ツボクサ 効能。 ツボクサエキス (メディテカ)|アクセーヌ公式

ホーリーバジルとツボクサ ハーブのブログ

ツボクサ 効能

彼の存在が一躍注目されるキッカケとなったのは、1930年の米紙「ニューヨーク・タイムズ」の記事だった。 当時、中国に派遣されていた特派員の報告によると、成都大学の教員が発見した清朝時代の公文書に「1827年、李青曇が150歳の誕生日を祝った。 1877年には200歳の誕生日を祝った」と記述されていたというのだ。 これが正しければ、李青曇は1677年に生まれたことになる。 しかし、取材を進めた特派員は、さらに驚くべき事実にたどり着く。 なんと1930年当時、1677年生まれの李青曇が存命しているとの情報を得たのだ。 日々山中を歩きまわり薬草集めにはげむうち、彼は自らが採取する薬草に長寿の効能があることを確信するようになる。 そして、霊芝(キノコの一種)やクコの実、朝鮮人参、ツルドクダミ、 、米酒だけを口にする生活を40年以上にわたり継続。 その間には、薬草を求めて現在の甘粛省、山西省、チベット、ベトナム、タイ、満州にまで足を運んだこともあったという。 1749年、71歳の時には武道の師範として軍隊に招かれており、格闘家としても優秀な男だったようだ。 長寿のために、ハーブの中でも特にツボクサを推奨した。 慢性炎症を防ぐことが健康長寿と言っていました。 慢性炎症で血管がボロボロになる。 テレビ画面でも真っ赤に炎症していました。 健康な100歳越えの血管は白く炎症していませんでした。 下記にも書かれていますが、 ツボクサは、 鎮静効果があり、中枢神経系を安定させる。 疲労を軽減し、うつ症状や不眠症を緩和する。 脳機能を高め、集中力や記憶力を増進させる。 血行を良くし、体中の血液の流れを高め、血管や毛細血管を強くする。 免疫機能を補強する抗生物質の特性を有し、特に肌の各種トラブルの対策に効果がある。 風邪や呼吸器官の異常 鬱血、熱、のどの不快感等 に関連する症状を緩和する。 心臓の働きを助け、肝臓や腎臓の機能を増進させる。 血管体系を強化し、結合組織を強め、 血管の炎症を治す、ハンセン病の皮膚障害を修復する効果がある。 化学物質や薬剤に汚染されたからだを無毒化し、脳細胞や神経を活性化する作用がある。 コラーゲンの生成を促す。 細胞分裂を促進させ、やけどやキズ、乾癬、湿疹の回復を促す。 DIY Do It Youerself 自分でやってみないとわかりません! 追加情報です。 【動物実験】 出生後の期間中のツボクサの治療は、マウスの学習と記憶を強化します。 著者の情報 放射線生物学、Kasturba医科大学、マニパル576104、インドの1部門。 2005年11月15日 この調査はツボクサの向知性効果を評価するために計画されました。 動物は、学習および記憶性能を評価するためにラジアルアーム迷路で試験しました。 これらの結果に基づいて、マウスを31日目に評価され、6ヶ月間れた日30分娩後(PP)および向知性効果に15日から15日間のC. 少年や若い成体マウスのパフォーマンスが大幅に放射状迷路とホールボード試験で改善したが、自発運動は、対照と比較して変化を示しませんでした。 治療は、海馬における増加アセチルコリンエステラーゼ活性をもたらしました。 海馬CA3ニューロンの樹状樹枝状分岐はまた、1月と6ヶ月で両方、交差点や分岐点の面で増加しました。 本調査の結果は、C。 アジアチカ抽出物と出生後の発達段階中の治療は神経細胞の形態に影響を与え、少年や若い成体マウスの高次脳機能を促進することができることを示しています。 PMID: 16214185 DOI: 10. 2005. 019 ツボクサ ゴツコラ を研究しています。 ツボクサ(ゴツコラ)は老化防止に良いと評価されているすばらしい食材・素材です。 日本ではあまり知られていない情報を紹介します。 日本の情報が最先端だと思ったら大間違いのようです。 ツボクサ、ゴツコーラ、ゴトコラ、雪積草で検索して下さい。 びっくりするほどの情報が、多くのサイトに記載されています。 下記に 概要をまとめてみます。 