上級 国民。 TVなどで活躍できるのは李家の上級国民だからです。

上級国民は逮捕されない?

上級 国民

上級国民(じょうきゅうこくみん)とは、と対をなす、民の身分を表すのひとつである。 概要 上級国民という言葉は、に対してそれ以外の(特別な)民がいるかのような発言を受けて、それを皮るために生まれた単()である。 エンブ騒動を発端とし、にのを中心として発祥した。 当初は(に精通している)専門側のの言葉を皮るために用いられたが、その後は上級国民という言葉の連想から、や役人、などの層を的な意味合いにてし示すようにも用いられるようになった。 実際に単が生まれ、広まった詳しい経緯については以下の項を参照。 2015年に広まった経緯 この言葉は以後に上で急速に広まった言葉であり、それ以前の使用例は非常に少ない。 この項では、広まった経緯について解説する。 まず、としてはエンブに関する騒動がある。 、多数の応募作品の中からのによるエンブ案が採用されることが発表された。 しかしその後このエンブ案について、の劇場で先行する類似したが使用されていたことが判明し、ではないのかという疑惑が持ち上がった。 その騒動の中で、(あるいは氏のの他の)によるの等について、他者のや作品からの断流用・があったことが判明し、もそれを認めた。 その影から、がこのエンブ案でも断流用をしたのではないかと疑う人々が増え、やこのエンブ案を採用した組織委員会への・バッもしくなっていた。 ただしエンブ案自体については、はを否定していた。 そのためのエンブ案がそのまま使用されていく可性も残されており、使用をするのか、あるいは中止するのか、組織委員会の判断に注が集まっていた。 そんな中、に組織委員会はこのエンブ案の採用を中止することを決定し、その件についてを開いた。 その会見では組織委員会の総長の敏郎がこの判断に至るまでの経緯の説明を行ったが、その中で、(エンブ応募作品の審にあたった審の一正の意見を紹介する、という形で)「一般の民の方々」「」という言葉が使用されていた。 この言葉が使用されるまでの文脈を示す意味で、やや長くなるがその言葉を含む発言内容をする。 (「氏は模倣を否定しており、エンブは自分のであるとしている」という内容を伝えた後に) 審はですね、私はこれについて、「どういうにお考えになりますか?」と伺ったところ、 『界の理解としてはですね、そのようにさんの9されたの基本、それはとは全く違うものであるので、違うものと十分認識できるものであって、さんの言う通り、これはさんのなものとして認識されると、自分は思います』 と。 『界としては、そういう理解』 と、ということでありましたが、同時にですね、 『ここまで色々な形で問題となった時に、一般の民の方々が、今のような説明で本当に納得されるかどうかということについては、現状、問題があるかもしれません』 と。 これはさん自身のお話でありました。 『残念ながら、自分のこのような説明、それからさんの説明は、専門の間では十分分かり合えるんだけれども、にはわかりにくい、残念ながらわかりにくいですね』 という話が、ありました。 (「」によってにされた「」より、敏郎総長の発言内容を一部抜して書き下し。 言いよどみ、繰り返しは省いた。 ) 以上のようにこの発言の文脈では、「一般の民」「」と対されていたのは、「界」「(一正審のような、の)専門」であったことがわかる。 即ちこの会見において、「」とは「ではない人たち」「の専門ではない人たち」、つまり「非専門」という意味合いであった。 逆に言えば、本来の意味ではどれだけの持ちだろうが権者だろうが、に精通していなければ「」に含まれるとも言えるだろう。 この会見の後、「」のや上のの中には、この「」と言う表現を「」であるといった論調で的に要約して伝えたものが多数あった。 その中では「」の対として「上級国民」という表現が使用されていた。 その結果、本記事の「上級国民」という言葉が上で急速に広まったのである。 なの言葉が広まるにつれて、「」が「の専門」と対させた「非専門」をす表現であったという元々の意味合いについては割と薄まってしまったようで、「上級国民」という言葉は「」「専門」ではなく、「特権階級」「上流階級」をして使われることも多いようだ(ただし本来の成り立ちからすれば厳密には誤用である)。 2019年に広まった経緯 新まで残すところ約10日となった、過ぎ、にて歳の高齢が運転するが。 歳の運転手含む10人が怪、2人の子がするとなった。 を起こした運転手が元高級官僚であったことが判明し、凄惨なのわりにされなかったこと、に対するののありかたなどが問題になり、この事件を機に上では「上級国民」の言葉が再び広まることになる。 詳細については個別記事「」「」の記事を参照。 以降、においては「上級国民」の項は消され、新規には作成できない状態になっている。 また、の 外部 もやるきがなさげである。 上級国民と見なされる人々 への露出が多い人を中心に、以下の人物・団体が上級国民と見なされる場合が多い。 (特に現役閣僚・閣僚経験者)• ・等の一部の• ・等一部の団体• を利用して租税回避している人• 関係者• 御用学者• ・ 等 関連動画 関連項目• 特権階級• - 上級国民と対をなす。 第14条 - 法の下の等、の禁止、栄典について規定している。 等権に関して規定する条文とも言われる。 法の下の等• 族 - により止されたの制度。 プチ事件• - エンブ関連の騒動を詳細に扱った記事。 同記事は氏および組織委員会に対する的な論調であり、この言葉が広まるとなった「雰囲気」がわかりやすい。

