新幹線eチケット。 新幹線eチケットを利用してみて気付いたデメリット

「新幹線eチケット」の使い方と、おトクなきっぷ|JR新幹線ネット

新幹線eチケット

広告 3月14日サービス開始 JR東日本、JR北海道、JR西日本の3社は、新しい新幹線IC乗車サービス「新幹線eチケットサービス」を2020年3月14日から開始しました。 このサービスにより、インターネット上で新幹線チケットを予約後、手持ちの交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線に乗車できるようになりました。 ところが、スマホで新幹線eチケットサービスを利用するためのアプリが用意されていません。 JR東日本は、2020年3月中旬以降に「えきねっとアプリ」を新幹線eチケットサービスへ対応させるとしていましたが、サービス開始の3月14日当日になって、これを延期するとえきねっとなどで告知しました。 JR東日本は、新幹線eチケットを利用する場合、アプリが対応するまでえきねっとWEBサイトの利用を求めています。 対応時期は決まり次第改めて知らせるとしています。 画像:えきねっとより モバイルSuica特急券廃止は予定通り JR東日本は、延期の理由については告知していません。 えきねっと公式ツイッターでの告知が3月14日12時05分となっていて、ぎりぎりで深刻な問題が生じて対応を断念したようにも感じられますが、想像の域を出ません。 2020年3月中旬以降に予定しておりました「えきねっとアプリ」の新幹線eチケットサービスへの対応は延期いたします。 アプリが対応するまではえきねっとWEBサイトのご利用をお願いいたします。 対応時期は決まり次第改めてお知らせいたします。 ご不便をおかけしまして大変申し訳ございません。 JR東海・西日本の新幹線チケットレスサービスの「スマートEX」は、スマホアプリの使い勝手が良く、利用しやすさにつながっています。 アプリはチケットレスサービスの大きなポイントです。 モバイルSuica特急券を廃止して新幹線eチケットに移行しただけに、えきねっとアプリ対応が新幹線eチケットのサービス提供に間に合わなかったのは、きわめて残念というほかありません。

