シャチ 対 サメ。 サメがシャチに勝てないのはわかった。じゃあイルカは?

シャチがサメを食べまくる

シャチ 対 サメ

ネットで サメとシャチはどちらが強いのか、という議論を見たことありませんか? 1876年〜2004年の間に確認された人身事故が224件もあり、映画「ジョーズ」で有名なホオジロザメ。 体長が13メートルあったとされるメガロドンもホオジロザメ属です。 一方、シャチは可愛らしい見た目とは裏腹に、海洋生態系において食物連鎖の頂点に位置しており、海の王者と呼ばれています。 学名の Orcinus orca(オルキヌス・オルカ)はラテン語で冥界からの魔物を意味しています。 この2匹のどちらが強いのか、私も気になったので調べてみました。 今回はシャチとホオジロザメを動画や画像を用いて比較しながら、考えてみましょう。 シャチとホオジロザメの比較 2匹が戦った際に、勝敗を分ける要素を出来る限り考えてみました。 体長と体重 ホオジロザメ:体長4. 0~4. 8m、体重680~1,100Kg シャチ:体長4. 9~6. 7m、体重1,361~5,442Kg 体の大きさは戦闘において、とても重要な要素の一つです。 格闘技でも体重毎に細かく階級が分けられていますよね。 シャチは性別で大きさが異なり、オスのほうが大きく、最大級では体長9. 8m、体重10tに達します。 体長と体重、どちらを比べても 大きなホオジロザメ<小さなシャチ、ということが分かりました。 特に体重は最大で約9倍の差があります。 小学校低学年の子供とお相撲さんぐらいの差でしょうか・・・。 骨格 これはサメの骨格です。 サメは軟骨魚類で全身の殆どが軟骨でできています。 軟骨は普通の骨と違い、腐ってしまうので画像のようにスカスカになってしまいます。 人間の耳や鼻も軟骨ですが、こんな柔らかいもので身を守れるのでしょうかね。 こちらはシャチの骨格で、違いは一目瞭然です。 骨格だけ見たら恐竜だと勘違いしても不思議ではないですよね。 ちなみにシャチは哺乳類なので、サメだけでなく他の魚と比べても屈強な骨格をしています。 身体能力 相手より早く泳ぐことができれば、それだけ有利になるので泳ぐ速さも重要になります。 2匹を比較すると、 ホオジロザメが時速40kmなのに対し、 シャチは時速60~70kmの速度で泳ぎ、倍近い差があることがわかります。 更に、シャチはこのスピードと屈強な骨格を利用して、獲物に突進して攻撃することが有ります。 重さ10tの物体が時速70kmで突っ込んでくるなんて想像しただけで恐ろしいですよね。 シャチの身体能力の高さが分かる写真もあります。 これはイルカを追っているシャチが高さ4. 5mのジャンプをした際の写真です。 知能 シャチは知能も高く、時には人間をも驚かせるような行動を取ります。 魚を餌に鳥をおびき寄せ、みごと鳥を捕まえています。 生態 サメは通常、群れを作らず単独で行動しています。 それに対し、 シャチは数頭から数十頭の群れで行動しています。 コールと呼ばれる音を使ってグループでコミュニケーションを取り、連携しながら狩りを行うことができます。 シャチVSサメ結局どっちが強いのか 上で挙げた要素を比較してみると、ほとんどの点でシャチが勝っていることがわかります。 とりわけ、骨格や知能の差が勝敗に大きく影響しています。 シャチは横から体当りするだけでサメを倒すことができます。 更に、サメは仰向けになると動けなくなるという習性を利用して狩るということも報告されています。 例え、1体1で勝負してもサメに勝ち目はないでしょう。 シャチが群れなら、なおさらです。 シャチとサメが実際に勝負した動画 動画に出てくるサメはイタチザメです。 イタチザメ:体長2. 26m~3. 5m、体重400Kg前後。 インドシナ沖で捕獲された大きな個体は体長7. 4m、体重3,110Kgだと報告されています。 体格だけ見ればイタチザメとホオジロザメはほとんど同じです。 なので、これがホオジロザメであっても結果は似たようなものになるでしょう。 やっぱりシャチが最強 こうして比較することで、改めてシャチの強さがわかりましたね。 他にもシャチの強さが分かるような話題を載せておきます。 サメの肝臓だけを食べるシャチ 2017年の5月には南アフリカの西ケープで、肝臓だけがきれいに食べられたホオジロザメの死体が見つかり話題になりました。 ホオジロザメの死体を調べた結果、シャチに殺された可能性が高いようです。 メガロドンが絶滅した原因 全長が13~20mあったとして有名なメガロドンですが、絶滅した原因の一説にはシャチによる乱獲があります。 それほどシャチとサメの戦力差は大きいのです。

次の

【格が違う】海の最強生物は「サメ」ではなく圧倒的に「シャチ」!

