テント むし 価格。 【テントむし】私の中古軽キャンピングカー『テントむし』の値段は?購入金額について

超コンパクトキャンピングカー!「テントむし」の魅力とモデルを紹介

テント むし 価格

25km• 冬タイヤは1リッター当たり 337. 4km 初めて計算してみましたが、私の感覚もこのような感じです。 私の場合、市街地を走ることはあまり多くなく、道外だともう少し燃費は悪いかもしれません。 バンコンタイプでよくベース車に使われる、エブリィワゴンのフルタイム4WDについて実燃費をググってみると、リッター8〜11くらいとなっています。 まとめ 最近の自動車は以前より燃費がよくなっているため、普通の乗用車と比べるとそれほど良いと感じないかもしれません。 テントむしは、重いシェルを背負っているわりにはパートタイム4WDのため、それほど燃費は悪くないと感じました。 車中泊を楽しむ方、キャンピングカー乗りの方にとって、北海道は憧れの地だと聞きます。 そこでまるななから、お願いがあります。 北海道では、次にいつガソリンスタンドに出会うかわかりません! 次のガソリンスタンドが100km先だった、日曜日定休日だった、営業終了時刻が早い、昔はあったけど廃業した…など普通にあります。 ガソリンがギリギリになると、景色を楽しむ余裕も無くなってしまいます。 メーターが半分になったら、もしくはガソリンスタンドを見かけたら給油を心がけて欲しいです!.

次の

超コンパクトキャンピングカー!「テントむし」の魅力とモデルを紹介

テント むし 価格

スポンサーリンク 軽キャンピングカーに憧れる管理人が初めて知った軽キャブコンがテントむしだったこともあり、いつかは乗りたい車でもあります。 と言っても、潤沢な予算があるわけではないので、まずが中古車でもいいと思い、中古車の価格を調べてみようとしたのですが、テントむしの中古車を見つけること自体、至難の業でした。 やなどの中古車販売サイトで『テントむし』と検索をかけてみても、タイミングと運で稀に見つかることもありますが、毎回見つけることはほぼ皆無です。 確かにテントむしを購入する方の多くは、管理人のように憧れを抱き続けて入手するわけで、そう簡単には手放さないことから中古車として出回るのはごく稀なことになるのです。 つまり、現時点で確実にテントむしを入手したい場合は新車を購入する以外に方法はなさそうです。 そこでいつかテントむしオーナーになる時のためにテントむしの種類と新車価格を調べてみました。 スポンサーリンク テントむしの新車価格 テントむしの価格はベース車のダイハツハイゼットのグレード、2WDもしくは4WDの駆動方式、MTもしくはATのミッション、シェル内の設備などによって変わってきます。 テントむしの車両本体価格で最も安いのが、グレードは2シータータイプの4ナンバースタンダード、駆動方式は2WD、ミッションは5MT、内装設備がなしで 2548800円(税込)です。 車両本体価格が最も高いのが、グレードはFタイプのスマアシ3搭載の8ナンバーエクストラ、駆動方式は4WD、ミッションは4AT、内装設備がFASP座席というもので 3559680円(税込)です。 組み合わせは全部で36種類もありますが、価格は最安の2548800円(税込)から最高の3559680円(税込)の間に入ります。 車両本体価格の他にかかる費用は以下のようになります。 取得税:15300円~24200円 リサイクル料:6160円 重量税:6600円 自賠責:8ナンバー15600円 4ナンバー25880円 この数字を基準にテントむしを入手するためのおおまかな金額は 261万円から361万円となります。 まとめ 261万円から361万円が高いと見るか、妥当と見るか、安いと見るかは個人個人の価値観によりますが、個人的には現時点ではちょっと手が出ません。 それでもテントむしの人気が高いことの証明として、トミカからはが発売されたこともあります。 今では発売中止になってしまったようで、プレミアムが付いていてミニカー1台の価格も2000円以上になっています。 そのうち本物のテントむしのシェル内にテントむしのミニカーを置いて、ゆっくり眺めてみたいみたいものです。

次の

【Dテントむし:バンショップミカミ】 キャブコンキャンピングカーレビュー

テント むし 価格

25km• 冬タイヤは1リッター当たり 337. 4km 初めて計算してみましたが、私の感覚もこのような感じです。 私の場合、市街地を走ることはあまり多くなく、道外だともう少し燃費は悪いかもしれません。 バンコンタイプでよくベース車に使われる、エブリィワゴンのフルタイム4WDについて実燃費をググってみると、リッター8〜11くらいとなっています。 まとめ 最近の自動車は以前より燃費がよくなっているため、普通の乗用車と比べるとそれほど良いと感じないかもしれません。 テントむしは、重いシェルを背負っているわりにはパートタイム4WDのため、それほど燃費は悪くないと感じました。 車中泊を楽しむ方、キャンピングカー乗りの方にとって、北海道は憧れの地だと聞きます。 そこでまるななから、お願いがあります。 北海道では、次にいつガソリンスタンドに出会うかわかりません! 次のガソリンスタンドが100km先だった、日曜日定休日だった、営業終了時刻が早い、昔はあったけど廃業した…など普通にあります。 ガソリンがギリギリになると、景色を楽しむ余裕も無くなってしまいます。 メーターが半分になったら、もしくはガソリンスタンドを見かけたら給油を心がけて欲しいです!.

次の