郵便局 手数料。 不要な切手を郵便局で交換してもらう方法|かかる手数料や余った切手の使い方を解説

郵便振替の手数料と郵便振込の手数料

郵便局 手数料

このページの目次• 郵便局の振込用紙の赤と青の違いとは 郵便局の振込用紙には赤いものと青いものがあります。 郵便局に備え付けられている振込用紙は青色になります。 送金先(お店側など)の相手から送られてくる振込用紙には赤色のものが多いようです。 つまり赤色の振込用紙は受け取る側が振込手数料を負担します。 反対に、青色の振込用紙の場合には送る側が振込手数料を負担します。 他の色の振込用紙もあるとのことです。 ですが青色と赤色の振込用紙が圧倒的に多いようです。 送金は、ATMかあるいは郵便窓口に用紙とお金を一緒に提出することによって送金することができます。 ATMは手数料が安いが住所と氏名を忘れずに! ATMで送金しますと、振込手数料がわずかながら安くなります。 ただし、振込用紙で振り込むときに、 住所と氏名を書き忘れないようにしてください。 お金を受け取った相手方は一体どこの誰から送金されてきたのかわかりません。 場合によっては二重払いを請求されることがあります。 くれぐれも注意なさってください。 ATMを利用しますと次のようなご利用明細票が発行されます。 ちなみに、振込用紙の隅に「MT」と書かれているものですと、窓口での振込みであっても、振込手数料が少し安くなります。 MTサービスってなに? 収納事務の機械化・ペーパーレス化の仕組みです。 通常払込みの内容を、1日分取りまとめてDVD、MT、FDなどで、受け渡しするサービスです。 スポンサーリンク 振込用紙の書き方は?記号・番号が「0」から始まるものを使用! 赤色、また青色の振込用紙で送金する方法を 「通常払込み」 と言っています。 この、通常払込みについては、 口座の「記号・番号」が「0」から始まっているものしか利用できません。 記号・番号• 受取人の氏名(加入者名) などがすでに記入されている場合もあります。 (上の画像を参照なさってください) ですが、郵便局に備え付けの青色の振込用紙にご自身で記入する場合には、 記号・番号は「0」から始まる番号のみ使用するようにしてください。 以下が書き方です(青色の用紙ですが赤色の用紙も様式は同様になります) 通信欄には、商品代金の送金であれば商品名や商品番号を記入しておきます。 「振込」と「振替」はどう違うのか? 「振込」と「振替」の違いですが、 振込は: 他の銀行の口座や同じ銀行でも別の支店の口座などへの送金のことを言います。 振替は: 同金融機関の同一名義(家族も可の場合あり)の口座間でお金を移動させること。 ゆうちょ銀行の場合ですと、 郵便局の口座を持っている人が他の郵便局の口座に入金する際に、口座間で取り引きすることを略して振替と言われてます。 この場合には同一名義である必要はありません。 また、税金や公共料金の支払いで利用されるのが口座振替といっています。 「電信払込み」は送金額が即時に入金される スポンサーリンク 先程の通常払込みの場合ですと、振込日から何日か経過した後に相手方の口座にお金が入るようです。 電信払込みを利用すれば、その場ですぐに相手方の口座にお金が届くようになっているので大変便利です。 こちらの利用は、郵便局の窓口で送金額と所定の手数料を添えてお申込みください。 また、通帳またはキャッシュカードをお持ちの場合ですと、印鑑の押印または暗証番号を入力することによって振込手数料を安くすることができます。 ただし、古い通帳などには送金機能が付いていない場合があります。 その場合には振込手数料を安くすることはできません。 なお、この電信払込みを利用する場合ですが、受取人が 「振替口座」または「総合口座」 を開設していることが必要になります。 違う見方をしますと、こちらの電信払込みですと総合口座の「記号・番号」が利用できます。 つまり、 口座の「記号・番号」の記号が「1」から始まる番号でも利用することができます。

次の

銀行と郵便局の手数料はどっちが安いですか?

