ブヨとアブの違い。 虫刺され(蚊・ブヨ)の違い!知らないとヤバイ状態に!?

ブヨとアブの大きさや違いについて!

ブヨとアブの違い

アブとブヨの違いは? アブとブヨの大きな違いは、体の大きさです。 大きいほうがアブ、小さいほうがブヨと覚えておきましょう。 アブの生態 出典: www. ishidashiki. sakura. jp アブは 3cm程度の体長が平均的で、大きなハエのような姿をしています。 生息している場所は、一般的に川や田んぼなどです。 活動期は、 7月から9月ぐらいまでです。 基本的には、家畜の血を吸うのが一般的ですが、家畜がいない場合は、人間も襲ってきます。 アブの場合は、蚊などように、刺して血を吸うわけではありません。 アブの血の吸い方は、 皮膚を噛みちぎってから血を吸うため、ちくっとした痛みや出血が生じます。 ブヨの生態 出典: insect. wolletlove. com ブヨは、2mm程度で、なかなか見つけにくい虫です。 活動期は、 3月~9月までと長いです。 主に涼しい時間帯の森林や川沿いが活動拠点となっています。 噛まれた跡は、小さな出血があり、血がにじんでいる状態で、小さな赤い斑点が 3倍ぐらいに腫れあがります。 アブもブヨも、どちらも刺したり噛んだりします。 刺された際の対処法をそれぞれご紹介します。 ブヨに刺された!症状と対処法 ブヨもアブと同様に、傷口から血を吸います。 ブヨは 集団で襲ってくることが多く、噛まれる箇所が多いため、気がついたら20か所刺されている場合もあります。 赤くぷっくりと腫れるのが特徴です。 2~3倍に腫れあがります。 腫れが悪化し、水膨れになることもあるようで、ひどくなった場合、皮膚科を受診するほうが良いです。 因みに、 メスだけが吸血します。 噛まれたすぐには、あまりかゆみを感じませんが、後でかゆみや痛みが生じてきます。 たまに頭痛や発熱を起こすこともあります。 30か所以上刺されている場合は、生命の危機に陥る場合もあるため、早めに皮膚科へ行ってください! 但し、ブヨの方がかゆみや腫れは長引き、 1か月ぐらいかゆみが続く場合もあります。 毒素を注入するので、毒素を抜く必要があります。 この毒素は、ムカデや蜂の毒素成分とほぼ同じです。 ブヨの毒素は熱に弱いので、毒素を絞り出したら、傷跡を綺麗に拭き、温めるのが良いです。 目安として、肌表面を43度以上で30分肌の状態を保つとよいです。 ただし、温めるのは、刺された時限定です。 痒みが強い症状になる前の状態の時のみ、有効です。 対策としてお勧めは、 ポイズンリムーバーです。 通販などでも購入でき、そこまで高くもないので、気軽に購入できます。 注射器状などようなもので、毒素を吸い出すためにとても役に立ちます。 レジャーが多いご家庭では、1本あると便利かもしれませんね。

