極悪人の勇者へ。 京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの?

どんな極悪人でも立ち直る可能性がある

極悪人の勇者へ

2018. 23 怨みをいだいている人びとのなかにあっても、 われわれは安穏に生きよう。 怨みをもっている人びとのあいだにあっても、 われらは怨みなく安楽に過ごそう。 「ダンマパダ」(197) 画像・AdobeStock 殺人などの罪を犯した者に、わたしたちは大きな怒りや憎しみをいだいて、厳しい処分は当然だと思います。 人殺しは悪いことです。 しかし、だからといって、犯人を死刑や極刑に処することが、その答えになるのでしょうか。 「立ち直るために、なんとかしてあげられないだろうか」という心をもつことが大切だと思うのです。 仏教ではどんな極悪人でも、立ち直る可能性があると教えます。 お釈迦さまの弟子には、かつて千人もの生命を奪おうとしたアングリマーラがいます。 つぎつぎと人を殺し、「あと一人を殺せば千人」というところで、お釈迦さまに出会ったのです。 そんな男でも、出家して悟ることができました。 よく考えてみれば、罪を犯した者だけが悪いのではありません。 わたしたちにも、その責任の一端があるのではないでしょうか。

次の

極悪人

極悪人の勇者へ

これで、国家から認められている元は、残り17人になった。 支援団体の元代表者の不正を暴こうと立ち上がっている91歳のがいる。 それでもその他のは、もしており、身寄りもなく、静かにくらしているとみられる。 韓国に法があるのか、そのが日本と同様なのかはわからないが、やはり、同年代のお年寄りと一緒に老人で暮らしていくことは、難しいだろう。 まだ少し若いころに、全員が名前を公表して、日本から国家賠償金をもらっているから。 お互いに同じ境遇であることでホッとする半面、過去がすることもあるだろう。 それでも仲間と「ナヌムの家」で生活することが、お金を出すこともなく、生活的には平穏なものだったのだろう。 今、91歳の元の呼びかけに応じて、合意金10億円の行方が洗い出されている。 このお金をもらう権利があるのは、国家でも支援団体でもなく、元自身のみだ。 生存者17人のみで、10億円をわけると、単純計算で約5880万円。 韓国政府が仮に、手数料を取ったら、は韓国に売られたことになる。 国家が胴元で、てら銭を抜くという意味だ。 支援団体が不正使用したら、これは、もう犯罪である。 必要経費、事務費など取らず、手弁当で支援すべきことだからだ。 若い時代にも、しなくてもいい、地獄の日々を味わった。 今、死に近づいても、それは、同胞たちの手によって行われている。 17人から、本音を聞きたいものだ。 そして、近い将来17人全員が亡くなった時に、残ったお金は返還されてしかるべきものである。 身体を売ってもいない、やには支払うべき義務はないからだ。 韓国の国旗 関連ニュース•

