エンジニア word。 システムエンジニアはWordやExcel、PowerPointを使いこなすこ...

SEって、ExcelとかWordなんかも詳しいんでしょ?|【Tech総研】

エンジニア word

投稿者: 雑読家 - この本の筆者は、実際に業務でWordを使用している、それもIT業界に身を置く方のようで、仕様書などを作成しなければならないという必要に迫られて、あみだしたノウハウや方法論を軸にWordを解説している。 というと、何だか堅苦しいが、筋道の通った論文や報告書などを作る必要のある人には、入って行きやすい切り口である。 Wordに限らずAccess、Excelの参考書でも、トレーナというかパソコンインストラクター系の方の書く本は、網羅的でありすぎたり(それ自体はニーズがあるから否定はしないが)、サンプルが簡単にしようとするあまりにあまりに非現実的なものであったりして、ちょうどいいものがない。 その点、本書では業務などで使用するという筆者とベクトルがあった読者やWordを業務上のDocumentationで役立てたい人には、ツボを抑えつつ冗長な解説を排した内容が合うだろう。 ちなみに、中程のスタイル機能や箇条書きの問題点を解説された章だけでたいていの文書作成に用が足りてしまうが、その後に続くテンプレート関連の解説も理解することをおすすめする。 すくなくとも、そこまで読んで、実際に文書作成してみると一皮むけること、間違いない。 以前に O'Reilly からも "WORD Annoyance" みたいな本が出ていたように記憶するけど、これはその日本版といった趣。 「まずこれだけは設定しよう」と言ってデフォルトのツールメニュー、オート・コレクト、オート・フォーマットを片っ端から無効にして回る。 しかし、一方で文章校正の機能はデフォルトより強く設定するなど、必ずしも WORD の機能を全否定するものではない。 その後は著者自ら「スタイル偏重主義」と言うスタイルを全面的に採用した編集技法を紹介 するものの、HTML の に相当する箇条書きについて解が無いなど、WORD ダメダメぶりは筆者をもってしても如何ともしがたいらしい。 個人的には、LaTeX の「外見はコンピュータ任せ。 人間は文章の内容に集中」ってポリシーの方が好きだけどなぁ。 WORD でも適切なテンプレートと「文書の保護」機能で似たことはできるらしいけど、デフォルトでそうなってて欲しいわけさ。 つまり、章のタイトルは12でゴシックで、それぞれの章見出しは〜mmインデントして。。。 などなど。 それらの書式設定をアドホックに設定するのでは、手間もかかるし、統一性が損なわれることもある。 そこで「スタイル」の機能を使って、スタイルは別に定義し、管理するという事を考えるわけである。 これはちょうどHTMLでテキストの情報を記述して、CSSで書式やスタイルを定義するというWEBの標準的な方針と似ているから、経験がある人にとってはさほど困難な概念じゃないはず。 1〜2ページの文書だったらアドホックな書式設定ですませちゃうけど、やはりある程度の長さの文章を書くときには使える機能だ。 少しずつ勉強していきたい。 「目次の作成」やタイトルに番号を自動採番する、などで苦労をしたことがないと、ちょっと理解できない内容だと思う。 同僚や相方に「Wordってどうよ?」と聞いてみると、ことごとくDisられた。 特にWordのオートフォーマット等の機能に嫌悪感があるらしい。 本書でWordの使い方はある程度わかるけど、「エクセルからWordに移行するメリット」を語るには力不足だと思われる。 たしかにエクセル本来の目的からすると、文書作成はWordにすべきなんだけどね。 エクセルが幅を利かせている現場で、「体裁の整ったドキュメント作成のために、Wordを使いましょう」とまで言わせる勇気は得られなかった。 もう少し、エクセルとの比較にページを割いた本があるといいなぁ。 時間のない人やWord以外のソフトを使用する人は1章の前半だけでもいい。 ドキュメントに対する意識が少し変わると思う。 この本の1章で著者は、ドキュメントで重視すべき点を 1. 見栄え 2. メンテナンス性 3. 内容 であると書いている。 一見「あれ?」と思うが、確かに納得できる理由が書かれている。 2章以降では、Wordを使って上記の条件を満たすための方法が具体的に記載されている。 目的と具体手段が書かれているので、Wordの使い方がわからない人にもすぐに実践できる。 システム構築においてはソースの可読性、運用を見据えたメンテナンス性を重視するのに、ドキュメント作成はなおざりに終わらせるSEの人は結構多いんじゃないかと思う。 私はシステム開発に携わっているが、事実、これまでにそういった意識で作られたであろうドキュメントを度々目にした。 いずれも読む気が起こらない上に、努力して読んだ割に意味がわかりにくいものが多かった。 この本をみんなの共通認識にすれば、無駄な時間を省いて重要なことに集中できる理想的な状況に、少し近づけるように思う。 最近wordを使う機会がちょこちょこ出てきたので、読んでみた。 正直全然真摯にwordに向き合ってなかったが、これほど熱く語ってくれるとその熱量でちょっとは真面目に考える気になったような気がする。 とはいえテンプレートは与えられたものを使うし、スクラッチからドキュメント作るときは他のツールを使いそうなので、実践するタイミングがないかなー。 もし自分がテンプレートを用意するような仕事になったら、この本片手にちゃんとやろう。 やりたくないけど。

