グーグルマップ 口コミ 削除依頼。 Googleの口コミ・評価の削除依頼方法!Googleマップのレビューを非表示にしたい!

グーグルマップの口コミ・レビューの削除基準と削除依頼方法

グーグルマップ 口コミ 削除依頼

日本でもGoogleマップストリートビューが全国の様々な場所を網羅するようになってきました。 観光地などに行く前に道の様子や状況を確認したり、ビジネスマンが相手企業を訪問したりする前にビルの様子を確認して道に迷わないようにするなど、多彩な用途は非常に便利です。 Googleマップが便利な一方で、住宅地などがたくさん公開され、プライバシーの侵害が指摘されています。 詳しい話が元CIAでロシアに亡命したエドワード・スノーデンが書いた『』に書かれています。 住宅地も撮影されてるgoogleストリートビュー Googleストリートビューは、住宅地などの撮影も行われています。 Google マップの検索で自宅の住所で検索をかけて、自分の自宅がGoogleストリートビューで公開されているかどうかを確認してみましょう。 自分の自宅がGoogleストリートビューに公開されていた場合には、出来るだけ早めに削除依頼をするようにしましょう。 (削除の方法は記事下部に記載) Googleストリートビュー公開で怖いこと 自宅などがGoogleストリートビューで筒抜けになってしまうと、様々な問題が発生する可能性が指摘されています。 例えば、次のような利用のされ方をされたり、犯罪に使われたりするかもしれません。 ウェブサイトが犯罪の温床になる可能性がある事実を認識しておきましょう。 ・空き巣が住宅地の状態を事前に確認して犯罪に利用する ・女性用の洗濯物、女子高生の制服などが写って変質者が来る可能性がある ・無関係企業・就職先企業が住所情報から住まいや車の様子を確認する ・住所を元にストーカーが自宅の様子を確認して訪問する ・小さい子供が居る事が分かって、誘拐しようという動機に使われる ・ホテルの宿泊住所から自宅の様子が分かってしまう Google マップストリートビューの使い方 最初にGoogleマップストリートビューが初めての方に向けてGoogle マップストリートビューの使い方を説明します。 既に使い方を知っている方は、この使い方部分を読み飛ばして (3)に行って下さい。 (1)地域の地図を表示する ここでは最初にGoogleマップアクセスして、検索で自分の見たい地域名を入力します。 Googleマップ 検索に「東京都丸の内」を入力すると、「東京都丸の内」の地図が表示されます。 Googleマップ上で 「オレンジの人形」をしたものをマウスでクリックして掴みます。 マウスでクリックして掴むと、地図上に人を置けるようになります。 (2)オレンジ色の人をマウスで見たい場所に置く 「オレンジ色の人形」にマウスをクリックして掴んだら、置ける場所が青く表示されます。 その青色に表示された場所の好きな場所に人形を置きます。 「オレンジ色の人形」を置いた瞬間に画面がストリートビューに切り替わります。 (3)ストリートビューで問題の場所を見つける 「オレンジ色の人形」を青色に表示された場所に置くと画面がストリートビューになりました。 運悪く自分の自宅がストリートビューに写ってしまっていた場合には、自宅の削除を依頼する為に 画面の下にある「問題の報告」をクリックしましょう。 (4)自宅の削除を依頼 自宅の削除依頼は1分もかからずに終わるようになっています。 ・「自宅」をクリック(自宅が写っている画像を見つけたのでぼかしてほしい」を選択) ・問題の詳細には、「空き巣の恐怖を感じる」など自分が問題と思うことについて入力 ・メールアドレスを入力 ・自宅の場所に向きに画像を合わせる ・文字の確認(スパム対策)を入力 ・送信ボタンを押す 送信ボタンを押すと、内容確認メールが送信されるので、メールボックスを確認しましょう。 (Googleは、ぼかし・削除後にも特に連絡はしないそうです) おわりに インターネットが発達して非常に便利な社会になりましたが、一方でプライバシーが常に脅かされる危険がある社会となりました。 自宅の公開などがすぐに危険に直結するとは限りませんが、不要な危険を避ける為にも、自宅などは公開しない方が良いと言えます。

