数字で見る 大乱戦。 グローバル乱戦の幕開けに好戦首相は不幸だ|日刊ゲンダイDIGITAL

ネロ

数字で見る 大乱戦

経歴 [ ] 誕生から即位まで [ ] との息子としてに生まれる。 父はとの娘との息子であり、母は初代皇帝の孫との娘であった。 生まれた時の名前は ルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス Lucius Domitius Ahenobarbus である(しかしながら、以下混同を避けるため「ネロ」の名称で通す)。 が帝位を継承した37年に産まれるが、間も無く父グナエウスが40年に死去し、母もその妹と共にカリグラによって追放される。 父グナエウスの遺産はカリグラに没収され、ネロは叔母ののもとで育てられた。 その3年後カリグラ暗殺により、伯父のが擁立され第4代ローマ皇帝となると、彼によって小アグリッピナはローマに戻ることを許された。 クラウディウスには皇后と後継者のがいたが、にメッサリナがとの重婚及び反逆罪に問われると、その後妻としてがクラウディウスの皇妃の座に納まった。 母の計略により、ネロはクラウディウスの継子から養子となる。 この時点で名前が ネロ・クラウディウス・カエサル・ドルーススとなった。 皇帝クラウディウスの側近パッラスや母の采配により、クラウディウスの娘オクタヴィアとの婚姻が成立。 ブリタンニクスは徐々に疎外され、ネロの存在が際立つようになる。 そして年少のブリタンニクスよりも後継者に相応しいとさえ見られるようになり、ブリタンニクスの先に王位につける確約を得た。 にクラウディウスが死ぬと、ネロが16歳で即位して皇帝に成る。 皇帝ネロ [ ] 『The Remorse of the Emperor Nero after the Murder of his Mother』作(1878年)。 母を謀殺した後の皇帝ネロ。 ネロの治世初期は、でもあった哲学者やであったの教えや政治の補佐を受け、名君の誉れが高かった。 しかし数年後にはネロとその周囲の人間(母と側近2人)との間に微妙な緊張関係が見られるようになり、それがネロの影響力に現れてくる。 例えばネロが席につくとアグリッピナは隣に座っていたが、セネカがそれを諌めている。 ネロの友人もアグリッピナに不信感を抱きネロ本人に忠告してくる。 またネロは妻には不満で、の ()を寵愛していたが、アグリッピナの命でネロから離されそうになったところ、セネカの助けで事無きを得るということもあった。 ネロが母親の干渉を疎ましく思うようになると、アグリッピナはかつて自らが退けたブリタンニクスに注目するようになる。 この時点でもブリタンニクスは帝位継承権を有しており、その意味ではネロに代わりうる存在であった。 また彼は成人式がせまっており、大人の仲間入り、すなわち帝位継承権を行使できる立場に近付いていた。 そのブリタンニクスは成人の儀式目前でに急死した。 によれば、ネロが毒殺したと言う。 ネロとアグリッピナは一触即発状態となったが、セネカやブッルスが仲裁に入り、事無きを得た。 この頃、パエトゥスなる男がブッルスや母親の取り巻きの解放奴隷がの皇帝擁立を謀っていると告発したが、セネカが両名の弁護を担当し、パエトゥスは追放刑となった。 しかし、によれば、セネカもブッルスもこの事件以降、保身に努めるようになったと言う。 そしてネロが妻オクタウィアと離縁し、と結婚しようとするとアグリッピナと対立することとなり、にはアグリッピナを殺害した。 にブッルスが死去、同年セネカが再び横領の咎で告発される。 ここに至ってセネカは引退をネロに申し出る。 こうしてネロは妻オクタウィアと離縁、そしてボッパエア・サビナと結婚する。 ポッパエアは既に結婚していたが、夫(後の皇帝)は離婚させられた上、に左遷された。 その年の6月、オクタウィアが不倫の罪で自殺させられた。 ネロの暴君ぶりは元老院議員の生死まで左右した。 