シャチ 対 サメ

2019年04月23日 07時00分 ホホジロザメはシャチに対して強い恐怖を抱いており遭遇しそうになると即座に逃げ出す by 体長4mを超えるホホジロザメは世界中の海に広く分布しており、映画「 」のモデルとなるなど、人間にとっては非常に恐ろしい存在です。 ところがそんなホホジロザメは を非常に恐れており、シャチが近づいてくると長い期間とどまっていた狩り場も捨ててあっという間に逃げ出してしまうと研究者が主張しています。 Great White Sharks Flee From Killer Whales - The Atlantic アメリカ・カリフォルニア州にある の Salvador Jorgensen氏は、15年間にわたってカリフォルニア沖のホホジロザメについて研究してきました。 Jorgensen氏らはサメに追跡用電子タグを撃ち込み、ホホジロザメの居場所を追跡し続けていたとのこと。 2009年、Jorgensen氏らは の南東で を狩っている17匹のホホジロザメにタグを埋め込みました。 数カ月にわたってホホジロザメたちはファラロン諸島を狩り場としていたそうですが、2頭のシャチが狩り場付近に現れた2009年11月2日、全てのホホジロザメは突然姿を消してしまったそうです。 ホホジロザメたちは死んだわけではなく、ファラロン諸島を離れた水域にいることが確認されたとのこと。 シャチが現れてからわずか8時間で長期間使っていた狩り場を離れたホホジロザメたちは、ほとんどが1カ月以上にわたってファラロン諸島へ戻ってこなかったとJorgensen氏は述べています。 これと同様の事例は他にも確認されているそうで、Jorgensen氏は「ホホジロザメにとってシャチはこの上ない恐怖の対象なのではないか」と考えています。 シャチは一般的にサメよりも親しみやすいイメージを持たれていますが、 のサメ専門家であるToby Daly-Engel氏は、「シャチはサメが行わない社会的活動を取るため、グループで効率的な狩りを行い、仲間同士でコミュニケーションを取り、若い世代を教えることもあります」と述べています。 シャチは尻尾を水中で振ることで水流を操り、 ことができるとのこと。 実際にホホジロザメがシャチに遭遇してしまったがために、あえなく仕留められてしまったケースも報告されています。 2017年には南アフリカのビーチで、シャチによって襲われたとみられる のが発見されています。 打ち上げられたホホジロザメは、いずれも肝臓がなくなっていました。 ホホジロザメの肝臓は体重の4分の1を占め、脂肪などの栄養分が非常に豊富なことで知られています。 Jorgensen氏によれば、ホホジロザメの肝臓は海で見つけることのできる最もカロリーの多い食品の一つだそうで、シャチは栄養分の多いホホジロザメの肝臓を狙っていると見られています。 シャチは腕を持っていませんが、死体に残された傷から推測すると、ホホジロザメの胸びれあたりにかみついて、体を押して傷口から肝臓を取り出していると考えられているそうです。 by シャチはホホジロザメにとって脅威であり、まだ仲間のホホジロザメがシャチから襲われる前から、ホホジロザメはシャチの存在を感知するだけでその場から逃げ出すとのこと。 Jorgensen氏によれば、おそらくホホジロザメはシャチの匂いを嗅ぎ取って存在を感じ取っているそうで、シャチの匂いよってホホジロザメは「恐怖の風景」を作り出すとしています。 死への恐怖が動物の行動を変えることは自然界で多く見られるそうで、たとえば の存在は を海のより深い場所へと追いやるとされており、ジュゴンはイタチザメへの恐怖から、エサが少ないものの安全な深い場所へと潜ります。 また、犬の鳴き声がアライグマを遠ざけるといった事例も報告されています。 2009年のケースでは、シャチの存在がホホジロザメをファラロン諸島から遠ざけたため、ゾウアザラシにとっては捕食者の少ない天国といえる環境となりました。 「2種類の捕食者が遭遇した結果、勝者はゾウアザラシだったといえます」と、Jorgensen氏は述べました。

次の

メガロドンがシャチやホホジロザメと対決したらどうなる?

シャチ 対 サメ

海に生息する凶暴な生物、サメとシャチ。 果たして両者が戦った場合はどちらが強いのか、その答えは骨格を見れば歴然だった。 海の王者「サメ」と海のギャング「シャチ」。 どちらも凶暴で恐ろしい生き物には違いないが、果たしてどちらが強いのか?。 ふと疑問を抱く人も少なくないはずだ。 どちらも肉食な上、似たようなフォルムをしている。 海の最強生物をここでハッキリとさせてもらおうではないか。 そこで、両者の骨格を見比べてみることに!まずはシャチの骨格標本はこちら。 うおおおおお!!!!!まるで恐竜の化石のような迫力でめちゃくちゃかっこいい!!!!!! 前のヒレには、手のような形をした骨も見られる。 こんな頑丈な生物に襲われたらひとたまりもないぞ! 一方、サメの骨格標本はこちら!ええええええええええええっ!?あの凶暴な見た目とは裏腹に、中身がしょぼすぎる!!!!!!!!!!! 焼き魚を食べた後に残る、ちょっとした骨を見ているかのようなサメの骨格。 これだけ見る限りではいとも簡単に倒せそうだ。 それもそのはず、両者の体格は皆が思っているよりも違いがはっきりしている。 サメはこれだけ恐ろしい見た目をしていても、体つきに関してはシャチには遠く及ばない。 しかし、これはあくまで体格の話なので、実際に戦った場合は、もしかするとサメが他の要因でシャチを圧倒して倒すかもしれない。 そんな海の最強生物を決める戦いが今もどこかで行われているのかもしれない。 一度でいいから見てみたいところだ。

次の