ダンまち フレイヤ。 ダンメモ 水着

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ (GA文庫)

ダンまち フレイヤ

『ダンまちファミリアクロニクル~フレイヤ編~』(著:大森藤ノ)が 今秋「マンガUP!」と「ガンガンONLINE」で連載開始です! 「あの……フレイヤ様が置き手紙を残して、出て行かれました……」 報告にきた団員の言葉に一斉に振り向くフレイヤ・ファミリアの面々。 そしてイラストは前回の「 ファミリアクロニクル episodeリュー」に引き続きニリツ先生が担当です! そこで今回は物語の中心となるフレイヤ・ファミリアのメンバーを、ニリツ先生のラフデザインと共にいち早くお届け! アレン・フローメル:二つ名は【女神の戦車(ヴァナ・フレイア)】。 ステイタスはLv. 猫人(キャットピープル)の冒険者で『都市最速』の称号を持つフレイヤ・ファミリアの副団長。 アルフリッグ・ガリバー:二つ名【炎金の四戦士 ブリンガル 】。 ステイタスはLv. 四つ子の小人族(パルゥム)の長男で、二つ名は四人合わせた呼び名。 その連携は迷宮都市随一を誇る。 ヘグニ・ラグナール:二つ名は【黒妖の魔剣(ダインスレイヴ)】。 ステイタスはLv. 黒妖精 ダークエルフ の冒険者でヘディンと合わせて『白黒の騎士』と呼ばれる第一級冒険者。 ヘディン・セルランド:二つ名は【白妖の魔杖(ヒルドスレイヴ)】。 ステイタスはLv. 白妖精 ホワイトエルフ の冒険者でヘグニと同様強力な『魔法』と凄まじい戦技を振るう『魔法剣士』。 皆さまいかがでしたでしょうか? 今後も新情報が入りましたら、随時お知らせしてまいりますので、最強の眷族と女神の歴史の欠片(クロニクル)、どうぞお楽しみに!!.

次の

【ダンまち】シルの正体はフレイヤ!?ベルに恋する少女の裏の顔とは?