認知症 予防 としてツボクサ! 世界保健機関(WHO がゴツコーラを保存すべき重要な薬用植物として推奨しています! ツボクサを食べると、脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる! (ツボクサは、ゴツコーラ、ゴトコラ、雪積草などいろいろな別名がついています。 ) ツボクサは、子供から大人まで、すべての世代 に欠かせないハーブです。 老化防止、アンチエイジング、認知症予防に、受験生に、「食べるIQ」 驚異のハーブ、ツボクサ! ツボクサの葉の形は、脳の形に似ており、脳の左右のバランスをとると言われています。 ツボクサは、まるごと生葉で食べるのが一番良さそうです。 どうなるでしょうか?将来が、楽しみです。 老化防止、認知症 予防は、今からスタートすることが大切です。 物忘れが初期症状かもしれない? 若年性認知症の予防は早くから対策を立てなければ間に合いません。 ツボクサは脳の神経細胞が7倍も増加するそうです。 自分自身が率先して始めるしかないですね。 こんなに楽しみなチャレンジはありがたいです。 日本中で、まだ誰もやっていないでしょう? 老化防止、美肌効果も期待できます! あなたもチャレンジしてみませんか? ツボクサを、上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。 そうすれば、いつまでも使えます。 【作用】 脳強壮、神経強壮、心臓強壮 【適応症】 老化防止、アンチエイジング、 認知症、アルツハイマー、アスペルガー、うつ病、、神経痛、リューマチ、ダイエット効果、皮膚病、顔の色つや、身体を温める、血行を改善、ケロイド、らい病、てんかん、毛髪の成長、血液浄化、記憶を促進、白内障、知恵遅れ、気管支炎、便秘、胃弱、疲労、発熱、精神神経疾患、 など多数の効果が期待されています。 【使い方】 ・生葉をサラダで食べる。 ・料理に加える・ハーブティー・ハーブ美肌水 ・髪・頭皮用トニック・全身用シャンプー・リフレッシュウォーター・ハーブ酒 などに活用しています。 ツボクサをお分けします。 (有料) 認知症 予防法としてツボクサ。 ツボクサを自然有機農法(無農薬・無化学肥料)で育てています。 生で使うには無農薬でなければ意味がありません。 世界保健機関(WHO が推奨するほどの、優れモノだから、できるだけ多くの人にお届けしたいと考えています。 認知症 予防として活用することを提案いたします。 認知症 予防や若年性認知症の予防として、無農薬・無化学肥料の自然有機農法で育てているところは、他にはないでしょう。 ゴツコーラ(ツボクサ)のいろいろな追加情報 2006年に、インドの脳科学者が、生後5週間目のモルモットに実験をした。 毎日つぼ草を食べさせたモルモットと、食べさせなかったのと比べた。 4週間、毎日6ccのゴツコーラ抽出液を飲ませた結果。 ゴツコーラの抽出液を飲ませたモルモットは、 脳の神経細胞の突起が7倍も多くなった!! (右側の図は、白い線(神経細胞の突起)が多い。 ゴトコラはゴツコーラ、ツボクサの別名。 ) 下記はアメリカの論文からの抜粋です。 Note the significant increase... 大幅な増加に注意してください... 】 海馬は、脳の奥にあり、記憶をつかさどる場所。 海馬は記憶の製造工場と言われている。 (自分にもあるはずなのに、ぜんぜんわかりませんね!) 海馬の神経細胞が多いほど記憶力が高まるそうです。 他の脳細胞は150年の寿命があるのに、海馬の脳細胞は数カ月で入れ替わる。 ツボクサは、海馬を強化する薬草。 インドでは、ツボクサを 「食べるIQ」と呼ぶ。 受験生にはかかせないハーブと言われています。 アルツハイマー、アスペルガー、うつ病、アンチエイジングなどに、世界の脳科学者が注目しています。 最近ではダイエット効果の点からも利用されています。 ツボクサはインド原産で、アーユルベーダ医学で過去3000年にわたり使用されてきた。 このハーブは、瞑想を助けるものとして使用されている。 また、漢方医学では抑うつの治療や長寿の薬、「若さのもと」と称されている。 