劇団 新 感 線 けむり の 軍団。 劇団☆新感線新作舞台『けむりの軍団』製作発表会見! 古田新太、池田成志から20年ごしのイタズラを暴露され大笑い!

劇団☆新感線新作舞台『けむりの軍団』製作発表会見! 古田新太、池田成志から20年ごしのイタズラを暴露され大笑い!

劇団 新 感 線 けむり の 軍団

どーん~!やっぱり 古田新太は、宝塚で言う所のトップスター。 いや、理事かな?永遠のスターです。 豊洲の回転シアターはちょっと好みじゃない、、って思ってて、新感線はご無沙汰していました。 っていうか、チケット難だし、取れないんだもの。 新作『けむりの軍団』は、いつもの赤坂ACTシアターで、定番の新感線を堪能しました!! 一言でいうと、 やっぱり、新感線すげぇ。 オープニング、吉田メタルさんのロックなshoutでテンションMAX だけでなく、ミュージカルとしても全体的にコーラスが良くできてる。 やっぱり 本が凝りまくってて面白い。 ちょっと難しくて途中付いていけない自分もいるんだけど、一生懸命頭をクリアにして、集中!って感じで。 一幕最後は、小池修一郎ミュージカルばりに、出演者の多重奏で終わるところ、ニヤケけました。 そして、お決まりの 殺陣ですよ。 早乙女太一くん!! よ、日本一の殺陣。 実は一番上手で安定している。 しっかりヒール役を見せてくれました。 いつものお決まりで楽しめて、やっぱり新感線いいなあって。 でも、いつも思います。 新感線の次の若手はいるのだろうかと。 流石にこのままでは、お疲れだと思うよ。 古田新太の代わりは、居ないよね。 わかります。。 小劇場からメジャーとなった劇団。 つい最近、キャラメルボックスが破産となるニュースがありました。 私のまわりの芝居好きではどよめきがありました。 血の通った、役者と芝居を通した交流、距離感、生の感動。 無くしてはいけないものがある。 劇団の存在意義、存在のあり方、考えてしまいます。 最近はこのようなブログ、SNS などが手伝って、盛り返している肌感覚がある。 出来るだけ応援したいと思う。

次の

蜉蝣峠|ゲキ×シネ

劇団 新 感 線 けむり の 軍団

pia. pia. ) — 新感線公式ツイッターです。 SHINKANSENinfo 21年ぶりの出演から間を置かずにまた新感線へ出演することについて、先輩方に「また出るんかい!」とツッコまれたと言うさとしさんと、大阪から始まる公演について「2年間豊洲にいた劇団員の方々の開放感というか、遊びに行こう!みたいな気持ちを感じました」と我々の気持ちを当ててくれる山内さん。 — 新感線公式ツイッターです。 SHINKANSENinfo チャンバラ版アベンジャーズということらしいです。 生田斗真さん演じる奥華玄久郎国衡(おうがのげんくろうくにひら)が、はずみで死なせてしまった義経に成り代わって義経を名乗り、弁慶や海尊らと口裏を合わせ頼朝を騙すことに。 そこから待ち受ける数々の困難を、持ち前のポジティブシンキングと機転で軽々と乗り越えていく物語になるようです。 そこに奥州三代の盛衰の行方を絡めながら、ファンタジーを散りばめて、歴史ミステリー好きの心をくすぐるあっと驚く展開とか・・・・。 出演者もお馴染みの個性的な方々です。 そこに初舞台の藤原さくらちゃんがピュアな魅力を振りまいてくれるのではないでしょうか。 大陸渡りの歌うたいの役だそうなので、劇中での歌も楽しみですね。 笑いたっぷり。 殺陣、アクション満載の王道エンターテインメント作品になるそうなので楽しみです。

