らいたくきまい。 雷沢帰妹(らいたくきまい)の解説 | 易経独学

易の雷沢帰妹の卦の意味、結婚の解釈とは?結婚、目先に夢中という印象

らいたくきまい

其の君の袂は、其の娣の袂の良きに如かず。 月望に幾し。 吉」 <読み方> ていおつ まいを とつがしむ。 その きみの べいは、その ていの べいの よきに しかず。 つきぼうに ちかし。 <爻辞の意味> 「赤文字」 「君主が妹を嫁がせる。 その妹の衣服は、妾の物より劣っている。 満月に近い。 吉」 「雷沢帰妹」とは「正当ではない」ことについて説かれた卦(か)です。 正当ではないということを、女がお嫁に行くことを例にして、各爻で説かれています。 そんな中この五爻は、君主が自分の妹を臣下に嫁がせます。 その妹の衣服は、妾として伴っていく女の衣服より質素であると言っています。 嫁ぐ妹の賢明さは盛大であり、道徳を重んじ、容貌衣服を飾ることをしないのです。 この夫人は君主の妹だからと言って、嫁ぎ先で驕り高ぶることもなく控え目にして夫を立てます。 そのことを「満月に近い(が、満月にはならないという意)。 吉」と言っています。 加藤大岳述 雷沢帰妹 五爻 <説明の要点> 「帝乙妹を帰がしむ」については、泰の五爻のところで説明しました。 王が、その妹を諸侯に嫁がせるのです。 「其の君」とあるのは、やはりその妹を指すのであって、諸侯の正妻を小君と呼びます。 帰妹は、自らを先立たせず迎えられて応ずることを礼とします。 しかし、王の妹ともなると降嫁するわけですから、これは嫁ぎ先を選んで赴かせるのが当然で、この卦において吉を得る爻となっています。 また、この爻は柔中であり、妻の順徳を尊び、容姿や服飾によって夫の寵愛を求めるような事はしません。 また上より下へ嫁いでも、驕り高ぶるような事もなく、よく吉を得られます。 そのことを「其の君の袂は、其の娣の袂の良きに如かず。 月望に幾し。 吉」と言っています。 袂というのは、「たもと」であって服飾を示します。 その袂が、妾の華美に及ばないというのは、粗末な衣装をまとっているというのではなく、そんな飾りなどより、女としての徳を尊んでいるという意味です。 また、望というのは満月のことで「月望に幾し」ならば満月の手前であって、すなわち謙譲をもって控えるところがあるわけで、妻の道に適って吉を得る所以です。 ( 加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳).

次の

【易】【54】雷沢帰妹

らいたくきまい

キーワード:結婚 卦辞 進めば凶。 よいことはない。 象伝 沢の上に雷鳴が轟き、水面を波立たせているさまが帰妹である。 君子はこの象に則って、一時の現象にとらわれる弊害を悟り、永続の道を心がけるのである。 初爻 副妻として嫁ぐ。 片足の悪い人が無理をせず歩いていく。 進んで吉。 二爻 目の不自由な人がどんなに努めても、遠くまでは見ることができない。 孤高の人として静かに貞節を守っているのがよい。 三爻 嫁ごうとして長いこと待つが、正妻としては嫁き先がない。 家に戻って副妻として出直す。 四爻 婚期を逃してしまった。 待てば必ず嫁ぐべき時が来る。 五爻 帝乙が妹を臣下に嫁がせたとき、花嫁衣装は、副妻のそれよりも質素であった。 だが、満月に近い月のように、ゆかしい婦人の輝ける徳があった。 上爻 女が受けた結納の箱は空っぽで、男が婚礼の儀式のために羊を裂いても血が出ない。 よい結果にはならない。

