カルメン ブラン ディン タールトン。 お客様の声|広島で新築・注文住宅を建てるなら|明治5年創業の工務店

顔面移植を受けた女性、顔面崩壊の危機で再度手術へ「未知の世界」(米)

カルメン ブラン ディン タールトン

経歴 [ ] 2005年からを拠点とし、同地のシャイアンマウンテン高校に在籍している。 母親はの元選手。 ミズーリ州セントルイスに生まれ、3歳のころにスケートを始めた。 2003-2004シーズンにノービスクラス初出場を果たすが、翌2004-2005年シーズンは地区予選を勝ち上がることができなかった。 2005-2006年シーズン、全米選手権ノービスクラスに2度目の出場を果たし2位となる。 フリースケーティングでは3回転を除く5種類全ての3回転ジャンプに成功、3回転-3回転のコンビネーションジャンプも決めた。 ではジュニアクラスでの国際大会初優勝を果たす。 2006-2007年シーズンよりに参戦し、で初優勝。 では2位となった。 全米選手権ではジュニアクラスに昇級して2位となり、初出場のでは4位。 2007-2008年シーズンのジュニアグランプリは1戦目の、2戦目のJGPブラオエン・シュベルター杯ともに優勝。 JGPファイナルでは再び2位となった。 全米選手権ジュニアクラスでも2年連続の2位。 2008-2009年シーズンは全米選手権、国際大会ともにシニアクラスに移行。 全米選手権では初出場で2位となり、及びの代表に選出され、世界選手権では9位となった。 2011-2012年シーズンは9月のコロラドスプリングス競技会で4回転ルッツを成功させ、ISUに史上初の4回転ルッツ成功者と認定された。 続くでもISU公式戦として初めて4回転ルッツに成功したものの 、総合順位は9位と振るわなかった。 57 10 138. 12 9 208. 69 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年4月1日-3日 () 2 68. 84 5 121. 42 4 190. 26 2013年1月20日-27日 () 10 66. 06 10 136. 36 9 202. 42 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年1月22日-29日 () 12 67. 47 15 132. 67 14 200. 14 2011年11月25日-27日 () 6 69. 35 9 116. 14 9 185. 49 2011年11月11日-13日 () 3 74. 83 9 110. 00 9 184. 83 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年1月23日-30日 () 3 71. 61 9 141. 88 7 213. 49 2010年11月26日-28日 () 3 72. 46 3 141. 85 3 214. 31 2010年11月5日-7日 () 4 69. 84 2 146. 96 2 216. 80 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年1月25日-31日 () 3 70. 88 5 141. 80 4 212. 68 2010年1月14日-24日 () 10 64. 45 6 136. 82 6 201. 27 2009年11月12日-15日 () 3 71. 40 11 102. 60 8 174. 00 2009年10月30日-11月2日 () 11 54. 50 4 127. 30 7 181. 80 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年3月23日-29日 () 8 76. 10 13 131. 09 9 207. 19 2009年2月2日-8日 () 5 75. 05 9 121. 73 8 196. 78 2009年1月18日-25日 () 4 74. 88 2 154. 82 2 229. 70 2008年11月13日-16日 () 6 65. 44 5 124. 02 5 189. 46 2008年10月31日-11月2日 () 6 67. 03 7 125. 20 7 192. 23 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年2月25日-3月2日 () 3 63. 36 5 122. 84 4 186. 20 2008年1月20日-27日 ジュニアクラス() 3 65. 89 2 137. 74 2 203. 63 2007年12月6日-9日 () 2 63. 13 2 124. 21 2 187. 34 2007年10月310日-13日 () 4 56. 89 1 122. 84 1 179. 73 2007年9月12日-15日 () 4 54. 69 1 130. 64 1 185. 33 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年2月26日-3月4日 () 7 57. 21 2 121. 19 4 178. 40 2007年1月21日-28日 ジュニアクラス() 2 61. 76 3 116. 80 2 178. 56 2006年12月7日-10日 () 5 55. 62 2 112. 44 2 168. 06 2006年10月10日-14日 () 1 60. 77 2 116. 39 1 177. 16 2006年9月12日-17日 () 11 38. 29 1 110. 37 2 148. 66 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2005年4月12日-16日 ジュニアクラス() 1 52. 48 1 111. 54 1 164. 02 2006年1月7日-15日 ノービスクラス() 1 49. 68 3 99. 05 2 148. 73 2003-2004 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2004年1月3日-11日 ノービスクラス() 7 7 7 プログラム使用曲 [ ] シーズン SP FS EX 2013-2014 曲: 10番街の殺人 作曲:、 2012-2013 マック・ザ・ナイフ より 作曲: 振付: 作曲: 振付: 2011-2012 作曲: 編曲: 振付:ジェフリー・バトル 2010-2011 作曲: 交響組曲『』 作曲:レナード・バーンスタイン Greased Lightnin' ボーカル:、 2009-2010 Temptation 作曲: Cherry Pink and Apple Blossom White 作曲:ティト・プエンテ Mambo Jambo 作曲:テリー・シュナイダー 作曲: 2008-2009 作曲: トッカータとフーガニ短調 作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 振付:ローリー・ニコル 監獄ロック 作曲: 2007-2008 作曲: King of the Forest 作曲: 2006-2007 即興詩 ニ短調 映画『愛のない愛人たち』より 作曲: マラゲーニャ 演奏:、 監獄ロック 作曲:エルヴィス・プレスリー 2005-2006 Montoona Clipper 作曲:レス・ブラウン 映画『』より 作曲:、ティム・シモネック 脚注 [ ] [].

