ブルーハーツ。 【必見】ブルーハーツ(THE BLUE HEARTS)のおすすめアルバム3選!

甲本ヒロト

ブルーハーツ

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 1980年代中盤から90年代中盤までに音楽シーンを塗り替えたバンド、ザ・ブルーハールを掘り下げて行きます。 プロフィール• バンド名 ザ・ブルーハーツ• 活動開始 1985年• カテゴリー ロックバンド• 所属レコード会社 イースト・ウエストジャパン 現在。 メンバーは何してる?解散の理由は?「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」の誕生秘話は? 2015年にバンドは結成30周年を迎え、復活気運は高まりましたが実現せずに現在に至っています。 まあバンド再開についてはメンバーの誰かが再結成に閃きを感じてやろうと言うことにならなければ恐らく無理です。 続いてはメンバーは現在何をしているのかについて書いて行きます。 ボーカル 甲本ヒロト 甲本ヒロトさんは、ソロでの活動はしておらずザ・ブルーハーツ解散後は、ハイローズを結成、解散。 現在はクロマニヨンズを組んで活動しています。 また、甲本ヒロトさんについては何かの病気を患っているのでは無いか?と言う事や何かの薬と結び付いているのではという噂が常にあります。 ギター 真島昌利 ザ・ブルーハーツ解散後はボーカル甲本ヒロトと共にハイローズ、クロマニヨンズに参加し現在もクロマニヨンズの活動が続いています。 また、ザ・ブルーハーツ在籍時代から作詞作曲センスには定評があり、当時アイドル歌手だった近藤真彦に『アンダルシアに憧れて』を提供、現在も氣志團やのん(能年玲奈)などに楽曲提供をしています。 ベース 河口淳之介 現在の音楽活動については不明、またザ・ブルーハーツの解散原因とされる人です。 ドラム 梶原徹也 ザ・ブルーハーツ解散後いくつかのバンドを経由して現在、THUNDERBEATというバンドで活動しています。 ここまではバンドメンバーの現在について書いてきました。 ギターの真島とボーカルの甲本が現在もJ-POPの最先端で活動しており、他のメンバーについても音楽に関わっていると言う事で安心しました。 スポンサーリンク 続いてはザ・ブルーハーツの解散理由について書いて行きます。 ベース河口淳之介氏が幸福の科学に魅了され傾倒して行ったため解散したというのが理由らしいです。 その傾倒ぶりは、凄いものでベースに幸福の科学のロゴを入れてライブビデオにそのまま映っていたりとバンド周辺のスタッフ達が困惑したようです。 また、ザ・ブルーハーツに在籍していた時は宗教入信は公言されることはありませんでした。 また、当時甲本ヒロトさんがより高い音楽を目指して自身がバンド脱退を考えており、中心メンバーである彼が抜けるなら解散という流れもあったという噂もあります。 色々な複合的な理由が重なった部分があったのだろうと思います。 続いてはザ・ブルーハーツの楽曲「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」について書いて行きます。 TRAINTRAINは6枚目のシングルでTBSドラマはいすくーる落書の主題歌に起用されて大ヒットを記録しました。 当時TBSで放送していたザベストテンにもランクインしましたが、一度も出演する事はなくブレイク当時からライブを大切にしていました。 続いては「情熱の薔薇」は9枚目のシングルでレーベル移籍第一弾シングルでした。 この頃屈折していた音楽活動状況であったようです。 まとめ 確かにザ・ブルーハーツの曲は歌詞と言うよりパッションを感じるものが多かった様な気がしますね。 TRAINTRAINにしても歌詞の中で使っている言葉は誰にでもわかりやすいように書かれているがその言葉で説明できない部分があの曲になった感じだと思います。 これ位のほとばしる情熱をぶつけているミュージシャンが今の時代にいるだろうかと考えるときがあります。 今はロジカルに曲を書いてこう書いたら喜ぶだろうと考えて書く事はあっても理屈じゃなくて感情だというぐらいの楽曲は少なくなった気がします。 それを考えると、活動期間は短かったけどザ・ブルーハーツに色んな物を貰ったというリスナーは沢山いすぎる程だと思いますね。 今後このようなバンドはあまり出てこないという感じは確かにありますね。