次の

今日の占い 雷澤帰妹(らいたくきまい) 雷澤帰妹は不調和

らいたくきまい

今日は雷沢帰妹(らいたくきまい)です。 「帰妹(きまい)は征けば凶。 利ろしきところなし」 上は雷で「成人男性」、下は沢で「少女」を意味し、 この卦は、成人男性に少女が恋をして 押しかけていくという話になっています。 この場合、押しかけていった少女は大事にされず、 浮気相手にされてしまうので凶です。 向こうが言い出すまでこちらは動かないでください。 じっと我慢していると、相手は雷ですので、 動き出しアプローチしてくるでしょう。 恋愛に例えていますが、この卦が出たら他のことでも 順序や方法を間違えやすい時だと知っておいてください。 何事も強引に持っていこうとすると失敗します。 そして、最初が肝心です。 順序を間違わないでくださいませ。 そこに不満を持つのは不幸の元。 賢く今ある小さな権利を有効利用して一歩を踏み出しましょう。 わき役は表に出ると打たれるので気をつけて動くことです。 「帰妹娣(てい)をもってす。 跛能く履む。 征くときは吉」 副妻として嫁ぎました。 足の弱い人が無理をせず歩いて行くように あまり遠出はしないようにしています。 前進するのは吉です。 今日は二番手で脇役、引き立て役です。 立場をきまえて行動するならば 希望は叶います。 表に出たり、大きな声で主張したりすると、 残念ながら正当であっても「出る杭は打たれる」結果になります。 小さな権利ですが、不満は災いの元です。 その小さな権利を使って小さな一歩を踏み出すことの方が大事です。 之卦 40 らいすいかい 悩みが溶けて動き出す「らいすいかい」です。 さっと気分を切り替えて 自分にできる小さな行動をしてください。 爻辞 54 雷沢帰妹(らいたくきまい)の2爻 能力は高いけれどまわりがよく見えないため、人と関わると物事がうまく進みません。 孤高の隠者のように、ひとりで自分の好きなことやりたいことをして、マイペースを貫きましょう。 「眇能く視(み)る。 幽人の貞に利し」 賢いが目がよく見えないので実力が発揮できません。 自己主張すれば誤解されるし、人に従うのもうまくいきません。 積極的に物事に取り組むのも凶です。 孤高の隠者としてマイペースを貫くときです。 ひとりで自分のペースで自分のやりたいことをやりましょう。 之卦 51 しんいらい 雷の音が大きい「しんいらい」です。 周囲で大騒ぎがあるかもしれませんが、 から騒ぎなので慌てないでください。 爻辞 54 雷沢帰妹(らいたくきまい)の3爻 今のままでは道を外れていくので軌道修正を考えてみて下さい。 目先のことに心を奪われて優先順位を間違えていないか、大事なことを忘れていないか点検してみて下さい。 落ち着いて取り組めば大丈夫です。 「帰妹以って須(ま)つ。 反り帰(とつ)ぐに娣(てい)を以てす」 姉が出戻ってきたので妹が嫁いだが正妻になれませんでした。 異性関係で悩むことが多そうです。 正道から外れているのに気づかずに進んでしまい 粗末な扱いを受けてしまいました。 目先のことに心を奪われて大事なことを後回しにしていないか (例えば恋に浮かれて支えてくれている人たちを ないがしろにしていないかなど) よく見直して軌道修正をした方がいいかもしれません。 之卦 51 しんいらい 雷が二回の「しんいらい」です。 大騒ぎしても変化はあまりありません。 落ち着いてください。 爻辞 54 雷沢帰妹(らいたくきまい)の4爻 まじめで婚期をのがした娘さんがいました。 が、焦らず、妥協せず待っていたら運命の相手に出会うことができました。 今日は妥協せず納得するまで待ちましょう。 チャンスは必ず来るのであきらめずに。 「帰妹期(き)を愆(すご)す。 帰ぐを遅(まち)て時あり」 まじめで軽はずみな行動に出ず、 自分にも相手にも妥協をしなかったため 結婚が遅くなった娘さんがいました。 が、大丈夫。 焦らず待っていたら自然にちょうど良いタイミングでよい相手に出逢えます。 今日は適当なところで妥協しないでじっくり取り組みましょう。 遅れても結果は得られます。 之卦 19 ちたくりん さあ出発!の「ちたくりん」です。 遅くなっても新鮮な気持ちで臨みましょぅ。 爻辞 54 雷沢帰妹(らいたくきまい)の5爻 質素な服装をしているとかえって心の美しさ、中身の高貴さが際立ちます。 今日は派手なアピールはかえってイメージダウンに。 心豊かに謙虚な姿勢で過ごしましょう。 「帝乙妹を帰(とつ)がしむ。 其の君の袂(たもと)は 其の娣の袂の良きに 如(しか)ず。 月望(ぼう)に幾(ちか)した。 吉」 王様の妹を力のある家臣に嫁がせました。 相手の家柄に合せて 副妻よりも質素に身支度をして行きます。 それでも高貴な生い立ちと心の美しさがにじみ出てきます。 満月が輝くようです。 今日は、派手に飾るとかえってイメージダウン。 謙虚に質素にしていると あなたの良さがかえって引き立って見えるくらいです。 之卦 58 だいたく 楽しみ上手な「だいたく」です。 日々の小さな幸せを楽しみましょう。 爻辞 54 雷沢帰妹(らいたくきまい)の上爻 主役ではないので、小さな権利しか与えられません。 そこに不満を持つのは不幸の元。 賢く今ある小さな権利を有効利用して一歩を踏み出しましょう。 わき役は表に出ると打たれるので気をつけて動くことです。 「女筐(きょう)を承(う)けて実(じつ)なし。 羊を刲(さ)いて血なし。 利ろしきところなし」 結婚式の引き出物が空っぽで、 生贄のはずの羊が死んでいて血が出ません。 結婚は形ばかりでお互いにやる気も誠意もないようです。 形はあるが中身がない。 利益の上がらないこと、うまくいかないことがありそうです。 そもそもお互いにその気はあったのか? 最初の確認が足りなかったのかもしれません。 之卦 38 かたくけい にらみあいの「かたくけい」です。 相手のせいにするのもほどほどに。 豚肉とキムチは合いますね! こんな日常生活を大切に淡々と過ごすことを大事にしています。 摂食障害の爆弾を内包している私です。 大事に大事にしないとね。 同じことの繰り返しをしているとしょぼい気分になるけれど、 それでも淡々とできている日は、 充実感と楽しさとしあわせをじわじわ感じるようになってくる。 危ういつなわたりをしている気分になる日もよくあるけれど 見守ってくれる人たちがいるおかげでなんとか軌道修正をして 続けています。 仕事もおかげさまでつづいています。 鑑定もぼちぼちできて楽しいです。 読んでくださっている方、見守ってくださっている方、ありがとう! 感謝しています! 今日はこの辺で。 ありがとうございます。

次の