次の

近現代音楽の作曲家一覧とは

カルメン ブラン ディン タールトン

写真 顔面移植手術の1年後にテレビ出演した女性(画像は『Metro 2019年9月23日付「Woman badly burned by abusive husband needs second face transplant」(Picture: Rex)』のスクリーンショット) 2007年に受けた家庭内暴力により顔面に大火傷を負ったアメリカ在住の女性は、2013年に顔面移植を受けて新しい顔と第2の人生を手に入れた。 女性は慢性的な拒絶反応に苦しみながらもその都度乗り越えてきたが、ここにきて顔面の血管や組織に異常が発見され、医師らは2度目の顔面移植を視野に入れ対応にあたっているという。 カルメン・ブランディン・タールトンさん(Carmen Blandin Tarleton、51)は2007年、当時の夫に野球のバットで殴られたうえ工業用の苛性アルカリ溶液をかけられ、身体の80%に火傷を負って両目の視力をほとんど失った。 2009年に左目の人工角膜移植手術を受け、2013年2月にマサチューセッツ州ボストンにあるブリガム・アンド・ウイメンズ病院で顔面移植手術を受けたカルメンさんは、車の運転はできないものの杖を使って街を歩けるようになり、ピアノやバンジョーなどの楽器にも挑戦するなど第2の人生を楽しむことができるようになった。 しかし手術後の6年半は、顔が腫れて赤くなるなど慢性的な拒絶反応との闘いでもあった。 これまではなんとか危険な状態を回避してきたが、医師らは先月、カルメンさんの顔面の血管が狭窄や閉塞を起こしていることを発見した。 この症状が進むと顔面の組織が壊死してしまうため、医師らは現在、今後の治療について検討を重ねている。 壊死の進行がゆっくりであればカルメンさんは第2のドナーからの顔面移植を待つことになり、進行が急速に進んだ場合は、最初に移植した顔面を一度切除して元の顔を再建することになるという。 現在ニューハンプシャー州マンチェスターに住むカルメンさんは、最近になって10年前に手術した左目の視力が落ち、ほとんど機能していない状態に陥っている。 カルメンさんは『The Boston Globe』に、「顔面移植を受けたことを後悔はしていません。 最低10〜20年は今の顔で暮らしていきたいと思っていますが、この分野はまだ未知の世界です。 もし今の顔に問題が起これば、その時は対処せざるを得なくなるでしょう」と述べている。 カルメンさんの医師は「移植された臓器には、ほとんどの場合期限があります。 しかし顔面移植の歴史は浅くまだまだ試行錯誤の状態です。 顔面移植によってどのような恩恵があるのか、また長い目で見た時のリスクはどうなのか、分からないことが山積みなのです」と語る。 また11年前にアメリカで最初の顔面移植手術を執刀した、オハイオ州クリーブランドクリニックのブライアン・ガストマン医師は「顔面移植をした多くの患者が慢性的な拒絶反応を訴えるようになりました。 一度手術を受けた患者は、いずれかの段階で再度顔面移植を手術する必要が出てくると考えています」と明かしている。 世界ではこれまでに40人以上が顔面移植を受けており、そのうちの15人がアメリカ人だ。 昨年1月には、。 画像は『Metro 2019年9月23日付「Woman badly burned by abusive husband needs second face transplant」(Picture: Rex)』『CBS News 2013年5月1日付「Woman burned with lye by ex-husband unveils new face transplant」(BRIGHAM AND WOMEN'S HOSPITAL)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 A.

