ボンズ ラッパー。 「キャロチュー」ギャング軍団率いるラッパー役に木村昴、新OP/EDは本日発売

【中級者向け】大麻・マリファナの吸い方

ボンズ ラッパー

5 ドープで ドス黒くて ドギツいアルバム 岐阜のラップ集団「HIKIGANE SOUND」の顔 「梵頭(ボンズ)の1stEPです。 黒さ、ハードさラップスキルは日本語ラップシーンでトップクラスです。 この衝撃は初めてJUSWANNAやSWANKY SWIPEを聞いた時と似た感覚です。 5曲目の『昼ドラ〜ノンフィクション〜』では、父親が指名手配者になってしまった家族の心境が描かれています。 リアリティーが売りのラッパーは数多くいますが、ここまで生々しくハードな環境を歌えるラッパーはいないと思います。 トラックは梵頭のラップを引き立てるような、ハードなドラムの音がメインです。 また、SEとして子供の泣き声や咳き込む音が入りリアリティーが増しています。 ここまでドープなアルバムの特徴は「飽きない」ということです。 何度も聞ける、何回も聞いた曲でも新しい発見がある。 そんな作品。 相当おすすめです。 Music Video 4曲目の『Chain Smokerz』のMVが公開されています。 音源・動画の尺を4:20で納めているところが粋です。 420(four-twenty)は大麻を表すスラング(俗語 パンチライン 1. INTRO 2. BORN CRUSHER feat. BASE 3. 罪と罰と唾と蜜 4. CHAIN SMOKERZ feat. STONEDZ 5. 昼ドラ〜ノンフィクション 子供は親を選べないなんて なんてナンセンスな関係 6. 貧乏暇無 ガンジャ好きの反逆児 ワンダフルにするためガンジャ吸う 7. DILEMMA 8. MOST TAKE CARE feat. PERSIA 予備知識 【梵頭 PROFILE】 1985年式の岐阜をレペゼンするラッパー 類い稀なラップスキルと存在感で岐阜県オリジナル日本語ラップ集団『HIKIGANE SOUND』を統率する。 フリースタイルの技術も高く、UMB2018岐阜予選のチャンピオンとなっている。 【用語】 STONED ストーンド :大麻を吸ってハイになっている状態 merry jane メリージェーン :大麻のスラング 俗語.

次の

2007 / 梵頭

ボンズ ラッパー

梵頭は1985年9月6日生まれ、妹がいて2人兄妹の長男です。 父親が人殺しで指名手配犯となり、どこへ行っても加害者の家族と後ろ指を指される幼少期でした。 その結果幼少期は8回もの転校を余儀なくされ、いじめられっ子として過ごします。 梵頭が21歳のときにヒップホップ活動を開始し、そこから1年半フリースタイルの武者修行を始めます。 梵頭の名前の由来は野球選手の「バリーボンズ」っぽいと友達に言われたことがきっかけで、 「BIG BONZ」という名前で活動を開始します。 その後 呂布カルマのイベントに参加したときに 「梵頭」と漢字で勝手に記載されていて、その日を境に 「梵頭」名義で活動をするようになりました。 梵頭のマイク投げ事件は、 梵頭vs ミステリオのバトルで起こりました。 バトル開始前からバチバチな雰囲気を醸し出す 梵頭に、 ミステリオがビビりながらバトルがスタートします。 梵頭の威圧的な態度にも負けず ミステリオは的確なアンサーを返し、見事 ミステリオが勝利します。 それに怒った 梵頭がマイクスタンドにマイクを戻さず、マイクを床に投げつけて戻って行ってしまいます。 床に投げつけられたマイクは、 ミステリオが拾ってマイクスタンドへ戻していました。 その後 梵頭は反省し謝罪していました。 改めて見るとダセェな。 マイクは投げたらあかん。 色んな人からの叱咤激励と罵詈雑言は受け止めないとな。 吸いますけどすいません。 — 梵頭fromHIKIGANE SOUND fromhikigane 梵頭のベストバウト 梵頭のベストバウトを紹介します。 梵頭 vs がーどまん.

次の

【徹底解説】ラッパーの梵頭 (ボンズ)とは?UMB2019で活躍したラッパー|MCバトル.com

ボンズ ラッパー

名前の由来は、20代でラッパーを始める際に、野球好きの仲間から、「 バリーボンズに似ているよね」と当時活躍していたメジャーリーガーから付けたようです。 活動初期は、「 BIG BONZ」として活動していましたが、が主催を務めた2011年のイベントで、フライヤーに「 梵頭」という名前で書かれたことから、その後は、「梵頭 ボンズ 」に書き方を変えたようです。 また、梵頭 ボンズ は、2度の服役経験や、父親の指名手配など、ハードな人生を歩んでいることから、ハードコアな経験を楽曲やバトルで表現しています。 ちなみに、岐阜刑務所で一番美味しかった、食べ物は「カレー」と「ハワイアンチキン」だそうです。 ぜひ、参考にしてみて下さい。 梵頭 ボンズ の主なバトルの戦績 梵頭 ボンズ は、• 戦極東海獏丸祭 2019 準優勝• UMB2019 BEST8 の戦績を持っています。 実績もさることながら、梵頭のバトルは印象に残ります。 堅気とは思えない見た目はもちろんですが、バトル中には、ユニークな草ネタを替え歌で表現したりと、他のバトルMCとは違うオリジナルなスタイルでインパクトを残します。 ただ、基礎的なラップスキルの土台があるために色物ラッパーではなくて、あくまで会場を盛り上げる表現の1つとして昇華しているところに梵頭の凄さがあるのではないでしょうか。 同じく草ネタを得意とする名古屋のラッパー、とは私生活でも親交が深いようで、BASEとは、バチバチになりつつも楽しくバトルが出来るため、毎試合印象に残っているようですね。 梵頭 ボンズ のベストバウト そんな梵頭のベストバウトを紹介します。 凱旋MC バトル夏ノ陣2019 vs NovelCore.

次の