ショアジギング ライン。 ライトショアジギングに最適なラインシステムとは?PE・リーダーのおすすめラインを解説!

ライトショアジギングのライン 長さと太さ

ショアジギング ライン

PE、フロロ、ナイロン、ショアジギングで使うべきラインの種類 ルアーフィッシングで使うラインの選択肢は、大きく分けて3つあり、見出しにも書いた通り 「PEライン」「フロロカーボンライン」「ナイロンライン」、この3種類の中から最適なラインを導き出すことになります。 ショアジギングの経験値を積み、腕が上がってきた人ほど「ラインの種類に拘りが出てくること」も多いですが、ショアジギングに関しては(今のところ)PEライン一択な時代であり、恐らく9割以上のアングラーがPEラインを選択しています。 もちろんツリイコ編集部でもPEラインを推しているため、特別な理由がない限り 【ショアジギングではPEラインを使うほうが良い!】というのが本音です。 というのも、ショアジギングは基本的に「ロッドアクションをつけ、ルアーにジャカジャカと動きをつける釣り」なので、使用するラインの絶対条件として【伸びが少ないものを使う】という縛りが出てきます。 ラインが伸びると、その伸びがロッドアクションを吸収してしまい、上手くルアーを動かせないことになりますからね・・・。 となると、ナイロンラインでは役不足(ナイロンは凄く伸びる)だし、フロロカーボンでもナイロンほどではないが伸びがあるため、 【ほとんど伸びがない】PEラインしか選択肢がない・・・というのが現状です。 また飛距離面に関しても、PEラインは他のラインを凌駕するほどの性能を持ち合わせており、より遠くへキャストし、魚との接触機会を増やすことが釣果を伸ばす鍵となるショアジギングでは、非常に有利なメリットだと言えます。 メモ ショアジギングでは、当別なこだわりがない限り【PEライン】を使うほうが良い 長さは何メートルぐらい巻けばいい? 【PEラインは、一体何メートルほど巻けば良いのか?】これ、頻繁に聞かれる質問です。 確かにラインを少なく巻きすぎると「足らなくなる」という弊害も出ますし、巻き過ぎると飛距離が落ちたり、ライントラブルの火種となるため、気にすべき点ではあることは間違いない事実です。 では、ショアジギングにおけるラインの「糸巻き量」は一体どれほど巻いておけば良いのか?その答えとしては、 【最低でも200m巻いておくほうが良い】というのが、ツリイコ編集部的な考え方です。 ショアジギングでは、キャストした時点で100mほど飛ぶことは何も珍しいことではないですし、追い風などのプラス要素があると、下手すれば150m以上飛ぶときすらあります。 ですので、150m以下の糸巻き量だと、キャストした時点で「ラインが全放出される」というなんとも恐ろしいリスクが出てきますので、これが「ショアジギングでは最低でも200m以上のラインを巻いておいたほうがいいよ!」という一つの理由です。 更にショアジギングは、比較的水深のあるエリアで行うことが多い釣りなので、キャスト後にボトムまで沈める分の放出量も考慮しなくてはなりません。 例えば水深20mの場所でショアジギングを楽しむと仮定すると、 キャストで150m、フォールで20m、合わせて170mものラインが必要となります。 凄く極端な例ではありますが、強ち絶対ないとは言い切れない事例なので、必要以上に不安材料を強く設定しておきます。 そして更に更に、キャスト後のフォールですぐ魚がHITすることも考慮しておきます。 ラインを170m放出した後、すぐにブリサイズの魚がHITし、20mほどドラグを出されたとしましょう。 こうなると合計190mものラインが出される計算となり、例え200m巻いていたとしても、残り10mのラインしか残っていない計算です。 こう考えると、 200mの糸巻き量であっても、若干の不安材料は残ってしまいますね。 このことから、ショアジギングを楽しむときは最低でも200mのラインを巻いておくことがオススメですし、欲を言えば300mほど巻いておいても良いんじゃないかな?というのが本音です。 ただし、あまりに多くのラインを巻きすぎると「飛距離の低下」に繋がる可能性も否めないため、最低でも200m、最大でも300mほどの糸巻き量にしておくことをオススメします。 メモ ラインが足らなくなることを想定し、200m以上のラインを巻いておこう! PEラインの太さは何号? ショアジギングではブリやヒラマサ、カンパチなどの大型青物がHITすることも十分あり得る話ですので、他のルアーフィッシングと比べると 【太めのライン】をセレクトするべきです。 ただし、必要以上にラインを太くしてしまうと飛距離が落ちる原因にもなりますし、それに伴い太いラインを巻くことができる大型のリールを使う必要があり、タックル総重量が重くなるといったデメリットが出てきます ですので、ショアジギングで使うPEラインの太さ(号数)を選ぶときは 狙うべきターゲットや、使う場所を考慮し、使い分けることが大事なので、堤防、地磯でショアジギングを楽しむときを例に取り、ラインの太さを考えてみます。 堤防から気軽に楽しむときは 週末になると、ファミリーフィッシングで大盛り上がりしているような「手軽な堤防」で、 比較的小さな青物や根魚をメインターゲットにショアジギングを楽しむときは、それほど太いラインを使う必要がありません。 具体的に言うとPEライン2号程度がベストですし、何なら2号でも「少し太くない?」というレベルです。 