次の

上級国民

上級 国民

2019年4月19日、東京都豊島区東池袋4丁目の都道で通行人を次々と自動車ではね、2人を死亡させた事故についての警察の対応について議論が巻き起こっています。 その議論とは、具体的に言うと、結果的に2人を死亡させた運転者の飯塚幸三がなぜ逮捕されないのか、ということです。 ネットユーザーの間では、飯塚幸三は上級国民だから逮捕されないのではないかと言われています。 結論から言うと多くの法律関係者が指摘しているように、飯塚幸三がいまだ逮捕されていないのは一応、法律の枠内で妥当なものです。 しかし、その根拠は警察の現場判断による部分も大きく、警察の一存によって逮捕も不逮捕も可能という状況になっていて、当ブログはそれを問題視するものです。 運転者の飯塚幸三は、東大卒の元官僚で旧通産省・元工業技術院長、さらにクボタの元副社長という経歴。 いわゆるキャリア官僚で、退官後にクボタに天下りし常務、副社長を歴任。 そして2015年秋の叙勲では瑞宝重光章を受けています。 警察が飯塚幸三を逮捕しないのは上級国民への忖度だという疑念は根強く、ネット上では上級国民が無罪になった過去の事例も蒸し返されています。 この記事では「上級国民なら何をやっても許される」が本当なのか、実際に上級国民が起こした犯罪がどのように扱われたかという事例とともに検証してみます。 上級国民とは 発祥は2015年の東京五輪エンブレムを決める際、で佐野研二郎のエンブレム案に盗用疑惑が持ち上がった騒動に端を発しています。 五輪組織委員会がこの案の採用を中止する記者会見で、事務総長の武藤敏郎が「一般国民」という言葉を使用したことで、一般国民と対をなす「上級国民」という言葉がネットで拡散しました。 武藤敏郎は「デザインに関する知識がない一般人、普通の人々」という意味で「一般国民」と言ったのですが、切り取られた言い回しでは、普通の国民より立場が上の特権階級的な「上級国民」が存在するかのように受け取られ、以降、ネットでスラング化しています。 その理由は、上級国民ほど弁護士が身近なので、警察も手荒な真似はできないからです。 また、警察が相手を見て「忖度」することも当然あるでしょう。 ただ、この場合、現場の警察を責めるのは酷です。 命令に従う公務員にすぎませんから。 むしろ責めるべきは、逮捕するかどうかを警察が判断できる曖昧な法律です。 この曖昧さが逮捕するもしないも警察次第という状況を生み、恣意的な逮捕が可能になります。 これが警察権力の源泉です。 この曖昧な法制度が行き着くところまで行くと、「警察が気に食わないと思えば逮捕できるし、警察が守りたいと思う人間は逮捕しない」という、まるで飯塚幸三事件のようなことになります。 そして、なにより日常生活で警察の機嫌を損ねないようビビりながら生活し、場合によっては賄賂も辞さない……という状況が発生します。 日本のような忖度が起こりやすい国では、警察に判断する余地を与えることが一般国民にとって命取りになります。 特に現場の警察官のような、安定した職につきたがるタイプの人間は、「逮捕するな」という上の命令が間違っていたとしても、反発する気概は持ち合わせていません。 「死亡事故を起こしたら一律逮捕、例外は認めない」、このような法制度にしないと、一般国民はいつまでも不公平感を持ち続けると思います。

