力士 死亡 コロナ。 大相撲の三段目力士がコロナで死去 勝武士さん、28歳:時事ドットコム

【速報】28歳大相撲力士が新型コロナで死亡

力士 死亡 コロナ

時事通信によると、日本相撲協会は13日、高田川部屋に所属する、西三段目82枚目の勝武士(しょうぶし)さん(本名・末武清孝=すえたけ・きよたか=山梨県出身)が同日午前0時30分、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、東京都内の病院で死去したと発表した。 28歳だった。 新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。 日本国内で20歳代の死者は初と見られていると読売新聞は伝えている。 相撲協会によると、勝武士さんは4月4日に頃から38度台の発熱がみられ、その後も熱が下がらなかったため、8日に東京都内の病院に入院。 簡易検査では陰性だったという。 しかし、それから症状が悪化し、PCR検査で10日に陽性が確認され、19日からは集中治療室で治療を受けていた。 その後、病状が回復することはなく13日、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で死去した。 中学卒業後に高田川部屋に入門した勝武士さんは、2007年春場所初土俵。 身長165センチと力士としては小柄ながら、勝負強い相撲で知られていた。 糖尿病の持病があったことから、新型コロナウイリス感染後にはその体調が心配されていた。 日刊スポーツによると、八角理事長(元横綱北勝海)は協会を通して、「この度は悲報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。 1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。 今はただ、安らかに眠って欲しいと思います。 懸命の措置をしてくださいました医療機関の皆様には、故人に代わり、深く感謝申し上げます」とのコメントを発表している。 驚きと悲しみの声 大相撲の現役力士が、しかも28歳という若さで死去。 新型コロナウイルスの恐ろしさを改めて思い知らされた。 ネット上ではこのニュースに驚くとともに、悲しみの声が多数上がっている。 悲しい。。。 ご冥福をお祈りします。 悲し過ぎる。 検査が受けれなかったのが問題なのか…。 厚労省の発言がここに影響した事でないことを祈ります。 心よりご冥福をお祈りします。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

