ディスクアップ 設定1。 ディスクアップで本当に勝てるの?データから機械割を検証してみた

ディスクアップ 打ち方/レア役の停止型:パチスロディスクアップ(DISK UP/スロットディスクアップ)

ディスクアップ 設定1

導入店舗数は右肩上がり ディスクアップの人気は、 導入が開始された 2018年6月から、上がり続けています。 日本全国のパチスロ店の、 4割程度が、導入している状況です。 また、ディスクアップの台を、 中古で購入する場合の値段も、 上昇を続けています。 1台80万円を超えるなど、 その人気は、今後もしばらく続きそうです。 パネルの種類が多いのも、 人気の要因とされています。 青、ピンク、緑、水色など、 様々な台が登場し、それが売れており、 今後のトレンドになりそうな感じです。 なぜ、そこまで、 ディスクアップが人気を集めるのか? いくつかの理由が考えられます。 技術介入度がかなり高い台 パチスロの魅力の1つに、 技術介入が、出玉に直結すること というものがあります。 最低設定である、 設定1だった場合でも、 機械割100%を超えるのも 魅力的な要素です。 でも、技術がしっかりと伴っていて、 ビタ押しに自信がある人であれば、 ディスクアップの設定1でも、 機械割100%超えが可能です。 設定を気にすることなく、 腕が良ければ儲かる台なので、 パチスロ玄人から人気なのです。 また、ビッグボーナスは、 設定に関係なく、同じ確率なのも、 人気のポイントです。 設定が悪いから勝てない という 言い訳ができない台なのです。 ボーナス中のビタ押しも、 そこまで難しいものではありません。 狙い目がしっかりとあるので、 時間をかけて、打てば良いです。 玄人なら、いかに時間をかけずに、 ビタ押しをするかが大事ですが、 初心者の方であれば、 そこまで追い求める必要は無いでしょう。 ビタ押しを失敗しても心配不要 ディスクアップは、 とにかくビタ押しを成功させないとダメ、 そんな風潮があります。 実は、ビタ押しを多少失敗したとしても、 そこまで、影響は少ないと言えます。 1回も、失敗が許されない感じがして、 ディスクアップが楽しめない、 実践するのも怖いと感じる人もいるでしょう。 でも、実際は、 そこまで気にする必要は無いと言えます。 ARTに入りやすいのも魅力 ディスクアップには、 ダンスタイムと、 DJZONEというものがあり、 ダンスタイムに入れば、 先に、それが消化されます。 一番少なくて20ゲーム、 40ゲーム、60ゲームと続きますが、 非常に少ない確率ですが、 1,000ゲーム続く場合もありますし、 有利区間完走確定の1,500ゲームも。 有利区間完走確定の場合には、 エイリやんというキャラクターが登場します。 どんなキャラクターが出てくるかも、 ディスクアップのポイントです。 ダンスタイムに入らなくても、 ボーナス中にビタ押しで揃えた DJZONEがあります。 この時にボーナスを揃えれば、 ダンスタイムに突入し、 再びDJZONEのゲーム数を貯められます。 ヒキが良ければ、 いくらでも回すことができる、 それも魅力的な要素と言えます。 ちなみに、 ボーナス中に上乗せできるのは、 3ゲームから70ゲームとされています。 1ケタで終わることが多いですが、 デカPUSHボタンが出現すると激熱。 シンプルさもありながら、 それでいて、スロッターを熱くさせる仕様が ディスクアップの人気の要因です。 ART中のビッグボーナスが最強 ビッグボーナスには、 ノーマルと、ハイパーの2つがあります。 ノーマルビッグは、 赤、青、BAR、の 同色揃い、 ハイパービッグは、 青、赤、青、の 異色揃いです。 ビタ押しで、 ARTのゲーム数を稼ぐのは、 ノーマルビッグの話で、 ハイパービッグは、 技術介入無しで、ゲーム数を稼げます。 その一方、 ART中に、 同色揃いのビッグボーナスを成立させれば、 自動的にハイパービッグの扱いに。 目押しが苦手という人も、 ART中に引けば、 簡単にゲーム数を上乗せできます。 また、ダンスタイムに入れられず、 DJゾーンで引いた場合には、 自動的にダンスタイムに入る特典も。 ちなみに、この特典は、 レギュラーボーナスだった場合も 適用されます。 技術介入が必要無い分、 ここで調整をしているかもしれません。 可能性は、かなり低いものの、 1,500ゲームという 有利区間完走確定のケースもあるので、 諦めずに願ってみましょう。 初心者必見!ディスクアップのここに注意! ディスクアップは、ART機ですが、 天井機能が搭載されていません。 これは5. 9号機であるためで、 5. 9号機には天井機能がありません。 6号機から天井機能が復活しましたが、 なんとも恐ろしいスペックです。 Aタイプに、天井が無いことは知っていても、 5. 9号機に天井が無いことは、 知らないという人もいるでしょう。 ディスクアップは、当たりやすい台ですが、 1,000回転ハマリも十分にあります。 また、ディスクアップは、 ART機であるものの、 純増0. 5枚と、獲得枚数の増加が、 非常に少ないのもポイント。 いかに、ボーナスを引いていくか、 それが、ディスクアップで問われます。 現在、6号機と同じくらいの人気を誇り、 どちらのシマも人がいっぱい。 6号機ばかりを打っている人が、 ディスクアップに行き、 ARTの純増の少なさに驚くケースもあります。 初心者でも、ある程度は楽しめますが、 やはり、 玄人ウケする台と言えます。 シンプルで、技術介入要素がある分、 パチスロで生計を立てる人には、 狙いやすい機種でしょう。 リゼロの、純増8枚に慣れた人などは、 ディスクアップの出玉の増え方に 不満を感じても不思議ではありません。 パチスロの腕試しに、 ふさわしい台と言えるのかもしれません。

