Zoom id 発行。 ZoomのミーティングIDを固定する方法!発行や変更・PMI設定方法も

Zoomズームの使い方

Zoom id 発行

2020年4月からセキュリティ強化のためインスタントミーティングIDが9桁から11桁に変更になりました。 インスタントミーティングIDは以下のミーティングを利用する際に使用されます。 インスタントミーティング• スケジュールミーティング• 定期ミーティング これらのミーティングが作成される度にインスタントミーティングIDが変更されるようになっています。 Zoomアプリの「ミーティング」画面で確認できます。 このパーソナル(個人)ミーティングIDを使って部屋を立ち上げることができます。 常に固定されているIDのため同じ部屋が立ち上がることになります。 そのため自分に近い人以外とミーティングする際はあまり使われません。 むやみに他人に教えないようにしましょう。 ちなみに無料版ではパーソナル(個人)ミーティングIDの変更は出来ませんがZoomの有料会員になると変更可能ですよ。 ミーティングID発行方法とは インスタントミーティングIDはミーティングルームを立ち上げたりスケジュール設定をすることで発行できます。 ミーティングルームの詳しい立ち上げ方はこちら パーソナル(個人)ミーティングIDはアカウント登録時に与えられているため既に発行されていることになります。 ミーティングIDの確認方法 ミーティングIDの確認方法にはいくつかありますので以下から説明します。 ミーティングルーム内でミーティングIDを確認 ミーティングルームを立ち上げてルーム内でミーティングIDを確認できます。 ルーム内左上のインフォメーションマークをクリックすると小さい画面が表示されます。 この画面の2行目にあるのがミーティングIDです。 スケジュールミーティング作成後にミーティングIDを確認 Zoomではミーティングの予定を立てることができます。 スケジュール設定はホーム画面の「スケジュール」から設定できます。 スケジュール設定完了後にミーティング画面からミーティングIDを確認できます。 Zoomのホーム画面の上部にある「ミーティング」をクリック。 ミーティング画面の左側に先程のスケジュール設定をしたミーティングの予定が表示されます。 ここにミーティングIDが記載されているので確認してくださいね。 招待URLからミーティングIDを確認 ミーティングルームを立ち上げると招待するための招待URLを発行できます。 インスタントミーティングIDとパーソナル(個人)ミーティングIDかで10桁と11桁どちらかになります。 この招待URLを参加者のメール等に貼り付けて送ることで招待出来ますよ。 詳しい招待URL発行方法はこちらをご覧ください 「このミーティングIDは無効です」と出た時の原因と対処法 Zoomのミーティングに招待されていざ参加しようとした際に「このミーティングIDは無効です」と表示されることがあります。 このように表示された時の原因と対処法について説明していきますね。 「このミーティングIDは無効です」と表示される原因 「このミーティングIDは無効です」と表示される原因はいくつかあります。 ミーティングIDの期限切れ ミーティングIDには期限があります。 この期限を過ぎると「このミーティングIDは無効です」と表示されます。 ミーティングIDはミーティングルームの種類によって期限が異なります。 ・ インスタントミーティング ミーティングが終了すると同時に期限がきれます。 ・ スケジュールミーティング(非定期ミーティング) ミーティングがスケジュールされた開始日、または開始してから30日後に期限が切れます。 同じミーティングIDであれば30日以内までならミーティングを再開可能。 ミーティングがクラウドに記録されている場合はミーティング開始から90日後に期限が切れます。 ・ 定期ミーティング 最後のミーティング開始から365日後に期限が切れます。 ホストがミーティング中に参加者を削除した場合 これは「このミーティングIDは無効です」と表示されませんが同じミーティングIDを使用出来なくなるため説明します。 ミーティングルームのホストには参加者をミーティングルームから削除できる権限を持っています。 ミーティング中に不適切な発言や行動をしミーティングを妨害する人を強制的に退出させる機能です。 ミーティングルームのホストが参加者を削除した場合、再び同じミーティングIDを入力してもミーティングに参加できなくなってしまうのです。 ホストが以下の画面のように参加者欄から参加者を削除出来ます。 すると削除された参加者はミーティングルームから強制的に退出させられます。 そして再度同じミーティングIDを入力して入室しようとすると以下の画面が表示され入室できなくなります。 ミーティングから削除された場合は再度入室はできないため安易に削除しないようホスト側は気をつけなければいけませんね。 ミーティングIDの打ち間違い ミーティングルームに参加する際にミーティングIDの入力を間違えると「このミーティングIDは無効です」と表示されます。 打ち間違いには気をつけましょう。 コピーして貼り付ける方法が良いでしょう。 教えてもらったミーティングIDが間違っている そもそもホストから送ってもらったミーティングIDが間違っていたり古いミーティングIDであったりした場合も「このミーティングIDは無効です」と表示されます。 「このミーティングIDは無効です」と表示された時の対処方法 ここからは「このミーティングIDは無効です」と表示された時の対処方法について説明しますね。 ミーティングIDの再入力 ミーティングIDの打ち間違いの可能性があることを考え再度IDの入力を行ってみてください。 ミーティングIDは10桁11桁の数字で間違いやすいのでなるべくコピーして貼り付ける方法をおすすめします。 ホストに連絡しミーティングIDの再発行を依頼する ミーティングIDの再入力を行ってもミーティングに参加出来ない場合はホストに連絡し「このミーティングIDは無効です」となっていることを伝えてください。 ホストにミーティングルームを新しく立ち上げてもらいましょう。 ホストが削除した時の対処法 ミーティング中にホストが間違えて削除してしまった時にもう一度ミーティングに参加するためには新しくミーティングルームを立ち上げてもらうことで参加可能になります。 ミーティングに参加している人数が多く新しく立ち上げるのが難しい場合はホストと同じアカウントを使うことで再度入室が可能ですよ。 まとめ ミーティングIDの発行方法と「このミーティングIDは無効です」と表示された時の原因と対処法について説明しました。 ミーティングに参加出来なかった時は焦らずホストに相談してみてくださいね。

