キムタクドラマ。 キムタクが総理大臣に!?話題先行だったドラマ「CHANGE」

「教場」キムタク主演お正月ドラマ!キャストと原作のあらすじネタバレ

キムタクドラマ

『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん! 〜』は、2012年にフジテレビ「月9」枠で放送されたテレビドラマ。 主題歌 - ローリング・ストーンズ「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」 制作局:フジテレビ 放送期間:2012年10月22日 - 12月24日(10回) 出演者: 木村拓哉 中井貴一 香里奈 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2) 藤木直人 あらすじ: ミラクル魔法瓶に勤める金田一二三男 木村)は、上司からも部下からも慕われていたが、専務が持つ内部機密情報流失の嫌疑を掛けられて解雇処分になる。 その上、自宅の部屋が突然爆発、住むところも奪われ、携帯電話も川に流されてしまった。 災難続きの中で、金田一は一から再出発することになり、再建をこころみたとき、金田一がこのような境遇に陥ったのは、彼自身も知らない出生の秘密にあるとしる。 これまでの不運なできごとは、病死したミラクル魔法瓶創業者・大屋敷巌が、息子の統一郎(藤木)に、実は金田一が統一郎の腹違いの弟であり、社長の座を彼に継がせると遺言を残したため、統一郎が金田一を陥れていたのだった。 その後、金田一の解雇に興味を持ちすぎ解雇された二階堂彩矢(香里奈)が金田一とルームシェアすることになり、かつての上司であった模合謙吾(中井)も加わる中で、金田一は要所で統一郎と専務の財前修の妨害を受けながらも、偶然出会った人々との関わりの中で人生の再起を目指していく。 上司役の中井貴一とは『HERO』以来の共演で、監督は『HERO』のドラマ劇場版でタッグを組んだ鈴木雅之が担当。 全10回の平均は17. 7%で、2012年に放送されたフジテレビのドラマの中ではトップの成績を残しました。 コミカルタッチでサクッと見れる軽さが気持ちいいドラマです。 共演したキスマイの藤ケ谷くんのキムタクへの想い 今回の「PRICELESS」でキムタクとのKis-My-Ft2の藤ケ谷くんはこれが「月9」初出演。 すごく緊張しながらの製作発表では、大先輩との共演を果たした藤ヶ谷くんはすごく緊張していたそう。 そんな中、くすっと笑えるスピーチをしていました。 「ボクが毎回思うのは、人と人との出会いだと思います。 現場もそうですし、ファンの方々に応援していただくっていうこともそうですし。 この作品を通して、僕自身も『PRICELESS』なものを感じながら、それを届けられたらいいなと思います。 そして、僕にとってはすごい 『PRICELESS』なことは、 木村さんと電話番号を交換させていただいたことです!一文一文すごい緊張しながら送らせていただいているんですけど、そ うゆう瞬間もすごい『PRICELESS』だなと思います。 大先輩の方とアドレスを交換したことがないので、本当に緊張してテンパりまして。 僕にとって木 村さんと電話番号交換したことが何よりも『PRICELESS』です。 」 同じ社内でも、こんなに緊張するものなんですね~!ジャニーズのハイアラーキーな体質がすごくよくわかるコメントだなぁって思いました。 このあとから、キムタクは藤ケ谷くんをすごくかわいがっているらしいです。 こんなチャンスに恵まれたのもラッキーですよね。 ドラマ終了後しばらくして、プライベートをブログに書いちゃった事件で、キムタクにちょっと切れられていましたけどね(笑).