次の

ディスクアップ大負け続出!設定1でも勝てる理論にダマされるな!

ディスクアップ 設定1

ちなみに、その日は某取材イベントを開催していたのですが、あまりにも出過ぎてしまったのでディスクアップを全6ということで公表させていただきましたw どうせ打ってる奴らは1と6の区別もつかねえんだろうから、スランプデータが全台右肩上がりであれば全6ということにしてしまっても全く問題はないわけです。 確実に出したい時に入れる機種ではないです。 なお、前述した通りディスクアップにおいてはほぼ設定1が基本でありますが、ごくたまに2を使うケースがあります。 実際に1と2のスランプデータを掲載しますのでご覧ください。 設定1 スランプデータ 設定2 スランプデータ ランダムに選んだものを15枚づつ掲載しましたが、1と2の違いはスランプグラフでは分かりませんね(^^; むしろ2よりも1の方がスランプが安定している傾向があると感じるほどです。 まあ、そもそもディスクアップで設定推測する必要性はそれほど高くはないともいえます。 何故ならどんな設定を打ったとしても期待値はプラスであるからです。 ディスクアップ 完全攻略時の機械割 設定1:103. 0% 設定2:104. 3% 設定5:107. 2% 設定6:110. 0% ディスクアップに高設定が入るホールの傾向とそのタイミング 私は全国の業界関係者と繋がっているので、自分の所属する法人を含めて全国100店舗以上の設定帳票を閲覧できる立場にあります。 そして、その帳票を見ているとやはりディスクアップにはほぼ1しか使われておりません。 しかしながら、ホールによってディスクアップの運営方法において若干の違いがあることに気づきました。 そのことをまとめてみようと思います。 等価ホールは99%設定1しか使わない 非等価でも1がメインなので、それが等価となるとほぼ1しか存在しないといって良いです。 私が過去に見た等価ホールで56を使っているホールは、その法人で旗艦店もしくは、近隣に競合店が出現した為にノルマを大幅に下げてどうにか対抗したいという余程の状況下に置かれたホールでない限り56は存在しませんでしたし、そのようなホールにおいても56が入るタイミングはかなり限定されます。 非等価ホールで高設定が使われる条件 非等価ホールであれば、等価よりも2以上が入る可能性が大幅にアップしますが、それでも基本的には1しか入りません。 それではどのようなタイミングで2以上がはいるのかというとそれは以下のケースとなります。 【1】イベントを開催しておりその対象機種がディスクアップである 【2】ディスクアップ好きのライターが来店している 【3】新装開店などで増台アクションを打っている 【4】店長(もしくは設定師)がAタイプ好き まず【1】のケースでは、対象機種がディスクアップということなので当然高設定が入るわけですが、そもそもディスクアップを対象にする可能性が激低なので、取材イベントなどでディスクアップを狙うこと自体が得策ではありません。 しかも、仮に対象機種となった場合でもガセが多いです。 世の中には「どうせ打ってる奴らは1と6の区別もつかねえ」とたかをくくってオールピンのディスクアップコーナーを全6であったと豪語するとんでもない店長が存在しますので注意が必要です。 また【2】【4】に関しては、稀にある現象です。 ディスクアップ好きのライターが来店するタイミングであったり、店長も人間で好き嫌いがありますのでAタイプ好きであれば、1以外の設定を使うケースがあるのですが、 それでもせいぜい設定2しか使いません。 つまり【2】【4】程度の内容であれば、普段の配分に多少色を付ける程度としか考えないということです。 最後に、 最も設定が入りやすいシチュエーションとしては【3】の増台のタイミングとなります。 増台するということは裏を返せば「今後この台を育成していく」と言っているようなものなので、それ自体が高設定を入れる根拠となります。 その為、オール1ということは考えにくく、2以上であったり56を使うケースに関しても等価ホールでも何度か確認しました。 まあ「増台=高設定が入る」ということはディスクアップに限った話ではなく営業の基本といえますので、頭に入れておくと良いでしょう。 この立ち回りが最も良いと思われます。 どれだけ傾向を探ったところで、ほぼ1なわけですから期待値プラスであるだけで効率よく稼げる47等価のディスクアップを打ち続けるのが最も効率よく稼げる立ち回りと言えるでしょう。 ちなみに、設定1を完全攻略で消化した時の時給は以下の通り。 もちろん、現実的に完全攻略で1時間750~800Gでぶん回せる人は稀ですが、それでも技術さえあれば食える時代にあるということに変わりはありません。 繰り返しますが、ディスクアップで高設定を探すことはかなり効率悪いと感じます。 実際に日々の設定を見ている中で、ディスクアップで1以外が使われている例がほとんどないからです。 全国すべてのホールが100%そうと断言するつもりはないですが、余程の特別な環境でもない限りこの機械に1以外が入ることを期待するのはヤメた方が良いでしょう。 スロットで勝つための教材 私はディスクアップはあまり打ちません。 理由としては、私は設定推測することをパチスロの楽しみとしてるので、どの店に行こうが、どんなイベントに行こうがほぼ設定1しか入らないディスクアップを打ってもあまり楽しくないからです。 打ち手としては仮にディスクアップが全台プラス域であったとしても「設定1がうまいこと上振れしたんだろう。 」程度にしか思えませんね。 例えば何処かの媒体の取材などが入っていたとしてディスクアップしか出玉感がなかったら、今日はガセだったんだな。 と思ってしまいます。 私がディスクアップを打つタイミングとしては何処かの媒体の取材が入っていた日に来店してそのイベントがガセで負けてしまったときに、取り返す為にディスクアップを打ちますね。 ディスクアップとは関係ありませんがついでに質問させて下さい。 答えて頂けるとうれしいです。 去年から設定付きのパチンコの導入が始まってますが、正直どんなタイミングで高設定を使っているのかわかりません。 それともほとんどの店がほぼ1で営業してるのか。 最初こそ設定付第一段のヴァルヴレイヴが結構甘めに使われていると話題になったのは覚えていますが、最近はどうなのか全くわかりません。 お店が設定付きパチンコに高設定を使うタイミングと高設定を使ったときのお店側の狙いやメリットなどを教えて貰えると嬉しいです。

