満月 ポン プッシュ ん。 満月ポン 「松岡製菓」の1枚のカロリー&価格を調べてみた!

【楽天市場】ぷっしゅん満月ポン ケース:大阪下町の味 満月ポン 松岡製菓

満月 ポン プッシュ ん

こんにちは、ライターのギャラクシーです。 兵庫県出身です。 東京で暮らし始めて1年が過ぎました。 そんな僕が困っていること、それは…… いつも食べてたお菓子が売ってない!!!!! ってこと。 例えばこちら、 『おにぎりせんべい』 関西ではスーパーやコンビニにほぼ100%の確率で常駐してる商品なので、上京当初「東京のコンビニは品揃えの悪い店が多いな」と思ってたんですが、調べてみると全国区のお菓子ではないらしく、東京にはあまり置いてないそうです。 調べてみると他にも「えっ!これ全国区じゃなかったの?」というお菓子がいくつかあったので、今回はそれらのお菓子を会社の同僚に食べてもらい、率直な意見をもらいました。 食べてもらったのはこの3種類 左から『おにぎりせんべい』『満月ポン』『鴬(うぐいす)ボール』。 いずれも関西に本社を置くメーカーが製造販売するお菓子。 おにぎりせんべい まずは冒頭で紹介した、マスヤの『おにぎりせんべい』から。 マスヤ『おにぎりせんべい』 三重県伊勢市に本社を置く日本の菓子メーカー「マスヤ」が製造する三角形をしたせんべい。 販売先は西日本が中心で、関西では定番の菓子である。 1969年に「三角形のおせんべいがあってもいいじゃないか」という発想で誕生した商品だそう。 意外にも「これ知ってる」という声が多かった 「愛知でも売ってましたよ。 醤油と海苔の香りが良い! でも わざわざ食べたい、とはならないですね。 全体的に存在感が薄いから、普段は思い出せない」 「見た覚えはあるけど、食べたことはないです。 味はおいしいですね! サッと食べたい時にいいんじゃないかな。 でも、 このパッケージは歌舞伎揚げのイメージですね」 歌舞伎揚げ=東日本で有名な揚煎餅のお菓子 ややこしい話だが、これも関西では『ぼんち揚げ』という有名ローカル菓子がある 「九州にもあったけど、あんまり好きじゃなかったな。 味が強いんだよね~。 あと パッケージがダサい」 「置いてる店は少ないけど、子供の頃に一回食べた覚えがあるような……。 ただ、 好きとか嫌いとかいう味ではないですね。 でも、『おにぎりせんべい』ってそういうもんでしょ! 存在感の強い、大好きなお菓子を食べ飽きた頃に、たま~~に、月に2回くらいつい買っちゃう。 そういうもんでしょ! 松岡製菓『満月ポン』 続いては、松岡製菓の『満月ポン』。 実家に必ず置いてるお菓子で、独特のパリッ、サクサク!という軽い歯ざわりが特徴的。 満月ポン ソフトタイプの醤油せんべい。 製造している松岡製菓は、今日まで 「満月ポン」のみを脈々と生産し続けている。 故やしきたかじんのリクエストから生まれた、しょうゆ1. 5倍の 「濃い~味、満月ポン」をネット限定で販売。 関西出身者以外はほとんど知らないようでした。 「なんかの部品?」という声も。 あんまり好きじゃないかも。 あとパッケージがダサい」 「サクサクしてて独特の食感ですね。 関西らしい、だし醤油味でおいしいです。 油断してるとついつい食べちゃう味」 「食感は良いけど、味自体はクドくてそんなに好きじゃない。 実際、『満月ポン』ってわざわざ買って食べるというよりは、母親が買って来るからなんとなくテレビ見ながら食べてるって感じのお菓子ですよね。 また、記事にするためにこうして一種類ずつ食べてもらったんですが、撮影が終わってから好きに食べてもらったところ、「2周目だと満月ポンが一番うまい」という意見も出ました。 食べ飽きない味、ということでしょうか。 植垣米菓『鴬ボール』 最後は植垣米菓の『鴬ボール』。 ほんのり甘いあられと、それを包むカリカリとした殻(?)という食感の組み合わせが堪らない。 鴬ボール 戦前から存在する商品であり、当時は 爆弾ボール、または 肉弾ボールという名前で販売されていた。 終戦後、時代に似つかわしくないことから商標名を変更、形が梅の花に似ていることから、梅にウグイスという連想により鴬ボールとなった。 「なんだこの形? 分子構造っぽい」 まずは形のインパクトに驚く面々。 「これおいしい! まず食感が良い。 味は 見た目と違って甘い感じなんですね。 パッケージもウグイスのイラストが良いね」 「 外側の部分がガリガリしてておいしい。 いつまでも食べてしまう」 「おいしいけど、 一袋は無理。 予想では『満月ポン』じゃないかなと思ってました。 食感というわかりやすいインパクトがうけたようです。 味もほんのり甘くていつまでも食べられるという感じで概ね好意的。 ただ、こんなに食べられないから少量パックを作ってほしいという意見が気になります。 確かに、味が強いので一気には食べられないお菓子ですね。 今回の結論 というわけで様々な出身地の同僚に、関西のローカル菓子を食べてもらいました。 「おいしい」「おいしくない」両方の意見がありましたが、他の社員に食べてもらったところ、 概ね好評でした。 結局のところ、なぜ全国区になれないのか、は仕入れ担当者がデータのない商品を仕入れるのを怖れているだけで、東京にあれば普通に売れるのでは……?と思ってしまいました。 マスヤさん、松岡製菓さん、植垣米菓さん、東京の冷たい風に涙する関西出身者のためにも、ぜひ関東地方の販売に力を入れ…… というところで、おやおや? 大阪出身の同僚もニオイにつられてやって来たようです。 「なんやなんや、ごっつうまそうなモン食うとるやないケ! ちょっとワイにも食わさんかいボケ」 「っか~! これやこれ! この味はおんどれらにはもったいないで! 関西の菓子はホンマ最高やわ」 「なっ、何を言うんだぃや! うんめ菓子は関西だけではねぇっけさ、 北陸にも 『サラダホープ』いう、がったうんめ菓子があっけさ」 「じゃけんどん、九州にも 『亀せん』っていうおいしいお菓子があるっちゃが!」 「私のデータによると、東京にも 『甘食』という美味なる菓子が存在しますが」 「おみゃあさん、愛知のソウルスイーツ 『しるこサンド』も忘れんといてちょーよ!」 「おいおいどないなっとるんやしかし! ほな結局、全国のローカル菓子で一番うまいんはドレやねん」 ドン……ドドン! ドドン、ドドン! ドドドドン! ドンドン! ドドン! 開催しません。 おわり.