次の

レディースファッションのブランド一覧【BUYMA】

カルメン ブラン ディン タールトン

バナスター・タールトン 画 生誕 、 死没 (満78歳没) 、のレイントワーディン 所属組織 軍歴 1775年-1781年 最終階級 除隊後 庶民院議員 初代 サー・バナスター・タールトン(: Sir Banastre Tarleton, 1st Baronet、 - )は、の陸軍大将、政治家。。 タールトンは恐らく中の従軍で最も良く記憶されている。 で降伏した兵士に発砲したと主張する大陸軍側の宣伝攻撃の中心に据えられた。 ロバート・D・バスが1952年に出版した『緑のドラゴン:バナスター・タールトンとメアリー・ロビンソンの生涯』という出版物で、「 血塗られたバン」という渾名が付けられ、当時の彼の渾名として今日の大衆文化で使われてきた。 タールトンはやイギリス兵には軽騎兵の傑出した指導者として持て囃され、優勢な敵に遭遇した時でもその戦術能力と決断力を称賛された。 その緑の制服は1778年に占領していたで結成した植民地部隊ブリティッシュ・リージョンの標準だった。 タールトンの騎兵隊は「タールトンの襲撃者」と呼ばれることが多かった。 戦後、タールトンはから議員に選出され、著名な政治家になった。 生涯 [ ] 青年時代 [ ] バナスター・タールトンは1754年、で商人、船主、業者でありにはリヴァプール市長をしていたジョン・タールトン 1718 - 1773 の7人の子供の4番目として生まれた。 父はイギリス領アメリカ植民地との貿易で幅広い繋がりをもっていた。 タールトンは、ので教育を受け、にのカレッジ に進み、弁護士として働く準備をしていた。 1773年に父の死によって5,000ポンドの遺産を相続したが、1年も経たないうちにロンドンのココアツリー・クラブでの賭け事と女性でほとんどすべて摩ってしまった。 、第1近衛竜騎兵隊の騎兵士官職を金で買い、才能ある騎手と軍隊指揮官であることを証明してみせた。 その傑出した能力だけで、それ以上の階級を購入する必要も無く中佐にまで昇進していった。 アメリカ独立戦争 [ ] 12月、タールトンはのから志願兵としてに渡った。 アメリカ独立戦争を始める反乱が起こったばかりの時だった。 とともに南部の都市を奪う遠征隊の一部として船で向かった。 この作戦が失敗した後、市の将軍が指揮するイギリス軍本隊に加わった。 1776年に収めた功績によって騎兵隊の参謀長の地位を得た。 指揮官ウィリアム・ハーコート大佐の下で、タールトンはの大陸軍将軍の動きを探る偵察隊の一部を担った。 の金曜日、タールトンはバスキング・リッジの1軒の家を取り囲み、家を燃やしてしまうと脅かしてまだガウン姿のリー将軍を降伏させた。 リーは捕虜としてニューヨークに連れて行かれ、後に捕虜交換で釈放された。 チャールストン占領 [ ] タールトンは、騎兵と軽歩兵の混合部隊であるブリティッシュ・リージョン(またの名をタールトンの襲撃者)の指揮官となった後、の初めにに転進し、チャールストン占領を頂点とする作戦行動で指揮官将軍に大きな貢献を果たした。 この作戦は、イギリスに対する支援があると信じる南部植民地に注力してその主権を回復しようというイギリス軍の「南部戦略」の一部だった。 ワックスホーの戦い [ ] 1780年、タールトンは150騎の騎馬隊を引き連れ、エイブラハム・ビュフォード率いる地域大陸軍の350名なし380名の分遣隊に追いついた。 ビュフォードは降伏を拒み、行軍を続けようとした。 しかし多くの犠牲者を出したビュフォードは降伏を告げた。 その直後に起こったことは今でも議論の種になっている。 アメリカ側の証言では、タールトンが白旗を無視して捕虜を慈悲も無く虐殺したことになっている。 結局113名の大陸軍兵が殺され、203名が捕虜になった。 捕虜のうちの150名は重傷を負っており、その場に残さざるを得なかった。 