加湿 器 次 亜 塩素 酸。 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」

次亜塩素酸水の加湿器とは

加湿 器 次 亜 塩素 酸

>【ハイブリッド加湿器】とは【超音波加湿器】の事を言いますか? 言いません。 ・超音波加湿器は、超音波で水を拡散して加湿する物です。 (湯気の温度が低い) ・ハイブリッドは、気化フィルターで気化するときに水を温めたり温風を送ったりして加湿量を多くする物です。 (湯気として見えない) 他に ・お湯を沸かして水を蒸発させる、スチーム式があります。 (湯気の温度が熱くやけどする事があります) 補足 ハイブリッドは、どちらかと言うと気化式になりますので効果は少なくなります。 そもそも、次亜塩素酸水は、水の殺菌に使用するのです。 超音波加湿器は、加湿する水を加熱しないのでタンク内に雑菌が繁殖する事があります。 この水の殺菌に使用することが目的です。 殺菌をしないと、加熱せず水を空気中にばら撒くときに雑菌もばら撒くので危険な時がある為です。 ですが、水で増殖して雑菌をばら撒く可能性が少ない気化式には、効果が少ないのです。 まして、スチーム式は、水を沸騰させるので殺菌になるので、ワザワザ殺菌をする必要がありませんね。 ハイブリッドと言う言葉は加湿方式を表す言葉ではなく、方式の組み合わされたものと言う様な意味です。 現状でハイブリッド加湿器には2タイプのものがあります。 1.ファン気化式ベースのハイブリッド式加湿器 これは、ファン気化式加湿器にヒーターを組み合わせたもので、ハイブリッド式の主流です。 国内大手家電メーカーが販売しているハイブリッド式加湿器はこの方式です。 (温風気化式) 2.超音波式ベースのハイブリッド式加湿器 これは、超音波式加湿器にヒーターを組み合わせたもので、ハイブリッド式では後発で、インテリア家電で主に採用されています。 加湿方式には、スチーム式やファン気化式等の色々なタイプのものがありますが、超音波式以外は水を蒸発(気化 させています。 超音波式は、超音波振動で水を霧化(微細な水滴 にして噴霧しています。 気化させるタイプの加湿は、水のみを蒸発させますが、超音波式はトレイ内の液体は全て霧化してしまい噴霧します。 次亜塩素酸を噴霧しようとすれば、霧吹きと同じ超音波式で無いと噴霧出来ません。 超音波式なら水に混ざったものも全て噴霧します。 >うちにある【ハイブリッド加湿器】については記載がありませんでした 本体に分かる様な表示が見当たらない場合は、メーカーと型番が分かると調べられるかも知れません。 パナソニック・シャープ・東芝・ダイニチ等の製品の場合は超音波式ではないと思います。 水道水にもわずか(0. 超音波式で効果があるというのは、以下の理由からです。 超音波式は超音波振動により、高速で揺らして霧状にし、水分を放出します。 この際に、水分と塩素成分が分離してしまうため、水分に含まれる消毒の力が弱くなり、雑菌が繁殖してしまうのです。 次亜塩素酸水使うと、水道水よりは消毒成分の濃度が高くなるため、放出終わりまで雑菌繁殖の抑制力を保ちやすいということです。 スチーム式の場合には効果が低下するというのは、何となくわかります。 なぜかと言えば、次亜塩素酸水が加熱されることで、水(水蒸気)と塩素成分に分離しちゃうんです。 ですから、別々に放出されるようになるので、塩素成分の臭いが部屋に広がります。 ハイターの臭いみたいな感じです。 ですから、塩素自体が部屋に広がって消毒効果が濃く出るだけで、次亜塩素酸水でなく、水道水でも大して変わらないというわけです。 むしろ、これによって気分悪くなる方もいるかもしれません。 あと、スチーム式の加熱部分に白い粉みたいに残るのもこの残骸みたいなものが含まれます。 気化式については、効果が劇的に落ちることはないです。 10倍に薄めた効果をほぼ保ったまま放出されるだけです。 構造上、フィルターに水分を染みこませ、そのフィルター部分に風を当てて、気化させるだけなので、ほぼハイターをそのまま気化させた感じになります。 ハイブリッド式は、気化式にプラスしてスチーム式ほどではない低温での加熱を組み合わせてあるため、スチーム式と同じように分離効果が出てしまい、効果が落ちていくことがあるかと思います。 そんなわけで、ハイブリッド式にも使えますが、塩素臭が結構する、と思ってもらうと良いかと思います。 家電売ってる者です。 ハイブリッド式と超音波式は全然違います。 ハイブリッド式と超音波式の違いについては、知恵ノートにまとめてありますので、ご覧ください。