次の

Googleの検索結果(GoogleMap)に悪い口コミを書かれたときの対処法

グーグルマップ 口コミ 削除依頼

京都は、古くからの名勝・旧跡が数多く存在しており、国内外から多くの観光客が押し寄せる屈指の観光スポットです。 観光地巡りといえば多くの人が活用している口コミ情報ですが、中でも世界中のユーザーが利用しているのが「Googleマップ」の情報です。 Googleマップの口コミ情報は、観光だけでなく日頃のショッピングやグルメ、商品購入などにも利用されています。 しかし、この口コミにネガティブな情報が書き込まれたとしたら……。 個人店舗などにとっては大きな打撃になることは間違いありません。 口コミ削除をしてもらうためには、どうしたらよいでしょうか。 ここでは、企業や店舗の重要なステータスとなるGoogleマップの口コミに誹謗中傷などのネガティブな書き込みを受けた場合の対処法を紹介します。 平成28年にインターネット調査会社が行った調査結果では、国内で2番目に利用されているスマートフォンアプリケーションとして「Googleマップ」が挙げられました。 日本国内だけで平均月間利用者数が3936万人もいるわけですから、スマートフォンを持つ方であれば、Googleマップを知らないという方はほとんどいないと考えてよいでしょう。 Googleマップとは、アメリカのGoogle社が提供している地図検索サービスのことです。 世界各地の地図データが収録されており、現在地から目的地までのルート検索やナビゲーション機能がついていたり、主要都市ではビルの高さなどが3D表示されていたりするなど、非常に便利で精度が高いサービスとなっています。 また、地域検索の能力も強力で、同じくGoogle社が提供しているGoogleマイビジネスと連動し、店舗の場所や情報へのアクセスを誘導することもできます。 Googleマイビジネスは、店舗などの情報をカテゴリ別に登録することで、検索者の位置情報を取得して店舗情報などを表示する広告機能を装備しています。 たとえば「京都 グルメ」と検索すれば、現在地近隣のグルメスポットが表示されます。 以前は高額な高性能カーナビゲーションでしか成し得なかったサービスが、現在では手の中にあるスマートフォンひとつで実現しているのですから、利用者数が激増していても不思議ではないでしょう。 2、Googleマップの口コミが与える影響• 価格を比較して安く商品購入やサービス提供を受けたい• 評判のよいサービスや店舗を探したい• 第三者の評価から、自分の判断が正しいのかを確かめたい いまや口コミは「誰かのうわさ」の域を超えて「店舗や商品・サービスの評価基準のひとつ」という地位にまで高まっているのです。 よい内容の口コミがあれば、店舗や企業側が大々的に宣伝広告を打ち出すよりも「実際のユーザーの声」として評価されるため、高い集客効果を見込むことができます。 実際に多くの企業や個人事業者が口コミを重視しつつあります。 反対に、 ネガティブな内容の口コミを書き込まれてしまうと、そのダメージは想定以上に大きなものとなる可能性があります。 コメントの真偽は問わず「あの店は低品質だ」という評価を招き、客足が遠のいてしまうこともあるのです。 Googleマップでは、Googleアカウントを保有しているすべてのユーザーが口コミを書き込むことができます。 そのため、店舗や企業側は、いつ、誰が、どのようなシーンで口コミを書き込むのか、気を抜くことができないという一面があります。 3、Googleマップのネガティブコメントの削除方法• 意図的な虚偽情報• 写真のコピーや盗用• 話題に無関係な口コミ• 中傷的な表現や個人攻撃• 不必要または不正確なコンテンツ 特にGoogleマップでは「すべてのユーザーにとって有益であること」を尊重しているため、有益ではない情報は削除の対象となります。 