グレリン 食欲。 食欲増進ホルモンの「グレリン」の分泌を高める六君子湯

グレリン(老化防止ホルモン)とは?食欲との関係やサプリメントも!

グレリン 食欲

食欲増進ホルモンの「グレリン」の分泌を高める六君子湯 【抗がん剤による吐き気はセロトニンにより起こる】 シスプラチンなどの抗がん剤は、強い吐き気や嘔吐を引き起こします。 これは、抗がん剤によって小腸粘膜のエンテロクロマフィン細胞(EC細胞)から セロトニン(5-HT) が大量に分泌され、腸管や脳の 5-HT3受容体 に結合することで発症します。 したがって、セロトニンと5-HT3受容体の結合を阻害する 5-HT3受容体拮抗剤 (ゾフラン、ナゼア、カイトリル、セロトーンなど)を使用することによって、抗がん剤による吐き気や嘔吐の副作用はかなり軽減できます。 【セロトニンは食欲増進ホルモンのグレリンの産生を低下させる】 抗がん剤によって腸管のEC細胞から分泌されたセロトニンは、視床下部では5-HT2c受容体を介して食欲を低下させます。 また、セロトニンは食欲増進ホルモンの グレリン(Ghrelin) の胃からの分泌を低下させて、食欲を低下させる機序も報告されています。 グレリン(Ghrelin)は主に胃から分泌されるペプチド(28個のアミノ酸から構成される)で、成長ホルモンの分泌促進、消化管運動促進、胃酸分泌促進、摂食促進(食欲増進)など様々な生理作用を有します。 胃で産生されて、それが脳に作用して食欲を刺激する食欲促進系のホルモンと言えます。 【六君子湯はグレリンを介して食欲を高める】 最近の幾つかの研究で、 六君子湯(りっくんしとう)がシスプラチンによるグレリンの胃からの分泌低下を阻止し、さらに脳内におけるグレリン受容体を増加させることによって食欲を高める ことが、ラットを使った実験で示されています。 (Gastroenterology, 134:2004-2013, 2008) 六君子湯による食欲増進の作用機序として、シスプラチンの投与によって増加したセロトニンによって胃から分泌される食欲増加ホルモンのグレリンが低下するところを六君子湯が阻止し、食欲を回復させることが報告されています。 さらに別の研究では、脳内のグレリン受容体の数を増加させることによって、食欲を高めることも報告されています。 この効果の活性成分として、陳皮(チンピ)に含まれるフラボノイドの関与が示唆されています。 【六君子湯とは】 六君子湯(りっくんしとう) は人参・白朮(または蒼朮)・茯苓・半夏・陳皮・甘草・生姜・大棗の8種の生薬で構成されています。 気力の低下(気虚)や胃腸運動の低下、消化吸収機能の低下した状態を 脾胃気虚 といいます。 脾胃気虚を改善するために、気虚を補う 補気薬 (人参・朮・甘草)に、消化吸収機能を高める 健脾薬 (大棗・茯苓・陳皮・生姜)が使われます。 半夏・朮・茯苓は利水作用があり、胃腸内の水分停滞(水滞あるいは水毒という)による症状(胃もたれ・吐き気・膨満感・胸やけ)を改善します。 これらの生薬を組み合わせて、より効果的に消化吸収機能を正常化させ、食欲低下や吐き気を改善する効果を発揮できるように作られたのが六君子湯です。 六君子湯の構成生薬のなかで、半夏・生姜・茯苓の組み合わせは、 小半夏加茯苓湯 しょうはんげかぶくりょうとう という漢方薬になります。 半夏と生姜はいずれも強い制吐作用(吐き気止め)があります。 さらに胃内の余分な水分を取り除き消化吸収機能を高める茯苓を配合することにより、吐き気止めの効果を増強します。 種々の原因での吐き気や嘔吐に効果があり頓服としてよく用いられ、抗がん剤による吐き気や嘔吐を軽減する効果も報告されています。 六君子湯には、胃排出能促進作用、胃粘膜血流増加作用、胃粘膜保護作用、消化管運動機能の改善作用などの効果が認められており、主に慢性胃炎や機能性ディスペプシア(functional dyspepsia)に対する有効性が多くの臨床試験で報告されています。 がん治療においても、がん患者の食欲低下を改善する目的で使用されています。 六君子湯がグレリンの胃からの産生を高め、脳内のグレリン受容体を増やすことによって食欲を高める効果は、抗がん剤治療に伴う食欲不振を改善する有効性を示しています。 5-HT3受容体拮抗薬と六君子湯を併用することは、抗がん剤による吐き気と食欲低下の治療に効果が期待できます。 その作用機序から、胃を全摘出している場合には、六君子湯の食欲増進効果は低下する可能性があります。 しかし、六君子湯はプラシーボを対照としたランダム化比較試験により、 胃癌切除後の術後早期投与による術後逆流性食道炎の予防と入院期間の短縮が確認されています。 胃切除術後の患者は一般的に虚証に陥りやすく、上部消化管運動の障害により腹部膨満感や不快感や食欲不振といった症状が起こります。 このような病態にも消化管運動の改善作用と同時に体力や気力を増す六君子湯が有効です。 このように、抗がん剤や手術に伴う胃腸機能の低下や食欲不振などの症状に対しては、漢方治療は極めて有効な作用を持っています。 病態や症状に合わせて理論的に西洋薬と漢方方剤を組み合わせることにより、食欲低下や吐き気に対する効果的な治療が可能となります。