次の

【安全性を優先】次亜塩素酸水対応の加湿器を使ったおすすめ商品2選

加湿 器 次 亜 塩素 酸

弱酸性次亜塩素酸水をタンクに入れて噴霧するのであれば、液体自体が高い殺菌力を持つためカビの発生は防げます。 ただし、次亜塩素酸水は時間とともに濃度が薄まりますので、ただの水と同様になった状態で使用すれば細菌が繁殖しますのでご注意ください。 自分は次亜塩素酸水を20〜40ppm程度に希釈して超音波加湿器で使用していますが、タンク内の液体は1日で使い切り、使用しない時は水分を拭き取っています。 そうすることで今までカビは生えたことがありません。 なお、人体に無害と言われていますが、噴霧の濃度は50ppm以下にしています。 濃度が高いと金属部分の腐食に影響が出るかも知れないし、薄くても充分に効果は得られるようですので、そのようにしています。 紛らわしい記載でしたので補足します。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは全く別物ですので、ご注意ください。 次亜塩素酸ナトリウムはwalle2013さんが記載されているとおり、皮膚疾患など人体、ペットともに悪影響がありますので絶対にNGです。 次亜塩素酸水であれば超音波加湿器による噴霧は全く問題ありませんし、きちんと使用すれば加湿器本体に対しても細菌の繁殖をふせぐ効果がありますので、水道水を噴霧するよりも清潔な状態を保てます。 タンク内に入れた次亜塩素酸水は3日以内に使い切り、加湿器を使用しない日が連続3日以上続くような時はタンク内を空にして水分を拭き取るというような使い方をすれば全く問題ないでしょう。 なるべくタンク内に光をあてないようにすれば濃度が薄まる速度を遅らせられますので、さらに次亜塩素酸水は長持ちすると思います。

次の

次亜塩素酸水は加湿器にも使える?消臭やウイルス対策に!

加湿 器 次 亜 塩素 酸

次亜塩素酸水での加湿は可能か 次亜塩素酸水は、低濃度のものであれば人体に触れたり、口の中に入ったりしても安全ですから、噴霧自体は問題がありません。 しかし、余りに濃い濃度のものは部屋が塩素臭くなってしまうなど体調面で不安があるため、適切な濃度で行う必要があります。 次亜塩素酸水は、通常であれば最も濃度の低い20-50ppmあたりでも充分に環境殺菌の能力があるとされていますので、この辺りの濃度に設定するよう心がけます。 次亜塩素酸水の希釈 次亜塩素酸水を使って加湿するには、次亜塩素酸水を希釈していく必要があります。 通常市販の次亜塩素酸水は、500ppm前後の濃度で売られていることが多いのが現状です。 直接使えるものであっても厚生労働省が認可する200ppmのものが多いでしょう。 このままでも充分に殺菌能力がありますが、濃すぎるのはやはりあまりよくありません。 ましてや空気中に漂う細かい粒となった液体を直接吸引することになりますから、安全とされている濃度まで抑えることが最も効果的です。 希釈は水道水でもまったく問題がありません。 濃度が高いほど塩素のにおいが鼻につきますので、細かいところはお好みで、実際に使っていきながら合わせると良いでしょう。 次亜塩素酸水での加湿における注意 次亜塩素酸水での加湿を行うにあたって、注意する点はあるのでしょうか。 ひとつは、濃度に注意するべきです。 くどいようですが、20-50ppmという比較的希釈した状態でも、環境殺菌であれば問題なく効果を実感できます。 もし、過度に濃い次亜塩素酸水で使用した場合、体質にもよりますが皮膚や粘膜を傷つける可能性があることが報告されています。 もし、充分に希釈していてもこうした症状が現れる場合には、肌に合わない可能性もありますから、すぐに使用を中止しましょう。 また、噴霧器の衛生には気を配りましょう。 次亜塩素酸水自体はかなり殺菌能力が高いものですが、かといってメンテナンスやお手入れをしなくて良いということではありません。 フィルターなどに雑菌が繁殖してしまうと、気化して濃度の薄まった次亜塩素酸水の噴霧で、部屋全体が逆に汚染されかねません。 こうした効果は非常にマイナスとなるばかりか、人体にも影響がありますので注意が必要です。 まとめ 噴霧すること自体は問題がないということを知らない人も多いのではないでしょうか。 正しく機器を使用して、安全により快適な生活環境を整える上で、次亜塩素酸水と加湿をうまく利用していきましょう。

次の