に(法務官職)にあった者が宴席でネロの悪口を言った咎で死刑されることから始まり、を含む多くの元老院議員が処刑された。 に元老院議員を皇帝に擁立する計画が発覚し、ピソに連座してセネカが自殺を命ぜられている。 こうしてのブリタンニクスの殺害に始まり、に母(アグリッピナ)、に妻(オクタウィア)、にセネカを殺害、加えてに発生したの犯人としてを迫害したことから 、後世からは暴君として知られるようになる。 ただ、ネロの後半生の悪行は、親友の前妻で再婚相手の皇妃ポッパエアによるものとする説も多い。 が、そういうことを言う人がいるという形で『皇帝伝』に載せた話から、よく母親にをされた例として引き合いに出される。 ネロの侍医は、蜂蜜を使った膏薬テリアカを考案した。 テリアカはに罹った犬や毒蛇に噛まれた際の、さらにはの治療薬として用いられた。 また、ネロの妻は蜂蜜とロバの乳を混ぜたを使っていたと伝えられている。 なお、によって暴君に豹変したという説が語られることがある。 というのもローマでは食器、コップ、水道管など広範囲にわたって鉛が使用されており、また、ローマ人(ネロとは別)のから大量の鉛が検出されているためである。 また、少なくない素封家、政治家が若いころまともだったのに年を取るにつれて豹変しているのも根拠として挙げられることもある。 しかしながら、古代ローマ人において特に鉛中毒の症状が顕著に発現したという有意の統計は得られておらず、また性格の変化は鉛中毒の一症状、それも他の諸症状に比べて目立たないものに過ぎず(鉛中毒による神経障害は、まず歩行困難などの症状に現れる)、そもそもネロの事績に関して言えば、名君が暴君に豹変したという性質のものではなく、善政を持続する能力に欠けていたというものであり(後世で悪政とされる行為の合間にも、善政的な行為をしている)、鉛中毒説は正規の学説ではない。 政策 [ ] ネロの政策は光と影がある。 ローマの大火後にネロが陣頭指揮した被災者の救済やそのための迅速な政策実行、ローマ市の再建は市民に受けがよかった。 ネロに批判的だったタキトゥスも、「人間の知恵の限りをつくした有効な施策であった」と記している。 当時のローマ市内は木造建築がメインだったが、大火以降にネロが建築した(黄金宮殿)は、の普及に一役買っている。 また、ネロがローマの大火以降行ったは、その後150年間も受け継がれた。 ただし、この大火もネロ自身が裏で暗躍し、自分好みの街を作りたかったという望みから起こされたとも言われている。 更に当時の文献がローマ博物館に寄贈されている。 59年には南イタリアのの円形闘技場で興奮したポンペイの住民とヌケリアの住民との間で乱闘が起き、以後、10年間、闘技会の開催を禁止されている。 これは、市民の秩序と安全のためであり、この際に二人役(市長職)を辞職させている。 市民に剣闘試合を禁じることは、市民の支持を失う可能性もあった。 結果、当時の后妃ポッパエアの計らいにより、剣闘試合の禁は数年後に解かれた。 で女王を首謀者とする反乱が起こったが、鎮圧に成功した。 鎮圧後の戦後処理も適切だったため、帝の時代までブリタンニアは平穏であった。 またの奮戦もあり(授与を躊躇ったために解決が遅れたが)、などオリエント諸国との外交政策も成功し、その後東方とは50年以上、の時代まで平和を保つことができた。 ネロの死後、パルティア国王は元老院に対して、「ネロは東方諸国にとって大恩ある人であり、今後も彼への感謝祭を続けることを認められたい」と申し出て受理されている。 セネカ引退後も、善政と無縁ではなかったのである。 ただ、その一方で歌手の真似事や部下や親族の見目麗しい人物を男女問わず皇帝の権限で搾取をするなど、国家元首の振る舞いとしては明らかに問題だった。 謀反を企てた者も、ネロの政治姿勢、政策より、このような振る舞いこそが皇帝にふさわしくないとしていた。 また皇帝暗殺の陰謀に関連して、コルブロなど有能な将軍を確たる証拠もなく謀殺したことで、軍からも反感を買ってしまった。 初代・は、ネロ帝による迫害で殉教した。 