次の

ウォーキングで食欲を抑える 運動後に食べ過ぎないための6つの方法

グレリン 食欲

ダイエットといえば低カロリー食とエクササイズが定番と思われていますが、実は体内で分泌されるホルモンが肥満に大きく関与していることはご存知でしょうか? 満腹ホルモンのレプチンと空腹ホルモンのグレリンをうまくコントロールすることで摂取カロリーや運動量とは関係なく自然にダイエットすることが可能になるのです。 食欲を抑制して代謝を上げるための食事法など、脳と身体が喜ぶ最新のダイエット理論をご紹介します。 太るのはホルモンのせいだった!? 食欲を制御するレプチンとグレリンとは? ダイエットしたいのについつい食べ物に手が伸びたりしませんか? 運動をせずにごろごろと過ごしたりするのは自分の意志が弱いせいだと思っていませんか? もちろんハイカロリーで糖質過多の食品をたくさん食べて運動量が少なければ、みるみる身体は肥満へと向かいます。 しかし、その 肥満の原因となる食欲やエネルギー代謝に影響を与えるのは、脳から発せられる「食べろ」「エネルギーを使うな」という指令の影響がメインで、意志の強さ・弱さは主な原因ではないのです [ ] Allison MB, Myers MG. 20 years of leptin: connecting leptin signaling to biological function. J Endocrinol. 2014 Oct;223 1 :T25-35. [ ] Friedman JM, Halaas JL. Leptin and the regulation of body weight in mammals. Nature. 1998 Oct 22;395 6704 :763-70. そしてその脳の指令を誘発するのが満腹ホルモンのレプチンと空腹ホルモンのグレリンです。 つまり、このホルモンを上手にハックできれば個人の意志の強弱に関係なくダイエットに成功し、活力に満ちたライフスタイルを送ることができます。 血中のレプチンが食べ過ぎをストップする 満腹ホルモンと呼ばれるレプチンは脂肪細胞内で生産され、血流に乗って脳の視床下部へと運ばれます。 レプチン値が高いと脳は満腹感を感じ、カロリー摂取をやめてエネルギーを消費するように指令を出します。 つまり、 レプチンは食欲を抑制してエネルギー代謝を高めるように脳に働きかける鍵なのです。 レプチンによる制御が正常に機能していれば、食事をした後はレプチン値が上がり、食欲が抑えられます。 そういったレプチンの食欲抑制の働きがマヒをしてしまうことがあります。 これをレプチン抵抗性といい、レプチン値が上昇しても満腹感が得られずにいつまでも食べ続けることに。 食べ過ぎは意志の弱さよりもレプチン抵抗性が大きく関与しているのです [ ] Crujeiras AB, Carreira MC, Cabia B, Andrade S, Amil M, Casanueva FF. Leptin resistance in obesity: An epigenetic landscape. Life Sci. 2015 Nov 1;140:57-63. また、レプチン抵抗性は甲状腺ホルモンにも作用します。 血中のレプチンの量が甲状腺ホルモンの放出量決定の要因となり、レプチン値が低ければ脳は甲状腺ホルモンを低く保つことで新陳代謝を抑えるように指令を出します [ ] amos-Lobo AM, Donato J Jr. The role of leptin in health and disease. Temperature Austin. 2017 May 26;4 3 :258-291. レプチン抵抗性が高まるとレプチン値が上昇しても甲状腺ホルモンがあまり上がらない可能性があり、疲労やだるさを引き起こして身体を動かすのも面倒に感じるようになるかもしれません。 このように過食と代謝停滞を招くレプチン抵抗性はダイエットの大敵なのです [ ] Park HK, Ahima RS. Physiology of leptin: energy homeostasis, neuroendocrine function and metabolism. Metabolism. 2015 Jan;64 1 :24-34. ダイエット後のリバウンドは空腹ホルモンのグレリンの作用 短期的なダイエットならなんとか達成できたとしても、大多数の人は1年以内に元の体重に戻ってしまうそうです [ ] Weiss EC, Galuska DA, Kettel Khan L, Gillespie C, Serdula MK. Weight regain in U. adults who experienced substantial weight loss, 1999-2002. Am J Prev Med. 2007 Jul;33 1 :34-40. ダイエットを終えた途端に食欲が爆発し、あっという間に元の体重に戻ってしまうのは空腹ホルモンのグレリンの仕業といえます。 空腹になった胃腸で作られたグレリンは血流に乗って視床下部に到達し、生命維持のために食べ物を探すよう脳に伝えます [ ] Neary NM, Goldstone AP, Bloom SR. Appetite regulation: from the gut to the hypothalamus. Clinical endocrinology. Ghrelin. Mol Metab. 2015 Mar 21;4 6 :437-60. Ghrelin. Mol Metab. 2015 Mar 21;4 6 :437-60. [ ] Klok MD, Jakobsdottir S, Drent ML. The role of leptin and ghrelin in the regulation of food intake and body weight in humans: a review. Obes Rev. 2007 Jan;8 1 :21-34. Circulating ghrelin levels are decreased in human obesity. Diabetes. 2001 Apr;50 4 :707-9. Serum ghrelin levels in obese patients: the relationship to serum leptin levels and soluble leptin receptors levels. Physiol Res. 2003;52 1 :61-6. [ ] Reinehr T, Roth CL, Alexy U, Kersting M, Kiess W, Andler W. Ghrelin levels before and after reduction of overweight due to a low-fat high-carbohydrate diet in obese children and adolescents. Int J Obes Lond. 2005 Apr;29 4 :362-8. カロリー制限の激しいダイエットをしていると、飢餓感が増し、満腹ホルモンのレプチンの値が下がります。 