タールトン部隊の損失は5名が戦死、12名が負傷だった。 イギリス軍はこの事件を「ワックスホー・クリークの戦い」と呼び、一方アメリカ側は「ビュフォード虐殺」あるいは「」と呼んだ。 ロバート・ブラウンフィールドという大陸軍従軍医によるこの現場でのタールトンの行動に関する叙述では、ビュフォード大佐が降伏の白旗を掲げ、「文明社会の戦争で認められた通常の待遇を期待していた。 」ビュフォードが命乞いをしているときに、タールトンの馬がマスケット銃弾を浴びて倒れた。 このことでロイヤリストの騎兵たちは、反乱軍が命乞いしている間に自分達の指揮官を撃ったという印象を抱いた。 怒ったロイヤリストはバージニア兵に襲い掛かった。 ブラウンフィールドに拠れば、ロイヤリストが攻撃し、「最も残酷な野蛮人の最も見境の無い残虐行為でもそれまで無かったような無差別の大虐殺」を実行した。 タールトンの兵士は傷ついて横たわる大陸軍兵を突き殺した。 タールトン自身の証言では、事実上虐殺を認め、彼の騎乗する馬が最初の突撃時に銃弾を浴び、彼が死んだものと信じ込んだ部下達が「簡単には止められないような報復の執念に」陥った。 ワックスホーの虐殺は大陸の革命家達の間で重大な反感の声となった。 それまで多かれ少なかれ中立的な立場にいた者達まで、この虐殺を知った後は革命の熱心な支持者となった。 戦争の残りの期間、「タールトンの慈悲」あるいは「無慈悲」という言葉は、イギリス軍やロイヤリストの兵士に慈悲を与えないことを意味し、大陸の愛国者達のスローガンになった。 特にのでは、大陸軍によるロイヤリストの虐殺に繋がった。 この戦闘に参加した両軍の兵士は一人のイギリス軍士官を除いて全てが植民地人だった。 その後の南部戦線 [ ] 1780年11月、ネルソンズ・フェリーへの遠征で、タールトンはリチャードソン将軍の農園で家屋とその屋外のとうもろこしと飼料、さらに牛、豚、家禽の大部分を焼いた。 将軍は大陸軍で活躍していたが、その時は死んでいた。 イギリス軍の指揮官はリチャードソン将軍の未亡人や子供に向かい、この文明の時代に東方のバーバリ海岸(注:アフリカ北部地方)の作法に従って、その夫や両親の偉業を貶めさせた。 この残虐な行為に付け加えてタールトンはその家でまず食事をし、それができる余裕があることで上機嫌に振舞った。 しかし我々は受けた接待に彼が報いた方法を目にしたことはそれまで無かった。 タールトンとその部隊はイギリス軍のどの部隊よりも残酷な行動を取ったばかりでなく、略奪行為をほしいままにしたのが一般に観察されたことである。 このタールトンに関する記述は、が後に記したでのタールトンの行動によって表されたその性格とは対照をなしている。 私は彼から害を受けなかった。 それどころか私には非常に紳士的に振舞った。 彼はマクロード大尉に何ものも傷つけないよう厳格な命令を出した。 タールトンは1780年8月のでコーンウォリスが勝利するのをおおいに支援した。 彼はフィッシング・クリークあるいはカトーバ・フォーヅで大陸軍の将軍と戦い完勝したが、11月にブラックストックヒルで再度まみえた時は、それほどの成功を収められなかった。 続く1月、個人的な勇猛さにも拘わらず、タールトン軍はで大陸軍の准将率いる部隊に事実上打ち破られた。 タールトンは約250名の部下と共にかろうじて逃げおおせることができた。 タランツハウスでの小競り合いでは勝利し、1781年3月のに参加した後、タールトンはコーンウォリスとともにバージニアに移動した。 バージニアでのタールトンは小さな遠征を繰り返した。 この遠征の中でも、当時のバージニア知事トーマス・ジェファーソンと議会議員を捕獲するために行った、の襲撃が特筆される。 襲撃を知ったが夜通し40マイル 64km を駆けてジェファーソンと議員達に通報し、襲撃の一部は失敗した。 議員7人の他はすべて逃げられたが、タールトンは武器や弾薬を破壊し、議会を蹴散らすという目的は果たした。 他にも1781年7月にフランシスコの戦いがあった。 