郵便局 手数料

このページの目次• 郵便局の振込用紙の赤と青の違いとは 郵便局の振込用紙には赤いものと青いものがあります。 郵便局に備え付けられている振込用紙は青色になります。 送金先(お店側など)の相手から送られてくる振込用紙には赤色のものが多いようです。 つまり赤色の振込用紙は受け取る側が振込手数料を負担します。 反対に、青色の振込用紙の場合には送る側が振込手数料を負担します。 他の色の振込用紙もあるとのことです。 ですが青色と赤色の振込用紙が圧倒的に多いようです。 送金は、ATMかあるいは郵便窓口に用紙とお金を一緒に提出することによって送金することができます。 ATMは手数料が安いが住所と氏名を忘れずに! ATMで送金しますと、振込手数料がわずかながら安くなります。 ただし、振込用紙で振り込むときに、 住所と氏名を書き忘れないようにしてください。 お金を受け取った相手方は一体どこの誰から送金されてきたのかわかりません。 場合によっては二重払いを請求されることがあります。 くれぐれも注意なさってください。 ATMを利用しますと次のようなご利用明細票が発行されます。 ちなみに、振込用紙の隅に「MT」と書かれているものですと、窓口での振込みであっても、振込手数料が少し安くなります。 MTサービスってなに? 収納事務の機械化・ペーパーレス化の仕組みです。 通常払込みの内容を、1日分取りまとめてDVD、MT、FDなどで、受け渡しするサービスです。 スポンサーリンク 振込用紙の書き方は?記号・番号が「0」から始まるものを使用! 赤色、また青色の振込用紙で送金する方法を 「通常払込み」 と言っています。 この、通常払込みについては、 口座の「記号・番号」が「0」から始まっているものしか利用できません。 記号・番号• 受取人の氏名(加入者名) などがすでに記入されている場合もあります。 (上の画像を参照なさってください) ですが、郵便局に備え付けの青色の振込用紙にご自身で記入する場合には、 記号・番号は「0」から始まる番号のみ使用するようにしてください。 以下が書き方です(青色の用紙ですが赤色の用紙も様式は同様になります) 通信欄には、商品代金の送金であれば商品名や商品番号を記入しておきます。 「振込」と「振替」はどう違うのか? 「振込」と「振替」の違いですが、 振込は: 他の銀行の口座や同じ銀行でも別の支店の口座などへの送金のことを言います。 振替は: 同金融機関の同一名義(家族も可の場合あり)の口座間でお金を移動させること。 ゆうちょ銀行の場合ですと、 郵便局の口座を持っている人が他の郵便局の口座に入金する際に、口座間で取り引きすることを略して振替と言われてます。 この場合には同一名義である必要はありません。 また、税金や公共料金の支払いで利用されるのが口座振替といっています。 「電信払込み」は送金額が即時に入金される スポンサーリンク 先程の通常払込みの場合ですと、振込日から何日か経過した後に相手方の口座にお金が入るようです。 電信払込みを利用すれば、その場ですぐに相手方の口座にお金が届くようになっているので大変便利です。 こちらの利用は、郵便局の窓口で送金額と所定の手数料を添えてお申込みください。 また、通帳またはキャッシュカードをお持ちの場合ですと、印鑑の押印または暗証番号を入力することによって振込手数料を安くすることができます。 ただし、古い通帳などには送金機能が付いていない場合があります。 その場合には振込手数料を安くすることはできません。 なお、この電信払込みを利用する場合ですが、受取人が 「振替口座」または「総合口座」 を開設していることが必要になります。 違う見方をしますと、こちらの電信払込みですと総合口座の「記号・番号」が利用できます。 つまり、 口座の「記号・番号」の記号が「1」から始まる番号でも利用することができます。

次の

郵便局からみずほ銀行へ振込はできますか?または、みずほ銀行へ振込...

郵便局 手数料

切手やはがきは、これまでも額面が頻繁に改定されているので 昔の50円や52円などはがきなど、どのお家にも1枚は必ずありそうです。 もちろん、不足分の切手を貼って投函してもOKですが、 郵便局で、新しいはがきに交換してもらうことも可能です。 書き損じとして交換できないものは? 書き損じたものは、何でも交換できるということではありません。 汚れがひどいもの・破れているもの• き損した郵便切手 料額印面 はがきに印字されている切手の代わりの部分 などは 対象外 無効 となることもあるので注意が必要です。 書き損じはがきや切手の換金は金券ショップへ 郵便局窓口では、書き損じたはがきや切手は、 交換だけで 換金する事はできません。 どうしても換金したい場合には• 金券ショップ• ネットオークション• 切手買取専門業者 などに依頼する必要があります。 お店によって条件や相場はかなり差がありますが、未使用の年賀状や書き損じはがきなら 1枚20円~40円くらいが相場 で買い取ってくれるそうですよ。 書き損じはがきや切手と交換できるもの 書き損じたはがきや切手は、郵便局では 現金への交換は受け付けていません。 通常切手• くじ引番号付き郵便はがき(年賀状・かもめ~る)• その他の郵便はがき• 郵便書簡や航空書簡• 特殊封筒(レターパック類) など、 同じ額面分の商品を選んで交換することができるので、 たとえば、使わない往復はがきを切手に交換することもできます。 受け入れるもの 窓口に持参する物• 交換できるもの 窓口で渡す物 について詳しくは、で確認できます。 手数料を支払うために、お家に余っている額面の小さい未使用の切手などあれば使えますし、 交換として差し出した切手で最初から手数料を相殺することもできます。 例)50円はがきから63円はがきに交換 お家に1枚だけ出てきた50円のはがきを、最新の63円のはがきに交換したいとき。 もちろん、17円分は切手で払ってもOK。 例)書き損じの年賀はがき 52円*20枚 を63円はがきに交換 ここからは応用編。 つぎは、書き損じの年賀はがき 52円*20枚 を63円のはがきに交換したいときの例を見てみましょう。 63円はがき16枚と48円のお釣り…と言いたいところですが、 郵便局窓口で現金は受け取れません。 ですから、この場合は、おつり現金32円分に、追加で現金31円を払い合計63円にして、 17枚の63円はがきを受け取ることになります。 交換時手数料100円と追加金額31円、 合計現金131円を支払い、63円切手17枚を受け取ります。 書き損じはがき交換の手料金計算方法!切手支払いで相殺OK? まとめ 書き損じたはがきや切手類は、交換手数料を払えば同じ額面分の、• はがき• 郵便書簡• 往復はがき• レターパック などと交換する事ができます。 交換手数料の計算は、受取りたい 交換してほしい 切手やはがきの枚数に関係なく、 郵便局に持参する書き損じた切手やはがきの枚数で決まります。 交換手数料は、• 現金で支払う• お家に余っていた未使用の切手で払う• 最初から合計額面から差し引いて相殺する などのやり方があります。 書き損じはがきの交換期間に期限はありませんので、お家にある昔の書き損じ切手や、 使わなくなった少額切手などはぜひ活用してみてくださいね。

次の