次の

ブヨとアブの違いと見分け方

ブヨとアブの違い

「ああ、ブヨに刺された!」 しかし、しばらくするとふくらはぎに猛烈なかゆみと熱を帯びた感覚がありました。 傷口を見てみると中心部に赤い出血痕があり、その周囲が腫れあがっており、大きさも500円玉ほどになっていました。 これは蚊じゃない、ブヨだ!と直感し、慌てて傷口をつまんで毒出しをして、薬を塗りました。 しかし時すでに遅し・・でした。 傷口はさらに大きく腫れていきました。 痛さもかゆさも極限! その帰り道、かゆみもかなり強かったのですが、掻いたらもっとひどくなることを知っていましたので、かゆみ止めを塗りまくって、じっと我慢をしていました。 しかしそのことより気になるのは、ふくらはぎ自体がパンパンに膨れてきたことです。 直径はテニスボールほどもあろうかという大きさになっていました。 これほど腫れてしまうと、そこを触ることはおろか、足を少し動かしただけでも痛みを感じてしまいます。 ふくらはぎなので、なおさら動かさないわけにいかないのですが・・ それからの数日間は地獄の日々でした。 かゆくてたまらないわ、痛くて歩くのも辛いし、満足に動くことができませんでした。 当然日常生活・・特に仕事にも大きく支障をきたしてしまったので、散々な目に遭いました。 ブヨ憎し!です。 ブヨの外見的特徴と生態 ブヨは双翅目(ハエ目)、カ亜科のブユ科に属する昆虫で、日本では50~60種類が知られています。 アシマダラブユが「日本代表」的な種になります。 ブユ(蚋)というのが正式な名称で、関西ではブトとも呼ばれています。 ここではなじみのよい「ブヨ」にさせてください。 ブヨはハエや蚊の仲間(双翅目)であり、見た目はコバエという感じで小さめのハエによく似ていますが、行動は吸血動物ですので蚊に近いといえます。 でも、ちょっと違います。 産卵期になると人を刺す! ブヨは蚊と同様にメスだけがヒトに限らず、おもに哺乳類から吸血します。 通常はオスもメスも花の蜜や果汁などを摂取していますが、産卵を控えたメスだけはどうしてもタンパク質が不足するために他の動物の血液からそれを補給するというわけです。 この点は蚊と同じです。 ブヨと蚊の決定的な違いが、その吸血方法にあります。 蚊は口吻(こうふん)と呼ばれる管状のくちばしのようなものを相手の毛細血管に差し込んで直接吸血するのに対し、ブヨはそのアゴで皮膚に咬みついて食い破り、出血させておいて血を吸うのです。 ですから、蚊よりもかなりワイルドなヤツなんです。 ブヨに刺されると猛烈に痒くなるのはなぜ? 蚊は細い針を刺し、刺すと同時に麻酔成分の入った唾液を注入します。 ブヨは皮膚を咬み切りますので、かなり痛いはずなのですが、実は事前に麻酔成分を塗りつけてから咬むので、傷の大きさの割にほとんど痛みを感じることはありません。 その一連の吸血行動をたとえるなら、蚊はそっと血を盗み取るスリのような存在で、あとから気付いて、やられた~!と叫ぶ程度で済むのですが、ブヨは強盗か空き巣のように気付かれないのを幸いに散々他人の部屋(身体)の中を荒らしまわり、最後に放火していくような凶悪な犯罪者といった感じです。 どちらも被害(吸血量)そのものはたいしたことありませんが、ブヨに刺されると半端ないほど腫れあがり、猛烈なかゆさと痛みを引き起こしますので、吸血後に受ける身体的な苦痛は、蚊の比ではないのです。 蚊はマラリアをはじめとした伝染病を媒介しますが、国内に限れば、ほとんどそういった危険はありません。 唾液に入っている抗凝固物質のはたらき 蚊にしろ、ブヨにしろ、あるいはヒルなどにしても、吸血動物はその唾液中に、血液に対する抗凝固物質を含んでいます。 傷口などから血管外に出た血液は、血漿(血液中の液体成分)の中にある線維素(フィブリン)の働きにより、血球が閉じ込められた形で凝固します。 この現象は15種ほどある凝固因子と呼ばれるものが関与した複雑な過程で起こります 吸血動物が血管を破壊または穿刺して吸血すると、血管外に出た血液は凝固を始めますので、血液は個体へと変化してしまいます。 これを防ぐために、吸血動物の唾液中には凝固を阻止する抗凝固物質が含まれています。 ヒルの唾液腺からはヒルジンと呼ばれる抗凝固物質が分泌されています。 吸血中のヒルを引き剥がしてしまうと、その傷口からの出血がなかなか止まりません。 これは、このヒルジンが傷口周囲に浸透しまっているからなのです。 ブヨの唾液には酵素毒が入っている! なぜ刺されたあとの症状が、ブヨと蚊でこれほど違うのかといえば、まず第一にブヨの唾液にはムカデやスズメバチなどのような酵素毒が含まれているということが挙げられます。 たとえ少量であっても、この毒素によって傷口は腫れあがってしまうのです。 そして第二に、ブヨは皮膚を食い破り、組織を破壊して出血させますので、ヒトの肉眼でもわかるほど大きく深い咬み傷が残ります。 ここから毒素が体の奥に浸透していってしまうのです。 痛みとかゆみはアレルギー反応 咬まれた(刺された)あとの痛みやかゆみは、このとき注入された唾液に対するアレルギー反応と毒素の浸透によって起こります。 ブヨの毒素は遅延型のアレルギーを引き起こすので、咬まれた直後はそれほど強く反応しません。 数時間から2~3日後に強い反応が出てくるのです。 強いかゆみによって傷口を引っ掻いてしまうと毒素が拡がってしまい、傷口の周囲ばかりでなく、リンパ節などにも腫れが拡大してしまうことがあります。 