インター ロッキング 目地。 インターロッキングの施工

インターロッキング下地について

インター ロッキング 目地

インターロッキングの概要と特徴 インターロッキングとはどういったものなのでしょうか?ここではインターロッキングの概要と特徴について見ていきましょう。 インターロッキングとは? インターロッキングとは、コンクリートなどのブロックをレンガ調に組み合わせた塗装方法です。 正式名称を「インターロッキングブロック」と言います。 インターロックとは「かみ合わせる・連結する」という意味があります。 インターロッキングは車道での使用を目的に、1950年代に西ドイツで開発されました。 日本では約40年前に導入されはじめ、当初は歩道を中心に使用されていました。 比較的施工が容易であるため、近年は車道や公園、住宅などさまざまな場所で利用されています。 インターロッキングの特徴 インターロッキングは 景観と機能を両立させる役割を持った塗装方法です。 インターロッキングの主な特徴を下記にピックアップしました。 ひとつずつ見ていきましょう。 理想の景観を実現できる インターロッキングではブロックの素材や色を自由に組み合わせることができます。 そのため、ご自身の好みにあった理想の景観を作ることができます。 耐久性とメンテナンス性 インターロッキングは耐久性に優れています。 アスファルトやコンクリートと異なり、地面の揺れや変化に強く、ひび割れなどが起こりにくいといった特徴があります。 そのためトラックなど重量のある車両が走る道路などにも利用されています。 またインターロッキングはブロックを敷き詰めて舗装しているため、一部が破損しても、その部分だけ補修することができます。 補修工事が必要な場合も範囲が限定的で済むため、修理費用を安く抑えることが可能です。 透水性と保水性 インターロッキングはブロックとブロックの隙間から雨水が浸透していくため、水はけがよいことも特徴です。 透水性が高いことで、雨で路面が滑りやすくなることを防ぐことができます。 またインターロッキングの中には保水性を兼ね備えたものもあり、これは路面温度を低下させる効果があります。 インターロッキングブロックの種類と価格 インターロッキングブロックにはいくつかの種類があります。 どのような種類があるかチェックしたうえで、それぞれの価格について見ていきましょう。 インターロッキングブロックの種類 長方形のレンガタイプ 長方形のレンガタイプはインターロッキングの定番です。 レンガならではの落ち着いた風合いを楽しむことができます。 ブロックの側面は直線タイプのものもあれば、ずれ防止のためギザギザになっているものもあります。 正方形の平版タイプ レンガタイプよりも大きく、玄関アプローチや駐車場前のアクセントとして利用されます。 素材はコンクリートや天然石を加工したものが使用されます。 オリジナルのデザインが可能なランダムタイプ インターロッキングには異なる大きさや形状を組み合わせるランダムタイプもあります。 好みに合わせてオリジナルのデザインを楽しむことができるといった魅力があります。 インターロッキングブロックの価格 インターロッキングブロックは 1つ当たり100円程度から購入することが可能です。 透水性が高い、色褪せ対策のために表面に天然石をあしらっている、デザイン性が高いなどのオプションがつくと少し割高になってきます。 費用を安く抑えたい場合は材質の種類やデザイン、舗装の範囲などをよく検討しましょう。 インターロッキングブロックは業者から購入することもできますが、ご自身でホームセンターや建材店で購入することも可能です。 また近年はインターネット通販でも安く購入することができるようになってきました。 インターロッキング工事価格の相場 インターロッキングは業者による工事が必要です。 ここでは工事価格の相場について見ていきましょう。 工事価格は1平米あたりで1万円以下 インターロッキングの工事価格は、1平米あたりで計算するのが一般的です。 工事価格には、業者の施工費用に加えてインターロッキングブロック自体の価格も含まれます。 そのため使用するブロックの種類によって工事価格は異なりますが、一般的な無地のブロックを利用する場合は、 1平米あたり9,000円程度から施工可能です。 ただし、植栽の縁石の周りをインターロッキングで囲むなど特殊な施工が必要な場合は、別途費用がかかるので注意しましょう。 コンクリート舗装の工事価格と比較すると、インターロッキングの工事価格は5,000円ほど割高になります。 これはインターロッキングブロックを敷き詰める下地処理として、採石やクッション砂を敷き詰める必要があるためです。 下地処理を自身で行うこともできますが、インターロッキングの施工には十分な技術がないと、耐久性や見た目に影響を及ぼすため、下地処理の段階から専門業者に依頼することをおすすめします。 専門業者選びは一括見積り依頼ができる比較サイトがおすすめです。 複数の業者から比較検討し、信頼できる業者を見つけましょう。 施工例ごとの工事価格の例 庭、玄関のアプローチ、駐車場などにインターロッキングを施した場合の工事価格の例は下記のとおりです。 予算を立てる際の参考にしてみてください。 インターロッキングの施工の流れ 施工の流れを知ることは、業者に見積もりを依頼する際に重要なポイントとなります。 施工の流れを把握することで、見積もりの段階で必要な工程を省かれていないか確認することが出来るためです。 ここではインターロッキングの一般的な施工の流れをチェックしていきましょう。 業者に見積もりを依頼する インターロッキングを施工する際は、まず専門業者を選定することが必要です。 インターロッキングの工事には確かな技術が必要です。 