次の

上級国民

上級 国民

前回の続きになります。 『RAPT BLOG』でこの世のカラクリが解き明かされ、それを証明するような上級国民の存在が去年明らかになりネットで注目を集めました。 更にTwitterで続々と上級国民の正体が暴かれています。 芸能人の殆どが日本を支配している李家の血筋だということが明らかになってきました。 芸能界は李家のそっくりさんだらけです。 こんなにもそっくりさんがいるのは繋がりがあるということだったのです。 上級国民は血筋を最重要視していますから血筋以外の人はTVなどで活躍することができない仕組みになっていることがそっくりさんからみてもわかります。 そして彼らは中田敦彦のように一般庶民を洗脳するエージェントだということがわかってきました。 李家の人たちは悪魔崇拝者でこの日本を事実上支配しています。 自分たちの素性を隠して庶民が真実に辿り着けないように庶民の振りをしてデマやフェイク情報を垂れ流しています。 そしてこれ以上『RAPT BLOG』の真実の情報が広まらにようにするためにRAPT理論を伝える人たちに人気が集まることがないように抑え込もうとしているそうです。 人気のある芸能人の話だからといって疑うことなく何も考えずに信じてしまうのではないでしょうか。 憧れの芸能人が言っているから正しいのではと思ってしまうところがあると思います。 彼らは自分たちが上級国民だということに誇りを持ち、それを隠して庶民を装って自分たちの権力を守っているのです。 『RAPT BLOG』で真実を知った人たちは、上級国民たちの手口にもう騙されません。 それどころか彼らのやっている悪事を見抜き調べて証拠を出して拡散しています。 ですから今回上級国民のそっくりさんがこんなに浮上しているのです。 上級国民同士のそっくりさんは他人の空似なんかではなかったのです。 上級国民は人を殺しても逮捕さなれいし、税金を払わなくても許されている事実を去年多くの方が気付いてしまいました。 上級国民が存在する限り下級国民は騙されて搾取され続けます。 下級国民は上級国民の奴隷だったのです。 奴隷だと思わせないように娯楽を与えられて目が塞がれているので気が付かない人が多いのではないでしょうか。 真実を知ってしまえば完全に奴隷だったことに気が付きます。 まじめに働いているのにいつまで経っても生活が豊かにならないのは税金が貢物のように上級国民に搾取されているからです。 これらのことから日本は民主主義ではないことがはっきりと理解できるのではないかと思います。 身分制度がずっと今も続いていることを分からないようにされているだけなのです。 日本は一部の上級国民が潤うための社会だったのです。 やはり吉田沙保里は、皇族の血筋だった。 有栖川宮威仁親王妃(前田慰子)にそっくり。 有栖川宮からは、かの悪名高き出口王仁三郎が誕生。 しかも、この前田慰子が、ロンブー淳にも激似。 結局、どの業界の有名人も、普通の庶民からは誕生しない。 — 時計仕掛けのオレンジ 9n7eWQtutsamatw 日本を支配しているイルミナティ李家の上級国民は近親相姦をして自分たちの子供を養子に出します。 なので芸能人や有名人や政治家などあちこちにそっくりさんが続出しているのです。 こんなにも沢山いることに気が付きませんでしたが、RAPT氏を通して神様が教えてくださいました。 ここにきて更に色々なことが暴かれているのも神様の力が強力にこの地に働いているからだと実感しております。 面白くもないのに、2018年にM1グランプリの王者になって、批判を浴びた「霜降り明星」 何か裏があると思ったら、片方の「せいや」が、小泉純一郎の祖父・小泉又次郎に激似。 やはりM1も出来レース。 — 時計仕掛けのオレンジ 9n7eWQtutsamatw 李家に歯向かう物はお金の力や暴力を使って潰されます。 李家より優れた人たちは取り込まれて使い捨てされてボロボロになります。 実際RAPT氏の所にもイルミナティの東出融とい人が近づいてきて、RAPT氏が真実の情報を発信できないように取り込もうとしてきたことがありました。 それと、さゆふらっとまうんども工作を仕掛けてきました。 後、KAWATAとNANAのRAPT理論のKAWATAさんとNANAさんも李家の正体を暴いた動画をアップした直後に命を狙われました。 他にも攻撃が沢山ありました。 すべて李家に関わる人たちと李家に洗脳されているカルト宗教の全能神教会や生長の家などが行っていたことが明らかになっています。 『RAPT BLOG』や『KawataのBLOG』でその経緯がわかります。 人より優れた才能を持っている人や、RAPT氏のようにこの世の闇を暴こうとするもの達をイルミナティはネットの技術などを使い監視し、目を光らせいていますので、すぐに近づいてきます。 イルミナティの李家は支配する権力を維持するために下級国民が自分たちより目立たないようにするためにあらゆることをしてきます。 イルミナティの存在と手口を知らないと簡単にやられてしまうのです。 RAPT氏が伝えてくださる神様の愛の御言葉は生きていく上でとても大切なことやこの嘘だらけの世の中をどう生きれば幸せに生きることができるのをかわかりやすくを教えて下さっています。 希望をもって生きられますし、恵み深い御言葉を聞いて神様を愛してその通りに実践して行うならばRAPT氏のように偉大なことを成し遂げられるようになれると教えて下さいました。 多くの方が神様を信じて御言葉通りに従い、一人一人に与えてくださっている個性才能を開花させてイルミナティの奴隷生活から抜け出して真に豊かに生きられますように切に願います。 因みに御言葉は有料記事のリンクから朝会を購入されますと視聴することが出来ます。

次の