ぜんざい。 ぜんざいのレシピ

コトコト小豆からつくる 本格ぜんざいのレシピ・作り方

ぜんざい

小豆のはじめの煮方と渋抜き はじめに、小豆は鍋に入れるなどして 変色したり割れたり小豆があれば取り除きます。 続けてさっと洗い、たっぷりの水を加えてから中火にかけます。 鍋が沸いたら弱火にして、 そのまま5分煮ます。 徐々に煮汁の色も変わってきます。 5分経ったら、 火を止めてから蓋をして、30分ほど蒸らします。 30分後に蓋を取り、 小豆をざる上げして、煮汁は捨てます。 これが渋抜きで、この1回のみ行います。 ぜんざいを仕上げるのに不必要な苦みなので、一度煮汁を捨てるわけです。 基本の小豆の煮方(小豆の渋抜き後の下ゆで) 渋抜きを1回やった後に、鍋に汁気を切った小豆を戻し入れて、 水1リットルを加えます。 鍋を中火にかけて、沸いたらアクをすくい取ります(アクがさほど出なければ取らなくてOKです)。 また、このまま仕上げになるので、浄水器を通した水などを使うならここで使うとよいです。 火加減を極弱火にして ここから蓋をして約1時間煮て小豆に火を通します。 蓋をしたまままずは40~50分煮てみてください。 1時間炊く前に一度豆の硬さを見てみて、まだ硬ければさらに10分ごと、小豆に火が通って柔らかくなったかどうかを確認するとよいです。 小豆の品種や新豆か古い豆かなどの差で、45分で煮上がることもあれば、1時間半近くかかることもあります。 小豆の煮上がりの確認は、食べてみることも大事ですし、 指で小豆をつぶしてみて、芯まで柔らかいかを手でさわって確認することも重要です。 芯まで柔らかくなっていれば、 火から外して、蓋をしたまま30分蒸らします(この蒸らしで煮えムラをなくします)。 ぜんざいのレシピ(甘み付け) 蒸らしを終えたら、この鍋でそのまま仕上げに入ります。 砂糖と小豆をなじませるために火にかけ、沸いてきたら5~6分ほどコトコトと弱火で煮ればぜんざいの完成です。 問題なければそのまま砂糖投入でOKですが、小豆に対して 水が少ない場合は水50~100mlを追加したり、逆に多すぎるなら適宜煮汁を減らすとよいです。 小豆を炊く時間によって水分量の残り具合にも違いが出ることがあるので、水分と砂糖の分量は適宜調整しながらやってみてください。 切りもちをオーブントースターなどでふっくら焼いたり、を作って合わせるなどして、炊きあがったぜんざいと一緒にお椀に盛り付けていただきましょう!•

次の

ぜんざいの特徴・歴史・味

ぜんざい

寒さも日に日に増し、いよいよ冬がやってきます。 寒い時こそ食べたくなるスイーツのひとつと言えば、やっぱり「ぜんざい」ですよね。 ほっと温まるぜんざいは冬にこそ美味しく感じられるものです。 ここでは、そんな「ぜんざい」が美味しいお店を、日本が誇る人気の観光地である京都エリアに絞ってご紹介します。 旅行で京都に行った際には是非足を運んでみてください。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の

京都で食べるからこそ至福!京都の“ぜんざい”が美味しいお店厳選7選

ぜんざい

がおいしい! ゲストさん 13:27• がおいしい! ゲストさん 13:14• がおいしい! ゲストさん 12:59• がおいしい! ゲストさん 12:47• がおいしい! ゲストさん 12:30• がおいしい! ゲストさん 12:09• がおいしい! ゲストさん 12:08• がおいしい! ゲストさん 11:35• がおいしい! ゲストさん 11:29• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:21• がおいしい! ゲストさん 11:18• がおいしい! ゲストさん 11:17• がおいしい! ゲストさん 11:09• がおいしい! ゲストさん 10:46.

次の