代謝も著しく停滞するため、カロリー不足なのに体重が減りにくい状態に陥ってしまいます [ ] Dirlewanger M, di Vetta V, Guenat E, Battilana P, Seematter G, et al. Effects of short-term carbohydrate or fat overfeeding on energy expenditure and plasma leptin concentrations in healthy female subjects. Int J Obes Relat Metab Disord. 2000 Nov;24 11 :1413-8. [ ] Weigle DS, Duell PB, Connor WE, Steiner RA, Soules MR, Kuijper JL. Effect of fasting, refeeding, and dietary fat restriction on plasma leptin levels. J Clin Endocrinol Metab. 1997 Feb;82 2 :561-5. そして、食欲と戦って短期の減量に成功しても、ダイエットが終わるとすぐに過食してしまい、代謝が停滞して太りやすくなった体はすぐに元の体重に戻ってしまうのです。 ダイエット後の過食は、 グレリン値が大幅に上昇することで食欲が増してしまうのが原因。 研究によれば、6カ月のダイエットの後にはグレリンの数値が24%上昇し、ボディビルディングダイエットなどの厳しいダイエットならば40%近くも上昇するそうです [ ] Cummings DE, Weigle DS, Frayo RS, Breen PA, Ma MK, Dellinger EP, Purnell JQ. Plasma ghrelin levels after diet-induced weight loss or gastric bypass surgery. N Engl J Med. 2002 May 23;346 21 :1623-30. [ ] Rossow LM, Fukuda DH, Fahs CA, Loenneke JP, Stout JR. Natural bodybuilding competition preparation and recovery: a 12-month case study. Int J Sports Physiol Perform. 2013 Sep;8 5 :582-92. レプチン抵抗性を克服して満腹ホルモンを働かせるには? 体重増加の原因となり、痩せにくい体質になりがちなレプチン抵抗性。 レプチンの発する 過食のサインを無視して食べ続けたり、 果糖を摂り過ぎたり、毒素やストレスにさらされたりするとレプチン抵抗性に陥りやすくなります [ ] Shapiro A, Mu W, Roncal C, Cheng KY, Johnson RJ, Scarpace PJ. Fructose-induced leptin resistance exacerbates weight gain in response to subsequent high-fat feeding. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2008 Nov;295 5 :R1370-5. [ ] Rubin BS, Soto AM. Bisphenol A: Perinatal exposure and body weight. Mol Cell Endocrinol. 2009 May 25;304 1-2 :55-62. また、炎症や遊離脂肪酸などもレプチン抵抗性の原因と考えられています [ ] Guyenet SJ, Schwartz MW. Clinical review: Regulation of food intake, energy balance, and body fat mass: implications for the pathogenesis and treatment of obesity. J Clin Endocrinol Metab. 2012 Mar;97 3 :745-55. [ ] Thaler JP, Yi CX, Schur EA, Guyenet SJ, Hwang BH, Dietrich MO, et al. Obesity is associated with hypothalamic injury in rodents and humans. J Clin Invest. 2012 Jan;122 1 :153-62. レプチン抵抗性を解消するには、果糖摂取量をなるべく低く抑えて、炎症やトリグリセリドの値を低く保つなど、日々の食事を改善することが大切です。 そのためにも、1日のうち14時間は食事をとらず、残りの8時間ですべての飲食を済ませるをgeefee流にやるのが効果的です。 グレリンをハックして長期的にダイエットを成功させるには? 空腹時に食欲を抑制するのは至難の業のように思えますが、食欲の元のグレリンを手なずければ、空腹を感じることなくダイエットができ、ダイエット後のリバウンドも回避しやすくなります。 空腹ホルモンをハックするには、ダイエット中に身体を一定の。 ケトーシス状態とは、血中ケトン体濃度が0. ケトーシス状態になるとダイエット中でも空腹ホルモンのグレリンが抑えられ、ダイエット後もグレリンが過剰に分泌されることはありません。 ケトーシスを上手に取り入れると、空腹を感じることなくダイエットに成功し、その後のリバウンドも起こらない理想的な減量ダイエットが実現するのです。 また、昼食も糖質を低めにすることで、血中のケトン体濃度を一定程度維持でき、血糖値の乱高下も防ぐことができるので、午後の空腹感や倦怠感を防ぐことができます。 ぜひお試しを! ダイエットを成功させるには、意志の強さよりも、満腹ホルモンと空腹ホルモンのコントロールのほうが大事。 従来の低カロリーダイエットでは、これらのホルモンの働きに逆行しているため、はっきり言って成功は困難。 満腹ホルモンと空腹ホルモンの作用を意識した断続的断食や低糖質生活、完全無欠コーヒーなど、少し食事を工夫すればホルモンが味方になってくれて、楽に健康で美しい身体を手に入れることができるでしょう。