次の

木村拓哉主演ドラマ一覧

キムタクドラマ

「ちょ、待てよ」の元ネタになったドラマ 元SMAPのキムタクこと 木村拓哉のモノマネをする際の定番フレーズと言えば、言わずと知れた「 ちょ、待てよ」。 これはモノマネ芸人の ホリが真似をし始めたことで広まったものであるが、ではこのモノマネの元ネタとなったのはどのドラマだったのだろうか。 キムタクが初めて「ちょ、待てよ」と言ったとされているのが1997年にフジテレビ系列で放送された月9ドラマ『 ラブジェネレーション』である。 『ラブジェネレーション』 第5話「キス、キス、キス」でキムタク演じる哲平と松たか子演じる理子が電話で話すシーン。 理子が「さよなら」と言って電話を切ろうとしたところで哲平が言ったのが初めての「 ちょ、待てよ」だったとされている。 この『ラブジェネレーション』ではこのシーン以外にも「ちょ、待てよ」が出てくるシーンがある。 ラブジェネのちょ待てよ これちょ待てよじゃなく、ちょ と)待てよの(と)がほんのりあるんだよね。 8%という大ヒットドラマであり、多くの視聴者に「ちょ、待てよ」が届けられたドラマである。 しかし、ホリがこの『ラブジェネレーション』のセリフをマネたのかというと、そういうわけではない。 というのも、キムタクは これ以降に出演したドラマでも毎回と言っていいほど「ちょ、待てよ」を使用している。 ラブジェネの翌年1998年の『 眠れる森』、2000年の『 ビューティフルライフ』、2001年の『 HERO』、2003年の『 GOOD LUCK!! 』でも「ちょ、待てよ」と言っていることが確認されている。 『ラブジェネレーション』の前年1996年に放送されたドラマ『 ロングバケーション』では「ちょ、待てよ」ではないが「ちょっと待てよ」というセリフが登場している。 こちらは『眠れる森』の「ちょ待てよ」 上記のようにキムタクが出演したドラマでことごとく「ちょ、待てよ」と言っていたことから、特定のドラマのセリフというわけではなく、「 キムタクあるある」的な感じでホリがモノマネにこのフレーズを取り入れたのだと思われる。 実際に2018年2月にホリが出演した『良かれと思って!』では、セリフを確認してやったわけではなく、 なんとなくイメージで言ったらキムタクもそう言っていたと話している。 その際に見たのが『ラブジェネレーション』だったという。 参考: 上記のドラマ以降も、キムタク出演のドラマで「ちょ、待てよ」というセリフが出てくるシーンがあるが、その頃にはすでにホリがモノマネを披露しており、それを意識しての台本や演技だったという可能性もある。 また、ドラマのみならず、CMでも「ちょ、待てよ」を連呼しているものがある。

次の

キムタクがドラマで乗っていた車を画像付きで紹介!

キムタクドラマ

木村拓哉主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜』新シーズンの第2話目(6月25日放送、テレビ朝日系)が、ドラマ視聴者の満足度を調査した「ドラマ満足度ランキング」(「オリコンドラマバリュー」より6月23〜29日放送を対象)で100Pt満点中91Ptを記録。 前週79Ptを大きく上回る高数値で首位を記録した。 初回から2話目で大きく満足度を伸ばした要因のひとつに、「キムタク」一辺倒ではなく、物語をしっかり群像劇として見せた脚本・演出のテクニックと、木村拓哉による円熟味を帯びた演技の新境地を楽しめたところにあるだろう。 バディものが比較的多い今クールのなかで、木村拓哉と斎藤工のコンビが何かと衝突しながらも絆を感じつつ支え合う物語。 武器を持たずに繰り広げるアクションも見どころだが、島崎(木村拓哉)がシングルファザーとして思春期真っ只中の息子と奮闘する様子や、バディの高梨(斎藤工)から「おじさん」呼ばわりされてしまう様子はなかなか新鮮だ。 2話目の満足度は、作品全体の評価が上昇したほか、「主演」の評価も初回12Ptから18Ptまで上昇している(20Pt満点)。 とくに50代の男性から「キムタクのクールな演技がよかった」「今までのキムタクの演技から一味異なる変化がみられて楽しめた」と、木村拓哉への好印象のコメントが多数寄せられており、俳優としての期待値がますます高まっている様子もうかがえた。 2位は、綾野剛と星野源がW主演を務める『MIU404』(TBS系)で、初回で84Ptの高得点を付けた。 綾野剛は考える前に体が動いてしまう伊吹藍役、星野源は常に先回り思考で道理を見極める志摩一未役で、まったくタイプの異なる2人がタッグを見せる。 イケメン2人の出演ということで視聴者の6割は女性だったが、一方で男性からも星野源の今までにない役どころに注目する声が多数。 「俳優としての気迫を感じた」(40代/京都)、「インパクトがあり印象的な演技だった」(40代/東京)と、今後の展開に期待するコメントが寄せられた。 「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。 「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

次の