技術が不十分な業者に依頼すると、耐久性が確保できなかったり景観が悪くなるといったリスクがあります。 このようなことが起こらないためにも、インターロッキングの実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう。 業者を選定する際はまずその業者に見積もりを依頼します。 見積りは複数業者に依頼して、比較検討することをおすすめします。 複数社から見積もりを取ることでおおよその適正価格がわかるため、不当に高額な費用を請求してくる業者を見極めることができます。 また、最も費用がお得な業者を引き合いに出し、他の業者と費用の交渉を行うことも可能です。 複数社から見積もりを取る場合は、業者比較サイトのが便利です。 一括で複数社に見積もりを依頼できるため、効率的に業者を探すことができます。 現地調査を行う 見積りをとって候補となる業者を選んだら、その業者に現地調査をしてもらいます。 正確な工事価格を算出するためには現地調査が不可欠です。 実際に工事する現場を見てもらうことで、別途費用がかかる場合でも事前に検知できます。 現地調査では、路床や路盤、付帯設備、横断勾配などの確認を行います。 これらの確認をしっかり行っているかどうかで、その業者の誠実さや安全に対する意識がわかります。 信頼できる業者かどうかを見極めるためにも、現地調査にはできるだけ立ち会うようにし、念入りに確認が行われているかチェックしておきましょう。 現地調査を依頼したからといって、必ず契約しなければいけないわけではありません。 複数社に現地調査をお願いして、その結果をもって1つの業者を選ぶことも可能です。 工事の下準備を行う インターロッキングブロックの敷き詰め工事を行う前に、事前に下準備を行う必要があります。 一般的な下準備の内容は下記のとおりです。 下準備の種類 作業内容 路床工事 敷き詰め工事を行う路床が平らでない場合は、鋤取りを行い余分な起伏を所定の高さに整地します。 端部拘束 インターロッキングブロック舗装の端部に、コンクリート製品もしくは現場打ちのコンクリートを設置する作業です。 この作業を行うことで、インターロッキングブロック同士のかみ合わせをよくしたり、交通荷重によるブロックのズレを防止したりすることができます。 排水処理 インターロッキングブロックの排水が問題なく行われるために、排水処理を施します。 レベル出し インターロッキングブロック舗装を所定の高さに仕上げるために行う作業です。 路盤工事 砕石などで路床の凹凸を調整し、機械等で固めます。 敷き砂工事 砕石で固めた路盤にトンボ等を使って均等に砂を敷き、表面を締固めることで、所定のレベルに路盤を均す仕上げ作業です。 敷き詰め工事を行う 工事の下準備が完了したら、いよいよインターロッキングブロックを敷き詰めていく工事に取り掛かります。 インターロッキングブロックの敷き詰めは、事前に作成された設計書に基づいて行われます。 施工者は下記のポイントに注意して工事を行う必要があります。 ブロックの搬入は日時や場所などを、事前に依頼主と協議しているか• 設計書で定められた種類・形状・寸法・厚さ・表面仕上げおよび数量のブロックが納入されていること• ブロックに目立ったキズ・ひび割れ・変形などの損傷がないか、定められた色合いや質感となっているか• 落下や転倒の危険防止のため、搬入されたパレット(荷物を載せるための荷役台)を積み重ねる場合は、2段までとしているか• ブロックに白華(石材やコンクリートなどの表面に発生する白い結晶物)や汚れを防止するために、ビニールを掛けて保存しているか 4. 目地工事を行う 目地(めじ)とは、ブロックやタイルなどの隙間・継ぎ目の部分を指します。 インターロッキングでは、目地工事を行いブロック間の隙間を処理します。 設計書で定められたの目地幅でブロック同士を十分にかみ合わせることにより、荷重分散性能と景観を向上させることができます。 施工方法は、目地砂と呼ばれる専用の砂をインターロッキングブロックの上に撒き散らし、乾燥させた後にほうき等で掃きます。 この目地砂を使用することで、インターロッキングの透水性を高めることができます。 またインターロッキングでは目地から雑草が生える場合がありますが、防草効果のある目地砂を使用することで、雑草を予防することも可能です。 仕上がりの確認を行う 最後に設計書どおりに施工されていることを確認して、問題なければ工事完了です。 ここで注意すべきは、インターロッキングの端部処理です。 インターロッキングの耐久性や景観を確保するために、ブロック端部の処理は大切です。 端部処理には、一般的にエンドブロックや正確にカッティング処理を施したカットブロックが使用されます。 これらのブロックを使用しない場合は、現場打ちコンクリートによる端部処理を行います。 この端部処理をしっかり行うことで、ブロックのずれを防止することができます。 インターロッキングの価格はデザインと面積が決め手 インターロッキングはデザイン性が高く、耐久性や透水性などの機能を兼ね備えた舗装方法です。 自宅の外構のデザイン性を高めたい場合におすすめの舗装ですが、デザインにこだわりすぎたり、舗装する面積が広くなるとその分価格も高くなります。 インターロッキングの工事価格を抑えたい場合は、工事の手間がかからないデザインを検討したり、舗装する面積を限定したりすることも必要です。 予算の範囲内に収まるよう工夫して、納得のいく工事を行いましょう。 ナコウドでインターロッキングをプロに依頼 インターロッキングの耐久性や景観を確保するためには一定水準の技術が必要です。 そのため、インターロッキングの実績が豊富な専門業者に工事を依頼することをおすすめします。 一括で複数社に見積もりを依頼できるを利用して複数社を比較検討することで、信頼できる一社を見つけましょう。