次の

薬物依存は極悪人か?「転落」したNHK元アナは訴える:朝日新聞デジタル

極悪人の勇者へ

2019年は違法薬物の使用・所持で芸能人が逮捕されるという報道が相次いだ。 3月にミュージシャンで俳優のピエール瀧さん、5月に「KAT-TUN」の元メンバー・田口淳之介さん、女優の小嶺麗奈さん、11月にタレントの田代まさしさん、女優の沢尻エリカさんなどが逮捕されている。 そのたびに報道は過熱。 ときには違法薬物を使用・所持した芸能人が「極悪人」のように騒ぎ立てられることもあった。 筆者はこれまで約6年、薬物依存に悩む当事者やその家族、専門家などに話を聞き、実際に回復の道を歩んできた人たちの姿を多く見てきた。 違法薬物を使用した過去を持っていたとしても、現在は同じように薬物依存で苦しんでいる人たちやその家族を支援するために奮闘したり、子どもたちを薬物から遠ざけるために学校などに出向き講演したりする人も少なくないことが分かった。 芸能人の薬物事件を大きく報道することは、啓発になるという声もある。 しかし、報道のあり方次第では、違法薬物を使った人たちに「極悪人」の烙印を押し、「回復や立ち直りを困難にする場合もある」との声も専門家からはあがる。 芸能人の薬物報道はどうあるべきなのだろうか。 家族だけではない。 ともに仕事をしてきた仲間もバッシングの対象となる。 ピエールさんの逮捕を受け、ともに「電気グルーヴ」で活動していた石野卓球さんに取材が殺到したほか、石野さんを「謝罪がない」などと批判するテレビ番組もあった。 しかし、このようなバッシングは、メディアだけでおこなわれているわけではない。 違法薬物の使用・所持に対する世間の目は厳しい。 ネット上でも逮捕された芸能人に対して「自業自得」、「一発アウトでしょ」、「ヤク中の芸能人は排除すべき」などのコメントが並び、バッシングがおこなわれている現状がある。 また、薬物依存症の回復を支援する施設「ダルク」に対しても、各地で設立をめぐり、反対運動が起きている。 「ダルク」は多くのメディアで実績が紹介されてきたが、それでも反対する理由は「犯罪者が集まるこわい施設」などと思われているためのようだ。 芸能人の薬物報道がなされると、薬物依存症の回復に向かって歩む当事者たちもテレビなどに出演することがある。 しかし、テレビに出演した当事者数人からは「回復できることを伝えたくて取材に応じたが、その部分はいっさい使われなかった」と残念がる声を聞いた。 実際の報道では、彼らが語る「薬物の恐ろしさ」のみが切り取られて報道されていた。 このようなメディアのあり方も、世間へのイメージ形成に与えた影響は少なからずあるだろう。 同時に、これまでの「ダメ。 ゼッタイ。 」や「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか」などの啓発運動が与えた影響も否定できない。 精神科医の松本俊彦医師(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長)は、薬物依存症が「病気」であることや薬物依存症者を排除するのではなく、回復を支援する社会が必要なことを訴え続けてきた。 松本医師や当事者などが発起人となった「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」は2017年にを策定。 「薬物依存症の当事者、治療中の患者、支援者およびその家族や子供などが、報道から強い影響を受けることを意識すること」や過剰報道を行わないことなどとし、メディア関係者に理解を求めている。 沢尻エリカさんの逮捕を報じたスポーツ新聞 一方で、ある芸能記者は「芸能人が復帰をする場合、田口さんが土下座したように、謝罪の姿勢を強く示すことが、今の日本社会では必要。 そこで初めて『ミソギが済んだ』とスポンサー、メディア、ファンが受け止めるステップになっている現状がある。 もう一度、復帰したいのであれば、メディアがその場を提供せざるを得ないのではないか」とジレンマを語る。 また、そのような報道を見たいと思っている人たちがいることも忘れてはならない。 当事者や専門家にかぎらず、芸能人などが声を上げ、回復の観点からコメントすることも増えた。 そのような報道に対して、ネット上では「犯罪者を擁護するな」「自分の意思で薬物を使ったのだから、病気ではない」「甘すぎる」などの声が上がることもあった。 バッシングの矛先は当事者だけではなく、薬物依存症の回復支援に取り組む人たちに対しても向けられた。 一方で、「勉強になった」「依存症になるのは意志が弱い人だと思っていたが、人に頼れない人などが薬物に頼るのだと知った」など、新たな気づきを得られたという声も上がるようになったのも事実だ。 自助グループや支援団体につながり、薬物を使わずに生きていけるようになった人たちも少なくない。 しかし、違法薬物の使用・所持が「犯罪」であるため、だれにも相談できずに悩んでいる当事者やその家族もいる。 彼らはもちろん、芸能人も1人の人間だ。 回復の道を歩む権利がある。 今後求められるのは、回復の視点を取り入れた多角的な報道と、回復を見守る社会ではないだろうか。

次の