ありがち な 恋愛 歌詞。 ありがちな恋愛 歌詞 乃木坂46 ※ apps.axisphilly.org

【翻譯】乃木坂46『ありがちな恋愛』中日歌詞 @ 三分鐘熱度的不保證正確翻譯集中地 :: 痞客邦 ::

ありがち な 恋愛 歌詞

【目次】• 杉山勝彦の新たな神曲!乃木坂46「ありがちな恋愛」 杉山勝彦作曲の乃木坂46の楽曲 「制服のマネキン」 「君の名は希望」 「サイコキネシスの可能性」 「私のために 誰かのために」 「羽根の記憶」 「サヨナラの意味」 「僕がいる場所」 「ひとりよがり」 「きっかけ」 「硬い殻のように抱きしめたい」 「ありがちな恋愛」 「もし君がいなければ」 杉山勝彦氏に関しては、乃木坂46ファンにはもはや説明不要ではないでしょうか。 「制服のマネキン」や「サヨナラの意味」、「君の名は希望」「きっかけ」など乃木坂46の神曲に高確率で携わっている乃木坂46にとって特に縁の深い作曲家さんです。 そんな杉山勝彦氏がアルバムのリード曲の作曲を担当されているとなれば、そりゃ期待をせずにはいられませんよね。 しかも、杉山勝彦氏作曲のアルバムリード曲といったら何と言ってもあの神曲「きっかけ」があります。 「きっかけ」はシングルカットの噂も出たほどファンから神曲と呼び名の高い楽曲で、乃木坂46を象徴する楽曲と言っても過言ではないでしょう。 さすが、杉山勝彦!としか言いようがありませんね。 神曲です! 「頬杖をついては眠れない」や「ぼっち党」など攻めた楽曲も目立つ4thアルバムですが、「ありがちな恋愛」は王道楽曲。 ここらへんも非常に安心感がありますね。 センター・白石麻衣と齋藤飛鳥の歌割りが泣ける 楽曲自体が神曲と分かったところで、次に気になるのが誰がセンターなのか。 PVが公開されていない(というか、アルバムリリース時点でPV制作の予定がない)ので、音源解禁時点での情報からセンターを予想してみましょう。 重要となるであろうポイントは歌い出しですよね。 歌い出しは、 白石麻衣と齋藤飛鳥の声と思われます。 となると、「ありがちな恋愛」は白石麻衣と齋藤飛鳥のWセンターが有力でしょうか。 アルバムCMのナレーションも白石麻衣と齋藤飛鳥が担当していることを考えても、やはり白石麻衣と齋藤飛鳥のWセンターである可能性は極めて高そうです。 「ありがちな恋愛」は衛藤美彩、西野七瀬、若月佑美以外の「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜メンバーですので、「帰り道は遠回りしたくなる」のセンター・西野七瀬の両脇にいた白石麻衣と齋藤飛鳥がそのままWセンターとして繰り上がっていると考えれば、これも自然ですよね。 となると、フォーメーションも「帰り道は遠回りしたくなる」がベースになっている可能性が高そうです。 歌詞の意味はグループ云々とは無関係ですが、意味はともかく2人がここの歌詞で同じ歌割りというのが個人的にエモいです。 まとめ 今回は、乃木坂46「ありがちな恋愛」を取り上げました。 杉山勝彦氏の新たな神曲誕生に、乃木坂46ファンとしては喜びを感じずにはいられません。 全ツではこの曲で最大のボルテージを感じる可能性すらあります。 2019年も乃木坂46の勢いは止まりませんね!.

