緊張 型 頭痛 漢方。 チェック付、頭痛を和らげる方法!片頭痛・緊張型頭痛 の原因と対処法|楽しむ・学ぶ|養命酒製造株式会社

【緊張型頭痛】一人で悩まないで!簡単な治し方からおすすめのお薬!|JGS

緊張 型 頭痛 漢方

緊張型頭痛は頭痛は、慢性型の頭痛の中で一番多い頭痛とされており、身体のストレスや無理な姿勢、緊張などが原因で起こると考えられています。 今回はこの、緊張型頭痛の症状から原因、予防法、対処法まで詳しく紹介していきますので、現在この頭痛でお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。 緊張型頭痛の症状とは? 頭全体や後頭部、首筋に、同じような痛みが毎日起こったり、締めつけられるような痛みが30分~7日間続く症状が緊張型頭痛と言えます。 この緊張型頭痛は偏頭痛などと異なり、動くと痛みが軽減されたり、仕事や家事もなんとかできるくらいの痛み方なのが特徴です。 頭痛以外の症状としては、肩や首の強いこり、ふらつき、めまい、全身のだるさなどがあります。 頭痛の約7割の方が「緊張型頭痛」と言われており、老若男女問わず、どの年齢層でもみられ、「反復性緊張型頭痛」と言われるたまに起こるタイプから、「慢性緊張型頭痛」と言った毎日のように痛むタイプがあります。 主な症状をまとめると、• 締めつけられるような重い痛み• 一定の鈍い痛みが続く• 痛みを感じ始めると30分から7日間続く• 肩や首のこりなど別の症状を伴う• 長時間パソコンを使った後に痛む 偏頭痛の症状のみられる嘔吐などの症状はなく、ライフスタイルの改善で症状が緩和されたりします。 緊張型頭痛の原因とは? 緊張型頭痛を引き起こすメカニズムは、身体的・精神的なストレスが関係しているとされており、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。 筋肉が緊張状態になると血流が悪くなります。 そうなると、筋肉内に老廃物がたまり、神経が刺激されて発症する痛みです。 身体的ストレスによるもの 特に多いのが長時間のパソコンの使用、無理な姿勢での作業など頭から首にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなったときに発症する痛みです。 この症状になりやすい方は、首筋の筋肉が弱い女性の方の多くみられ、頭部を支える筋力が足りず、無理な姿勢や長時間パソコンの使用などで負担がかかり頭痛を引き起こしやすい傾向があります。 精神的ストレスによるもの 精神的ストレスによる緊張型頭痛は、真面目な性格の方や几帳面な方が起こりやすい症状です。 身体に精神的なストレスが続くと、脳内の神経細胞が鈍り機能不全を引き起こします。 この状態になると頭痛としての痛みを感じるようになります。 緊張型頭痛の予防法 緊張型頭痛を予防するには、日常生活での「ストレス管理」がとても大切です。 身体的・精神的ストレスを上手に解消することが緊張型頭痛の予防策となります。 仕事などで長時間机に向かうような方は、休憩はしっかりとるようにし、軽いストレッチや運動などで気分転換することが大切です。 筋肉をほぐすことで血流の流れが良くなり、痛みを発生させにくくしてくれます。 また、お風呂にゆっくりとつかりながら首や肩のマッサージをするのも効果的です。 身体を温めながらマッサージすることで血の巡りを良くさせ緊張型頭痛が起こらないように予防することができます。 時間がある方は、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるとより効果的です。 緊張型頭痛の対処法 緊張型頭痛には、アスピリンやイブプロフェン、アセトアミノフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使うことが多いです。 これらは市販の頭痛薬や風邪薬などにも含まれる成分で、「反復性緊張型頭痛」には有効でも「慢性緊張型頭痛」に毎日服用するのは好ましくありません。 長期的に飲み続けることで薬物乱用頭痛などを引き起こすデメリットもあるのでできるだけ、薬に頼らずに身体のストレスを軽減させる方法をとり頭痛の改善ができたら理想的です。 しかし、対策がなかなか取れないときは漢方薬がおすすめです。 漢方なら健康的に体質改善も同時にできるので一石二鳥です。

