アルトサックス もてる。 サックス用ストラップのおすすめ【選び方】2本持ち推奨!

アルトサックスを吹ける男がモテる理由

アルトサックス もてる

『歌う』ようにサックスを吹きたくはありませんか?速いフレーズやテクニックよりも、いい音色こそが人の心に響くのです! ぼくがサックスを始めたのは大学1年生の夏でした。 中古のアルトサックスと格闘の日々を思い出します。 当時はインターネットもなく、手探りというよりはただやみくもに吹いていただけでした。 学生の特権で、時間と練習場所には事欠きませんでしたが、今思えば、効率の悪い、無駄な労力をかけたものです。 以来20年、休み休みながらサックスを吹いて来て、いまだに思うのは「もっともっといい音で吹きたい!」ということです。 音づくりは、初心者、ベテランを問わず、全ての奏者のライフワークなんですね。 今や、教本は数々ありますが、サックスを音楽的に鳴らす基本中の基本、音づくりをこれほど重視した練習メソッドはありそうでなかった!目からウロコです。 これを書いた岡野さんは、僕も付き合いが長いんですが、教わり上手というのか、持ち前の行動力で、達人から練習のコツや奏法のポイントを聞き出すのが上手で、しかも教え上手でもあるズルい(爆)人です。 このワークブックには、有名な先生やプロ・プレイヤーの、秘密 かどうかはわかりませんが のノウハウがぎっしり、しかもわかりやすい形で詰まっています。 あまりにたくさんの先生の教えが矛盾無く統合され、整理されているので、元ネタの先生方からお叱りを受けるのでは?と心配になるほどです。 それに岡野さん、サックス講師から仕事を奪っちゃダメですよー!(笑) ぼくから見てもかなり内容が濃いので、みっちり取り組むトレーニングですが、楽しく練習していくうちに、自分の音がどんどん変わっていくのを発見できるはず。 【自分だけの素敵な音色で、愛器を吹きたい!】 そして、 【聴いてくれる人には愛と感動をあたえたい】 そんな想いでサックスを始めたあなたなら、 このメソッドは一番のパートナーとなるはずです。 私はサックスを始めてかれこれ八ヶ月になります。 私の音楽の知識は始めた時には譜面を見て確か「ド」はここだったよね?と人に尋ねた程度のレヴェルです。 そんな程度ですから子供のころリコーダーもやったはずですが記憶の彼方です。 それがどうして始める気になったか自分でも良くわかりませんが(譲ってもらったサックスが家にあったと言う理由かな?) 始める以上はYoutube等々でプロの方からアマチュァの方まで色々な演奏を聴きサックスは「音色がいかに大事か!」は分っていましたから佳い音色で吹ける様になりたいと強く思いました。 しかしながら素人の悲しさ、何をどうして良いのかこれで良いのか悪いのか、どんな練習をすれば良いのかさっぱり分りません。 某大手音楽教室にも通いました。 そこの先生は今思ってもとても佳い先生ですが30分の個人レッスンでは短すぎました。 そこで見つけたのが岡野さんのテキストです。 このテキストには佳い音の鳴らし方、そしてそこに至る練習方法が懇切丁寧に書かれてます。 しかもメールでのサポート付です。 私も初心者らしい今思えば恥ずかしい質問、トンチンカンな質問をたくさんしました(今でもしてます・・) しかし優しい岡野さんはそんな質問にも嫌な顔もせず答えてくれます(メールで嫌な顔って分らないですね) そして私の場合は始めて2ヶ月経ったある日、テキストの三分の二あたりでしょうか。 今までにない楽器の振動を感じたのです。 この頃、サックスを同じ場所(カラオケボックスです)で吹いている方から「ジャズの音してますね!」とおっしゃって頂き、また中学からフルートをやってらしゃる方からも「よく鳴ってますね。 習ってらっしゃるのですか?」とお褒めいただきました。 勿論まだ改善する所はたくさんあると思いますが・・・。 音楽の素養もなく楽器経験もないこんな私がここまで来れたのはこのテキストのおかげだと思ってます。 どうすれば佳い音色になるんだろう?とお悩みの方は、他にはないこのテキストを始められたら如何でしょう? 数ヵ月後にはきっと良い結果が出ると思います。 それからもう一つお勧めしたいことがあります。 岡野さんのレッスンです。 地方にお住まいで東京に出て来れない方には誠に申し訳ありませんが、近郊にお住まいの方、東京に来る機会のある方には、一度でもレッスンを受けられることをお勧めします。 出し惜しみせずどんな質問にも答えていただけますし、相手を緊張させない方です。 