また傷口が拡がることで、その他のバイ菌も入りやすくなってしまいます。 ブヨはどこにいる? 困ったことに、ブヨは集団になって襲来することが多いのです。 多数のブヨに同時に何箇所も咬まれると、頭痛や発熱などの身体症状が現れたり、呼吸困難に陥ることもあります。 最悪の場合、アナフィラキシーショックを起こすなどして、生命の危機に発展する場合もあるのです。 ブヨに咬まれることは、「ブヨ刺症」または「ブヨ刺咬症」というれっきとした医学的な病名が付けられている ほどなのです。 ですから複数個所咬まれた場合には、すぐに病院へ行って手当てを受けてください! ブヨは水場から離れられない! 交尾を終えたメスは、水辺や流れの穏やかな水中などに十数個から数十個の卵を塊として産みつけます。 孵化した卵は幼虫となり、水辺や水中で活動を始めます。 やがて水中で蛹になり、1週間ほどで羽化します。 卵から羽化までの生活環は蚊よりも長く、およそ1~2ヶ月程度です。 ブヨの幼虫は特に澄んだ水を好み、汚れた水の中では生きられません。 水質の指標昆虫に指定されるほどですので、ブヨ(特に幼虫)がいる場所は、それだけ清冽な環境であるといえるのです。 ブヨの成虫も行動範囲が狭いので、こういった良好な環境にある水辺から離れて活動することができません。 大都市や工業地帯などでは生育することができませんので、都市部の住宅地でブヨに咬まれるということはまずありません。 河原のキャンプ場が要注意!! ブヨはこれからの時期、特に6~9月ごろにかけて盛んに活動をします。 真夏は暑さを避けて朝夕の比較的涼しい時間帯に活発になります。 吸血鬼のイメージと同様、実はブヨは太陽が苦手です。 湿度の高い水辺の藪や草木の生い茂った、日中でも薄暗い場所を好みますので、陽が射す明るい場所に現れることはほとんどありません。 夜行性ではありませんので曇りや雨の日ならば、日中ずっと活動しています。 ですから特に夏休みの河原のキャンプ場などで被害に遭うことが多いのです。 こういった場所に、肌を露出した状態で近付かないことが肝心なのですが・・特に子どもたちにそのような注意を伝えても、なかなか難しいですよね。 ブヨを近づけないようにすること! ブヨは音もなく忍び寄ってきますので、その接近に気付くことはほとんどありません。 ですから被害を食い止めるためには、とにかくブヨに近づかれないようにするに越したことはありません。 一般の虫よけスプレーは、ほとんどが蚊への対策のために作られています。 ブヨに対してはあまり効果が期待できません。 キャンプなどに行く場合には、むしろブヨ専用のものを使うか、あるいはハッカを嫌う性質があるので、そういったものも効果があります。 ブヨは明るい色が苦手! ブヨは蚊と同様に、温度や湿度、二酸化炭素、汗から分泌される乳酸などに反応してヒトに近付いてきます。 ブヨが生息していそうな場所に出かける時には、長そで長ズボンなどでなるべく肌の露出を避け、汗をこまめに拭くなどしてニオイを消し、なるべくその存在を気付かれないようにする方が賢明です。 またブヨは太陽が直射するような明るい場所や明るい色が苦手だといわれています。 ですから、赤や黄色などの明るい色の服装をして活動することも予防につながります。 ブヨに刺された時の対処・治療方法 ブヨに刺された場合、痛みを感じることもありますが、気付かない場合のほうが多いといえます。 ただし症状が出る前に初期対応をしっかりすることが、被害を最小限に食い止めるために大変重要なのです。 蚊と違って刺された(咬まれた)場所が出血していますので、ブヨに咬まれたと気付いたら、すぐに毒(唾液)を吸い出すことが肝心です。 傷口の周囲を、指でつまんだり爪などを使って毒素を押し出しても良いのですが、『ポイズンリムーバー』という注射器のようなスポイトがより効果的です。 ブヨの唾液に含まれる酵素は43度以上の熱で変性しますので、傷口に熱々の蒸しタオルを乗せたり、43度以上の熱めのお湯をシャワーなどでかけて温めることで、浸透した毒素を変性させ、中和することができます。 ただし中途半端に温めるだけではかえって血行を良くしてしまい、毒素の浸透が拡大してかゆみが増してしまいます。 43度以上=熱めのお風呂と覚えておいてください。 温度調節が可能なお湯を用意できない場合は、使い捨てカイロなどが代用できます。 でも夏場はなかなか用意していませんよね・・・。 絶対に掻いてはいけない!! 通常でもブヨに咬まれた傷の治りは悪く、1~2週間から体質によっては一ヶ月以上かかる場合もあります。 かゆみが強いので傷口を掻き潰したりしてしまうと腫れの範囲が拡大してしまい、更に治りが悪くなり、治癒に数年かかることもめずらしくありません。 ですからどんなにかゆくても、絶対に傷に触らず掻かないようにする必要があるのです。 特に子どもの場合、無意識で掻いてしまいますので、かゆみ止めを塗った上で大きめの絆創膏や包帯で覆ってしまうというのも有効です。 かゆみ止めを塗って掻かないように! ブヨの毒素に対しては、ステロイド系のかゆみ止めが効果的です。 ステロイド剤は、かゆみに対してとても効果的です。 ただし強い副作用を示す場合もありますので、使用の際には注意が必要です。 ブヨの場合には治りが悪いので繰り返し皮膚に直接塗布することになります。 こういった場合、皮膚線条(妊娠線などの皮膚の割れ目)などのダメージを与える可能性があるのです。 (投稿者:オニヤンマ).

