみに「承知」という言葉に広げると、ビジネスだけではなく日常生活においても様々な表現を使います。 下記関連記事では「重々承知しております」という言い回しについて説明しています。 こういった一つ一つのパターンを見ていくことで表現力が格段にアップしていきますので、下記の記事も是非読んでみましょう! ご承知おきくださいは相手方が知っていることに予め念を押す意味もある ご承知おきくださいは相手方が知っていることに予め念を押す意味もあります。 ご承知おきくださいという言葉は相手方に承知することをお願いする表現です。 「承知いたしました」という言い回しは、了解や了承を相手に伝える敬語表現ですが、ご承知おきくださいという言葉は逆を意味しています。 そのため「ご承知おきください」と相手に伝えた時に了承の意味合いを示す相手の返答は「かしこまりました」という返答と「その点も重々承知しております」といった、すでに分かっているようなパターンもあります。 ご承知おきくださいという言葉は未知の内容だけではなく、既知の内容にも使いますので覚えておきましょう。 例えば「来月から社内は全面禁煙になります。 ご承知おきください」という形で使います。 この周知が突然の周知かどうかはこの一文だけでは分かりませんが、決定事項であり当然に知っておいて欲しい内容を伝えています。 全面禁煙を予め知っている人にとっては問題はないかもしれませんが、例え知らずに驚いて反対をしても、こういったアナウンスがすでにされている状況では覆らないことでしょう。 このようにご承知おきくださいという表現は、知っておいて欲しい要望を広く伝える場合によく使われます。 例えば「先日もご連絡いたしましたが、来週の社員旅行は宿泊施設の火災により延期となっておりますのでご承知おきください」といった形で使われます。 以前に周知があったと伝えているので、既知であることが前提になっています。 予め相手方に対して念を押す場合の使い方にしても、情報の周知が未知である人を含むアナウンスであっても、基本的に「ご承知おきください」と伝えている場面では反論がないことが前提になっています。 もしも反論ありきの場合や、反論が出る可能性が想定される場合にはこういった表現は使わない方が良いでしょう。 この表現は「フライトは明日の午後でございます。 お含みおきくださいませ」といった形で使われます。 お含みおきくださいという表現に置き換えることで丁寧な印象が増す表現となります。 ご承知おきくださいを目上の人に使う場合には、そのままでも使えるのですが「お含みおきください」などといったより丁寧な表現を使うことで、相手方からの印象が格段に良くなります。 この表現は「資料のデータは昨年のものを使用しておりますので、お含みおきのほどお願い申し上げます」といった使い方をします。 「お含みおきください」よりもさらに丁寧な印象が強い表現になっています。 ご承知おきくださいという表現は大勢の前で使うことも少なくありません。 そのため、こういった状況ではできる限り丁寧な表現を心がけた方が相手の印象が良くなり、プレゼンや周知の説得力が増すことでしょう。 逆に個別の場合には、相手や状況に合った表現を細かく選択していく必要があります。 この表現は「今回の研修につきましては事前にお知らせしました通り、即日レポートの提出が必要であることをお含みおき願います」といった形で使われます。 非常にフォーマルな印象が強い言い回しが実現する表現です。 この表現は「来月はノー残業月間になりますので各位ご承知おき願います」といった形で使われます。 目上の方に対して使っても印象のいい言い回しですが、全体に対する周知で使ってもいい印象を与える表現と言えます。 例えば「この度は事故によりダイヤに遅れが生じております。 お急ぎのところご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、ご認識のほどお願い申し上げます」という形で使うことができます。 「お含みおき」という表現の方が丁寧に感じるかもしれませんが、大事な情報なのでご認識を使い、相手方に対して失礼がないようにお願い申し上げますという表現で丁寧さを強めている表現です。 情報の内容によっても、表現を使い分けると相手方とのコミュニケーションに対してプラスに作用しますので覚えておきましょう。 この表現は「本日は進行に遅れが生じておりますことをご容赦ください」という形で使います。 理由を添えて「ご承知おきください」という表現で遅れを伝えることができるのですが、このような表現を使った方がいい場合もあります。 「ご承知おきください」と「ご容赦ください」は、「ご容赦ください」が許しを乞う表現となっており単独の言い回しで比較すると違った意味合いになりますが、相手に了承を得る言い回しとしては言い換え表現に分類することができるので、こういった使い分け方も覚えておきましょう。 表現力の幅が広がります。 この表現は「資料に若干不鮮明な部分がございますがご容赦願います」という使い方をします。 基本的に過失の内容が軽微で、相手の許しが得られることを前提とする場合のみに使う表現です。 この表現は「本日は19時には席を外しますが、ご了承願います」といった形で使います。 目上の方の中でも関係性が取れている方だけに絞って使った方がいいでしょう。 他の表現に比べると少し強制的なニュアンスがある表現です。 この表現は「今回の記念品につきましてはデザインはランダムになっておりますのでご承知おきいただきますようお願いいたします」という形で使えます。 様々な言葉と一緒に使える汎用性の高い表現になっています。 この表現は「発送にお時間をいただき申し訳ありませんが、ご了承いただきますようお願いいたします」という形で使われます。 少し強制感のある表現ですが、対応の選択肢がないような状況では進んで使いたい表現です。 この表現は将来に起こるような出来事に対して使いたい表現です。 例えば「明日10時に弊社のスタッフがお伺いいたしますのでご認識おきいただきますようお願いいたします」といった形で使います。 この表現はビジネスメール等においてフォーマルな印象を与えますので、関係性が薄い相手に使いたい表現です。 例えば「休日につきましてはメールの返信が遅くなる場合がございますのでご承知おきいただきたく存じます」といった形で使うことができます。 この表現は相手方に対して「承知」という言葉を使う表現の中でもやわらかく伝わる言い回しです。 「配送が遅れる場合がございますがご承知おきいただけたら幸いです」といった形で使います。 ご承知おきくださいという言葉自体が押しつけがましさを含む表現なので目上の人に使う場合には十分に配慮すべきでしょう。 「ご了解ください」はその配慮に欠ける表現です。 また「了解です」が目上の人に対して失礼な敬語に該当しますので、この表現も失礼に当たります。 この表現もビジネス感に欠ける表現であり、ご承知おきくださいという表現やもしくはそれよりも丁寧な表現に置き換えた方がいいでしょう。 また、使用頻度が少ない言葉で違和感を持つ人も少なくないのでわざわざ使う必要はないでしょう。 ご承知おきくださいを上手に使いこなそう! ここではお含みおき願いますをはじめとした言い換え表現等、ご承知おきくださいの使い方に関して幅広く紹介してきました。 ご承知おきくださいには様々な言い換え表現がありますが、知っておいて損がない頻出表現だけに絞ってまとめています。 馴染みのない表現は覚えるまで読み返し、実践で使えるようにしておきましょう!.