ですので、シーバスゲームやアオリイカ狙いのエギングの合間にショアジギングを楽しむときなど、ライトにショアジギングを楽しむときは、PEライン1号〜1. 5号程度で楽しむ「ライトショアジギング寄りな考え方」でオッケーです。 6号ほどの極細ラインで楽しむことが多いです。 やはりラインが細ければ細い分、飛距離が稼げるし、ラインが細いほうが魚の警戒心が薄れ、よく釣れる傾向にありますからね。 あくまで基本とは大きくかけ離れているラインセレクトですので、全く参考にならない話ではありますが、よりマニアックにショアジギングを楽しみたい場合は、 【敢えて細いラインを使う】という選択肢もあるんだな・・・ぐらいの感じで聞き流してもらえればと思います。 メモ 堤防でライトにショアジギングを楽しむときは、2号以下のPEラインを使って楽しもう 地磯で本気を出すときは ストイックなショアジギンガーになればなるほど、堤防でのショアジギングでは満足できず、より潮通しがよく、大物を狙いやすい「地磯」でのショアジギングを楽しむ傾向にあります。 個人的には、堤防やテトラ帯でのショアジギングを楽しむこともありますが、やはり時間とお金に余裕のあるときは地磯でのショアジギングがメインとなりますし、何より地磯で釣りをしているときに感じる、「自然と一体になっているような」あの瞬間が好きで好きで溜まりません。 このように、堤防などの比較的楽にショアジギングを楽しめるようなフィールドではなく、厳しさ有り余る地磯でショアジギングを楽しむ場合は、【太めのライン】を使うことを推奨します。 具体的には3号〜5号程度を200m〜300mほど巻いておくのが理想的ですね。 ツリイコ編集部では3号をメインに使うことが多いですが、例えば1mクラスの青物(ブリやヒラマサなど)が頻繁に回遊し、頻繁にHITするようなエリアだとPE3号では細すぎますし、 マグロや大型シイラ、下手すりゃカジキ・・・みたいなエリアだと、5号以上は巻いときたいところです。 ラインの色が釣果に悪影響を及ぼすとは到底思えませんし、 仮に影響があったとしても微々たるものでしょうからね、それほど気にする問題ではありません。 自分の好きな色を使うのが一番です。 敢えてショアジギングで使うラインの色をこだわるとすれば、自分から見えやすい「視認性の良い色」ですね。 ラインが見やすいほうが何かと捗りますし、要らぬライントラブルも防げるでしょうからね。 こちらもショアジギングで使用されている人が多いPEラインで、高感度、高強度で人気を得ているPEラインです。 6号〜6号まで、揃っているラインナップが豊富なため、より細かいラインセッティングを行いたい人はシーガーX8をオススメします。 ショックリーダーについて PEラインには、結び目が弱くなるという弱点があり、ルアーを直結してしまうと、ラインブレイクが頻繁に起こることが考えられます。 また、【擦れに弱いという弱点】も持っているため、ラインが岩や魚のエラに触れてしまうと、 「いとも簡単にラインが切れてしまう」という何とも悲しい事故が起こってしまいます。 このPEラインが持つ弱点を補うため、先端数メートルに「ショックリーダー」を結束することが一般的です。 リーダーなんて無くても大丈夫!という人もいるようですが、個人的な意見としては「ショックリーダーを結束しないなんてあり得ない」と思っています。 リーダーの結束は面倒ですが、慣れれば5分もあればできますし、正直なところ「ショックリーダーを結束しないメリット」より、 「ショックリーダーを結束するメリット」のほうが遥かに大きな恩恵に授かることができますからね。 結束しないという選択肢は最早「ない」に等しいでしょう。 ちなみにショックリーダーに使うラインの種類は擦れに強く比重の高い「フロロカーボンショックリーダー」がオススメです。 メモ ショックリーダーは必ず結束しておこう! ショックリーダーの号数(太さ)は? ショアジギングで使うべきショックリーダーの太さですが、アバウトに言うと「メインラインより少しだけ細いもの」を使うことが一般的です。 例えばPE2号なら20lb以下の号数を選ぶ・・・みたいな感じですね。 何故かと言うと、PEラインとショックリーダーの結束は(摩擦系ノット最強と呼ばれている)FGノットを用いることが多く、摩擦で締め付ける分、メインラインとショックリーダーのバランスが悪ければ「スっぽ抜け」が頻発することになるんですよ。 下手すりゃキャスト時に抜けてしまうこともあるし、魚がHITした後にスっぽぬけたときなんかもう最悪ですね。 そんな事態を避けるためにも、バランスの良いラインシステムを組みましょう。 メモ ショックリーダーは、使うPEラインの太さに合わせて調整しよう ショックリーダーの長さは? ショアジギングで結束するべきショックリーダーの長さですが、正直なところ「それほど拘る必要はなく」、極端な話し「50cmぐらいでも問題ない」場面もあります。 しかし、一般的な解釈では1m以上とされてますし、人によっては3m以上の長さをとっている人もいますね。 ショックリーダーの長さを決める基準としては、 「そのフィールドの根の荒さ」と「魚のサイズ」を考えます。 例えば、根が滅茶苦茶荒い場所であれば2m以上のショックリーダーを取りますし、反対に砂地のエリアでは50cmほどしか結束しないこともあります。 魚のサイズが大きくなると、ファイト中にエラやヒレにPEラインが擦れ、ラインブレイクしてしまうことも考えられるため、狙う魚のサイズが大きければ1m以上、小さい魚であれば50cmもあれば十分でしょう。