ペトロは、迫害の激化したローマから逃れ、アッピア街道をゆくと、師のイエスが反対側から歩いてくる。 ペテロが「主よ、どこへいかれるのですか? Domine, quo vadis? 」と問うと、イエスは「あなたが私の民を見捨てるのなら、私はもう一度十字架にかけられるためにローマへ」と答えた。 ペテロはそれを聞いて悟り、殉教を覚悟してローマへ戻ったという。 芸術の愛好家 [ ] ネロには四頭立て戦車の騎手や竪琴の歌手という、当時の社会では蔑まれていた芸人になりたいという願望があった。 歌が好きで、数千人に及ぶ観衆を集めコンサート(ワンマンショー)を開くのが趣味であった。 59年には「青年祭」という私的祭典で演奏した。 翌には、4年に1度開かれる祭に対抗し、5年に1度開かれる ネロ祭を創設した。 音楽、体育、戦車の三部門からなる。 その内、ネロは竪琴、詩、弁論の3種目に出場した。 元老院は皇帝がそのような行動をするのを阻止しようと出場の有無を問わず優勝の栄誉を授けようとしたが、ネロは堂々と出場して勝利するとこれを拒否した。 結局、優勝者が誰になったかは不明である。 さらに、競技にも出場し、優勝した。 ただし、主催者側が大胆な出来レースとした。 獲得した栄冠は1800にも及んだが、この勝利には不正が多くあったことから様々な批判が存在した。 たとえ敗れても勝利とされでは戦車から落下して競争から脱落しながらも優勝扱いになってさえいる。 64年には詩人として、ナポリで初めて公式に舞台に立った。 ナポリはネロの大好きなギリシャ文化が多くあり、劇場が小さすぎるとして、再建築を命じたほどである。 ポンペイウス劇場では独唱会も開いた。 1度目は運悪く地震で観客は皆逃げてしまった。 2度目は出入り口に人員を配置して逃げられないようにした。 しかし、あまりの退屈さに逃げる者が続出。 出入り口が使えない為、塀をよじ登ったり死んだ振りをして棺桶で外に運び出された者も居たと言う。 更には例外無く外に出ることを禁じたため、産気づき出産した女性も数人いたと伝えられる(親友の一人であったはネロの演奏中に退屈のあまり眠ってしまい、これが原因で絶交してしまう)。 65年の2度目の「ネロ祭」でも自ら詩を披露し竪琴を演奏した。 66年にはで大反乱が勃発()する中、9月から68年初までギリシアに武者修行に出ている。 イタリア凱旋時には、娯楽に飢えていた民衆に大歓迎されている。 ただし、この間、上流人士にも芸を強要したため議員や騎士の間ではネロに対する軽蔑や屈辱感が高まっていた。 自殺 [ ] ガルバ - 68年3月、の・による反乱が勃発。 属州総督のガルバ、オトがこれに同調した。 ウィンディクスの反乱は高地ゲルマニア軍により4月には鎮圧される。 ガルバはから「国家の敵」決議を受け逃亡した。 しかしその後、穀物の価格が高騰しているローマで、エジプトからの穀物輸送船が食料ではなく宮廷格闘士用の闘技場の砂を運搬してきたという事件が報じられ、ネロは市民の反感を買った。 元首の支持率低下を機にネロと対立していたは、ネロを「国家の敵」としを皇帝に擁立する。 ネロは逃亡しローマ郊外の解放奴隷パオラの別荘に隠れたが、騎馬兵が近づく音が聞こえるに及び、自らの喉を剣で貫き自殺した。 その際自分では死にきれず奴隷スポルスに切らせたという。 本人の自殺後、その墓にはローマ市民から花や供物が絶えなかったという。 ネロの死後皇帝となったはネロ派の軍や都市と敵対し粛清した。 しかしガルバから離反し皇帝になったはネロ派の復職を認めた。 ネロの銅像やの建設再開を許可し、ネロを裏切った護衛隊長を処刑し、民衆の人気を買った。 オトの次の皇帝はネロの慰霊祭を催して民衆を喜ばせた。 また、真偽ははっきりしないが、死ぬ直前に言ったとされる「何と惜しい芸術家が、私の死によって失われる事か」という言葉は有名。 更にネロが自刃した直後に現れた追っ手の百人隊長が、すでに死んだネロに危害を加えるのは流石に人の道に反するので、遺体を丁重に扱うためにマントを掛けようとした。 