次の

「承知いたしました」は正しい敬語なのか・メール・上司への使い方

ご承知おきください 敬語

このライフレシピのもくじ 【】• ビジネスシーンのなかでメールやビジネス文書など、言葉を使う機会というのは大変多いかと思います。 そのなかで、丁寧に、そして失礼がないようにという気遣いから逆に不自然な言葉使いになってしまい、相手の方に意図していない印象を与えてしまったという経験はありませんか? 私もかつて、上司に認識しておいて欲しい報告をメールでした際に「ご承知(しょうち)おき下さい」という表現を使い、指摘を受けた経験があります。 「承知しました」は目上の人によく使う表現ですが、逆に「ご承知おき下さい」という表現は目上の人に使う言葉としては適切ではなかったのかもしれません。 ここでは、「承知」の意味と合わせて「ご承知おき下さい」の使い方についてご説明します。 そもそも「承知」に「ご」をつけるのは正しい? 「承知」は謙譲語となるため、「ご」をつけてしまうと、謙譲の二重表現となってしまいます。 そのため、「ご承知おき下さい」は日本語として正しくない表現となるので、目上の人に対して使用するのは控えるようにしましょう。 また「承知おき下さい」だと、「知っておいて下さい」という命令調の印象も与えてしまいます。 「ご承知おき下さい」の言い換え表現は? では、「ご承知おき下さい」を使いたい時に、どういった表現で言い換えればいいのでしょうか。 例えば、• 保証期間は下記のようになりますので、ご承知おき下さい。 といった文の場合、• 保証期間は下記のようになりますので、何卒お願い致します。 と言い換えることが可能です。 他にも、• 件の企画書を提出しておきましたので、ご承知おき下さい。 といった上司への報告メールの場合、• 件の企画書を提出しておきましたので、お含みおきください。 と言い換えることが可能です。 「ご了承下さい」は言い換えとして合ってる? 「承知」という言葉は「知っているか否か」を主題としていますが、「了承」は「納得するか否か」を主題としています。 そのため、「ご了承下さい」では「ご承知おき下さい」の言い換えとして ニュアンスが異なってしまうので、目上の人に使う場合はちゃんと使い分けるようにしましょう。 もし「ご承知おき下さい」を使ってしまっても、はっきりと「間違っているぞ!」と指摘されることはないと思いますが、相手に違和感や不快感を与えないためにも、日本語表現に気を遣い、言い換えを心がけるようにしましょう。 image by.

次の