テキストにメールでのサポートそれにレッスンが加わればあとは本人の努力だけです。 巧くなりたいと強く思ってらしゃる方にはお勧めです。 生徒は私のようなおじさんや、ママさんブラスの方が多いようです。 大手教室のグループレッスンに納得が行かなかった人がほとんどだとか。 ちなみに私は二週間に一回程度レッスンを受けておりますが、テキストの内容にはない、まったく別のことを教われるので毎回楽しみです。 中学生のころかな?トレーニングペーパーで勉強の手ごたえのあった人、これはお勧めです! トレぺって懐かしくないですか?あの教材のお世話になった人なら、反復練習で知らないうちに出来るようになった自分が発見できる、あの嬉しさ、わかるハズです。 この教材のワークシートははっきりいってトレーニングペーパーですよ。 つまり簡単に言うと反復練習なんだけれども、知らないうちに徐々に音域が広く吹けるようになって来る自分がいるのですよ。 こういう教材は今もって出会ったことないなあとボーっとしていたら、いきなり頭に電球が灯ったんです。 「あ、これトレぺだ!」って。 で、巷の楽譜の教材は、がっちり吹ける人が作っているから、初心者が「この辺で滞る」ことを想定していないでしょう? このトレぺは「初心者であればここは反復すべき」という順序で構成されているから、ほとんど壁にぶち当たらんのですよ。 でも、さすがにステップ3になると「ここはコツがあるはずだ」と思うのでメールで相談するでしょ。 するとですね、まるでその疑問が事前に想定されていたかのように分かりやすい解説がもらえる。 これは親の丸付けより優れた「トレぺの添削」みたいなもんですよ。 ステップ3が終わったら、教材を始める前の自分とはまったく違う音になっています。 どんな教材がいいかわからない、続ける自信がない、そんな人はトレぺにお任せしちゃえばいいんです。 特に習える先生が周りにいない人には自信を思って勧めちゃいますね。 あ、中学生でトレぺやったことがある人なら絶対です! サックス、実は3年前に挫折したんです。 大手の『大人の音楽教室』でグループレッスンだったのですが、当然【初心者クラス】に入ったのに、いったい吹けたのか、吹けないのかも解らないうち、【中級クラス】になりました、こんなオッサンなのに!とたんに楽譜が難しくなった(もともと読めてない!)のと吹きたい曲がなくて辞めてしまったんです。 いったい何万円損したでしょうか。 それで、実はこの90日講座、前から気になっていたんだけど、なんかためらっていたんです。 でも第4期、・・・第6期と受講する人も増え、その上ダウンロード販売も連続1位というのもずっと続いているし、これはひょっとしたら俺みたいなオッサンのためにあるのではないか??と思いはじめ今回7期で申し込みました。 そうしたら「なんで、もっと早く申し込まなかったのか!」と逆の意味で後悔しましたよ。 教室では「ここはこういう風にタンギングをしっかり」といわれるのですが、このテキストは入口からまったく違いました。 「え?、それ何?」って狐につままれたっていうじゃないですか、アレですよ。 テキストを読んで、ワークシートをやって、当然疑問が出る。 それをメールで相談する。 すると「わかるような解説がもらえる」この好循環がモチベーションを維持してくれるのです。 教室では教えてもらいになんとなく行っていただけで「理解する」ということを意識していません。 だから具体的な疑問に対して具体的な回答がもらえると「それをやってみれば良いだけ」。 何でこんな簡単なことが世の中になかったんでしょうね!どうしてサックスという楽器が鳴るのか、そのメカニズムが解れば良い音になるのは当たり前なんですね。 そうしたら、吹きたい曲とかじゃなく、なんでもパーン!と気持ちいい音になって自信がもてるようになったので、もうそれだけで満足という感じです。 2ヶ月くらいやった時『大人の音楽教室』の楽譜を押入れから取り出して吹いてみたら、あの頃とぜんぜん違う音になっていました。 楽器や音楽に対するもモヤモヤが晴れて、会社でも明るく仕事をしているのが不思議です。 でも一番驚いていたのが家内ですね。 「同じ楽器とは思えない、同じ亭主とも思えない」ですって(笑)。 私は現在61歳、30年以上のブランクを乗り越え、4年前からサックス吹きを再開。 クラッシクサックスのレッスンも受け始めました。 しかし、ここ1~2年以下のようなことをいわれて、もう先が無いのにと思い、悩んでおりました。 ・あなたの音はいつもふらついて安定しない。 ・参加していた市民バンドからは、音程が悪い、音がでかすぎると散々です。 レッスンの先生の言葉ではどうすればいいか良く分からなかったんです。 そこで、だまされたと思いこの「掟」を購入しました。 (すいません岡野さん) 「掟」は、良い音色を出すのに何をしたら良いかという事が、具体的にわかりやすく書かれています。 でも、私にとって凄く支えになったのは、どんなつまらない質問にも真摯にお答え頂いた事です。 例えば、 ・唾液が多くて困っている。 ・息を出す感覚が分からない。 ・リードが最近合わない、MP中毒症状ついての質問 効果は、徐々にでなく質問に答えてもらった日に急に出ました。 「掟」開始後2ヶ月後、 知り合いのレストランで、フルート仲間とコンサートがやらさせてもらいました。 打ち上げの時に、「お前練習で手抜いていたろう! 今までの音と今日の本番で音色が全然違うじゃない!」 聴きに来ていた、クラリネット吹きからは、フルートとサックス(ソプラノ)で音色が全然違うのに、綺麗にハモってましたと。 (これって、お世辞半分でも最高にうれしかったです。 ) そしてついにレッスンの先生の顔が変わったのです。 ブレマンのエチュード吹いたところ、「不思議なくらい非常に良くなった」と言われました。 「音に勢いが有って、pで音が震えないし、fは力強い、なにより堂々としている。 (応援メールのおかげです。 ) 体の中が、良い張りになってるでしょう。 」 その後先生と話をしました。 色々苦労する事は良い事で、何より大事なのは、良い感じに吹けたときの感覚を、文字にして、「キーワード」にする事ですといわれました。 なんとそれらは「掟」そのものなんです。 少々興奮しております。 (それほど嬉しいんです。 ) この講座は役立つ事がいっぱいですが、 1番私が気に入ったのは、14の掟の練習を始める前に「楽器に名前をつける」事です。 こんなこと今までの参考本にありましたか! サックスは学生時代に吹いていて、社会人になってからは忙しく縁遠い日々を送っていたのですが、ようやく最近は暇を見つけて練習を再開できるようになりました。 小生のサックス歴は合計で大体5年くらいでしょうか。 昔からの悩みであったのが、やはり音色というか音抜けです。 このような悩みを持っている方は多いのではと思います。 初めて間もない頃にデイブリーブマンの本を読んで目からウロコというか、根本的なサックスに対する考え方に軽いショックを覚えて日夜励んで参りました。 この教材につきましては小生がマウスピースなど勉強させてもらっているT氏のブログに紹介されていていたホームページがここであったという次第です。 また、このページを読んでいて小生が購入してみようと決めた理由は僭越ではありますが挙げさせて頂くと、 その1 90日間という点に説得力を少し感じた。 その2 T氏のブログでここのページが紹介されていた。 その3 著者の人生歴があまりに詳細でリアルであった。 しかも写真も載っている。 その4 著者の教材作成の動機から他人を幸せにしたいという気持ちが伝わってきた。 その5 購入者の推薦文が面白く、取り組んだ人にしか書けない内容だと思った。 等です。 これで「ひっかけ」なら相当なものだなと、えいままよ。 と、購入に至った訳であります。 教材自身は前から自分がサックスに対する(おそらくこういうものであろう。 という)哲学と相通じるところがあり、あまり抵抗なくすんなりと入れました。 それでもあのデイブリーブマンの本を読んだときと同じくらいの目からウロコ、ショックがあったのは確かです。 一番はメールでの相談でしょうか。 こんな質問したらアホかなと羞恥心を感じながら相談いたしましたが、どんなに稚拙な質問にも懇切丁寧にお返事をいただきまして本当に感謝いたしております。 自身の経過ですが、初めて30日目くらいでしょうか。 いつものようにメールにて小生の悩み(もちろんサックス吹奏に関してですが)を相談いたしましたところ丁寧な指導をいただきましてその夜、早速実践したところ、まさにその瞬間にブレークスルー breakthrough 、開眼したように思います。 今でもはっきりと覚えております。 45日目くらいでしょうか。 通っているサックス教室の先生に『ヒュー。 今日は鳴っているねぇ。 また、来月の発表会で小生の演奏については生演奏の伴奏(普段は大体打ち込みの伴奏)でやりましょう。 と言っていただける程になりました。 