すると突如ネロの目が開き百人隊長の方を向くと「遅かったな。 だが、大儀である」と言い残し、かっと目を見開いたまま絶命した。 百人隊長はその死に様に恐怖したという。 ネロの最期に関してはの伝記『皇帝伝』に詳しいが、あまりにドラマチックな内容の為、作家の創作という説が強い。 死後 [ ] 「」および「」も参照 ドムス・アウレア(黄金宮殿)は、ローマ市街を焦土と化したの大火災の後に建設された、誇大妄想的な巨大宮殿である。 帝政初期のにあって、皇帝ネロが造形に与えた影響はかなり大きい。 ネロはローマ芸術の保護者を自認しており、今日、皇帝浴場と呼ばれている建築の先駆けとなるネロ浴場、そしてドムス・アウレア(黄金宮殿)を建設した。 当時ローマ市は非常に密集した状態であったにもかかわらず、エスクイリヌスの丘(現の丘)の斜面にを造り、人工池(現在コロッセオがある場所)とこれを囲む庭園を見下ろす、すばらしい景観を眺めることができた。 現在はトライアヌス浴場の地下に残された一部のみが残る。 八角形を半分にしたような中庭を挟んで、方形の中庭を囲む食堂などがある部分と八角堂のある部分に分かれ、おおまかな構成は当時の海辺に建設されたそのものである。 内部は大理石やモザイクを使った贅沢なもので、その装飾はルネサンス時代にと呼ばれ、らに影響を与えた。 しかし、この建物の真に革新的な部分は、ローマン・コンクリートによって構築された天井とが架けられた八角型の部屋である。 八角堂の形式は他にみられないが、ドムス・アウレアではじめて採用されたとは考えにくいので、直接の原型があると考えられる。 ドーム頂部からだけでなく、これに付随する部屋への採光を確保できるような造形は、オクタウィアヌスの時代から培われたローマン・コンクリートがあってはじめて成り立つもので、皇帝自らの邸宅に革新的な造形が採用されたことは、他の建築に新しい技術や意匠をもたらす契機となった。 ネロの死後、104年に宮殿は火災に遭い、その敷地は次々と公共建築用地に転用された。 宮殿の庭園にあった人工池の跡地にはコロッセウム(、コロシアム)が建設された。 建設開始は75年で、利用開始は80年である。 正式名称は「フラウィウス闘技場」(フラウィウス円形闘技場)だが、ネロの巨大な像()が傍らに立っていたため、コロッセウムと呼ばれるようになったといわれている。 コリントス運河 [ ] 詳細は「」を参照 67年にネロはコリントス運河の開削を開始。 に運河を掘る構想はの時代からあり、にもカエサルやも関心をもっていた。 ネロは6000人の奴隷を動員して3. 3kmあまりを掘ったが、途中、ローマでらの反乱が起こりネロは自殺してしまう。 死後、帝位についたガルバによって工事は中断された。 ネロが計画した運河は、1893年に完成した現在のコリントス運河と同じルートである。 古代ローマの土木建設技術の高さがうかがわれる。 年表 [ ]• 12月15日 - アンティウム(現在の)にて出生。 - クラウディウス帝の養子となり、ネロ・クラウディウスと改名する。 - 母アグリッピナの意向で通常より2、3年早く成人式を挙げる。 10月13日 - の死により即位。 - 義弟ブリタンニクス死去。 - 元老院属州と皇帝属州を合わせ国庫を一本化する。 - アグリッピナを殺害。 - オクタウィア自殺。 ポッパエア・サビナと再婚。 - ローマの大火。 その跡地に黄金宮殿()を建設。 - ピソの陰謀。 セネカが自死。 - の開削を試みるも成功せず。 6月9日 - 反乱を受けて自殺。 キリスト教聖書学における暴君としての評価 [ ] にかこつけて、人類史上初めてを迫害した挙句、「人類(ローマ国民)全体に対する罪」を罪状として科したため、キリスト教文化圏を中心にネロに対する評価は低い。 さらに、・はネロの迫害下で逆さ十字架にかけられ殉教したとされる。 だが当時のローマ帝国内では、ローマ伝統のを否定するキリスト教を嫌悪している者が圧倒的に多数派であった。 