次の

頭痛|症状・悩みから選ぶ|漢方薬を選ぶ|漢方セラピー|クラシエ

緊張 型 頭痛 漢方

この痛み、何とかならないの? じわじわ頭が痛む症状、 締め付けられる痛みが一日続く… そんな緊張型頭痛の原因と治し方は? 原因を知れば予防に繋がる。 治し方を知り、自分で治療しよう! 痛みから開放される方法とは? 前回の記事で 頭痛には3種類ある。 頭痛の種類によって 原因も治し方も違ってくる。 …という話をしました。 あなたが、この記事を 読んでもらえているということは 前回の記事から 「自分は緊張型頭痛だ。 」 と思われたんだと受け取ります。 この記事から読んでいる人は、 前回の記事から、自分の 頭痛の種類を見分けてください。 記事: 見分けたうえで、 あなたが緊張型の頭痛である。 これを前提に話を進めていきます。 では、緊張型頭痛について 見ていきましょう! スポンサーリンク 几帳面で神経質なら緊張型頭痛になりやすいタイプ まず緊張型頭痛について 簡単に説明します。 緊張型頭痛は、言葉の通り 緊張が原因で起こる頭痛のこと。 痛みは、じわじわ 締め付けられるような感覚で 一日中続くこともあります。 几帳面であったり神経質な人が なりやすい頭痛とされています。 几帳面や神経質な人は いつも気が張っている状態なんです。 自律神経を知っていますか? 自律神経とは、体が生きる上での 無意識な部分をつかさどる神経のこと 呼吸や消化など そして自律神経には活動時に働く交感神経と 休息時に働く副交感神経があります。 この2つの神経がバランスよく働くのが 理想であり、健康的なんです。 話を元に戻しますが、 几帳面や神経質な人は 比較的、交感神経が活発に 働きすぎる傾向があります。 そうすると、体は長時間 緊張状態を強いられ、 血管が収縮し血管に老廃物が溜まります。 すると、筋肉が凝って、 神経が圧迫されてしまいます。 なので、リラックスする時間を 増やすことから始めましょう。 緊張時は体が冷えることがあるので 体を温めることも非常に有効です。 偏頭痛とは違って血流を良くすることで 緊張型頭痛は和らぐ傾向があります。 なので首を蒸しタオルで温めたり カイロをタオルで肩を温めると 痛みも緩和しやすいですよ。 肩や首をぐるぐる回すだけでもOKですが 一度、以下のストレッチを試して見ては? やり方• 肩をゆっくり上げ下げする 3回• 頭を真横に倒す 左右に3回ずつ• ゆっくり首を回す 左右に3回ずつ これで、首と肩の筋肉がほぐれ 頭痛も解消されます。 個人的な理想はこのストレッチを 入浴中にやることです。 身体もポカポカ温まるので 一石二鳥になります。 外出時はムリですが… これも緊張型頭痛に効果的な方法で 偏頭痛では痛みが悪化する可能性があります。 だから最初にキチンと頭痛の種類を 見極めることが大切なんですよね。 緊張型頭痛は温めたり体操で 血流を良くすることを意識する。 この2つのポイントを まず試して見てください。 スポンサーリンク 【まとめ】『温めるコト』と『緊張を取るコト』で緊張型頭痛を遠ざける! では、この記事のまとめに入ります。 緊張型頭痛の原因は首と肩のコリ• ポイントは温めるコトと 体の緊張をほぐすコトです。 この2つを意識しながら 緊張型頭痛を軽減させていきましょう。 また偏頭痛についても 原因と治し方を書いているので こちらも参考にしてみては? 記事: 記事: 頭痛は0には出来ませんが 上手に付き合っていくことは可能。 ではまた、次の 記事でお会いしましょう。 スポンサーリンク.

次の

漢方ズッキノン|緊張型頭痛研究所 ズキラボ|頭痛・肩こりを11種類の生薬で治す

緊張 型 頭痛 漢方

慢性頭痛とは別に命に関わる危険な頭痛もあります。 くも膜下出血や髄膜炎が原因の頭痛には注意が必要です。 突然の激しい頭痛や、発熱を伴う頭痛が数日~数週間続いたときは、まず危険な頭痛を疑い一刻も早く受診なさってください。 上記の4つのタイプの慢性頭痛の中で、近年非常に増えてきてるのが、 薬の使いすぎによる頭痛です。 病院によっては、頭痛外来を受診する人の4割が、薬の使いすぎによる頭痛の患者さんだそうです。 鎮痛薬を多用してると、脳などの中枢神経での痛みの感受性が変化し、少しの刺激でも痛みを感じやすくなります。 その結果、だんだん薬が効かなくなり、むしろ痛みが悪化してしまいます。 痛みがあれば、また薬を使うという悪循環で、どんどん症状が悪化してしまいます。 こうなってから頭痛外来を受診すると、医師の指導のもと、頭痛薬の種類を変えたり、片頭痛の人は予防薬を使用して鎮痛薬の使用頻度を減らしていきます。 スポンサーリンク 西洋医学で症状が改善されない、あるいは副作用がある場合、漢方を用いるのも一つの方法です。 痛みが出た時に、 痛みだけを止める鎮痛薬と違い、漢方医学は痛みの原因となる身体のアンバランスを調整して痛みそのものが出ないように治療します。 私も長年、漢方薬を愛用していますが、体質に合う薬に出会えたときには、副作用もほとんどなく実によく効きます。 それでは、頭痛・肩こりに効く漢方薬には、どのようなものがあるのかを一緒に見ていきましょう。 頭痛・肩こりに効く漢方薬 頭痛や肩こりが起こるとき、その背景には冷えがあったり、気・血・水の滞りがあったりすることが多いもの。 たとえば冷え性を漢方薬で改善すると、頭痛と肩こりの両方がよくなることもあります。 下記に頭痛に使われる漢方薬をあげてみました。 即効性の高い漢方薬もある• 健康保険が適用される漢方薬は約150種類• 自分の体質に合った漢方薬を見つけるためには、医療機関での処方が望ましい 漢方薬といえば即効性がなく、改善に時間がかかるというイメージを持っている人も多いと思いますが、実際には、風邪などで起こる頭痛に使う頓服など、一服でピタっと治せる即効性の高いものも沢山あります。 費用の面においては、現在、約150種類の漢方処方に健康保険が適用されていますので、少ない負担で利用できます。 ただし、自費診療の医療機関もあるので、受診の前に確認しておいたほうがいいでしょう。 漢方薬は西洋薬に比べると副作用は少ないといえますが、副作用が全くないわけではありません。 自分の体質に合っていないものを使ったときは副作用が出る場合もありますし、アレルギー反応が起こる場合もあります。 漢方薬は市販もされていますが、自己判断で自分の体質に合う漢方薬を見極めるのは難しいので、できれば医療機関で処方してもらい、副作用も含めて、その後の経過をきちんと診てもらうほうが望ましいでしょう。

次の