次の

web会議ツール「Zoom」とは?使い方1から解説します

Zoom id 発行

Zoomの個人ミーティングIDとは Zoomの個人ミーティングIDとは、アカウントを作成したときに割り当てられる10桁の番号です。 Zoomの個人ミーティングIDは、ミーティングルームを作成するときの ミーティングID(部屋番号)として使用します。 招待メールにも記載されている「ミーティングID」です。 この部屋番号は、• 個人ミーティングID(10桁)• インスタントミーティングID(9桁) のいずれかを利用することができます。 個人ミーティングIDを使えば、毎回同じ「ミーティングID」でミーティングルームを作成することが可能。 一方、インスタントミーティングIDを使った場合は、毎回違った「ミーティングID」が自動生成されます。 メリット Zoomの個人ミーティングIDを利用するメリットは、毎回同じ「ミーティングID」で参加できる点です。 これにより相手側は、履歴から呼び出すことで「ミーティングID」を入力する手間が省くことができます。 また、Zoom(無料版)の40分の時間制限後、再接続するときに「固定ミーティングID」を使用していれば、同じミーティングIDとなるので参加者の混乱もなくなります。 ただし、Zoomの個人ミーティングIDを不特定多数の人に教えてしまうと、• 他の人と話しているときに突然入ってくる といった可能性があります。 そのため、基本的には、信頼できるメンバーだけに教えたほうがいいでしょう。 Zoomの個人ミーティングIDの使い方 ここからは、Zoomの個人ミーティングIDの使い方について解説していきます。 今すぐ会う(インスタントミーティング) 今すぐ会う(インスタントミーティング)で「個人ミーティングID」を設定する場合は、新規ミーティングの右横にある「下矢印」をクリック。 「マイパーソナルミーティングID(PMI)を使用」にチェックを入れてからスタートします。 逆に「個人ミーティングID」を使わないのであれば、これらのチェック・選択を外しておきましょう。 個人ミーティングIDに固定する方法 しかしながら、毎回、新規ミーティングをするたびに「個人ミーティングID」を選択していると忘れる可能性もあります。 パーソナルミーティングIDの右横にある「編集」をクリックします。 「即時ミーティングにパーソナルミーティングIDを使用する」にチェックを入れてから「変更を保存」をクリックすれば完了です。 これで新規ミーティングを作成するときは、いつでも「ミーティングID」が「個人ミーティングID」に固定されるようになります。 スケジュールミーティング スケジュールミーティングで「個人ミーティングID」を設定する場合は、ミーティングIDを「自動的に生成」から「個人ミーティングID」に変更すればOKです。 ZoomのミーティングIDを「個人ミーティングID」に変更して、パスワードを「999999」などの簡単なものに設定していれば、相手も参加しやすくなります。 Zoomの個人ミーティングIDのよくある質問(Q&A) ここからは、Zoomの個人ミーティングIDのよくある質問(Q&A)をまとめていきます。 個人ミーティングIDは変更できるの? 個人ミーティングIDを変更するには、Zoom有料版に加入する必要があります。 無料版の場合は、 有料プランユーザーのみ、パーソナルミーティングIDを選択することができます。 というメッセージが表示されます。 Zoomの「無料版」と「有料版」の違いについては、次の記事を参考にしてください。

次の

ミーティングIDを入力してZoomに参加する方法

Zoom id 発行

アカウント登録しないで本当に使えるの? 先程アカウント登録しなくてもWEB会議できると記載しましたが、WEB会議を開く為にはアカウント登録が必要です。 つまり、WEB会議のオーナーはアカウントが必要なのですが、WEB会議のオーナーにならない人、WEB会議の「参加者」はアカウント登録は必要ない。 といったことになります。 WEB会議に参加するためにには? ZoomでWEB会議に参加する方法をご紹介していきます。 WEB会議用のURLを発行して貰う まず最初にWEB会議を開くオーナーにURLを発行してもらい、URLを送ってもらいましょう。 届いたURLをクリックしてアクセスをしてください。 exeファイルを実行または保存しますか?と表示されますので「実行」を押して下さい。 実行をするとZoomのデータインストールが開始されます。 インストールはすぐに完了します。 Zoomでの名前を決める Zoomで使用する名前を入力しましょう。 多くがパソコンで使用しているユーザー名が表示されると思います。 ビジネスで使用する場合は本名を入力しましょう。 入力をしたら「参加」ボタンを押して下さい。 WEB会議に参加 相手とのWEB会議が開始されます。 このままでは、まだ音声が聞こえないので「コンピューターでオーディオに参加」を押して下さい。 WEB会議を終了をするには WEB会議を終了をするには「ミーティングの終了」を押して下さい。 メニューが表示させるにはマウスカーソルを画面の上で動かせばボタンが表示されます。 以上でZoomでWEB会議を行うことができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 Zoomを使用すためのデータをインストールする必要がありますがアカウント登録をしなくてもWEB会議を簡単に行うことができます。 さらに、「レコーディング」を行えばWEB会議の録画をすることができます。 レコーディングはWEB会議の映像付きと音声のみの2つの種類で保存することができます。 是非ご活用くださいませ。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,661• 118• 524• 457• 546• 176• 198•

次の