次の

「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

新幹線eチケット

さまざまな機能の中でも、アップルウォッチをかざすだけで公共交通機関に乗り降りできる「モバイルSuicaアプリ」は本当に便利。 わたしはJR東海道新幹線に専用のICカードで乗り降りできる「(エクスプレスIC)」というサービスをかれこれ15年以上利用してきているのですが、「モバイルSuicaアプリ」にはその機能も統合されているため、東海道新幹線もスマホであらかじめ予約し、アップルウォッチをかざすだけで乗車できてしまいます。 でピッとパッと新幹線に乗るところを、撮ってみた! (BGMついてます🎵) — ヌー : すっきり、さっぱり。 これでJR東海道新幹線以外の新幹線にもチケットレスで予約・乗車ができることになるので、いちいち空席があるかどうかを気にしながら窓口に並んだりする必要がなくなり、ほんとうに便利になります。 あたらしく始まる「新幹線eチケットサービス」でできることと、利用するための登録方法をまとめます。 Suicaなどの交通系ICカード、モバイルSuicaアプリで新幹線にラクラク乗車!「新幹線eチケットサービス」とは? まずは「新幹線eチケットサービス」の概要を。 「新幹線eチケットサービス」とは? 券売機や窓口できっぷを受取ることなく、お持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスでご乗車いただけるサービスです。 早めのお申込みでおトクな「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」もご利用いただけます。 JR東日本「えきねっと」より引用 「新幹線eチケットサービス」でできることは?• JR東日本管内の新幹線( 東北・山形・秋田・北陸・上越)が対象• 乗車券と特急券が一体となった「新幹線eチケット」を、スマホやパソコンから予約購入できる• 予約時に利用選択した交通系ICカードを新幹線の改札にタッチするだけで、新幹線に乗車することができる 「新幹線eチケットサービス」利用に必要なものは?• 「Suica」や「PASMO」「ICOCA」などの交通系ICカードか、「モバイルSuicaアプリ」の入ったスマートフォンやアップルウォッチ• JR東日本の「」もしくはJR西日本の「 」での会員登録 「新幹線eチケットサービス」利用にかかる費用は?• 基本無料• (「Suica」などの交通系ICカードを利用するのであれば、そのICカード利用開始の実費は別途必要) 「新幹線eチケットサービス」利用のための「えきねっと」登録方法は? 「新幹線eチケットサービス」を利用するためには、JR東日本の「」もしくはJR西日本の「」での会員登録が必要となります。 以下は、JR東日本の「えきねっと」でわたしが会員登録したときの画面の流れです。 「えきねっと」会員登録のながれ 「」へアクセスし、左上の「はじめての方 会員登録」ボタンをクリック。 下の方にスクロールし、「会員登録(無料)する」ボタンをクリック。 個人情報の取り扱いおよび規約類に同意であればチェックボックスにチェックを入れ、「同意して次へ」ボタンをクリック。 登録するメールアドレスを入力し、「確認画面へ」ボタンをクリック。 この後JR東日本から送信されてくるメールでリンクをクリックし、ジャンプした先で必要情報を入力すると登録が完了します。 「SuicaID番号」の確認・登録方法 「えきねっと」の必要情報登録時に「SuicaID番号」の入力を求められますので、その確認方法を以下にご紹介します。 「Suica」などの交通系ICカードを登録する場合 「Suica」などの交通系ICカードを「新幹線eチケットサービス」に利用登録する場合、カードの裏側にある番号をそのまま入力します。 「モバイルSuicaアプリ」を登録する場合 「モバイルSuicaアプリ」を 「新幹線eチケットサービス」に利用登録する場合、「モバイルSuicaアプリ」を開いて出てくるSuicaカードのデザイン部分をクリック。 次の画面の中段にある「SuicaID番号」(アルファベット2文字で始まる数字列)を入力します。 あっという間に登録は完了です! 「新幹線eチケットサービス」は、新幹線乗り継ぎに注意 「Suica」などの交通系ICカードか「モバイルSuicaアプリ」を改札にかざすだけで乗車できるのが非常に便利な「新幹線eチケットサービス」ですが、乗り継ぎには気を付ける必要がありそうです。 JR東海道新幹線からJR東日本の東北・山形・秋田・北陸・上越新幹線へ共にチケットレスで乗り継ぐ場合、本来であればいちばんシンプルに乗り継ぎできるはずの「のりつぎ改札」を利用することができません。 JR東海道新幹線から一旦在来線の改札へ出て、そこからぐるりと回って、あらためてJR東日本の新幹線改札を通る必要があります。 …やや遠回りになるので、めんどくさいです。 乗り継ぎ時間にはご注意ください。 おわりに 以前は 「(エクスプレスIC)」 という専用のICカードが必須だったJR東海道新幹線のチケットレスサービスも、「」サービスの開始でスマホを持っている人ならば誰でも利用できるようになりました。 (乗車運賃は「エクスプレスIC」の方が安くなりますが…。 ) 「スマートEX」でJR東海の東海道新幹線、「新幹線eチケットサービス」でJR東日本の 東北・山形・秋田・北陸・上越新幹線に乗ることができるようになれば、乗りたい新幹線の空席の有無を気にしながらみどりの窓口や券売機前に並ぶ必要もなくなります。 しかも早く予約すると割引も。 スマホやPCから乗車予約でき、手持ちの交通系ICカードやスマホをタッチするだけで新幹線にラクラク乗車できる。 3月14日から始まる「新幹線eチケットサービス」、たのしみです。 下の四角いボタンをクリックして応援していただけるととっても嬉しいです。 テーマごとにランキング順でご覧いただけます。

次の

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

新幹線eチケット

広告 3月14日サービス開始 JR東日本、JR北海道、JR西日本の3社は、新しい新幹線IC乗車サービス「新幹線eチケットサービス」を2020年3月14日から開始しました。 このサービスにより、インターネット上で新幹線チケットを予約後、手持ちの交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線に乗車できるようになりました。 ところが、スマホで新幹線eチケットサービスを利用するためのアプリが用意されていません。 JR東日本は、2020年3月中旬以降に「えきねっとアプリ」を新幹線eチケットサービスへ対応させるとしていましたが、サービス開始の3月14日当日になって、これを延期するとえきねっとなどで告知しました。 JR東日本は、新幹線eチケットを利用する場合、アプリが対応するまでえきねっとWEBサイトの利用を求めています。 対応時期は決まり次第改めて知らせるとしています。 画像:えきねっとより モバイルSuica特急券廃止は予定通り JR東日本は、延期の理由については告知していません。 えきねっと公式ツイッターでの告知が3月14日12時05分となっていて、ぎりぎりで深刻な問題が生じて対応を断念したようにも感じられますが、想像の域を出ません。 2020年3月中旬以降に予定しておりました「えきねっとアプリ」の新幹線eチケットサービスへの対応は延期いたします。 アプリが対応するまではえきねっとWEBサイトのご利用をお願いいたします。 対応時期は決まり次第改めてお知らせいたします。 ご不便をおかけしまして大変申し訳ございません。 JR東海・西日本の新幹線チケットレスサービスの「スマートEX」は、スマホアプリの使い勝手が良く、利用しやすさにつながっています。 アプリはチケットレスサービスの大きなポイントです。 モバイルSuica特急券を廃止して新幹線eチケットに移行しただけに、えきねっとアプリ対応が新幹線eチケットのサービス提供に間に合わなかったのは、きわめて残念というほかありません。

次の