次の

ショアジギングのラインとリーダーの選び方!最適なラインシステム紹介

ショアジギング ライン

ショアジギングで最適なラインシステムの選び方 ショアジギングでは耐久性の高いPEラインが必須 ショアジギングは、「大型ルアーを堤防・磯・サーフからぶっ飛ばし、大海原を回遊している大型青物を仕留める」というロマンあふれる釣りです。 重いルアーを大遠投し、過酷な環境で大型青物を取り込まなければいけないことから専用ロッド・リールが必須ですが、「ライン」も強力なものを用意する必要があります。 釣果を伸ばすためには、通常のPEより細くも耐久性がある・・・一見相反する性質を持ったラインが必要となります。 ナイロンなど一般的な釣り糸は1つの繊維から作られているのに対し、PEラインは複数の糸を紡いで作られています。 そのため、通常より細くとも強度のあるラインに仕上がるんですよね。 この「何本糸を紡ぐか」によって、同じPEライン・太さであっても引っ張り強度が大きく変わってきます。 撚りが多いと価格も跳ね上がりますが、表面の滑らかさも変わるため直径が同じでも飛距離を伸ばすことが可能。 今現在、釣りに使われているPEラインは以下のとおり。 PEラインの種類• 4本撚り 低強度だが安価• 8本撚り 高強度・日持つするが高価 シーバス・エギングなど強度があまり必要ない釣りの場合、単に魚を釣るだけであればどちらでもOK。 あとはお金をかけて飛距離を伸ばすかどうか・・・という道楽の世界となります。 しかし! ショアジギングの場合はルアーの飛距離で釣果が大きく変わることが多いこと、対象魚が大型だと同じ太さで少しでも強度が求められるため、高価な「8本撚りPE」が必須! メンテナンスすれば2シーズンぐらいは余裕で持ちますが、安い4本撚りは簡単に表面のコーディングが取れて弱くなってしまうので、結果的に8本撚りのほうがコストパフォーマンスがよくなります。 PEラインの必要な太さ:PE2号〜3号が最適 釣り場別に必要なPEラインの太さ• 障害物のない堤防:PE1号〜2号• ドン深のサーフ:PE1号〜1. 足元がテトラ帯の堤防:PE2号〜3号• 地磯・沖磯:PE3号〜8号以上 ショアジギングのPEラインは、どの程度の太さが必要なのか?結論からいえば、対象魚・釣り場によって大きく代わるため、 「これさえ用意すればOK!」という基準はありません。 障害物が多く、強引に引き寄せなければならないような地磯・沖磯からの釣り、さらに根に突っ込むヒラマサ・カンパチを狙う場合は最低PE5号〜8号程度の極太ラインが必須になります。 特に過酷な環境でのショアジギングだと、 PE5号以上のラインを使っていても平気でブチ切られるケースが往々にしてあるため、ルアーを遠投できる範囲で太くするのが一般的。 釣り場別に必要なPEラインの太さ• ツバス・ハマチ・シオなど小型青物狙い:PE1号〜1. ブリなど根に走らない大型青物狙い:PE2号〜3号• ヒラマサ・カンパチなど根に突っ込む大型青物狙い:PE4〜8号以上 小型青物〜中型青物を狙う場合はPE1号程度でも取れますが、どんな釣り場でもブリクラスの大型魚が掛かる可能性があります。 サイズは釣り人側からは選べませんからね! 人が少ない釣り場であれば走らせつつ容易に取れるんですが、 都市部など混雑している場だと魚に走られるとお祭りが発生して大迷惑を掛けるので、やや強めのPE2〜3号を用意すべき。 このように状況によって最適な太さが変わってくるので、ホームグラウンドに何度も通えるのであれば、複数の太さを試して最適解を探すのも楽しいですよ。 ショックリーダーの太さについて:5号〜15号前後を選ぼう PEライン単体だと青物の引きには対応できますが、根ズレに弱いため障害物に接触した際に切れてしまう危険性が高いです。 ラインの先端に別途「ショックリーダー」を付けることで、青物の捕獲率を向上させることができます。 青物以外のソルトルアーフィッシングでもPE+リーダーという組み合わせが必須。 必要な太さ・長さについては状況によって変わるものの、だいたい下記のセッティングが一般的です。 シマノ独自の技術で、同じ太さでも20%近く直線強度がアップした高品質8本撚りPEラインの「オシア EX8」。 お値段は張りますが、価格差に見合う性能差を備えています。 最大で8号までラインナップがあるため、地磯・沖磯でのキャスティングゲームからオフショアまで問題なく使うことができます。 直線強度、結束強度、キャスト時の滑らかさ、など全てを取っても他のPEラインより高品質ですし、大事にメンテナンスして使えば3シーズン程度は持つので結果的にはコスパがよくなります。 気軽に手を出せる値段ではありませんが、ジギング用ラインの中には5桁を超えるものもあるので、品質から考えると「買い」と言えます。 おわりに というわけで以上、「 ショアジギングに必要なラインシステムと最強のPEラインの選び方」について解説してみました! せっかく大型青物が掛かっても、ラインが切れてしまっては元も子もありません。 ロッドとリールはいい製品を揃えたが、ライン選びを適当にしたばかりに逃げられてしまった・・・という話を良く聞きます。 主要な釣り場が堤防など障害物が少ないエリアなら、とりあえず安いラインから始めてみてステップアップする形でも問題ないかと。 ただ、この釣りは最終的にラインの性能で魚を取れるかどうかが決まってくるため、大型が掛かる可能性があるならできる予算を割いて購入することをおすすめします。 回遊性の魚なので朝の数分だけしか反応がないなんてザラですし、1日中アタリがないことも多いです。 少ないチャンスをものにするためにも、重要なラインには投資することをおすすめします!.