次の

サンド目地(舗道用レンガ目地材)

インター ロッキング 目地

ジオベストと目地砂である硅砂や敷砂に混合すると、固まるかというとコンクリートのようにカチカチにはなりません。 硅砂や敷砂が流れない程度に時間をかけて固まる程度です。 厚さ 3cmの敷砂には、事前にジオベスト 10%を混合し、表面を締め固め、レベルを均等にして仕上げます。 ブロックを並べた後、乾燥させた目地材とジオベスト 10%も同様に混合し、目地に入れ、きれいにほうきで掃きます。 表面がきれいになったら、目地材が流れないように配慮しながら軽く散水します。 散水することで敷砂も目地材も固まっていきます。 上の写真は、ジオベストと硅砂を混ぜて固めたものです。 砂ですから透水します。 もちろん、敷砂も透水しますので、雨水を地中に浸透させることで雨水の流失を抑制できます。 そのためには、路盤そのものが透水する材料であることが欠かせません。 インターロッキングブロックの雑草防止は、目地砂と敷砂に注意することが大切ということになります。 ちなみに、ジオベスト 10%とは、1㎥当り 163kgになります。 敷砂が 3cmの場合、 1㎡当り 4. 89kg 使用する必要があります。 ジオベストは 20kg入りなので、1袋で約 4㎡施工できることになります。 また、硬度をアップさせようと思ったら、真砂土を篩いにかけて細かくし、ジオベストと混合して使用するという方法もありますが、透水性が悪くなります。

次の

インターロックの施工について

インター ロッキング 目地

・ 粒形が丸く乾燥砂のため、流動性が良く目地入れ作業が効率的に行えます。 ・ 一般の目地砂と比べると植物の発芽を抑制する効果があります。 ・ 施工時の散水による硬化作用により、目地砂の流出防止、美観・耐久性の効果があります。 (下地はクラッシャラン+砂の水が通る下地としてください。 ) 〓ジョイサンド・ハードを乾燥した製品表面にまんべんなくまき、ホウキやブラシ等で均一に詰める。 〓ゴムローラー付きプレート等で振動を与えた後、再度、ジョイサンド・ハードが均一になるように詰める。 〓目地詰め後、ホウキやブラシ等にてはき込み、製品表面の清掃を十分に行う。 〓充填した目地砂が飛び散らないよう、水圧の低い器具でまんべんなく散水する。 (散水量の目安:施工面積1〓当り5. (プラーガストーン、カルムストーンの場合、舗装材より2mm程度落として施工してください。 コンクリートと違い強い強度がある物ではありません。 ご理解の上ご使用ください。 使用できなくなる恐れがあります。 商品の性質上のものであり問題はございません。 ご理解の上ご使用ください。 ご注意ください。 目地の流出防止及び防草効果を目的とするペイブ、インターロッキングブロックの目地砂。 ださい。 また、一部商品によっては離島への配送もできない場合もございます。 事前にお問合せ下さい。 画像と実際の商品とでは、若干色が異なる場合がございますのでご了承ください。 また、お使いのパソコン環境によっては色が異なって見える場合がございます。

次の