90日後の小生なのですが、はっきり言って以前の小生とは全然違います。 まさしく月とスッポンという感であります。 本当に有り難いことと存じます。 加えて、この90日間に小生のサックスのセッティングが決まったことも大きな喜びの一つです。 これも著者のご指導のおかげです。 最後に、読むだけでは上達しません。 やはり自身の気持ちの分だけ上達するのではないでしょうか。 他人に上手くしてもらおうと思わずに自身で努力すること。 素直にアドバイスを受け入れること。 これが大事だと思います。 自分自身が変わっていくこと。 (今まで上手くならなかった訳ですから。 )この覚悟があれば必ず何らか、いやかなりの進歩があると思います。 小生のサックス吹奏もまだまだスタートラインといった感じで、このような推薦文を書かせて頂き大変恐縮ではありますが、一人でも多くの方が良い音で吹奏し演奏者、そしてそれを聞いた方々が少しでも幸せな気分になれれば素敵な事だなと思っております。 深謝 この講座の岡野コーチは現役プロのアーチストじゃないところがミソだと思います。 気難しい演奏家じゃないから、アマチュアで頑張っている人の気持ちをすごくよくわかってくれるんです。 メールで何回も相談していてすごくそれが嬉しかったんです。 自分の悩んでいる「こんなこと聞いていいのかな」と思うような簡単なこともとてもていねいに教えてもらいました。 特にセッティングについてはいろんな可能性をたくさん教えてもらい、リードまで送ってもらったのはビックリです。 なんか部活の親切な先輩みたいです。 実は僕は駅前のグループレッスンに通っているのですが、そこの先生は「いろいろやってみて」としか教えてくれません。 ああいう先生は時間がないからしょうがないと思います。 それでこの講座のワーク・シートが半分ぐらい終ったとき グループレッスンの先生に「ほら、良くなってきたじゃない」って言われたんです。 「ほら、」って僕は別にその先生に「音の作り方」はなんにも教わってません。 そしたらそのグループの生徒の人が「音がひとりだけいつのまにか変わりましたよね」といわれてさらに嬉しかった。 今度、グループレッスンの楽器のリースが終わるので、思い切って東京に行って新しい楽器の選定に付き合ってもらうことになっています。 これからも宜しくお願いします。 あ、最初にプロじゃないって言ってすいません。 でも、初心者に教えるレッスンのプロだと思います、ぜったい。 1万5千円でっせ!!メッチャ高い、思いました。 でもさんざん迷ったあげく買いました。 ダメダメ。 この講座はサックスを吹く「情報」をくれるんじゃなくって、サックスを吹くための「心構え」をくれるんですヨ。 もちろん「目から鱗の」情報もありましたよ。 でも、講座の真髄はメールサポートだなあ。 だからメールで相談しない人は半分も価値を生かせていません。 パラパラ~とテキストめくってアホクサ、思う人いると思います。 そういう人はどんな教室に通っても上手くなりませんね。 きっとアホくさい人生送ってるんですわ。 僕はハッキリ言ってこの講座でサックス吹く時だけでない物凄い勇気をモライマシタ。 もういつでも自信を持ってライブに臨めます。 おおきに、ありがとう!! 私は、数ヶ月前にサックスを始めた初心者です。 教えてくださる先生もおらず、だからといって、習いに行くほどのお金や時間もないし…。 誰か、アドバイスをくれないかなぁと思っているときにこの講座を目にしました。 値段的にもお手ごろだし、3ヶ月という期間が決まっていれば、頑張れるかなと、思い切って購入してみました。 これまでにもテキストのようなものも買ったことはありますが、イマイチぴんと来なかったです。 でもこの講座は違います! 例えば、よく言われる「のどを開く」ということ。 分からないではないけど、どうしたらいいのか…。 この講座の中では、その感覚をつかむためにどうしたらいいかも、しっかり教えてくださってます。 当たり前のようだけど忘れがちなことも気づかせて下さいました。 また、サックスが吹けない日でも、できる練習も紹介されていますし、他にはないトレーニング方法やコツのつかみ方がたくさん掲載されています。 また、メールサポートも、とても親身になって、相談に乗ってくださいます。 初心者の私には、最初の11日間のテキスト篇を読んだだけでも、大きな変化があったように思います。 初心者の方、よきアドバイザーがいないという方、分かった気になってるけどもう一度見直してみたい方… この講座は、本当にお勧めですよ!!