次の

THE BLUE HEARTS

ブルーハーツ

スズキサトシ です! 1985年に結成し、その唯一無二の言葉の力で日本のロックシーンに旋風を巻き起こしながら、バンドブームを牽引した存在であるブルーハーツ。 カッコつける手段としての音楽も多いなか、彼らの歌はひたすら弱者に寄り添うものであり、熱烈な支持を獲得してきました。 約10年間の活動で8枚のアルバムを残し、時代の象徴とも言える楽曲を数多く残してきたのは、多くの人が知るところ。 解散から20年以上経った今でも歌い継がれ、数多くの人を惹き付けており、その色褪せない魅力は一言では現わせないものがあります。 その人気ゆえにベスト盤も乱立しており、後からオリジナルアルバムを集めたいと思っても非常に分かりにくいのは否めません。 そこで今回は、初心者が最初に手に取るべき、ブルーハーツの名盤を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。 「ブルーハーツの名盤は?」と聞かれると、誰しも真っ先に挙げるのは1stアルバムでしょう。 徐々に盛り上がりつつあった、日本のインディペンデントな音楽シーンを、さらに飛躍させる起爆剤となったアルバムであり、バンドブームの象徴とも言える作品。 ブルーハーツはデビューまでは2年ほど活動しており、既に数多くのレパートリーが存在し、その中でも選りすぐりの12曲を収録した内容です。 ゆえに手垢の付いた表現ではありますが、まさにこのアルバムこそ『捨て曲無し』という表現がふさわしいと言えます。 つまらない音楽なら3分でも長く感じますが、この33分間のアルバムはあっという間に過ぎ去り、「もっと聴きたい」と思わせてくれる、本当の意味での音楽。 「リンダリンダ」「終わらない歌」「未来は僕等の手の中」「少年の詩」など、ブルーハーツを代表する楽曲も多く収録されており、初心者も手に取りやすいですね。 ヒロトマーシーの全キャリアのオリジナルアルバムにおいても、今もなお燦然と輝いている屈指の名アルバム。 日本全国隅々にまで、「ブルーハーツ」の名前を轟かせた3rdアルバム。 ブルーハーツを代表するヒット曲である「TRAIN-TRAIN」も収録され、ベストに挙げる人も少なくないでしょう。 1stは8ビートの勢いで突き抜ける感じがありましたが、同作はミドル~スローなナンバーも多く、とくに「青空」は詩人・真島昌利の名を世に知らしめた屈指の名曲。 それゆえに、どんどんとブルーハーツが大衆性を帯び、過去とのギャップや世間からの過剰な期待に疲弊し、次作では言葉を薄めた方向に進みますが、それはまた後の話。 シングルカット曲以外でも人気の高い曲が多く、「電光石火」「僕の右手」などは、ぜひ聴いておきたいところ。 激しさよりもしっとりとした印象が目立ちますが、その表現力の幅こそがブルーハーツが他のバンドと一線を画す一因でしょう。 『3選じゃないの?』とツッコミが入りそうですが、この2作は対を成す内容であり、同じタイミングで作られたアルバムであるため、ひとまとめで紹介。 ブルーハーツ後期の名盤と言われる作品であり、アップテンポな曲を集めた「STICK OUT」、スロー~ミドルな曲を集めた「DUG OUT」という、ブルーハーツ唯一のコンセプトアルバム。 「STICK OUT」においては、1stアルバムにも引けを取らない圧倒的な勢いが見られ、とくに「1000のバイオリン」「月の爆撃機」あたりは、必聴とも言えます。 シングルカットもされた人気曲「夢」も収録されているなど、初心者も楽しめる内容。 対になる「DUG OUT」は荘厳なバラードナンバーである「手紙」から始まるように、どちらかというと入り口には不向きな印象。 「夕暮れ」といったヒロト作の人気曲もあったりしますが、同作の神髄はマーシー曲にあると言っても過言では無く、「風・夜・夏」などの風景・情景を描写する美しい言葉が立ち並び、忘れていた感覚を思い出させてくれます。 正直、どちらも甲乙つけ難い内容なので、ぜひ2つとも手に取ってもらえると嬉しいですね。 「ブルーハーツのおすすめアルバム3選」まとめ• ということで、ブルーハーツのおすすめアルバムを紹介してきました。 今回紹介したアルバムであれば、どれを手に取っても色んな角度で楽しめるのは間違いありませんが、やはり断トツなのは1st。 全部名曲と言える珠玉の内容であるのは間違いなく、バンドの魅力が隅から隅まで詰まっています。 1枚聴き始めると、どんどんのめり込んでいくでしょうから、その際はこの記事などを参考にしつつ、少しずつでも集めて行ってもらえると嬉しいですね。 なお、現在ヒロトとマーシーは『ザ・クロマニヨンズ』として活動しており、活動10年を超えながらも、ひたすら走り続けるモンスター級のロックンロールバンド。 ブルーハーツは聴けずとも、動くヒロトマーシーは今でも見れますので、少しでも気になればライブに足を運んでもらえると嬉しいですね。 ちなみに「最初はやっぱりベスト盤を買いたい」、という方は別記事でおすすめのベスト盤を紹介してますので、参考にどうぞ。 ちなみに一枚だけ選ぶなら、ブルーハーツ結成30周年で発売されたものがオススメです。 代表曲が完全網羅されており、とりあえずの一枚には間違いありません。