ツボクサは食用ハーブです。 ツボクサは抗酸化活性が非常に高く、天然抗酸化剤の原料に適している。 特に皮膚病の治療に有用で、女性の顔の色つやを若々しく保つ。 出産を終えたばかりの女性や、身体を温めたいとき、血行を改善する場合に推奨されている。 ケロイド、らい病、てんかんの治療にも利用されている。 インドでは神経の働きを強める活性化ハーブ、記憶を改善するための脳の強力な強壮剤として使われている。 256歳!? 長寿にはツボクサを推奨した!! 伝説的な中国のハーバリストのLee Chingyuenは、 1933年に256歳でこの世を去ったが、 長寿にはハーブの中でも特にツボクサを推奨した。 ダウンエイジングです!! 究極のアンチエイジングです!!仙人と言ってもいいかもしれません。 256歳でこの世を去ったということが、事実か?疑わしいところではありますが、 例えば、半分の年齢だとしても、127歳前後です。 127歳でもすごい年齢です。 ツボクサは、アーユルヴェーダの中で最も精神的 、若返りのハーブとしてみなされている。 瞑想を改善するために使用され 、頭の上部にあるエネルギーセンター、クラウンチャクラを開発するといわれている。 近年 、欧米ではリラクゼーションを促進するための神経強壮剤として人気となっている。 【作用】 脳強壮、神経強壮、心臓強壮 【適応症】 気管支炎、便秘、胃弱、疲労、発熱、精神神経疾患、子供のせき、神経痛、リューマチなど 野生のトラが、けがををしたときに身体にすりこむという言い伝えから 「タイガーハーブ」とも言われているそうです。 ツボクサは髪の毛の成長、血液浄化や記憶を促進する特性がある。 目と頭脳の活性化に最高の薬草です。 白内障や知恵遅れ、アルツハイマーにも効果が認められています。 これからの日本は、高齢者が増えるので、認知症、アルツハイマーの予防にツボクサが期待できるでしょう!! ・私は、ハーブ美肌水など、すべてにツボクサを活用しています。 ・ ツボクサをお分けします! 書籍『アーユルヴェーダのハーブ医学』から引用 ツボクサ(別名:ブラフミーの知識と効果・効能) サンスクリット名: Brahmi ブラフミー 英語名: Thyme leaved gratiola 学術名: Centella asiatica 日本名: 積雪草、ツボクサ 別名: ゴツコラ、ゴトコラ、ゴーツコーラ、タイガーハーブ、バイブアボックアジアチカ、センテラ、インディアンペニーワート、ペガガ インドでは魔法の植物(quasi magique)とまで言われ、ブラフミー(創造の神ブラフマンの知恵を助けるもの、崇高な実態についての認識をもたらすもの、の意味)と言う名前まで付けられ、瞑想を助けるハーブとしてヨーガの修行をする人に特に使われています。 ブラフミーは、もともとインドのハーブで、アーユルヴェーダの薬の中で最も重要な若返りのハーブです。 主に神経と脳細胞を活性化するハーブです。 知性を高め、長寿を促し、記憶力を増し、老化や老衰を遅らせます。 免疫機能を高め、体内を浄化し栄養を補給し、副腎を強めます。 血液を浄化し、湿疹や疥癬だけでなく、ハンセン氏病や梅毒などの慢性の皮膚病にも特効があります。 ブラフミーはピッタに対して強壮作用と若返り作用があります。 同時にヴァータを抑え、神経を静め、余分なカパを減らします。 すべてのハーブの中で霊性とサットヴァの性質が最も高いハーブです。 ヒマラヤ山中によく見られ、ヨーガ行者の瞑想のための食物です。 クラウン・チャクラ 第7のチャクラ)を目覚まし、右脳と左脳のバランスを整えます。 瞑想の前にブラフミー・ティーをカップ一杯飲むとよいでしょう。 牛乳を用いた煎出液は、よい神経強壮剤です。 粉末は外用のペーストとして慢性の皮膚病に用いられます。 バジルと黒コショウを一緒に調合すると発熱に効果があります。 若返り剤としては、ギーで調合するのが最良です。 」(抜粋) とあります。 また、 WHO 世界保健機構 はブラフミーを「21世紀の驚異的薬草」 「保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つ」 と位置付けて、同発行の文献に以下の症状に効果があると謳っています。 