次の

ディスクアップ 打ち方/レア役の停止型:パチスロディスクアップ(DISK UP/スロットディスクアップ)

ディスクアップ 設定1

(条件が必ず変わる。 ) 少し考えれば分かることですね。 お客さんは、理論上の必須条件となる 「同じ台を延々と打ち続ける(リセット一切ナシで打ち続ける)」という行為ができないんです。 お客さん側は同じ台を打ち続けているつもりでも、お店がリセットをしていたり、設定を変えていたり、台の条件を変えてしまうと、これは確率・統計の話における条件も変わってしまいます。 また、こういったムラがあるからこそ、万枚といった大勝も起こりうるのです。 (ムラがないと万枚なんて、本来は出ません。 ) つまり、機械割が下振れする挙動の時だけ打ち続けてしまえば、 余裕で負ける、というわけです。 「長く打てば勝てる」というバカな理論には騙されないようにしましょう。 【機械割とムラの話】 たとえば、大ヒットした、バジ絆の設定6は機械割119. しかし、現実には、機械割の数字を越えて、万枚になることは起きています。 これが、ムラです。 (ムラがマイナスに働けば、普通に負けます。 ) ふつうに働いた方が期待値は高い なんなら1時間1,000円のバイトでも良いです。 ふつうに働いた方が、 期待値はハイパー高いです。 アホみたいな理論に踊らされて、人生を不毛に振り回されないようにしましょう。 大事なことなので、何度も繰り返しますが、 長く打てば勝てる理論は、ホールでは実現不可能です。 きちんと正しく認識しましょう。

次の