次の

ライトショアジギングに最適なラインシステムとは?PE・リーダーのおすすめラインを解説!

ショアジギング ライン

PEラインとリーダーの 結び方を紹介している動画です。 慣れればすぐに結べるようになる FGノットをチェックしておきましょう! PEラインを真っ直ぐに張ったら 扱いやすいように リーダーを指に巻きつけます。 PEラインとリーダーを 十字に重ねて下側から クロスさせていきましょう。 交差するポイントを 指で固定して編み込みを行います。 手前1回、奥一回でワンセットです。 一回ずつしっかり締めこみます。 計8セット編み込みを行い 余っているPEラインを使って 仮止めを行いPEラインと リーダーを持ってしっかり 締め込みましょう。 最後はPEラインを使って リーダーにハーフヒッチをかけて しっかり固定します。 表側、裏側と交互に4回行い 最後はループに3回ほど通した 結びを行って完成です。 難易度と強度のバランスが良い 定番の結び方なので 是非自宅で練習して マスターしてください! PEラインがダマになって 絡んでしまう現象は ラインの劣化、 ラインローラーの固着や 巻き取りの異常が原因です。 糸フケをそのまま巻き取ると フワフワの状態でスプールに 巻き込まれるので 次のキャストで トラブルになりやすいです。 テンションを掛けながら 糸を巻く感覚を身に付けましょう。 ライン交換でも直らない場合は リールに原因が有る場合もあるので オーバーホールもおすすめです。 ノットの接続部付近でPEラインが 切れてしまう場合は締め込み時の 摩擦熱でラインが弱っています。 湿らせてから徐々に力をかけて 締め込むようにしてみてください。 PE3号など太い糸を締めこむ場合は 指が痛くて完全に締めこめないので 棒などに巻きつけて行うと確実です。

次の