これはピーター・フランシスコとタールトンの竜騎兵9騎との小競り合いであり、竜騎兵の1名が戦死、8名が負傷し、馬8頭が捕獲された。 他にも任務をこなした後、コーンウォリスがタールトンにグロースター・ポイントを確保するよう指示を出した。 しかし、この場所は1781年10月にとともに大陸軍に降伏した。 タールトンは釈放されてイギリスに戻った。 ヨークタウンの降伏後、イギリス軍の指揮を執っていた士官全員が大陸軍の士官から食事に招待された。 ただし一人を除いて。 その一人とはバナスター・タールトンであった。 政治家としての経歴 [ ] 、タールトンはにリヴァプールの代表として立候補したが、接戦後に落選した。 、リチャード・ペナンの後を受けてリヴァプール選出議員に当選し、その後は1年間の空白を除いてまで議員を務めた。 タールトンは の支持者だった。 ただし、フォックスはアメリカ独立戦争におけるイギリスの態度に反対していた。 タールトンは、軍事問題や他の議案に関わったが、特に奴隷貿易について議論を戦わせた。 リバプール港が特に関係が深かったからである。 タールトンは彼の兄弟であるクレイトンやトーマスが奴隷貿易に関わっていたので、その存続を支持し、廃止論者に対する野次や冷笑行為でよく知られるようになった。 タールトンはその報酬でとの知事に任命された。 、タールトンは少将に昇進し、には中将、には大将に任じられた。 ではイギリス軍総司令官に指名されることを期待したが、その役目はに渡された。 彼はアイルランドやイングランドの各地で軍指揮官となった。 、タールトンは準男爵に叙せられ、にはバス勲位を授与された。 余生 [ ] タールトンは以降第4代アンカスター公爵の非嫡出の娘と結婚していたが、子供は無く、にシュロップシャー州のリントワーディンで死んだ。 ある期間、女優のメアリー・ロビンソン と同棲していた。 この15年間にも子供は得られなかった。 ロビンソンはに流産していた。 タールトンの肖像画はとによって描かれている。 バナスター卿(タールトン)は、「北アメリカ南部での1780年から1781年に至る作戦」 Campaigns of 1780 and 1781 in the Southern Provinces of North America London, 1781 という書物を著した。 この中で、カロライナにおける彼の行動を肯定的に描き、コーンウォリスの決断に疑問を呈している。 これはロデリック・マッケンジー大佐の著書「タールトン中佐の批評」 Strictures on Lieutenant-Colonel Tarleton's History 1781 とコーンウォリスの手紙で批判されている。 タールトンは1833年1月、のレイントワーディンで死んだ。 2006年捕獲されたアメリカ軍旗が競売に付された [ ] 2005年11月、タールトンが1779年と1780年にアメリカ大陸軍から捕獲した軍旗が4つ、イギリス国内に保存されており、にので競売に付されるとの報道があった。 このうち2つは、1779年に捕獲された第2大陸軽竜騎兵隊の部隊旗であり、他の2つは明らかにワックスホーの虐殺で捕獲された師団旗である。 これらの軍旗はアメリカ独立記念日(2006年7月14日)の競売で落札された。 大衆文化の中で [ ] による1835年の小説『ホースシュー・ロビンソン』の中で、アメリカ独立戦争の南部戦線を背景にした歴史物語を書いており、タールトンが現れて架空の登場人物と付き合う。 タールトンは力強く幾分は強引な戦闘好きの性格で描かれており、騎兵隊の任務と名誉を重んじている。 タールトンはの小説『イーグルを奪え』(原題 )では、主要人物のサウスエセックス連隊の大佐ヘンリー・シマーソンがタールトンの従兄弟と言われ、軍隊指揮官としては無能であるにも拘らず、タールトンの政治的コネを利用してその地位に対する支持を得ようとしている。 