ポララミン。 がん治療で使われる「副作用を軽減するための薬」

医療用医薬品 : ポララミン

ポララミン

抗ヒスタミン薬の作用機序 アレルギー反応に大きく関わっている物質としてヒスタミンがあります。 ヒスタミンが働くことにより、アレルギー症状としてくしゃみや鼻水などの症状が表れます。 「アレルギーを引き起こす物質」がヒスタミンであると考えてください。 ヒスタミンは H 1受容体(ヒスタミン1受容体)に結合することで、先に挙げたアレルギー作用を示すようになります。 そのため、このH 1受容体を阻害してしまえば、アレルギー症状を抑えることができると分かります。 このような作用をする薬が抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を抑えることができますが、副作用も知られています。 抗ヒスタミン薬の有名な副作用として眠気があり、薬を服用することで眠たくなってしまいます。 そのため、薬を服用することで仕事の効率が落ちてしまいます。 初期に使用されていた抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用が強く、第一世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれます。 それに対して、これら抗ヒスタミン薬による副作用を改善した薬が登場しました。 これらの薬は第一世代の抗ヒスタミン薬と分けて考えるため、第二世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれます。 クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)は昔から使用されている第一世代の抗ヒスタミン薬になります。 妊婦に使用されるクロルフェニラミン(商品名:ポララミン) 抗ヒスタミン薬が使用される時、基本的に副作用が少ない第二世代の抗ヒスタミン薬の使用を考えます。 ただし、中にはクロルフェニラミン(商品名:ポララミン)の使用を考慮する時があります。 それは、妊婦に対して抗ヒスタミン薬を使用する場合です。 抗ヒスタミン薬に催奇形性(胎児に奇形をもたらす作用)は知られていないものの、胎児に対する安全性も確立されていません。 そのため、 妊婦に対して抗ヒスタミン薬の使用はできるだけ避けなければいけません。 ただし、妊婦に対する使用経験が多い抗ヒスタミン薬としてクロルフェニラミン(商品名:ポララミン)があります。 そのため、 アレルギー症状を抑えるためにどうしても抗ヒスタミン薬が必要な場合、クロルフェニラミンが使用されます。 このように、抗ヒスタミン薬の中でも妊婦に対して使用する時に考慮する薬としてクロルフェニラミン(商品名:ポララミン)があります。

次の

アレルギーやアナフィラキシーで使われる注射薬、エピペン、サクシゾン、ポララミン、ネオフィリン、イノバン

ポララミン

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した 再審査対象外。 重大な副作用 頻度不明• ショック:ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、チアノーゼ、呼吸困難、胸内苦悶、血圧低下等の症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 痙攣、錯乱:痙攣、錯乱が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が現れた場合には、減量又は休薬等適切な処置を行う。 再生不良性貧血、無顆粒球症:再生不良性貧血、無顆粒球症が現れることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止する。 その他の副作用• 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分又は類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者。 閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難、尿閉等が現れ、症状が増悪することがある]。 低出生体重児・新生児。 慎重投与• 開放隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し、症状が増悪する恐れがある]。 甲状腺機能亢進症のある患者[抗コリン作用により症状が増悪する恐れがある]。 狭窄性消化性潰瘍、幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制、緊張低下が起こり、症状が増悪する恐れがある]。 循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により、症状が増悪する恐れがある]。 高血圧症のある患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され、血圧が上昇する恐れがある]。 重要な基本的注意 眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意する。 相互作用 併用注意:• 中枢神経抑制剤、アルコール[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する 本剤の中枢抑制作用により、作用が増強される ]。 MAO阻害剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する 本剤の解毒機構に干渉し、作用を遷延化し増強することがある ]。 抗コリン作用を有する薬剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する]。 ドロキシドパ、ノルアドレナリン[併用により血圧の異常上昇を来す恐れがある 本剤はヒスタミンによる毛細血管拡張を抑制する ]。 高齢者への投与 一般に高齢者では、生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 小児等への投与 低出生体重児、新生児には投与しない[中枢神経系興奮等の抗コリン作用に対する感受性が高いため、痙攣等の重篤な反応が現れる恐れがある]。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 保管上の注意 遮光した気密容器。

次の

【薬剤師が味見してみた】古くから使われているけどポララミンドライシロップって何味なんだろう???

ポララミン

【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 そこで抗がん剤を投与する前に、前処置として副作用を緩和、あるいは予防するために薬を投与します。 これを「前投薬」といいます。 予想される副作用によって、さまざまな薬が用いられます。 例えば、タキサン系のパクリタキセルでは、アレルギー症状の予防にステロイド薬のデキサメタゾン、抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミン、H2ブロッカーを投与することが義務付けられています。 吐き気に対しては制吐剤の前投薬で予防します。 アプレピタント、パロノセトロンなどの新しい制吐剤も登場しています。 プラチナ製剤などが引き起こす強力な吐き気に対しても、従来の制吐剤よりも吐き気を抑える作用が強いとされます。 このように副作用のために有効な薬を十分に使えないということがないよう、副作用に対してはさまざまな対策が講じられています。 治療薬も兼ねるステロイド薬 ステロイド薬はアレルギーを予防する支持療法としても重要な薬ですが、抗がん剤と組み合わせた併用療法として使われることもあります。 例えば、デキサメタゾンは炎症を抑える作用のほかに、がん細胞の自死 アポトーシス を促す作用もあることから、多発性骨髄腫などでは多剤併用療法の1剤として用いられています。 その一方で、アナフィラキシー・ショックの予防や抗がん剤による副作用 吐き気・おう吐 を抑える作用があり、支持療法としても欠かせない薬です。 同じくプレドニゾロンも、血液がん 悪性リンパ腫など の治療薬としてよく用いられます。 【サイト内 特設ページ】 がんに関する情報は、世の中に溢れています。 「何を信じていいのか分からない」と不安なら。 こちらのページに解決策があります。 がん治療専門のアドバイザー・本村です。 私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。 「本村さん、おかげで元気になりました」 そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。 しかし毎日届く相談メールは、 「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」 「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」 「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。 しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」 こんな苦しみに溢れています。 年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。 それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。 なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。 しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。 共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。 幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。 では、がんに勝つにはどうすればいいのか? 最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。 こんにちは。 本村ユウジです。 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。 プロとして10年の経験があります。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。 玉石混合の情報が飛び交っています。 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。 それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。 がんと闘う人が、できるだけ心身にキズを負わず、命を縮めることなく。 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。 そして正しい知識を持つことが不可欠です。 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。 ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。

次の