鎮静効果があり、中枢神経系を安定させる。 疲労を軽減し、うつ症状や不眠症を緩和する。 脳機能を高め、集中力や記憶力を増進させる。 血行を良くし、体中の血液の流れを高め、血管や毛細血管を強くする。 免疫機能を補強する抗生物質の特性を有し、特に肌の各種トラブルの対策に効果がある。 風邪や呼吸器官の異常 鬱血、熱、のどの不快感等 に関連する症状を緩和する。 心臓の働きを助け、肝臓や腎臓の機能を増進させる。 血管体系を強化し、結合組織を強め、 血管の炎症を治す、ハンセン病の皮膚障害を修復する効果がある。 化学物質や薬剤に汚染されたからだを無毒化し、脳細胞や神経を活性化する作用がある。 コラーゲンの生成を促す。 細胞分裂を促進させ、やけどやキズ、乾癬、湿疹の回復を促す。 神農本草経:中国最古の薬物学(本草学)書 神農本草経では、ツボクサのことを「雪積草」と読んでいます。 神農本草経では、ツボクサのことを「雪積草」と読んでいます。 神農本草経は、中国最古の薬物学(本草学)書といわれており、 個々の生薬の薬効について述べています。 中国古代の伝説の帝王で農耕・医薬・商業の神「神農」名をつけています。 一年の日数に合わせた365種の薬物を分類しています。 ・上品 じょうほん、120種 ・中品 ちゅうほん、120種 ・下品 げほん、125種 と薬効別に分類されていることが特徴的です。 (上薬、中薬、下薬ともいう) 上品は養命薬(生命を養う目的の薬)で、 無毒で長期服用可能。 身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある。 中品は養性薬(体力を養う目的の薬)で、使い方次第で毒にもなるので注意が必要。 病気を予防し、虚弱な身体を強くする。 下品は治病薬(治療薬)で、毒が多いので長期にわたる服用はよくない。 病気を治すために用いる、とされている。 「神農本草経」は保健もしくは予防的な薬物が上ランクに、治療薬が下ランクに位置している。 『黄帝内経』、『傷寒雑病論』とともに中国医学における三大古典の1つに数えられる。 ゴツコーラは、上品、上薬、に分類されています! ということは、 養命薬(生命を養う目的の薬)で、無毒で長期服用可能。 身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある薬草です。 対策は、 良さそうなモノは、何でも自分で試してみるしか、方法はなさそうです。 何事もチャレンジです!これからが楽しみです!! DIY Do It Yourself を応援します! 自然素材を活用し、できることは 何でも自分でやろう! 自分で調べて、選んで、組み合わせて、 自分独自のモノを創造しよう!! あなたのDIY(Do It Yourself)をお手伝いします! 【会員限定モニター 研究用教材・素材】 会員の方だけに有料でお分けします。 葉の多少はありますが、ご自分で増やして下さい。 ) 【お知らせ】 無農薬・無化学肥料の自然微生物農法で育てています。 ツボクサは醗酵液をスプレーして栽培しています! 上記の動画は、醗酵液をスプレーいるところです。 地球家族 自然と微生物研究所 の自然微生物農法です。 化学肥料を使ったら意味がありません。 ましてや、農薬を使ったら食べられません。 上記の成長促進醗酵液は天然の素材や薬草などを醗酵させた醗酵液です。 ・早く、安全に栽培したい場合は、成長促進醗酵液を100倍に薄めて葉にスプレーしてください。 ・土壌にも同様に100倍に薄めてジョロで水かけしてください。 当研究所も、地球家族 自然と微生物研究所 自然微生物農法を学んでいます。 DIY Do It Yourself 自分でやってみよう! 自然素材を活用し、何でも自分でやろう! 自分で調べて、選んで、組み合わせて、 自分独自のモノを創造しよう!! DIY Do It Yourself を応援します! 生き生き素材研究所 独自配信メールマガジン(無料).