次の

満月ポン 「松岡製菓」の1枚のカロリー&価格を調べてみた!

満月 ポン プッシュ ん

リンク サイトからネットショップへ行くと味のバリエーションが醤油以外にもいくつかあるんだけど、その中に、「沖縄塩味」というのがある。 沖縄の天然塩を使用した、あっさりサクサク塩ポンせん 素朴な味に仕上げました。 これはわれわれ沖縄県民にとってなじみの深い、あの「塩せんべい」とほぼ同じものと言ってもよさそうだ。 見た目も一緒だし味も似たようなものだろう。 もっと言うなら、沖縄の塩せんべいのすべてが沖縄の塩を使っているとは限らないから、むしろこの沖縄塩味満月ポンのほうが、沖縄の塩せんべいよりも沖縄の塩せんべいと言ってももはや過言ではない。 沖縄の塩せんべいとは 沖縄でいう「塩せんべい」とは、小麦粉を熱すると同時に圧縮して型の中で爆発させて作る、せんべいとは言いつつも米粉は使っていない駄菓子だ。 僕が子どものころ、昭和の時代からある。 せんべいというからてっきり材料を溶いて練った粉を焼いて作るのだと思っていたけれど、かなり前にテレビで見た製造工場では、型の中で粉を爆発させることでごく短時間で焼き上がっていた。 おそらく満月ポンも似たような方法で製造されているのだろう そういえば米を材料にしてそうやって作る菓子はポン菓子という。 沖縄でいう「はちゃぐみ」もそうだ。 塩せんべいのほうは県内のいくつかのメーカーが作っていて、スーパーにも複数の銘柄が置いてある。 僕は昔はパンダのイラストを目印に買っていたが、今回はシーサーの絵のものを買ってみた。 まあ塩気・油気・食感などに好みはあるにせよ、味はどれも大差はないと思う。 ちなみにAmazonで「塩せんべい」で検索すると、おかきっぽいのとかサラダせんべいに似たのとかハッピーターンの形をしたのとか、沖縄県民が期待するのとはおよそ異なる種類のいくつものせんべいがヒットする。 塩せんべいの昔の食べ方 僕が子どものころは、このような塩せんべいは、学校近くの商店で駄菓子のケースに入れて1枚ずつ売られていた。 いまのようにスーパーで買って大人も食べるものではなかったように思う。 リンク こんな駄菓子のプラスチックケースに入っていて、それが切れるとお店のおばさんが長ーい袋からせんべいを流し込んで補給していた。 当時の値段は1枚10円。 これをそのままかじるか、これも10円の「タカベビー」のチョコレートスプレッドを塗って食べていた。 中には、乾燥梅干しをこすりつけて梅味にして食べる子どももいたな。 今では最初から梅味の塩せんべいも売られているところを見ると、沖縄の子どもの中では、これもわりと一般的な食べ方だったのかもしれない。 昔を思い出して食べてみる サンエー スーパー で塩せんべいと一緒にチョコレートスプレッドを買ってきた。 チョコレートはタカベビーのものが今でも売っている。 昔はチョコジャム、または単にジャムと言っていたような気がする。 切り口付近の作りやイラストが少し違うが、基本的には昔のままだ。 これをぐるぐると塩せんべいの上に出して…、 子どものころはこれを指で均一に塗りたくって食べたのだけど、大人になったのでスプーンでやります。 けっこうたっぷり塗れてしまった。 そういえば子どものころはチョコジャムを友達と二人で分けたりしたこともあったっけ。 ザクッとかじろう。 味はまあ昔食べたのと一緒か? 