ネロを糾弾したをはじめとする後世のローマの達も、このことについてはむしろネロに近い立場を取った。 ただし、タキトゥスはもとよりキリスト教会の資料でも、この頃のキリスト教を迫害したのはネロではなくポッパエアがネロを動かしていたとするものもある。 以上の迫害のため、ネロは悪魔(獣の数字)や堕落した女(大淫婦バビロン)で暗喩される。 獣の数字「666」(悪魔として) [ ] 大淫婦バビロン。 きらびやかな装身具を身につけた女だが、手に持つ金杯は姦淫による汚れに穢されているという。 ネロはこの堕落しきった女で暗喩されている。 キリスト教の聖書『』のの一つに、(大いなるバビロン)がある。 きらびやかな装身具を身につけた女で、手に金杯を持つが、その杯は姦淫による汚れに穢されているという。 この堕落しきった女として暗喩されているのは古代ローマである。 彼女が乗る7つの首の獣はローマ帝国の7つの丘(もしくは7人の皇帝)を示しているとされる。 この時期には、ネロなど暴君の存在によりローマが退廃したといわれる時期でもある。 特にネロは人類史上初めてを迫害したために、このように暗喩されるようになった。 庶民の俗信によれば、アンチクリスト()はネロ、もしくはネロの姿で現れるといわれる。 [ ] 人格 [ ]• 花嫁衣裳を着て解放奴隷のピュータゴラースあるいはドリュポルスと結婚式をあげたという話が残っている。 また、スポルスという美少年を去勢させ妻に迎え歴代の皇后の装身具で着飾らせたという。 趣味があるとされ、おびただしい宝石で身の回りを飾り立てる嗜好があったと言われている [ ]。 中でもが大好きで気に入ったものはどんな手段を使っても手に入れていた。 そのためあるは、ネロに取られたくないばかりに蛍石製の柄杓を死の直前に叩き壊してしまったと伝えられている。 によると、ネロは無類の鳥類マニアで特にオウムやインコの類に目が無かった。 もっとも、金に飽かして集めたオウムやインコの殆どは天寿を全うすることなく、幾許かの日数を飼育された後、飽きてしまったネロによって殺され、食べられてしまったと伝えられている。 系図 [ ] 末裔 [ ] ビザンツ(東ローマ)皇帝ロマノス1世レカペノスの娘ゾエと結婚したジョバンニ・パレオロゴが先祖でビザンツ皇帝の一門やモンフェラート侯爵家、セルビア王家など、有力な王侯貴族と婚姻関係を結んでいるパレオロゴ家はネロの末裔を称している。 なお、ビザンツ皇帝の皇統の1つであるパレイオロゴス家とは別系統である。 ネロを主題にした作品 [ ] 文学作品• 偽セネカ『』• 『』、訳、 ほか• 『』、訳、岩波文庫 全3巻 ほか• の原作。 『』…ネロが周囲の反対者を排除して、寵愛するポッパエア・サビナを皇后とする物語。 1642年にで初演されたオペラ。 『』…ヘンデルのオペラの中でも代表作の一つ。 『ネローネ』…遺作となった未完のオペラ。 :「」…第1曲『チルチェンセス』は、ネロが円形競技場でキリスト教徒たちを猛獣に喰わせて殺害した残酷な祭りを描いている。 『十字架の徴』…1895年作の戯曲。 映画『暴君ネロ』(1932年、監督)の原作。 『』…ネロを主人公としたミュージカル。 『』(、のち中公文庫)• 『』() ネロが主人公の一人として登場する歴史。 『マンガ ローマ帝国の歴史3 カリグラ、ネロ、ユリウス朝の崩壊』• /『』(「」 1976 - 1977年)… 主人公の格闘士アリオンの醜悪な仇役として登場する。 でキリスト教徒の殺害を挙行したり、醜い中年皇帝として描写されたりするなど、史実との矛盾が目立つ。 、『』() 脚注 [ ]• 明石和康『ヨーロッパがわかる 起源から統合への道のり』、2013年、14頁。 原淳 『ハチミツの話』 六興出版、1988年9月。。 122-123頁。 、169頁。 , pp. 118-119; , p. 88, 89. 短い記述ではあるが、この宮殿の仕掛けの数々は、スエトニウスが記述している。 