1985年の映画 Sweet Liberty(邦題『くたばれ! ハリウッド』)では、タールトンの役を俳優が演じ、情熱的で熱血的英雄として歴史学教授のマイケル・バージェス(俳優は)を当惑させる。 アメリカ独立戦争を描いた2000年の映画『』の中で演じるウィリアム・ダビントン大佐は、捕虜や無辜の市民を虐殺した残酷で加虐的な指揮官としてタールトンを元に作られている。 劇中ダビントン大佐は村人を教会に閉じ込めて火を放ったとされており、悪名高い第二次世界大戦のナチ戦犯に匹敵する残虐行為としている。 この論議を呼びそうな演出に対し、リバプールの市長エドウィン・クラインがリバプールの「英雄」に対する誤解と誹謗だとして映画制作者に謝罪を要求した。 なお、「ダビントン大佐」は史実のタールトンとは異なり、クライマックスの乱戦の中で演じる主人公マーティン(上記がモデル)とのに敗れて死んでいる。 バナスター・タールトンは2006年の映画『』でも、が演じ、イギリス議会で奴隷貿易廃止論者に反対する人物として描かれた。 脚注 [ ]• Scotti p. Wilson p. 243• Boatner, Cassell's Biographical Dictionary, Page 1174• "70th Congress, 1st Session House Document No. Washington: United States Government Printing Office 1928. Retrieved on 2007-12-10. 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• この記事には内で次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. 1911. 26 11th ed. Cambridge University Press. 428. A Sketch of the Life of Brig. General Francis Marion By William Dobein James, A. Member of Marion's Militia• Redcoats and Rebels By Christopher Hibbert• Cassell's Biographical Dictionary of the American War of Independence, 1763-1783 by Mark Mayo Boatner Cassell, London, 1966. Scotti, Anthony J. Brutal Virtue: The Myth and Reality of Banastre Tarleton, Heritage Books, 302pp. , 2002. Wilson, David K. The southern strategy: Britain's conquest of South Carlonia and Georgia, 1775-1780. University of South Carolina Press, 2005. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Website on Tarleton with his account of the Southern Campaigns of 1780-1781 for reference only• The website of a living history organization that portrays one of Tarleton's units at Revolutionary War Reenactments and other living history events• Hansard 1803—2005:.

次の