いくら悪い内容の口コミであったとはいえ、事実であれば真摯に受けとめるべきと解釈されます。 しかし、 根拠のない誹謗中傷や個人攻撃に対しては「ポリシー違反である」と訴えれば、口コミ削除をしてもらうことが可能です。 Googleマップにネガティブな口コミを書き込まれた場合に削除する方法は、次の2種です。 (1)ビジネスオーナーとして削除を依頼する 自身がGoogleマイビジネスのビジネスオーナーとして登録している場合は、まずGoogleマイビジネスにログインします。 管理するビジネス情報の[ビジネスを管理]をクリックしたのち、メニューの[クチコミ]をクリックします。 口コミ削除したい口コミを見つけ、[その他メニュー]をクリックして、[不適切なクチコミとして報告] をクリックすると、フォームが表示されるため、必要事項を入力して送信します。 以上で口コミ削除依頼は完了です。 (2)第三者として削除を依頼する Googleマップの口コミ削除依頼は、Googleマイビジネスにログインしなくても要請できます。 「不適切なコンテンツを発見した第三者」としての立場で通報するものであり、ユーザーが経験を集合させてコンテンツを作り上げていくGoogleマップの特性を生かした方法です。 手順は、ログインしていない状態でGoogleマップにアクセスし、該当する口コミの表示されるメニューから「違反コンテンツを報告」をクリックします。 削除依頼フォームが表示されるため、入力して送信します。 4、必ずしも削除されるわけではない? 誹謗中傷のコメントを発見し、すぐに削除依頼フォームから削除を要請したからといっても、安心することはできません。 Google社では、受け付けた削除依頼がポリシー違反に該当するのか、意図的に悪い評価の口コミを削除しようと要請しているのではないかなどを審査します。 つまり、 審査の結果、不都合な書き込みであったとしてもポリシー違反に該当しないと判断されれば、書き込みが削除されないこともあるのです。 ネガティブな口コミに対して、丁寧かつ真摯な回答をすることによって、口コミを閲覧したそのほかの方に対して、よりよい印象を持ってもらうという手段も検討する必要もあるかもしれません。 5、口コミが削除されなかった場合は弁護士に相談する Googleマップに対して、根拠がない悪い口コミが書き込まれてしまった場合、まずは自分自身で早急に削除を依頼することをおすすめします。 「どうしようか」と悩んでいるうちにも、全国のユーザーがその口コミを閲覧していると考えたほうがよいでしょう。 一刻を争う事態なので、すぐに削除依頼フォームから削除依頼を要請しましょう。 ただし、 削除依頼を要請しても削除してもらえなかった、削除されたが甚大な被害を受けたので当事者に責任を追及したい、などの場合は弁護士に相談してください。 まず、削除されなかった場合は、弁護士に相談して名誉毀損(きそん)罪などの適用を視野に入れてもらいましょう。 Google社のポリシーは、いわゆる「社内規定」です。 そこで、Google社のポリシーには反しない程度だったとしても、日本の処罰法においては違反するという場合には、法的な解釈を添えて弁護士からGoogle社に削除依頼を要請してもらいます。 それでも削除されない場合は、弁護士を通じて裁判所に「仮処分」を申請してもらうことができます。 仮処分とは、ある不利益な状態について、本訴訟を待たずに仮としてその状態を解消する措置です。 Google社も裁判所の命令には従う義務を負うため、裁判所が仮処分を認めてくれれば口コミを削除することができます。 また、 弁護士に依頼すれば、各機関への照会によって口コミを書き込んだ当事者を特定することもできえます。 犯罪行為であることが断定できれば、告訴によって刑事責任を追及することも、口コミによって受けた損害について民事の賠償請求を行うことも可能になります。 6、まとめ.