次の

ブヨ(ブト)に刺されたら?写真やおすすめの薬、症状と対処法は?

ブヨとアブの違い

生態 [ ] は、の4分の1ほどの小ささ(約3~5mm)で透明な羽を持ち、体は黒っぽく丸まったような形をしているものが多い。 天敵はなど。 では約60種ほどが生息しており、主に見られるアシマダラブユは全国各地に、キアシオオブユは、、に分布する。 春に羽化した成虫は交尾後、水中や水際に卵塊を産み付ける。 は約10日で孵化し、はの岩の表面や水草に吸着し、3~4週間で口から糸を吐きそのまま水中で蛹になり、約1週間ほどで羽化する。 成虫になると基本的に積雪時を除き一年中活動するが、特に春から夏(3月~9月)にかけて活発に活動する。 夏場は気温の低い朝夕に発生し、昼間はあまり活動しない。 ただし曇りや雨など湿気が高く日射や気温が低い時は時間に関係なく活動する。 また、黒や紺などの暗い色の衣服や雨合羽には寄ってくるが、黄色やオレンジなどの明るい色の衣服や雨合羽には比較的寄ってこない。 似た昆虫として、顔の周りを飛び回り、目の中に飛び込んでくるハエ目の等が挙げられるが、これらは吸血しない。 上記のようにブユの幼虫は渓流で生活しているため、成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いなどで多く見られる。 また、幼虫は清冽な水質のとなるほどに弱いため、などではほとんど見られない。 ブユの害 [ ] やと同じくメスだけが吸血するが、それらと違い吸血の際はを噛み切り吸血するので、中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れる。 その際に唾液腺からを注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しいや、の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。 体質や咬まれた部位により腫れが1ヵ月以上ひかないこともままあり、慢性痒疹の状態になってしまうと完治まで数年に及ぶことすらある。 多く吸血されるなどした場合はやを併発したりなどで重篤状態に陥ることもある。 予防に関しては、一般的なカ用の虫除けスプレー等は効果が薄いので、ブユ専用のものを使うことが有効である(の水溶液でもよい)。 また長袖や長ズボン、手甲や脚絆などを身につけ、素肌を露出させないことも重要である。 吸血された場合は傷口から毒を抜いてステロイド系の薬()を塗る。 また、掻くと腫れが一向に引かなくなり(結節性痒疹)、治ったあともシミとして残るので、決して傷口を触らないことである。 脚注 [ ].

次の