次の

劇団☆新感線

劇団 新 感 線 けむり の 軍団

そ の終わりなき荒野へと続く道を。 遠い昔。 ようやくひとつの政権で統治され始めた島国・鳳来(ほうらい)の国にまつわる物語。 無実の罪で監獄島に幽閉された《伊達土門》(だてのどもん)。 10年の歳月が流れてもなお、濡れ衣を着せた者たちへの復讐を生きる糧にしている。 監獄島の奥深くに捕えられていた《サジと名乗る男》の力を得て脱獄、復讐への道を着実に歩む土門の前に立ちはだかったのは、かつて将来を誓った女《美古都》(みこと)だった。 人間の愚かさ、浅はかさ、憎しみ、欲望、裏切りに次ぐ裏切り・・ ・・・・と内容はとっても重いです。 その内容に負けず劣らず、 演技派揃いのキャストでしたので見ごたえ充分の作品でした。 土門(上川隆也さん) 復讐に燃える男、土門。 そのギラギラとした演技に圧倒されました。 親友を殺し、自分に罪をなすりつけ監獄島に閉じ込めた人間への復讐にひたすら燃えます。 しかし、けして非情にはなりきれない。 もともとの性質が真っ直ぐで裏表のない人なのです。 信じていた人たちにひどい裏切られかたをしたら、普通は人を信じられなくなると思います。 でも土門は人を信じる。 監獄島から救ってくれたとはいえ、正体不明の非情な殺し屋、サジのことも友人と呼び最後まで信じる。 いや、裏切られたからこそ人を信じたかったのか?信じようとしたのか? 心にひっかかっていることに蓋をしても・・・・・。 う~ん、何かせつない。 美古都と二人で生きる道はなかったのか? 復讐を捨てればきっとあったはずなのに。 結局復讐は果たすけれども何も残らなかった。 いや、美古都が生き残ったから、想いを託すことはできたのかな? 土門の最後は壮絶だったけれどこの上なく 美しかった。 土門の魂が監獄島から解放されて本当によかった。 それも美古都の手によってー。 サジと名乗る男(堺雅人さん) いや~怖かったですっ! 爽やかな笑顔で人を殺す。 あの笑顔で迷うことなくバッサバッサと殺していくんです。 正体不明、何を考えているかわからない薄気味悪い殺し屋。 堺さんにぴったりでした 笑 サジも人から裏切られ復習のために土門を利用しているだけなんですが、本当にそれだけだったのか? 土門とサジは信じていた人達に裏切られたという同じような境遇でした。 友情とまではいかなくても、共感とか、同志的な(?)そんな感情を土門に対して抱いていたような気がします。 でも結局サジは人を、土門すら信じることができなかった。 土門とは対照的に。 ずっと一人で生きてきたサジ。 人間らしく扱われたことなんかなかった。 殺すことだけ、それしかなかった。 そんな彼をはじめて「友人」と呼んでくれた土門。 でも土門とも結局、殺しあうことしか出来なかった。 最後の土門とのやり取りが泣かせるのです。 ベナン(高田聖子さん) 他国の姫で監獄島に幽閉されていたところを土門に助けられ仲間に なる。 笑わせるところと泣かせるところのバランスが絶妙です。 ベナンは、危うい土門をずっと見守っているんですよね。 土門に「復讐なんて忘れて海へ出ようよ」って哀願しますが叶わず・・・。 土門への一途さにホロっと泣きます。 お笑いも、シリアスも両方こなせる素敵な女優さんです。 悪役三人衆 稀道活(橋本じゅんさん) 稀浮名(山本圭哉さん) 音津空麿(粟根まことさん ) 国の要職についていながら、あるのはただ己の出世と欲だけ。 逆に清々しいくらいです。 ただし、 全員小者 笑 策士の惜春さん、そもそも出来の良い土門には勝てるはずがありません。 最期は自業自得。 でも、新感線の悪役はいつも憎めないキャラなんですよね。 WOWOWでは様々な舞台を放送しています。 お芝居・ミュージカル・宝塚・オペラ・バレエ・歌舞伎・2. 5次元など多彩なラインナップです。 有料ではありますが、舞台が好きなら入っていて損のないチャンネルです。 ラインナップは 髑髏城の七人 シーズン風 髑髏城の七人 シーズン月・上弦の月 の風髑髏城の七人 シーズン月・下弦の月 修羅天魔 髑髏城の七人 シーズン極 朧の森に棲む鬼 阿修羅城の瞳2003 蜉蝣峠 シレンとラギ 蒼の乱 いずれも名作です。

次の