次の

”ありがちな恋愛” by 乃木坂46

ありがち な 恋愛 歌詞

「ありがちな恋愛」が乃木坂46オールナイトニッポンラジオで解禁されました。 4枚目のアルバム「今が思い出になるまで」 2019 の収録曲となります。 作詞は秋元康さん。 オールナイトニッポンの公式ホームページによれば歌唱メンバーは、卒業した西野七瀬さんを除く「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜チームになっています。 歌詞考察 振られて自虐的な「僕」 タイトルに恋愛、とありますから、男女関係を歌っているのがわかります。 付き合いたてなのか終わりかかっているのか想像しますが、どうやら恋愛を解消したことで心を痛めている「僕」の心境が歌詞となっているようです。 それがわかる歌詞に、 ありがちな恋愛の結末はどれも同じでそう知らぬ間にふたり別の道を行く、があります。 別の道を行くことが「ありがちな恋愛」の結末となっていますから、恋愛解消はありがちだということになります。 ありがちは、世間によくあることという意味ですね。 恋愛に限らず人間関係が長くつづかないのは、ありがちなことでした。 なぜ「ありがちな恋愛」の「僕」は「君」と関係が続かなかったのでしょうか。 大抵関係が長くなればなるほど、相手の好みがわかって行動パターンも読めるようになると、新鮮味が薄れてきます。 そういうことも含めてありがちなのかなと思います。 冒頭の歌詞は、 同じ方向に並んだ団地の窓にいくつ幸せが存在するか数えて、風に揺れている洗濯物の色味でどんな家族なのか分かる気がしてしまうよ僕が守りたいものそこにあるのか?通りかかった道端で考えた、となっています。 「僕」は道端で、団地の窓を眺めています。 そこで揺れている洗濯物に「君」との生活を想像したのでしょう。 ですが、「君」とは別の道を行くことが決まっていますから、未来を思い描くことはできないのですね。 別れることが決まっているのに、団地の窓を眺めて妄想に耽っている「僕」が不意に道端で我に返っている画が思い浮かびました。 となると、「君」との生活を想像する自分に呆れているようにも思えます。 だから、そんな妄想を抱いてしまうのも「ありがちな恋愛」だと言いながら、自分を卑しめているのでしょう。 だから、僕が守りたいものはそこにあるのか? と疑問を抱いたのでした。 同時に、いや別れているんだから守るも何もあったものじゃないとも考えたでしょう。 終わりに 道端で見かけた洗濯物に思いを馳せるくらいなので、「君」に対する未練は大きなものになっていそうです。 例えば、 ありがちなサヨナラはそれで良かったと言い聞かせて何回も後ろばっかり振り返るだけさ本当は納得できてないってことだろう後悔はいつだって意地との綱引き、という歌詞からは未練が感じられることでしょう。 もしかしたら、歌詞に登場する 団地の窓の洗濯物は、「君」と新しいパートナーのものなのかなとも思いました。 そう考えれば、 現実はいつだって退屈なものだ、となるのも納得できます。 「立ち直り中」の主人公は、かつての恋人であった「あなた」の家まで行ってしまいます。 この主人公も未練を引きずっていますから「ありがちな恋愛」の「僕」に重なりました。 終わり.

次の

ありがちな恋愛 歌詞 乃木坂46 ※ apps.axisphilly.org

ありがち な 恋愛 歌詞

「ありがちな恋愛」が乃木坂46オールナイトニッポンラジオで解禁されました。 4枚目のアルバム「今が思い出になるまで」 2019 の収録曲となります。 作詞は秋元康さん。 オールナイトニッポンの公式ホームページによれば歌唱メンバーは、卒業した西野七瀬さんを除く「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜チームになっています。 歌詞考察 振られて自虐的な「僕」 タイトルに恋愛、とありますから、男女関係を歌っているのがわかります。 付き合いたてなのか終わりかかっているのか想像しますが、どうやら恋愛を解消したことで心を痛めている「僕」の心境が歌詞となっているようです。 それがわかる歌詞に、 ありがちな恋愛の結末はどれも同じでそう知らぬ間にふたり別の道を行く、があります。 別の道を行くことが「ありがちな恋愛」の結末となっていますから、恋愛解消はありがちだということになります。 ありがちは、世間によくあることという意味ですね。 恋愛に限らず人間関係が長くつづかないのは、ありがちなことでした。 なぜ「ありがちな恋愛」の「僕」は「君」と関係が続かなかったのでしょうか。 大抵関係が長くなればなるほど、相手の好みがわかって行動パターンも読めるようになると、新鮮味が薄れてきます。 そういうことも含めてありがちなのかなと思います。 冒頭の歌詞は、 同じ方向に並んだ団地の窓にいくつ幸せが存在するか数えて、風に揺れている洗濯物の色味でどんな家族なのか分かる気がしてしまうよ僕が守りたいものそこにあるのか?通りかかった道端で考えた、となっています。 「僕」は道端で、団地の窓を眺めています。 そこで揺れている洗濯物に「君」との生活を想像したのでしょう。 ですが、「君」とは別の道を行くことが決まっていますから、未来を思い描くことはできないのですね。 別れることが決まっているのに、団地の窓を眺めて妄想に耽っている「僕」が不意に道端で我に返っている画が思い浮かびました。 となると、「君」との生活を想像する自分に呆れているようにも思えます。 だから、そんな妄想を抱いてしまうのも「ありがちな恋愛」だと言いながら、自分を卑しめているのでしょう。 だから、僕が守りたいものはそこにあるのか? と疑問を抱いたのでした。 同時に、いや別れているんだから守るも何もあったものじゃないとも考えたでしょう。 終わりに 道端で見かけた洗濯物に思いを馳せるくらいなので、「君」に対する未練は大きなものになっていそうです。 例えば、 ありがちなサヨナラはそれで良かったと言い聞かせて何回も後ろばっかり振り返るだけさ本当は納得できてないってことだろう後悔はいつだって意地との綱引き、という歌詞からは未練が感じられることでしょう。 もしかしたら、歌詞に登場する 団地の窓の洗濯物は、「君」と新しいパートナーのものなのかなとも思いました。 そう考えれば、 現実はいつだって退屈なものだ、となるのも納得できます。 「立ち直り中」の主人公は、かつての恋人であった「あなた」の家まで行ってしまいます。 この主人公も未練を引きずっていますから「ありがちな恋愛」の「僕」に重なりました。 終わり.

次の