スエトニウス(国原2007b p. 166)。 小佐野 1993 pp. 39-40。 パーキンズ 1979 (桐敷1996 pp. 80-83)およびSear 1983 pp. 98-102。 Martialis, Marcus Valerius、Sullivan, John Patrick、Whigham, Peter、1987年『Epigrams of Martial - Englished by divers hands』カリフォルニア大学、 の51ページ目参照。 Cory, Catherine A. 2006. The Book of Revelation. Collegeville, Minn. : Liturgical Press. 61頁。 Garrow, A. 1997. Revelation. London. : Routledge. 86頁。 sources, translated from the original languages with critical use of all the ancient 2005. Rev. Winona, Minn. Just, Felix 2002年2月2日. 2006年6月6日閲覧。 Hillers, D. 1963. 170 170 : 65. Note: website requires subscription. The New Jerome Biblical Commentary. Raymond E. Brown, Joseph A. Fitzmyer, and Roland E. Murphy. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1990. 1009• 2011年7月6日, at the. by Peter M. Head, Tyndale Bulletin 51 2000 , pp. 1—16• whose name, written in Aramaic, can be valued at 666, using the Hebrew numerology of gematria , a manner of speaking against the emperor without the Roman authorities knowing. 参考文献 [ ]• 小佐野重利・姜雄編 『ラファエッロと古代ローマ建築』 1993年• 関連項目 [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - 第二次世界大戦末期にで出された自国施設破壊命令• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【ドッカンバトル】リーク(Vジャンプ&海外)最新情報まとめ【7月17日】

数字で見る 大乱戦

おすすめ最新情報 リンクスキル関連がバージョンアップ 次回のバージョンアップにてリンクスキル関連が大きく改修されます。 以前より告知されていた通りリンクスキルにLvが実装されるなどゲーム性に関わってくる部分が多いバージョンアップなので要チェックです! バトル中に発動したリンクスキルが確認可能 欲しかった人が非常に多かったであろう、発動中のリンクスキル確認が実装されることになりました。 これまで確認するにはキャラ毎にリンクスキルを見ていかなければいけなかったので非常にありがたい変更です。 パッシブスキルも確認できるようで、最近は覚えるのが難しい程長いパッシブスキルが多いためこちらもバトルを円滑に進められる良いアップデートと言えます。 リンクスキルにLvが実装 リンクスキルにレベルの概念が追加され、より効果が伸びていくようです。 リンクスキルのレベルはバトルに勝利することで確立が上昇します。 どれほどの確率かは不明ですが、同じキャラを使い続けることによって育っていくシステムになるようです。 