ダンまち フレイヤ

美の女神であり、神々の中でも随一の美貌を持っている。 これまでに多くの男性を魅了し、その効果はモンスターや神でも虜にしてしまうほど。 そんな女神がなぜベルをかまうのか? フレイヤがベルを見つけたのは 偶然視界に入っただけ。 一目見た瞬間に、かつて見たことが無いほど透き通った綺麗な魂の色を持っていることに気づき、ベルを気に入ったようです。 それから、ベルを自分のものとして相応しくさせるために、 現在は試練を与えて成長させようという目的で動いている。 当初のベルの評価は 「とても頼りなくて、少しのことで泣いてしまう、強くはない子」。 ロキ曰く、これまでにもフレイヤは気になった子供がいたら、周囲に迷惑がかかろうが関係なく問題を起こすとのこと。 実際にフレイヤがベルに対して起こした問題とは、 怪物際(モンスターフィリア)の時。 ロキと話している時に、ベルが走っていく姿を見かけて思いついた。 ガネーシャ・ファミリアがダンジョンから捕まえてきたモンスターを解放し、シルバーバックに対しては魅了してヘスティアを追いかけるように仕向けています。 この時のフレイヤは、ベルを殺す気だったような印象がありますね。 「しばらくは、あの子の成長を見守るつもりだったのに」と言っていました。 ダンまちのフレイヤさんに 「何が美の神だ、枯れろ性悪ババァ」とか言ったら殺されんのかな — ぐみさき。 ベルを冒険(成長)させるため、オッタルに指示をして普通のミノタウロスより強く仕上げた。 それをベルと戦わせるように仕向け、助けに行こうとしたアイズの邪魔をしています。 このベルの戦いを見て、フレイヤは更にベルに対する気持ちが強くなったように見える。 「美しい。 美しい光景」と興奮しながら顔を赤らめていましたね。 普段は冷静にしているが、ベルに関してだけは 異常な執着を見せている。 現状ではベル以外に興味はほとんどないのでしょうね。 その執着心は、 たとえベルが死んだとしても地位を捨ててでも天界に戻って魂を捕まえると言っています。 いずれは直接ベルを奪いに来るかもしれませんねw その時は、ベルがオッタルを倒す日でしょう! ただ、普通に考えればフレイヤは欲しいと思えば 「魅了」を使えば直ぐに自分のもの出来そうに思いますよね。 なぜフレイヤはベルを魅了せずに見守っているのでしょう? 実際、ベルのスキル 「憧憬一途」がある限りは魅了は効かないのですけど。 このスキルについては知らないはずなので、何か他に理由があるのかもですね。 綺麗な魂のままで成長させるため、ヘスティアに預けている感じなのでしょう。 そのため、 他の異性がベルと仲良くしていると嫉妬するようになっている。 この嫉妬により、あるファミリアがフレイヤにより壊滅されることに。 外伝のソード・オラトリアでは、ベルにアイズが特訓した時。 ベルにこれ以上関わらないようにと、ファミリアの団員を使って警告している。 フレイヤからすれば、自分の与える試練で成長させたいという気持ちが強かったのでしょう。 アイズからすれば、何のことか分からないですよね。 アニメ2期の1話でのダンスの時に、ベルとアイズがダンスをしていた時。 二人を見ながら 「ここにミノタウロスの群れを連れて来られないかしら」と表情を変えずに言っています。 明らかにアイズに対して嫉妬しているのが分かったので面白かったw その後、イシュタルがベルに手を出そうとする。 イシュタルは、フレイヤを陥れたいと考えており、 フレイヤが目を付けているというベルを標的にした。 なので、イシュタルはベルに対して好意が有るわけではなく、フレイヤから大事なものを奪うため、ベルを魅了します。 このことで、フレイヤは 自分のモノに手を出したということで怒る。 自身のファミリアの団員を連れて、歓楽街に行きイシュタルファミリアを壊滅させています。 これまでもイシュタルはフレイヤにちょっかいを出していたようですが、今回は許せなかったのでしょうw 「これに懲りたらもう悪戯はしないことね、イシュタル。 もう遅いかもしれないけれど。 本拠地は 「戦いの野(フォールクヴァング)」。 エンブレムは 戦乙女の側面像。 団員は、オラリオ最高の レベル7の冒険者のオッタル(猪人)が団長として在籍している。 いつも冷静で表情はほとんど変わらず、武人肌な性格で二つ名は 「猛者(おうじゃ)」。 フレイヤを侮辱する相手には容赦せず激しく激昂するようです。 その強さは、ロキ・ファミリアの中核メンバーが全力で挑んで、ようやく互角の戦いとのこと。 フレイヤの寵愛を受けるベルに対して嫉妬せず、フレイヤの意志を尊重して尽くしています。 アレンは 副団長で、ステイタスはレベル6の猫人の男性。 豊穣の女主人で働いている アーニャとは兄妹ですが、現在は絶縁とのこと。 オラリオにいる全冒険者の中で最も脚が速いことで有名。 ミアは、現在「豊穣の女主人」の主人で、ステイタスはレベル6。 元団長で、現在は半引退状態ですがフレイヤ・ファミリアに籍は残っている。 現役時代はオッタルと並ぶ実力を持つドワーフで、二つ名は 「小巨人(デミ・ユミル)」。 ドワーフは慎重が低い印象がありますが、ミアは例外のようですね。 最後に 【ダンまち -クロス・イストリア-】 ダンまち X. ベルを偶然見かけて一目惚れのような感じで気に入った。 そこから、色々と ちょっかい(試練)を与えてベルを成長させようとする。 異常なほど執着しているが、これまで表立った行動はせずにいましたが、イシュタルの時は怒ってしまい動きましたねw ということは、アポロンがもし戦争遊戯に勝っていたら、フレイヤが動いたかもしれませんね! ファミリアに関しては、ロキ・ファミリアよりも強い戦力を持っている。 レベル7のオッタルの強さはオラリオ最強で、レベル6が数人で挑んでもようやく互角とのこと。 ソード・オラトリアを見てロキ・ファミリアも相当強いと思いましたが、フレイヤ・ファミリアはもっと強いということで 戦闘を見てみたいですねw フレイヤがアニメでもっと登場して欲しいなと思います!.