次の

テストエンジニアとは?テストエンジニアの仕事内容5つと必要なスキル6つ

エンジニア word

システムエンジニアにおすすめの資格には2つの分類が! はじめに、実はシステムエンジニアになるためには資格は必要ありません。 では、システムエンジニアにとって資格とはどんな意味があるのでしょうか?これはどんな職種においても同じことですが、特に資格が必要ないシステムエンジニアにとって、「資格は対外的に能力を証明するためのもの」となります。 例えば、口頭で「~~ができます!」と言っても、この人は本当にそれ相応の技術を持っているのか?と思われてしまいますよね。 こんな時に、「~~という資格を持っています」ということが、自分の技術力の証明となります。 また、高い技術を持っていることを証明できる、ということで、「資格手当制度」や、「合格報奨金制度」を設定している企業もあるんです!資格を取ることで、就活時の面接にも役立ち、就職してからの査定や技術力にも役立つ資格!これが、資格を取るのが「必須」ではなく「おすすめ」と言われている理由なんです。 それでは、そんなシステムエンジニアにはどんな資格が必要とされているのでしょうか?大きく分けて2つに分類できます。 国家資格• ベンダー資格 これは、どの団体が主催しているのか、そして知識の方向性によって分類されます。 国家資格は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施しています。 ベンダー資格はマイクロソフトやオラクルなどの企業が独自に認定している資格であり、それらの製品に対する技術や知識を問われる資格になります。 自分のキャリアに合った資格取得が必要になるので、しっかり見極めましょう。 システムエンジニアにおすすめの資格!国家資格編 ITパスポート試験(IP) コンピューターを利用しながら行われる試験で、最新のIT系知識を身に着けることができる、パソコン系資格の入門資格となります。 全般的な基礎事項についてが大まかな出題範囲となっています。 パソコンを使うにあたっての基礎知識があるということを証明するための資格になります。 合格率は40~50%前後と、半分前後の受験者が合格する難易度になっています。 基本情報技術者試験 ITパスポートの次のレベルとして受ける方が多いのがこの試験です。 ITパスポートの次、という位置づけには「情報セキュリティマネジメント試験」もありますが、こちらは少しだけ専門的な情報セキュリティに関する試験になるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 基本情報技術者試験は午前と午後の前後半戦になっています。 ただ勉強するだけではなく、体力勝負になってくる側面もあるんです。 基本情報技術者試験は、 「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者(IPA公式より引用)」 とされており、ITパスポート試験が入門編であることに対して、初級編のスタートラインに立つ資格、ともいえます。 合格率は20~30%で、初学者でも挑戦できる試験ではありますが、自分の苦手分野の分析など、しっかり対策を練ることが大切になります。 システムアーキテクト試験 社員にとらせたい資格として上位にランクインすることも多いのが、システムアーキテクト試験です。 この資格を取ると、「高度IT人材」であることが証明できます。 この資格を保有している人は、情報技術があることは前提として、情報技術を応用しながら、情報システムを作っていく建築家(アーキテクト)のような役割を持ちます。 情報システム構築の基本戦略を練ったり、ITストラテジストからの提案を具体化したりと、システムの建築家、として重要な役割を担うことが多くなります。 