次の

ブルーハーツの現在【メンバーの今,画像,ボーカル,年収】伝説,解散理由は宗教の幸福の科学?甲本,真島,河口,梶原

ブルーハーツ

スズキサトシ です! 1985年に結成し、その唯一無二の言葉の力で日本のロックシーンに旋風を巻き起こしながら、バンドブームを牽引した存在であるブルーハーツ。 カッコつける手段としての音楽も多いなか、彼らの歌はひたすら弱者に寄り添うものであり、熱烈な支持を獲得してきました。 約10年間の活動で8枚のアルバムを残し、時代の象徴とも言える楽曲を数多く残してきたのは、多くの人が知るところ。 解散から20年以上経った今でも歌い継がれ、数多くの人を惹き付けており、その色褪せない魅力は一言では現わせないものがあります。 その人気ゆえにベスト盤も乱立しており、後からオリジナルアルバムを集めたいと思っても非常に分かりにくいのは否めません。 そこで今回は、初心者が最初に手に取るべき、ブルーハーツの名盤を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。 「ブルーハーツの名盤は?」と聞かれると、誰しも真っ先に挙げるのは1stアルバムでしょう。 徐々に盛り上がりつつあった、日本のインディペンデントな音楽シーンを、さらに飛躍させる起爆剤となったアルバムであり、バンドブームの象徴とも言える作品。 ブルーハーツはデビューまでは2年ほど活動しており、既に数多くのレパートリーが存在し、その中でも選りすぐりの12曲を収録した内容です。 ゆえに手垢の付いた表現ではありますが、まさにこのアルバムこそ『捨て曲無し』という表現がふさわしいと言えます。 つまらない音楽なら3分でも長く感じますが、この33分間のアルバムはあっという間に過ぎ去り、「もっと聴きたい」と思わせてくれる、本当の意味での音楽。 「リンダリンダ」「終わらない歌」「未来は僕等の手の中」「少年の詩」など、ブルーハーツを代表する楽曲も多く収録されており、初心者も手に取りやすいですね。 ヒロトマーシーの全キャリアのオリジナルアルバムにおいても、今もなお燦然と輝いている屈指の名アルバム。 日本全国隅々にまで、「ブルーハーツ」の名前を轟かせた3rdアルバム。 ブルーハーツを代表するヒット曲である「TRAIN-TRAIN」も収録され、ベストに挙げる人も少なくないでしょう。 1stは8ビートの勢いで突き抜ける感じがありましたが、同作はミドル~スローなナンバーも多く、とくに「青空」は詩人・真島昌利の名を世に知らしめた屈指の名曲。 それゆえに、どんどんとブルーハーツが大衆性を帯び、過去とのギャップや世間からの過剰な期待に疲弊し、次作では言葉を薄めた方向に進みますが、それはまた後の話。 シングルカット曲以外でも人気の高い曲が多く、「電光石火」「僕の右手」などは、ぜひ聴いておきたいところ。 激しさよりもしっとりとした印象が目立ちますが、その表現力の幅こそがブルーハーツが他のバンドと一線を画す一因でしょう。 『3選じゃないの?』とツッコミが入りそうですが、この2作は対を成す内容であり、同じタイミングで作られたアルバムであるため、ひとまとめで紹介。 ブルーハーツ後期の名盤と言われる作品であり、アップテンポな曲を集めた「STICK OUT」、スロー~ミドルな曲を集めた「DUG OUT」という、ブルーハーツ唯一のコンセプトアルバム。 「STICK OUT」においては、1stアルバムにも引けを取らない圧倒的な勢いが見られ、とくに「1000のバイオリン」「月の爆撃機」あたりは、必聴とも言えます。 シングルカットもされた人気曲「夢」も収録されているなど、初心者も楽しめる内容。 対になる「DUG OUT」は荘厳なバラードナンバーである「手紙」から始まるように、どちらかというと入り口には不向きな印象。 「夕暮れ」といったヒロト作の人気曲もあったりしますが、同作の神髄はマーシー曲にあると言っても過言では無く、「風・夜・夏」などの風景・情景を描写する美しい言葉が立ち並び、忘れていた感覚を思い出させてくれます。 正直、どちらも甲乙つけ難い内容なので、ぜひ2つとも手に取ってもらえると嬉しいですね。 「ブルーハーツのおすすめアルバム3選」まとめ• ということで、ブルーハーツのおすすめアルバムを紹介してきました。 今回紹介したアルバムであれば、どれを手に取っても色んな角度で楽しめるのは間違いありませんが、やはり断トツなのは1st。 全部名曲と言える珠玉の内容であるのは間違いなく、バンドの魅力が隅から隅まで詰まっています。 1枚聴き始めると、どんどんのめり込んでいくでしょうから、その際はこの記事などを参考にしつつ、少しずつでも集めて行ってもらえると嬉しいですね。 なお、現在ヒロトとマーシーは『ザ・クロマニヨンズ』として活動しており、活動10年を超えながらも、ひたすら走り続けるモンスター級のロックンロールバンド。 ブルーハーツは聴けずとも、動くヒロトマーシーは今でも見れますので、少しでも気になればライブに足を運んでもらえると嬉しいですね。 ちなみに「最初はやっぱりベスト盤を買いたい」、という方は別記事でおすすめのベスト盤を紹介してますので、参考にどうぞ。 ちなみに一枚だけ選ぶなら、ブルーハーツ結成30周年で発売されたものがオススメです。 代表曲が完全網羅されており、とりあえずの一枚には間違いありません。

次の