次の

ツボクサ

ツボクサ 効能

・ツボクサ 効能 ツボクサは、古くから薬用の植物として重宝され、傷や火傷などの治療に用いられてきました。 野生のトラが傷ついたときにツボクサにからだをこすりつける様子を見て、その効能が知られたという伝説があります。 日本だけでなくインドや中国でも薬効の高い生薬とされています。 インドのアーユルヴェーダでは「最も重要な若返りのハーブ」として扱われ、 また、霊性の高い植物として瞑想時に用いる薬草としても使かわれていました。 カルシウム ナイアシン セント酸 センテラ酸 鉄 ビタミンB1 アジア酸 マディッカソ酸 アジアコシド ビタミンC カロチン トリテルペン サポニン 成分を見てもらうと分かるように、結構珍しい成分が多く入っています! ツボクサエキス は化粧品メーカーが活用しています。 植物のツボクサから抽出した成分で、有効成分<アジアチコサイド>を95%含みます。 炎症抑制効果・美白効果・肌修復効果を兼ね備えているそうです。 メラニン生成のメカニズムの始まりである炎症を抑制し、抗酸化作用により炎症後の色素沈着を抑制する効果があるそうです。 また、紫外線など外的刺激を受けると活性化する、セラミド分解酵素「セラミダーゼ」を抑制し、 セラミドが減少するのを防ぐ作用やコラーゲン合成促進作用があるので、内側から角質層のバリア機能を立て直す修復効果があるそうです。 ・ツボクサの苗は? こちらのサイトにあります。 冬期は寒くて成長が遅くなります。 そのため冬期は販売していません。 冬期は予約を受け付けています。 ツボクサは、ゴツコーラ、ゴトコラ、雪積草などいろいろな別名がついています。 ゴツコーラを食べると、脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる! ゴツコーラは、子供から大人まで、すべての世代 に欠かせないハーブです。 老化防止、アンチエイジング、認知症予防に、受験生に、「食べるIQ」 驚異のハーブ、ゴツコーラ! ゴツコーラの葉の形は、脳の形に似ており、脳の左右のバランスをとると言われています。 ・ツボクサ 栽培 育て方 ツボクサの栽培、育て方は簡単です! 注意事項は いつも湿らせておくこと。 インド周辺が原産地です。 暖かい場所が好きです。 高温多湿でどんどん成長します。 イチゴのようにランナーで横に広がります。 寒さに弱いので、冬は室内に入れて下さい。 ご自分で自分の口に入れるため、ツボクサ茶として飲んだり、 ツボクサ料理として食べたりするのであれば、無農薬、無化学肥料で栽培したいですよね! 無農薬、無化学肥料、自然有機農法、醗酵液で栽培をオススメします。 (地球家族自然と微生物研究所のやり方) 具体的なやり方は、醗酵液を100倍以上、水道水で薄めて、ツボクサの葉っぱにスプレーします。 濃すぎないこと。 薄めを何回も繰り返した方がいいですね! 土には、醗酵液を100倍以上、水道水で薄めて、ジョロで散布します。 土も同様、濃すぎないこと。 薄めを何回も繰り返した方がいいです。 早く大きくしたいと醗酵液を濃くするとダメです。 葉の中の濃さより濃くなると浸透圧の関係でマイナスになります。 これだけです。 早く大きく育てたければ、2~3日ごとにツボクサの葉っぱにスプレー、 土には、ジョロで散布を繰り返します。 ・ツボクサ 種 ツボクサの種は、ツボクサを栽培、育てればわかりますが、種は小さくて見つけにくいです。 種はあるにはありますが知らない合間に落ちています。 それくらい種は見つけにくいです。 ですから、土は捨てない方が良いです。 来年になると、ツボクサの小さな芽が何もなかった所、土から生えてくることが多いです! 知らない人は、冬期、ツボクサが枯れたと思い、植木鉢の土を捨ててしまいます。 私たちは、植木鉢の土をそのまま春まで置いておきます。 だいたい、4月~5月ごろに小さな芽が出てきます。 種が気がつかないうちに落ちた証拠です! 活用方法は?• カテゴリ• ブログ アーカイブ•

次の

ツボクサ(ゴツコラ)研究会

ツボクサ 効能

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分が アントシアニンです。 アントシアニンは 末梢血管を拡張して 血流を改善、めぐりを改善する効能があります。 また、 抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、 美肌にも効果があります。 活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。 ポリフェノールは活性酸素を除去することで、 老化を防止してくれます。 また、目の健康を維持する働きが大きく、神経系の働きを支えるロドプシンという色素の再合成を促進し、目の疲労回復や視力向上に効果を発揮します。 さらに、肝機能の回復、血圧上昇の抑制にも効果的です。 カルシウム 美肌効果 カルシウムは骨や歯の材料となります。 貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。 機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や 精神安定の働きをしたり、 筋肉の働きをサポートします。 機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。 カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、 骨粗しょう症を起こしやすくなります。 成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。 また、 閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。 血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。 機能カルシウムが不足した場合.

次の