合格難易度は10~20%と、非常に低い合格率となっています。 だからこそ持っていれば必要とされますし、会社としても社員にとらせたい、と思う資格なのです。 システムエンジニアにおすすめの資格!ベンダー資格編 MOS(Microsoft Office Specialist) MOSはその名の通りMicrosoft社の製品をどれだけ使いこなせるか、という試験です。 Microsoft社の製品にはPowerPointやWordなど様々あるので、一概に難易度や合格率を表すことはできませんが、MOSの中でもエキスパート、と書かれているものはやはり難易度も上がる傾向にあるようです。 こちらはSEを志している人だけではなく、これからのパソコン社会で生きていく人のためにも必要になってくる資格だといえます。 やや受験料は高めに設定されていますが、毎月試験を実施していることや、参考書の充実など、比較的挑戦しやすく、取得しやすい資格です。 オラクルマスター オラクルマスターとはアメリカのオラクル社が実施している試験です。 オラクル社の「Oracle Database」シリーズを使用するための技術を証明するための試験になります。 オラクルマスターの資格は2003年10月以降、世界基準の資格となりました。 これからエンジニアになりたいと思っている人や、エンジニアになったばかりで何か資格を取ろうと思っている人におすすめの資格が、オラクルマスターです。 一方で、知識の豊富さを問われる試験でもありますので、実務経験が豊富な人はスキップしてもいいかもしれません。 MOSと同様に、オラクルマスターの中にも4種類の分類があります。 Bronze、silver、Gold、platinumと徐々に難易度が上がっていくため、最初の「オラクルマスターbronze」から着実に狙うことが必要とされます。 Silver以上は難易度が高いため、資格取得にコストがかかりますが、世界共通の基準となり、より評価が高まっている資格です。 LPIC NPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が実施する試験で、世界共通かつ世界最大規模のLinux技術者認定資格です。 この資格を持っていると、Linuxへの知識や技術を証明できることになり、就職や転職、社内での昇進や異動に有利とされています。 また、初心者から勉強して受ける人の割合が意外と高く、挑戦しやすい資格であるともいえます。 こちらもMOSやオラクルマスターと同様に何段階かに試験が分かれており、段階的に資格の取得をしていく必要があります。 Level1は比較的挑戦しやすい資格であるともいえるので、時間やコストに余裕がある人は、ぜひ上位レベルまでチャレンジしてみましょう。 システムエンジニアにおすすめの資格が取れる大学がある!? さて、ここまで資格を全部で6つ紹介してきましたが、これらの取得を目指せる大学があることをご存知ですか? 例えば、• 東京情報大学(総合情報学部)の資格取得対策講座「スコーラ」• 芝浦工業大学(電子情報システム学科)(数理科学科)• 東京工科大学(コンピューターサイエンス学部)(メディア学部) などなど、カリキュラムとしてシステムについて学ぶことができる学部や、資格取得サポートを行っている学校もあります。 自分が目指している資格取得に向けて、大学で学ぶ、という点も視野に入れながら調べてみましょう。 まとめ いかがでしたか?システムエンジニアになるために、そしてシステムエンジニアになってから目指すとお得な資格も、そのための道も様々あることがわかりましたね!一方で、資格はただとるだけでは、資格マニアになってしまいます。 自分の目指している進路や進みたい方向に向けて、どの資格が自分に必要なのかを見極めながら、資格取得に向けて勉強をしてみましょう!.