次の

フレイヤ(ダンまち) (ふれいや)とは【ピクシブ百科事典】

ダンまち フレイヤ

Contents• シルが怖い いつもの笑顔でベルを励ますシル。 可愛いですよね。 そんなシルですが、リリがベルの「ヘスティアナイフ」を盗んだ際に、すごく怖い顔でリリに釘を刺します。 正直引きましたw シルが働いている「豊饒の女主人」にはリューをはじめ、過去がある人達が働いています。 そもそも女将のミア母さんが元・冒険者でフレイヤ・ファミリアの団長だったほどの実績です。 シルは唯一の一般人と思っていたので、あの顔は正直ショックでしたね。 1度疑いだすと全て疑って見えるもので、これまでのシルの行動を思い出すと不自然なところが見えてきます。 怪物祭(モンスターフィリア) モンスターファミリアでベルがあの場所に行った理由を思い出して下さい。 シルが財布を忘れたから届けてくれとアーニャとリューから頼まれたからです。 あそこでベルがシルに財布を渡しに行かなければ、あの場所にはいなかったということですよね。 魔道書(グリモア) ベルが魔法を習得できたのは魔道書(グリモア)を読んだからです。 この魔道書は「豊饒の女主人」に忘れていった客のもので、それをシルがベルに貸したことがきっかけです。 こんな大事なものを客が忘れていくのも違和感があるし、いくら魔道書と知らなかったとはいえ簡単に貸し出すものでしょうか。 モンスターフィリアと魔道書の件は、偶然起こったわけではないですよね。 どちらもフレイヤが人為的に行ったことで、モンスターファミリアの会場にベルを「確実」に連れてくる。 魔道書をベルに「確実」に渡す。 このどちらにもシルが絡んでるんですよね。 偶然とは思えません。 フレイヤは元々怖いところがありましたが、だんだんシルのことも怖くなってきます。 この怖さは親子ならではとも思えてきます。 北欧神話のフレイヤ 北欧神話のフレイヤは 女性の美徳と悪徳を全て内包した女神で非常に美しく、自由奔放な性格で欲望のまま行動し、性的にも奔放であった。 引用:ウィキペディア とあります。 「美徳」と「悪徳」ってあたりがダンまちのフレイヤも同じですよね。 フレイヤはその美貌と性的にも奔放だったことから、人間にも多くの愛人がいました。 その中で特に気に入ってたのが「オッタル」です。 そしてそのオッタルも原因の一つだと思いますが、そんなフレイヤに愛想を尽かした夫のオーズは長旅に出ます。 豊饒の女主人 北欧神話のフレイヤは「豊饒の女神」とも呼ばれていました。 ダンまちで豊穣といえば「豊饒の女主人」ですよね。 豊饒の女主人にはシルが働いています。 さらに女将のミア母さんは元・フレイヤ・ファミリアの団長。 偶然にしては出来過ぎですよねw 外伝エピソードリューから考察 シルの正体がフレイヤの娘説に関して、ダンまち外伝「エピソードリュー」から考察していきます。 大賭博場の招聘状 本来なら国の要人しか手に入れることができない「大賭博場の招聘状」を、酒場の常連客に頼み譲り受けます。 これにはリューも驚き、シルの人脈が「計り知れない」と漏らします。 シルの愛想の良さなら、お願いすれば譲ってもらえることも可能かもしれませんが、それにしても出来過ぎです。 最初からどの常連客に頼めば良いか知っていた気がしますよね。 例えばフレイヤが母親なら簡単に情報を得られますよね。 もしくは事前にフレイヤから根回ししてもらうとか。 フレイヤの頼みを断る男性はいないでしょうから。 賭博(ゲーム)の強さ エピソードリュー5話では、ルノア、アーニャ、クロエの三人の会話が登場し、これまでシルにポーカーで勝てたことがないと話します。 シルの強さはポーカーフェースとかブラフなんているレベルではないと。 元々シルは妙に勘が良いところがあるが、賭博(ゲーム)での勝ち方はこちらの手の内を全て読まれているようだったと。 出ました「神様」発言!! ますますシルの正体がフレイヤの娘説が濃厚になってきました。 人間観察 大賭博場でのポーカー勝負を圧勝するシルは、神様の中には人間の魂の色を見抜いてしまう女神がいると話します。 その女神の瞳は魂の揺らぎを見て子供達の心まで暴くと。 もちろん自分は女神のような瞳は持っていないが、人間観察が好きだと話します。 そして人間観察を続けているうちに、その人が今なにを思っているのかがなんとなくわかるようになったと。 こわ!シルこわ!! さらにリューは自分が悩んでいた時、何も言わなくてもシルが側にいてくれたことを思い出します。 なるほど、確かにこれまでのシルの行動が納得できます。 いつも気の利いたタイミングでベルの前に現れたりしてましたもんね。 魂の色 色といえばフレイヤのセリフを思い出します。 怪物祭(モンスターフィリア)の前にフレイヤとロキの会話の中で、ロキが次に狙っている男はどんな奴か尋ねます。 その時フレイヤはベルのことを「今まで見たことのない色」と説明しています。 つまりシルが話していた「神様の中には人間の魂の色を見抜いてしまう女神」とはフレイヤのことで、人間である自分はそんな瞳は持っていないが、人間観察を続けることで同等の能力が身についた。 シルの正体がフレイヤの娘だったら、母親の影響でシルが人間観察を好きになったと考えられますよね。 まとめ シルとフレイヤって髪の色もなんとなく似てますよね。 出典:animetable. jp そして一番似ていると思ったのは、頼まれると断れないところです。 フレイヤの場合は頼むというよりその魅力でいいなりにしてますが・・・。 なんにせよ二人とも自分の「我」を通すのが上手ですよね。 さらに大賭博場でのシルの笑い方。 完全にフレイヤの笑い方です。 以上のことからシルの正体はフレイヤの娘で確定でしょ!! ダンまちはアニメもおすすめ テレビアニメで「ダンまち」と「ソードオラトリア」が放送されていたのはご存知かと思いますが、残念ながら既に放送は終了してしまいました。 ', '... php on line 337.

次の