次の

Googleマップのストリートビューで削除依頼する方法

グーグルマップ 口コミ 削除依頼

平成30年7月、岡山県岡山市の路線バスを運行する「両備グループ」が、Googleマップへバス運行情報の提供を開始したと発表しました。 全国初となるオープンデータのリアルタイム公開は、岡山市民にとってGoogleマップがさらに身近な存在になったと言えそうです。 便利な半面、Googleマップに悪意ある口コミを投稿され、企業や個人店、施設の経営者が頭を悩ませるケースも少なくありません。 根も葉もないうわさや誹謗中傷を書き込む人もいるようですが、経営者は泣き寝入りするしかないのでしょうか。 今回は、Googleマップへの書き込み被害に遭っている方に向けて、口コミ削除の方法や削除できなかった場合の対処法について解説します。 Googleマップには地図としての機能だけでなく、ユーザーが店舗や施設の口コミを投稿する機能が備わっています。 Googleアカウントがあれば口コミを投稿することができ、アカウントがなくても誰でも口コミを見ることができます。 ユーザーにとっては、基本情報に加えて口コミも確認できるため、店舗や施設を利用する際の判断材料として活用できる便利さがあります。 一方で、Googleマップは店舗や施設にとって、営業日や住所などのほか、最新情報を更新して顧客にアピールできる集客ツールの役割を持っています。 しかし、根拠のないネガティブな口コミが投稿されることで、店舗や施設側が迷惑を被ってしまうケースが後を絶ちません。 ユーザーは地図などを確認する段階で意図せずとも口コミを目にすることになるため、企業ブランドへの影響は非常に大きいと考えられます。 2、Googleマップ(マイビジネス)で削除対象となる口コミ• 話題と無関係な口コミ……政治的な主張や個人的な不満など掲載店舗や施設の実体験とは関係のない口コミのことです。 個人情報、機密情報……身分証の番号、クレジットカード情報などが記載された口コミです。 利用規約に違反するコンテンツ……露骨な性的コンテンツや違法なコンテンツなどです。 そのほか……宣伝、スパム、なりすまし、他webサイトへのリンクの記載、違法性のあるもの、利害に関するものなどが該当します。 3、Googleマップ(マイビジネス)の口コミを削除する方法 リクエストしたとしても確実に削除されるとは限りません。 削除されるのはあくまでGoogle社が口コミをポリシー違反や利用規約違反だと認めた場合に限られるためです。 たとえば、店員の接客態度に不満を感じた利用客が「接客が最悪だった」と投稿しても、個人の捉え方の問題であって違反と見なされない可能性もあります。 こうしたネガティブな口コミがすべて削除されてしまえば、Googleマップのユーザーは公平性のある情報を得ることができません。 ユーザーには知る権利があり、投稿者にも表現の自由がありますので、依頼側がポリシー違反だと思っていても、Google社は削除に応じないことがある……ということです。 投稿内容によって削除される可能性は変わってきますが、ビジネスで利用している人の中には「かなり厳しくてよほど悪質でなければ削除されない」と感じる方もいるようです。 一方で、「スムーズに削除された」と語る方もいます。 Google社も「不適切なものは自主的に削除している」と述べていますので、削除が非常に困難というわけでもないでしょう。 リクエストに応じてもらえるか否かはあくまでもGoogle社の判断に委ねるしかありません。 5、Googleマップ(マイビジネス)の口コミが削除できなかった場合の対処法 ポリシー違反の報告とリクエストを行ったにもかかわらず、口コミが削除できなかった場合の対処法を紹介します。 (1)自身でできることをする 経営者と社員が一丸となれば、悪い口コミも好印象なものとなるよう、対策を講じることができます。 ひとつは誠心誠意対応することです。 Googleマップの口コミに対しては返信ができますので、丁寧なコメントを返しましょう。 悪い口コミが自社の経営を見直したり、社員の質を高めたりするきっかけとなる場合もあります。 別のユーザーからは、悪い口コミに対しても誠実に対応している印象を与えることができます。 もうひとつの手としては、 口コミ数を増やす努力をすることも効果的です。 誰しも好みがあり、中には悪い口コミもあるでしょう。 そこで、悪い口コミが他のユーザーの印象へ及ぼす影響を小さくするため、口コミ全体の数を増やします。 「良かったら口コミしてくださいね」など、口コミの投稿を強要しない形で、地道に口コミ数を増やそうと働きかけるようにすることで、悪い口コミを目立たなくさせる効果を得られます。 (2)弁護士に相談する Google社ではポリシー違反に該当しないと判断しても、法律に抵触する内容であれば弁護士を通じて削除を依頼することができます。 悪質な口コミ投稿を行う者が問われる可能性がある罪としては、「名誉毀損(きそん)罪」や「侮辱罪」が考えられます。 たとえば「名誉毀損罪」は、公然と人の名誉を傷つける事実を示すことで成立する罪です。 真実か否かは問われませんので、真実であったとしても名誉毀損罪は成立し得ます。 一方で、事実を示したわけではない投稿の場合、たとえば単なる意見や感想は、内容によっては「侮辱罪」にあたります。 法律に抵触していることを理由に訴訟を起こすことも選択肢のひとつです。 参考までに、Googleの削除に関する訴訟と地裁の決定を2つご紹介します。 <口コミ削除の請求が却下されたケース> 「自社名を検索すると詐欺などと表示されたことが名誉毀損にあたる」としてGoogle社に検索結果の削除を求めた訴訟に対して、平成30年1月31日、東京地裁は、「検索結果が真実ではないとは認められない」として削除を認めなかった。 Google社は、国民生活センターに相談事例があったことを根拠に削除に応じていなかった。 名誉毀損などの罪にあたるのか、削除が認められるのかは個別のケースによって異なります。 いずれにしても、違法性を主張する場合は弁護士の力が必要になります。 まずは、 弁護士に相談して、口コミが法律に抵触しているかどうかを判断してもらうことからはじめましょう。 6、まとめ.

次の