昔はもっとチョコ感が強かった気もする。 しかしそれにしても、思った以上に食べでがある。 糖分と塩分を補給するハイカロリー食のようでもあり、深夜の大人の小腹も十分満たせる。 昭和の子は厳しい経済感覚でお小遣いから20円をこれに割いていたのだけど、今回計算してみると同じものが税込み55~6円相当になっている。 これが50円以上するかと思うと、元・昭和の子としては、駄菓子も高くなったもんだと感じてしまうな。 見た目そのまま、〇〇せんべい 駄菓子屋的な商店には、塩せんべいのほかにも、1枚10円で子どもの空腹を満たす「せんべい」があった。 これはえび味のせんべい。 サクサクと塩せんべいよりも軽い歯ごたえで、僕にとっては食べごたえが軽いぶんだけ、塩せんべいより一段贅沢なお菓子だった。 そしてこのせんべいのことを、子どもはどう呼んでいたかというと…。 われわれはこのせんべいを、 脳みそせんべい と呼んでいた。 見た目からの連想だけれど、子どもの発想はイメージを最短距離で結んでしまう率直さがある。 これ以外には、1枚20円で薄くて大判のえびせんべい またはたこせんべい もよく食べた。 どこのお店も、同じ菓子は同じ値段だった。 子どもの数が多かった昭和の時代には、いまよりも子ども向けの商売をしているお店も近所にまだ残っていたのだな。 いまはもう、塩せんべいを1枚売りしているようなお店は少ないんじゃないだろうか。 満月ポンと塩せんべい 満月ポンには、「ぷっしゅん満月ポン」という成型不良の柔らかい製品もある。 これは塩せんべいでいうところの「天使のはね」と成り立ちが同じで、こちらもよく似ていると思った。

次の

満月ポン 「松岡製菓」の1枚のカロリー&価格を調べてみた!

満月 ポン プッシュ ん

時々 焼き型からプッシューと はみ出て しまったり、薄っぺらいのや、ぐにゃんと曲がったの、それが ぷっしゅん満月ポン! コレがまた いろんな食感が楽しめてホントにおいしいんです! ゼヒ一度お試し下さい。 (通常品も たまぁに混ざってますよ!) ご購入前に必ずお読みください。 モデル: pusyun 現在のレビュー: 449 1から 6 を表示中 レビュー数: 449 1 私はこのぷっしゅんのバリの湯なところが好きなので、正規品よりコチラが食べたいです。 最近TV の影響かなかなか手に入らないのが残念です。 いつも二箱買って、人にも配っています。 大変好評で す。 発売日に10時前からスタンバっていますが、なかなか買えません。 今回は、購入できてよかったで す。 コレコレ いつも有り難うございます。 変わりなく いつもの美味しい ぷっしゅんでした。 今回 2箱買ったので 当分大丈夫です! ぶっしゅん定番味。 分量が多くて大満足。 ご近所やお友達にも、おすそ分けしてよろこんでもらえました。 コーヒーの友にも最高ですね。 ぶっしゅんは狙い撃ち。 ぶっしゅん定番味。 分量が多くて大満足。 ご近所やお友達にも、おすそ分け してよろこんでもらえました。 コーヒーの友にも最高ですね。 もう何度も購入しています。 今回は久しぶりだったのですが、前より人気が出てるんですかね? すぐ売り切れてしまって2回ほど入荷待ちでした。 正規品も安定しておいしいけど、ぷっしゅんは全部食感が違ってて楽しいです。 1から 6 を表示中 レビュー数: 449 1.

次の