次の

サックス/サクソフォンのご案内 | 楽器のことなら野中貿易

アルトサックス もてる

優しく暖かい素朴な音色が魅力のオカリナ。 「となりのトトロ」や「ゼルダの伝説 時のオカリナ」などの有名なアニメやゲームでも度々登場する神秘的なイメージのあるオカリナですが、実は誰でも吹けちゃうとっても難易度が低い楽器です。 私も実際にオカリナを持っていますが、リコーダーと一緒で、もはや息を吹き込むだけで音がなります。 しかも指使いもリコーダーとほぼ一緒。 オカリナ初心者ですが、始めたその日には曲を1曲まるまる吹くことができちゃうくらい簡単でした。 しかも初心者用のオカリナなら3000円程度で買うことができますし、手入れも必要ありません。 だからとりあえずなにか趣味で楽器を始めたい!という方にとってもおすすめな楽器なんですね。 誰でも簡単に吹け、独学OK!他の楽器で挫折した人にも! 吹いて演奏する楽器の多くは最初音を出すコツをつかめないと、なかなか音が鳴らなかったりします。 しかし、オカリナはリコーダーのように息を入れるだけで音を出すことができます。 指使いもリコーダーにそっくりです。 リコーダーを吹くことができるならオカリナも吹くことが可能なんです。 だからオカリナはわざわざオカリナ教室に通わなくても最初から楽しく吹け、挫折しにくい楽器といえます。 肺活量も必要としないですし、難易度がとても低い楽器なので、女性や、子供からお年寄りにもオススメの楽器です。 値段が安い! オカリナは3000円も出せば初心者に十分なクオリティーの楽器を購入できます。 最初から数十万も用意しなくては鳴らない他の楽器に比べると、ずっと気軽にスタートできますよね。 手入れが必要ない! 多くの管楽器は、演奏した後はケアが必要です。 また、定期的に楽器屋さんに持って行ってキーのズレなどを調節してもらわないといけないので、メンテナンスにもそれなりにコストがかかります。 オカリナは練習後に手入れが必要ない楽器。 面倒なケアをしなくてもいいし、楽器の組み立てもなく、吹きたいときにサッと出して吹けます。 吹いた後はそのまま放置してOK。 楽器自体も値段が高くないので、万が一何かあったら新しいものを変えばいいのです。 持ち運びが楽! スタンダードなオカリナは両手におさまるくらいコンパクト。 すっとポケットにいれて持ち運びができるので、旅行先や、お気に入りの場所など好きなときに好きな場所で演奏できるのがいいですね。 予算別!初心者におすすめのオカリナ 初心者におすすめのオカリナの種類は? オカリナにはいろいろなサイズの音の高さの異なるものがあります。 その中でも初心者におすすめなのがアルトC菅です。 なぜなら音階がピアノと一緒のため、初心者にとってはわかりやすい上に、音程が高すぎず低すぎずちょうど良いから。 楽譜も容易に入手できますし、いろんな曲にトライできますよ。 初心者におすすめのオカリナはどれ? 初心者の1本目のオカリナにオススメのオカリナは、 です。 え、プラスティック?と思われるかもしれませんが、万が一落としても割れないし、プラスティック製なだけあって、個体差ほぼありません。 ナイト byノーブルの プラスティックオカリナは3000円前後という値段ですが、この価格帯のオカリナの中では作りが良く、音程も安定しているのでオススメです。

次の

サックスをはじめよう

アルトサックス もてる

「」で紹介したように、ギターとベースに限らず楽器ごとの性格や特徴はあるのでしょうか? 今回は「吹奏楽」にテーマを絞り、現役の音楽家で学生時代に吹奏楽部に所属していた3名に、学生時代から現在まで周りにいる管楽器専門の人の印象を好き勝手に話してもらいました! 各楽器の担当者に、共通点は見つかるでしょうか。 「楽器あるある」ネタ、いってみましょう。 すべての人に当てはまる内容ではないことを前提に、ぬるい目で見守って読んでくださいませ。 吹奏楽あるある、楽器ごとの性格を分析! さて、本題に入る前に今回の発言者3名のご紹介。 海さん(女性) チェロ奏者。 幼少期からチェロを習い、小学生の頃に吹奏楽部に所属。 音楽の知識があることから、当時は希望した通りアルトサックスを担当。 ユウさん(男性) 作曲家。 物心がつく前からピアノに触れ、音楽漬けで育つ。 中学時代に吹奏楽部に所属し、楽譜が読めるなど音楽の心得があることが買われ、希望通りアルトサックスを担当。 キーさん(男性) キーボーディスト。 小学校高学年よりピアノを習い、高校時代に吹奏楽部に所属。 学園ヒエラルキーに敗北し、不本意ながらホルンを担当。 本音はサックスがやりたかった。 では、まずは今回のメンバー3人中、2人が担当していた「サックス」はどうでしょう? 自己評価も含めてどうぞ!.

次の