次の

エンジニアのためのWord再入門講座 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方

エンジニア word

オリジナルサイト• 模写したサイト• オリジナルアプリ 3つ〜4つ載せれば十分です。 サイト、アプリなど種類をバラけさせて、色んな技術が使えることをアピールしましょう。 いっぱい作った方が熱意が伝わるんじゃない... ?と思うかもしれません。 しかしたくさん作れば、その分時間がかかります。 個人的には3ヶ月以上の自習は効果が薄く、企業からの評価も上がらないかと。 未経験者は「短期間で制作物を形にして、最低限技術があります!」というアピールの仕方が有効ですよ。 (2)テンプレートをダウンロード ポートフォリオはネットにあるテンプレートを使いましょう。 僕もテンプレートを使い、3日でポートフォリオを完成させました。 テンプレートを使えば、質の高いポートフォリオを短期間で作れるんです。 テンプレートはこちらのサイトから無料で入手できます。 ブートストラップという技術で作られたテンプレート集ですね。 「ブートストラップなんて分からない... 」という方も、実務に入ると使ったりするので、この機会に学んでみるといいですよ。 HTML、CSSの基礎知識があれば、すぐ習得できるので。 僕自身は有料テンプレートを使いましたが、正直無料で十分だったなと思ってます。 早く転職活動を始めたい方、楽にポートフォリオを作りたい方は、ぜひテンプレート活用してみてください。 (3)テンプレートを改造 次にテンプレートを改造していきます。 そのままだと余計なデザインがあったりするので。 例えば僕の場合だと、水色枠の部分にロゴがあったので、消しました。 改造はHTML、CSSの基礎があれば十分できるので、ぜひやってみてください。 (4)ネットで公開する 改造が終わったら、ネットで公開して、企業が見れるようにしましょう。 ネットで公開すれば、応募時にURLを貼るだけで、企業がポートフォリオを見れます。 ネットで公開する手順は以下の流れですね。 シンプルなデザイン• 使える言語を明記• 過去の経験を活かす (1)シンプルなデザイン デザインはシンプルにしましょう。 ポートフォリオの目的は、自分の技術を分かりやすく企業に伝えることなので、シンプルなデザインが好まれます。 デザインに凝りすぎると、「どこに何が書いてあるか分かりづらい」ポートフォリオになってしまいますよね。 例えば僕のポートフォリオでは、アニメーションをつけてますが、最低限にしてます。 「あ、この人Jquery使えるんだな」というのが伝わればいい、という感じですね。 もちろんデザイナーとして転職したいのであればデザインに凝ってもいいです。 しかしエンジニアとして転職するなら、分かりやすくシンプルなポートフォリオを目指しましょう。 (2)使える言語を明記 ポートフォリオには自分が使えるプログラミング言語を明記しましょう。 制作物を載せるだけでは、何の言語を扱えるか伝わらないからですね。 僕の場合だと以下の言語とかを載せてました。 【HTML・CSS・sass・JQuery・BEM・gulp】 【PHP・Lalavel・MySQL・Github】 言語以外にもLalavelなどのフレームワーク、MySQLなどのデータベースを使えるなら、載せたほうがいいです。 完全に習得してる必要はないので、自分のスキルとして載せて積極的にアピールしましょう。 (3)過去の経験を活かす 過去の経験を活かしたアプリやサイトを作って、ポートフォリオに載せると、他の転職者と差がつきます。 僕自身は過去の経験を活かしたアプリを作っていませんでしたが、実際転職活動をして「作っておけばよかったな…」と思いました。 というのも、面接でよく聞かれるのが「前職で感じた課題を、解決するアプリを作るとしたら?」という質問だからです。 僕の場合だと「前職の不動産管理会社で感じた課題を、アプリで解決するとしたら?」と聞かれました。 必須というわけではないですが、自分なりに課題を見つけて、アプリやサイトで解決する姿勢を見せられると強いです。 自分だったらこういう物を作って解決する、という考えだけでも面接前に準備しておきましょう。 4、未経験エンジニアにポートフォリオは必須 大した技術もないし、ポートフォリオなんて作らなくていいんじゃない?と思うかもしれません。 しかし未経験エンジニアにこそ、ポートフォリオは必須です。 実務経験も技術力もないので、制作物で熱意をアピールするしかないんです。 例えば僕が今働いている会社は、制作物がない人とは会わないというスタイルだったりします。 面接でアピールするのも大事ですが、実際に制作物を見せるのが一番です。 実務経験がないからこそ、ポートフォリオを作って熱意と技術力を見せましょう。 5、まとめ 簡単に内容をまとめると.

次の