石巻 映画。 イオンシネマ石巻|上映時間・スケジュール

石巻の上映スケジュール:イオンシネマ

石巻 映画

映画館を条件で絞り込む 条件に一致する映画館 1館• 車イス席あり( 1)• アルコールあり( 1)• 駐車場あり( 1)• 駐車場100台以上( 1)• 23時以降の上映( 0)• 3D上映対応( 0)• 4D上映対応( 0)• IMAX( 0)• Doly Atmos対応( 0) (18)• AKIRA• アンチグラビティ• 癒しのこころみ~自分を好きになる方法~• インビジブル・シングス 未知なる能力• 風の谷のナウシカ• 今日から俺は!! 劇場版• ゲド戦記• ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語• 千と千尋の神隠し• ソニック・ザ・ムービー• ドクター・ドリトル• ドロステのはてで僕ら• Fukushima 50(フクシマフィフティ)• ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷• MOTHER マザー• もののけ姫• ランボー ラスト・ブラッド• 私がモテてどうすんだ.

次の

石巻市雑談掲示板|爆サイ.com東北版

石巻 映画

同地区は、震災前は1772世帯(4423人)が住んでいましたが、津波の被害が軽微ですんだのは10数世帯のみでした。 その人びと(小学生から高齢者まで)は、被災直後から寄り合って自律と共助の暮しを始めました。 しかし、地区は居住可(門脇町)と不可(南浜町、雲雀野町)のエリアに分断され、住民は散り散りになってしまいます。 映画は、人びとが失われた地に「新しいコミュニティ」をつくりだそうとするプロセスを見つめます。 居住不可エリアは原野状態と化し、居住可エリアには、激動の日日をへて、ふだん暮しがもどってきます。 とはいえ、土地区画整理事業や高盛土道路、防潮堤の建設など大工事は進行しますが、日常生活に必要なインフラはなかなか整備されません。 居住環境が整わない地域の暮しをどう支えるか。 高齢者のケアは?新しく住民となる人たちとのコミュニケーションは? まちのかたちが少しずつ見えてくることへの期待と不安が交錯するなかで、人びとのまだ見ぬまちへの模索がつづきます。 映画は、また、3月11日以前の地域の姿も見つめます。 震災前のこのまちにはどんな暮しがあったのか。 住民が紡ぐ"わがまち"のきのうと原風景の記憶。 本作品は、一被災地の非常時のコミュニティ活動の記録であるとともに、そのテーマは、常時の地域社会づくりにも通ずる普遍性をもっています。 津波で356人が亡くなり、142人が行方不明である。 南浜町と雲雀野町は居住不可地区となり石巻南浜津波復興祈念公園が造られる。 門脇町2丁目〜5丁目は土地区画整理事業が2014年8月から本格化。 事業面積23. 7ヘクタールの区域に250戸分の宅地が整備され、復興公営住宅151戸と合せて401世帯、人口1070人のコミュニティが想定されている。 地域の東西を走る南光門脇線(八間道路)は幅37. 5m、高さ3. 5mの高盛土道路になり、その南側が復興祈念公園、北側が新門脇地区となる。 宅地や道路のほかに小公園と緑地がそれぞれ3か所つくられる。 また、災害発生時に避難する日和山など高台への階段と通路を1か所ずつ設ける。 土地区画整理事業の終了は2018年である。 17やさしさわすれないでinふたば2019」(神戸 新長田・ふたば学舎)• 1774(キネマ旬報社刊) 「文化映画紹介」• 後藤和夫さん(シネマハウス大塚館長)【】• 大島幹雄さん(地域誌『石巻学』発行人)【】• 青木英明さん(首都圏在住)【】• 鈴木洋子さん(元石巻市立門脇小学校校長)【】• 木村聖哉さん(首都圏在住)【】 About 映画監督青池憲司のドキュメンタリー映画製作チームは、2011年東日本大震災の後、宮城県石巻市で地元有志による映画製作委員会と共に、『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』、『津波のあとの時間割〜石巻・門脇小・1年の記録〜』(共に2012年)を製作しました。 それらに続く石巻3部作目が、長篇ドキュメンタリー映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』です。 6年半にわたって撮影した本作は、地震と津波で壊滅的な被害を受けた石巻市門脇・南浜・雲雀野地区で、被災直後から寄り合って暮しはじめた10世帯23人の人びとが、失われた地に「新しいコミュニティ」をつくりだすプロセスを描きます。

次の

石巻ロケ映画「凪待ち」香取さん主演 6月28日公開 地元エキストラ多数 重厚な人間ドラマ描く

石巻 映画

石巻市を中心ロケ地に昨夏に撮影された白石和彌監督、香取慎吾さん主演の映画「凪待ち」が6月28日に封切りされる。 キャストは香取さんの恋人役に西田尚美さん、また恒松祐里さん、リリー・フランキーさんら豪華俳優陣が脇を固める。 予告編も公開され、石巻を舞台とした重厚な人間ドラマに地元の期待感も高まっている。 物語のテーマは「喪失と再生」。 香取さん演じる主人公が人生につまずき、恋人とその娘とともに、彼女の故郷である石巻市で再出発しようとする。 平穏な暮らしに小さなほころびが生じ、やがて取り返しのつかない出来事に発展するというストーリー。 白石監督は今の日本映画界で最も勢いのある監督。 平成22年の長編デビュー以来、「凶悪」「孤狼の血」などの話題作を発表。 最新作主演の香取さんについては「スター感を若干消しながらも、人の生きる強さや優しさに香取さんなら触れられると思った」と談話。 香取さんは主人公の内面に迫るため、撮影も多くの場面をノーメークで演じている。 追加発表のキャストでは「凶悪」のファンという西田さん、黒澤清監督の「散歩する侵略者」などで注目度上昇中の恒松さんと、女優陣は白石監督の作品に初参加となった。 一方、白石作品で印象的な演技を見せてきたキャストも集結。 リリーさんは冷酷さなどこれまでの白石作品で演じてきた役から一転し、主人公を気に掛ける製氷工場の社員の役。 さらに西田さんの父親役で吉澤健さん、前夫役で音尾琢真さんと名脇役がそろう。 ロケ地は日和大橋や石巻市の中心市街地、蛇田地区や矢本駅前の飲食店、女川町の漁港など石巻地方各地。 香取さんは撮影地の近隣住民の夕食に加わることもあり、「ロケの約1カ月、大変だったけれど最初に出た言葉は『楽しかった』」と振り返る。 音尾さんは「香取さんは石巻で撮る白石監督の世界に完全に溶け合っていた」、リリーさんは「ゆっくりしたスケジュールで石巻を満喫させていただき、まちの人にも良くしていただいた」と地域と作品の印象を話す。 イオンシネマ石巻は今年の最重要作品の一つとして、作品の公式宣伝チラシが届く前から自作看板を劇場前に設置。 同館の田原正和総支配人は「作品の関連イベントも実施できれば」とさらなるPRに力を入れる。

次の