次の

なぜ食欲は抑えられないのか。空腹と食欲のしくみ

グレリン 食欲

今回は人体の構造と機能から、 消化管ホルモンについて勉強します。 非常に種類の多いホルモンですが、消化管ホルモンに限定してもかなりの数が存在します。 消化管ホルモンは 出題頻度の高い項目ですから、しっかり整理しておきましょう。 主な消化管ホルモンの働き まずは出題頻度の高い消化管ホルモンを3つ紹介します。 ガストリン、 セクレチン、 コレシストキニンです。 ガストリン• 分泌場所: 胃のG細胞• 作用: 胃酸分泌促進 ガストリンは 胃酸の分泌を促進する働きがあります。 つまり、胃における食物の消化を促すために分泌されるホルモンといえます。 ちなみにガストリン分泌が高まるタイミングですが、もちろん 胃に食物(食塊)が入ったときです。 セクレチン• 分泌場所: 小腸のS細胞• 作用: 胃酸分泌抑制、膵液(重炭酸イオン)分泌促進 セクレチンが分泌されるタイミングは、食物が十二指腸へ移動したとき、すなわち胃での消化が終わったときです。 この状況で胃酸分泌を続ける必要はないので、セクレチンは 胃酸分泌を抑制します。 そしてもう1つの働きは、膵液の分泌を促進することです。 胃から十二指腸に流れ込んできた食物は、胃酸の影響で強い酸性の状態です。 それを中和するために、 重炭酸イオンを多く含む膵液の分泌を促すのです。 コレシストキニン• 分泌場所: 小腸のI細胞• 作用: 膵液(膵酵素)分泌促進、胆のう収縮 コレシストキニンもセクレチンと同じく、膵液の分泌を促すホルモンです。 ただし、この膵液は、 消化酵素を多く含む膵液という点に注意しておきましょう。 コレシストキニンのもう1つの働きは、胆のうを収縮させる働きがあります。 胆のうには胆汁が貯蔵されていますから、「 胆のうが収縮=胆汁の分泌促進」を意味します。 その他の消化管ホルモン 近年の国家試験で見かける機会が増えた注目の消化管ホルモンを3つご紹介! それは インクレチン、 ソマトスタチン、 グレリンです。 インクレチン(GLP-1、GIP)• 分泌場所: 小腸• 作用: インスリン分泌促進 インクレチンは、ホルモンでありながら、別のホルモンの分泌を促進するという変わった働きがあります。 インクレチンによって分泌が促進されるホルモンは、インスリンです。 ソマトスタチン• 分泌場所: 胃、小腸、膵臓• 作用: ガストリン・セクレチン・インスリン・グルカゴンの分泌抑制 お次は反対に、別のホルモンの分泌を抑制するホルモン、ソマトスタチンです。 インスリンやグルカゴンなどの分泌を抑制する働きがあります。 グレリン• 分泌場所: 胃• 作用: 食欲促進 最後はグレリンです。 食欲は、いろいろな要素により調整されていますが、消化管ホルモンであるグレリンもその1つ。 グレリンには、食欲を促進する働きがあるのです。

次の