【速報】28歳大相撲力士が新型コロナで死亡

力士 死亡 コロナ

亡くなったのは、高田川部屋に所属する三段目の勝武士、28歳です。 日本相撲協会によりますと、勝武士は、発熱やけん怠感のほか息苦しさなどの症状を訴え、先月8日から都内の病院に入院し、その後、新型コロナウイルスに感染していることが確認されていました。 その後、症状が悪化して、先月19日から集中治療室で治療を続けていました。 日本相撲協会によりますと、13日午前0時半に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったということです。 大相撲で新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてです。 勝武士は、去年2月に行われたNHK福祉大相撲で相撲の所作や禁じ手などを力士2人がユーモアを交えて実演する「しょっきり」を披露し、会場を沸かせていました。 日本相撲協会の発表によりますと、亡くなった勝武士が感染した時期は、東京都内の保健所や医療機関がひっ迫した時期と重なり、速やかな検査や治療ができなかったということです。 勝武士は先月4日から38度以上の発熱があり、師匠の高田川親方などが保健所に電話をかけたもののつながらず、7日の時点で医療機関も見つからなかったということです。 その後、先月8日になって、たんに血が混じる症状が見られたため救急車を呼んで入院先を探したものの、すぐには受け入れ先が見つからず、その日の夜に都内の大学病院への入院が決まりました。 この時点で簡易検査の結果は陰性でしたが、翌日の9日、状態が悪化して別の大学病院に転院し、10日の検査で陽性であることがわかりました。 そして入院から11日後の先月19日に、さらに状態が悪化し集中治療室で治療を受けていましたが、13日午前0時半に亡くなったということです。 東京都の小池知事は、新型コロナウイルスに感染し入院していた大相撲の高田川部屋に所属する三段目の勝武士が都内の病院で亡くなったことについて、「わずか28歳の力士の方がコロナでお亡くなりになるというのは大変衝撃だ。 このコロナの感染症というのは年齢を問わず襲いかかってくるということを改めて感じた。 心からお悔やみ申し上げたいと思う」と述べました。 そのうえで、感染した時期が都内の保健所や医療機関がひっ迫した時期と重なり、速やかな検査や治療ができなかったとされる点については、「今回どのような形で対応がされていたのか、よく確認をしたいと思う。 今は都立の病院など必ず病院を確保して受け入れ態勢も整備しているが、その当時はさまざまな課題があったと思う。 その辺はよく検証していきたいと思っている」と述べました。 日本相撲協会は、ことし3月の春場所で観客を入れずに無事15日間開催するなど、新型コロナウイルスに対するさまざまな対策を取ってきましたが、感染した現役力士が亡くなるという事態を防ぐことはできませんでした。 相撲協会は、春場所を無観客で開催するにあたって、感染症の専門家から事細かにアドバイスを受けました。 そのうえで、消毒の徹底や体温測定のほか、公共交通機関を使わずに力士と周囲との接触を極力避けるなど感染防止策を徹底し、協会関係者に1人の感染者を出すことなく、無事に春場所の15日間を乗り切りました。 しかし、春場所が終わった直後の3月下旬から国内の感染状況が急速に悪化し、先月3日、相撲協会は、夏場所の開催を2週間延期することをいったん決定しました。 さらに力士に対して外出の原則禁止を求めるなど感染防止対策を強化したものの、先月10日、角界では初めて勝武士が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになりました。 相撲協会は、先月7日に緊急事態宣言が出されたあと各部屋に対し体をぶつけ合う稽古を控えるよう求めましたが、勝武士のほかにも師匠の高田川親方や同じ部屋で十両の白鷹山ら合わせて6人の感染が明らかになるなど感染が広がりました。 さらに緊急事態宣言の今月末までの延長が決まった今月4日には、「ファンや協会員の安全を守るため」として夏場所の中止を決め、7月の名古屋場所についても会場を愛知県体育館から東京 両国の国技館に変更したうえで、観客を入れずに開催を目指す方針を示しました。 相撲協会は、本場所の開催を目指してさまざまな対策を取ってきたものの、感染した現役力士が亡くなるという事態を防ぐことはできませんでした。 新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったことについて、感染症対策に詳しい東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は、「なぜ亡くなったのか詳しい分析は難しいが、20代という若さを考えるとウイルスへの感染が引き金となって、免疫が異常に活性化する『サイトカインストーム』などが起きた可能性が考えられる。 また、肥満の人は重症化のリスクが高いとされているため、相撲という競技の特殊性から体を大きくしなければという状況の中で、重症化しやすくなっていた可能性はある」としています。 さらに賀来特任教授は、「プロスポーツは、試合や練習で身体の接触を伴うことも多く、頻繁に体力を消耗することから一般の人よりも感染や重症化のリスクが高い仕事といえる。 大相撲だけでなく、プロ野球やサッカーJリーグなども含めてプロスポーツを開催していくには、こうしたリスクを踏まえたうえで、選手やスタッフのウイルス検査や健康観察を徹底するなど、何らかの基準を考えていく必要がある」と話しています。

次の

大相撲28歳の現役力士、新型コロナ感染で死去。国内初の20代死者(MAG2 NEWS)

力士 死亡 コロナ

予定は未定、とはよく言ったものだ。 13日に三段目の(享年28)の訃報が流れた大相撲。 現役スポーツ選手がの犠牲になるのは、国内では初の事態である。 勝武士が患っていたそのものが、他の病気に感染した場合の合併症や重症化の危険性が高く、それは新型コロナも例外ではない。 角界では「糖尿病は力士の職業病」と言われている。 強くなるために太らなければいけないのだから、さもありなん。 2011年に亡くなった、「おしん横綱」として知られた隆の里の現役生活は、糖尿病との闘いと言ってもいい。 昨年死去した井筒親方(元関脇逆鉾)も、同じ病気に苦しんでいた。 現役関取衆にも糖尿病を抱えながら土俵に立つ力士が少なからずいる。 、照ノ富士らが罹患した経験を持ち、克服した力士もいる半面、千代大龍などは長くこの病気と闘っている。 十両では勝武士と同じ高田川部屋で、新型コロナ感染から復活した白鷹山もそう。 千代の海もかつて糖尿病に苦しんだ。

次の