これによって更にプレイヤー毎のキャラ個性が出るようになっており、潜在スキルやスキル玉によって好きなキャラが使いやすくなるかもしれません。 一部のリンクスキルが上昇修正 リンクスキルの上方修正がゲーム内にて告知されました。 現環境では僅かなATK増加などあまり意味がなかったので、これらのリンクスキルを持ったキャラは結構な強化を得たでしょう。 LRキャラに多い「伝説の力」や強カテゴリに多い「かめはめ波」など汎用的なものも多数強化されており、あらゆるキャラの性能が上昇しました。 汎用性の低いものは使える機会が少ない代わりに、大きく強化されました。 細かいところではLRジレンの持つ「インファイター」が敵全体のDEFを低下させるようになり、初撃から全属性効果抜群が発動しやすくなるなど特定の場面で輝くものにも注目です。 バトル開始直後から無条件でATK&DEF200%UP、攻撃を受ける度に気力増加と通常ガチャ産キャラに書いてあるのかと勘違いしてしまいそうなことをLRキャラのステータスで実現してしまっています。 更に全属性抜群や確定会心など状態異常が入るステージ、特にバトルロードでは無類の強さを発揮するでしょう。 逆に最近の長期戦イベントでは他のフェス限LRのような伸びしろがありませんが、最初からトップギアが入っているジレンであれば十分活躍できると思われます。 条件は厳しいですが、カテゴリ内では壁役とサポート役としてフェス限を優に超える活躍ができるでしょう。 ジレンをリーダーとした「第11宇宙」カテゴリでは、極限トッポも編成できるので、パーティ内のサポートが行き届き強力なパーティが組めると思われます。 どうしても立ち上がりが遅めなので、序盤が緩い長期戦などで活躍させましょう。 新物語イベント「プライド・トルーパーズ」 トッポとディスポの極限Zバトル開催に合わせて新物語イベントが開催されます。 ドッカン覚醒するカーセラルがドロップするようなので、宇宙サバイバル編関連のキャラが増えさらに層が熱くなります。 極限属性リーダーのステータスがリーク 120%リーダー陣の虹極限ステータスが判明しました。 入手機会も多く虹まで育成している方も多いキャラなのでこの高いステータスを活かして活躍させられるでしょう。 気玉取得毎のDEF低下が完全に無くなることはありませんでしたが、デフォルトで120%上昇がついているため全然気にする必要がなく、今までとは大きく運用が変わりました。 これまでよりは遥かに使いやすいはずです。 しかし、ATKの増加量は思った程ではなく、必殺技追撃を狙っていかなければそこまでの変化はありません。 とはいえ元から非常に高い火力を持っており、純粋なステータスの増加も大きいためシンプルに強力なキャラであるのは間違いないでしょう。 170%リーダースキルを持ったキャラが超サイヤ人3バーダック以外にも登場すれば火力面で大きく伸びるので、新規カテゴリなどに期待したいキャラでもあります。 気玉取得と必殺技でステータスを瞬間的に上げることが出来る短期決戦で活躍できるバランスの良い性能が特徴的です。 虹気玉取得で会心率も上げられ、追加攻撃も可能なので多属性の敵が出現するステージでも安定した火力が出せます。 アクティブスキルで火力が爆発的に上昇するので、終盤のとどめとしても有効でしょう。 中確率回避、ATK低下、高確率気絶という便利なスキルも盛り盛りなのでスーパーバトルロードでも重宝するでしょう。

次の

メダロイド 〜大乱戦!おはじきロワイヤル〜[Android]

数字で見る 大乱戦

