シーフード ミックス グラタン。 シーフードグラタン by鈴木沙織さんの料理レシピ

ねぎたっぷりシーフードグラタン|レシピ|ゆとりの空間

シーフード ミックス グラタン

冷凍シーフードミックスは手軽に使えて便利ですが、調理のときに「小さく縮んでしまう」「臭みが気になる」と思っている人もいますよね。 そこで今回は、シーフードミックスがプリプリになる「塩水解凍」の方法と、臭みを出さない調理テクニックを紹介します。 シーフードミックスの解凍方法は「塩水」が正解! 冷凍シーフードのおすすめの解凍方法は「塩水解凍」。 海水と同じくらいの塩水(塩分濃度3%程度)に浸けることでシーフードから水分が流出することを防ぎ、プリプリの食感に。 シーフード本来の旨味をキープすることができます。 【用意するもの】 シーフードミックス150gに対して• 水…1カップ• 塩…6g 【用意するもの】 1 ボウルに塩水を作ってシーフードミックスを入れ、30分〜1時間おく 塩をしっかり溶かしてからシーフードミックスを入れる。 常温で夏場は30分、冬場は1時間を目安におく。 塩水に漬けても旨みは流出しない。 2 指でつまんで解凍できたか確かめる 指でつまんで、中心部にかたさが残っていなければ解凍できている。 3 水を切り、水分を拭き取って完了 水分には余計な臭みが含まれているので、ペーパータオルでしっかり拭き取ってから料理に使う。 【食べ比べてみた】塩水解凍vsそのままゆでたもの、味の差は歴然! 塩水解凍してからゆでたものと、解凍せずにゆでたものを比べました。 見た目は、塩水解凍したもののほうが少しふっくらしていて、色もやや鮮やか。 食べ比べると、旨みの濃さもプリッとした弾力も、塩水解凍のほうが明らかに上です。 しかも少し塩味がついていてこのままでも美味しい! 解凍せずにゆでたものは、旨みが抜けて水っぽく感じました。 【臭みが出ない】シーフードミックスを美味しく調理する4つのテクニック 冷凍シーフードミックスの旨みは残しつつ、臭みがなくなるテクニックをまとめて紹介します。 解凍時に出た水分には臭みが多いので、ペーパータオルでしっかり拭き取る。 冷凍焼けしていると上記のように解凍や調理をしても美味しくできないので、できるだけ新しい商品を選びましょう。 スーパーの狙い目は特売日の直後。 商品が入れ替わって、新しいものである可能性が高くなります。 密封しないとシーフード内の水分がどんどん蒸発して、短期間で冷凍焼けを起こします。 残った分は冷凍用保存袋に移し(パッケージごと入れてもOK)、空気を抜くように口を閉じて冷凍を。 それでも少しずつ水分は蒸発するので、3週間程度で食べ切るようにしましょう。

次の

シーフードグラタン by鈴木沙織さんの料理レシピ

シーフード ミックス グラタン

に豆腐ソースの材料を入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。 ポリ袋にシーフードミックスを入れて口を閉じ、流水で解凍して水けをきる。 ねぎは3mm幅のにする。 アスパラガスは根元のかたい部分の皮を皮むき器でむき、5~6cm長さに切る。 フライパンに2を入れ、塩、こしょう各少々をふる。 ふたをしてで約3分、時々フライパンを揺すりながら蒸し焼きにする。 ふたを取り、水けがなくなるまで焼く。 耐熱皿に入れて豆腐ソースをかけ、ミニトマトを縦薄切りにしてのせ、ピザ用チーズを散らす。 オーブントースターで約10分焼く。 ホワイトソースの代わりに豆腐ソースをかけて、糖質オフ! 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。 基本の扱い方 かたい部分の皮をむく 炒めものなどの場合は、まず根元を1cmくらい落とし、根元から3〜4cmの皮を、皮むき器でむきます。 節ごとに「はかま」と呼ばれる三角形の包葉がついていますが、新しいものはかたくないので、そのまま調理して大丈夫。 口当たりが気になるようなら、大きいものだけ皮むき器で取っても。 フライパンでゆでる ほうれん草などと違って、あまりアクのないアスパラガスは、ゆでるときにたっぷりの湯は必要ありません。 長いままゆでたい場合、フライパンでゆでると便利です。 湯が沸騰したら塩を入れ、アスパラガスを入れます。 浮いてくるので、菜箸で軽く押さえながら、途中上下を返します。 太さにもよりますが、太めのものの場合は、2〜3分弱が目安。 切ってからゆでる 料理に合わせた長さや、鍋に入る長さに切ってからゆでても。 沸騰した湯に塩を入れ、アスパラガスの根元の部分を先に入れ、ひと呼吸おいてから穂先を入れます。 時間差をつけることで、かたい根元の部分とやわらかい穂先が、同時にゆで上がります。 また、炒める場合の下ゆでは、栄養の損失を防ぐため、短時間に。 ゆでずに炒めることも可能ですが、下ゆですると青臭さが抜けます。 水にとることで、緑色がより鮮やかになります。

次の

ねぎたっぷりシーフードグラタン|レシピ|ゆとりの空間

シーフード ミックス グラタン

セット商品• 明太子• いくら・魚卵• 刺身・寿司ネタ• 本まぐろ• 南まぐろ• まぐろ各種• ネギトロ• うなぎ・穴子• サーモン• しらす• いか・タコ• 高級珍味• 魚各種• 冷凍食品• コラーゲン• 雷神餃子• マヌカハニー• ネコポス便• ボリュームのあるワンランク上の 美味しいシーフードミックスです。 魚介の旨みをしっかり味わえる 大きめ具材の高級タイプです。 様々なお料理レシピに便利! 色々なお料理レシピに、解凍後すぐにご利用頂ける便利な逸品。 チャーハン、カレー、パスタ、パエリア、グラタン、酒蒸し、 バター炒め、味噌汁、スープ、クラムチャウダーの具材、 お好み焼き、かき揚げの具、茶碗蒸しの具、炊き込みごはん等、 和洋中各種メニュー本当に色々なお料理にご活用下さい。 ボリュームのあるワンランク上の美味しいシーフードミックスです。 魚介の旨みをしっかり味わえる大きめ具材の高級タイプ。 チャーハン、カレー、パスタ、パエリア、グラタン、酒蒸し、バター炒め、味噌汁、スープ、クラムチャウダーの具材、お好み焼き、かき揚げの具、茶碗蒸しの具、炊き込みごはん等、和洋中各種メニュー本当に色々なお料理にご活用下さい。

次の