おすすめ最新情報 リンクスキル関連がバージョンアップ 次回のバージョンアップにてリンクスキル関連が大きく改修されます。 以前より告知されていた通りリンクスキルにLvが実装されるなどゲーム性に関わってくる部分が多いバージョンアップなので要チェックです! バトル中に発動したリンクスキルが確認可能 欲しかった人が非常に多かったであろう、発動中のリンクスキル確認が実装されることになりました。 これまで確認するにはキャラ毎にリンクスキルを見ていかなければいけなかったので非常にありがたい変更です。 パッシブスキルも確認できるようで、最近は覚えるのが難しい程長いパッシブスキルが多いためこちらもバトルを円滑に進められる良いアップデートと言えます。 リンクスキルにLvが実装 リンクスキルにレベルの概念が追加され、より効果が伸びていくようです。 リンクスキルのレベルはバトルに勝利することで確立が上昇します。 どれほどの確率かは不明ですが、同じキャラを使い続けることによって育っていくシステムになるようです。 これによって更にプレイヤー毎のキャラ個性が出るようになっており、潜在スキルやスキル玉によって好きなキャラが使いやすくなるかもしれません。 一部のリンクスキルが上昇修正 リンクスキルの上方修正がゲーム内にて告知されました。 現環境では僅かなATK増加などあまり意味がなかったので、これらのリンクスキルを持ったキャラは結構な強化を得たでしょう。 LRキャラに多い「伝説の力」や強カテゴリに多い「かめはめ波」など汎用的なものも多数強化されており、あらゆるキャラの性能が上昇しました。 汎用性の低いものは使える機会が少ない代わりに、大きく強化されました。 細かいところではLRジレンの持つ「インファイター」が敵全体のDEFを低下させるようになり、初撃から全属性効果抜群が発動しやすくなるなど特定の場面で輝くものにも注目です。 バトル開始直後から無条件でATK&DEF200%UP、攻撃を受ける度に気力増加と通常ガチャ産キャラに書いてあるのかと勘違いしてしまいそうなことをLRキャラのステータスで実現してしまっています。 更に全属性抜群や確定会心など状態異常が入るステージ、特にバトルロードでは無類の強さを発揮するでしょう。 逆に最近の長期戦イベントでは他のフェス限LRのような伸びしろがありませんが、最初からトップギアが入っているジレンであれば十分活躍できると思われます。 条件は厳しいですが、カテゴリ内では壁役とサポート役としてフェス限を優に超える活躍ができるでしょう。 ジレンをリーダーとした「第11宇宙」カテゴリでは、極限トッポも編成できるので、パーティ内のサポートが行き届き強力なパーティが組めると思われます。 どうしても立ち上がりが遅めなので、序盤が緩い長期戦などで活躍させましょう。 新物語イベント「プライド・トルーパーズ」 トッポとディスポの極限Zバトル開催に合わせて新物語イベントが開催されます。 ドッカン覚醒するカーセラルがドロップするようなので、宇宙サバイバル編関連のキャラが増えさらに層が熱くなります。 極限属性リーダーのステータスがリーク 120%リーダー陣の虹極限ステータスが判明しました。 入手機会も多く虹まで育成している方も多いキャラなのでこの高いステータスを活かして活躍させられるでしょう。 気玉取得毎のDEF低下が完全に無くなることはありませんでしたが、デフォルトで120%上昇がついているため全然気にする必要がなく、今までとは大きく運用が変わりました。 これまでよりは遥かに使いやすいはずです。 しかし、ATKの増加量は思った程ではなく、必殺技追撃を狙っていかなければそこまでの変化はありません。 とはいえ元から非常に高い火力を持っており、純粋なステータスの増加も大きいためシンプルに強力なキャラであるのは間違いないでしょう。 170%リーダースキルを持ったキャラが超サイヤ人3バーダック以外にも登場すれば火力面で大きく伸びるので、新規カテゴリなどに期待したいキャラでもあります。 気玉取得と必殺技でステータスを瞬間的に上げることが出来る短期決戦で活躍できるバランスの良い性能が特徴的です。 虹気玉取得で会心率も上げられ、追加攻撃も可能なので多属性の敵が出現するステージでも安定した火力が出せます。 アクティブスキルで火力が爆発的に上昇するので、終盤のとどめとしても有効でしょう。 中確率回避、ATK低下、高確率気絶という便利なスキルも盛り盛りなのでスーパーバトルロードでも重宝するでしょう。

次の