ダウンタウン 昔。 ダウンタウン(松本人志と浜田雅功)の昔のエピソードについて考察!

ワイキキ・ダウンタウン歴史街道ツアー:ハワイの「遊ぶ・体験する」|allhawaiiオールハワイ

ダウンタウン 昔

長原成樹が昔生野連合にいたって本当!? 長原成樹さんについて検索しようとすると、まず一番最初に出てくる検索候補が『生野連合』という言葉です。 大阪市生野区を拠点に活動している暴走族グループなんだそうですが、長原成樹さんもこの『生野連合』に所属していたんだとか。 ご本人が公言しているかどうかまでは確証が取れなかったんですが、少年のころはとにかく悪いことばかりしていたというのはご本人も認めています。 さらに、調べてみると、18歳の時に強盗事件まで起こしているという情報が見つかりました。 しかも、事件が事件なだけに、少年院に入ることになったという情報もありました。 こうなってくるとただの不良少年じゃなくなってくるので、ちょっとびっくりしてしまいますが、今のテレビで見る長原成樹さんからは想像がつきませんね。 しかし、あまりの柄の悪さから、NSCの面接を受けさせてもらえなかったというエピソードがあるぐらいなので、よほどの不良だったんだと思います。 長原成樹とダウンタウンとの関係は!? 長原成樹さんとあの大御所『ダウンタウン』との関係について調べてみました。 実は、ダウンタウンのお二人は、あのNSCの第1期生で、長原成樹さんは第2期生であるということが判明しました! 同じ時期に大阪でお笑い芸人として駆け出し始めた長原成樹さんとダウンタウンのお二人ですが、入学が近い割に共演が全くと言っていいほどないようなんです。 そのため、巷では『共演NGなのでは!?』といったうわさが出回っていて、長原成樹さんについて検索しようとしたら、『生野連合』という単語の次に『ダウンタウン』と出てくるほど、みなさんの関心を集めています。 ただ、共演NGという情報があるわけでもないですし、こちらも真偽のほどはよく分かりません。 ダウンタウンは人気が出てすぐに東京に進出していますし、長原成樹さんは大阪を中心に活動しているので、そもそもそんなに接点はないのかもしれませんね。 その彼が先日の放送で、ガオーさんをデザインしたTシャツを着用しておりました。 実は、長原成樹さんは2歳の時にお母さんをなくし、お父さんに育てられています。 お父さんは多忙な人で、なかなか家で一緒の時間を過ごすことができず、他のお友達が悪いことをして親にどつかれているのを見て『うらやましい。 』と思ってたと語っています。 そんな長原成樹さんが悪いことをしたときに、叱ってくれたのは近所のおせっかいなおじさんおばさんたちでした。 それが長原成樹さんにとって、本当にうれしいことだったそうで、実はガオーさんはそんな関西のおせっかいな近所のおじちゃんがモデルになっているそうなんです。 長原成樹さんにとって、ガオーさんは前向きなおせっかいおじさんなんですね。 長原成樹は韓国人って本当!? 長原成樹さんは大阪市生野区の出身で、自身のルーツが在日コリアンであることを公言しています。 大阪生野区コリアン街なう — チャオ yamagatanohino1 生野区にはコリアンタウンがあって、韓国人コミュニティーがあるそうなんですが、長原成樹さんもそこで育ったと生い立ちを書いた自叙伝の中でも明言しています。 また、そのことを隠したことも1度もないともありました。 なかなか自分のルーツについて明言するのは勇気のいることかと思いますが、堂々としていてかっこいいですよね! さて、続いての項目では、長原成樹は結婚してる!?奥さんはどんな人!?という話題について調べましたので、引き続きご覧ください。 長原成樹は結婚してる!?奥さんはどんな人!? 長原成樹さんはご結婚はされているのでしょうか?いろいろ調べてみたところ、2010年の10月10日に入籍しているという情報が見つかりました! お相手の方は公表されていないので、一般人の方なのかもしれませんね。 元・ミス札幌のかたとお付き合いしていたという情報もありましたが、この方が現在の奥様なのかどうかはわかりません。 気になるところですねー! さて、続いての話題は、長原成樹が『探偵!ナイトスクープ』を降板した理由は!?という話題についてお届けしますので、引き続きご覧ください。 長原成樹が『探偵!ナイトスクープ』を降板した理由は!? 長原成樹さんと言えば、『探偵!ナイトスクープ』での活躍だと思うのですが、20年以上もレギュラーとして出演してきたのに、2013年に番組を降板することになります。 リゾート探偵と呼ばれたり、取り立て屋成樹、ガオーさんなど、番組としてはなくてはならない存在だったと思うんですが、なぜ降板してしまったのでしょうか? 降板理由としては、 番組の若返りというのが一番大きかったようです。 これだけの長寿番組なので、今までも探偵の卒業というのは何度も行われてきたことですが、そのたびに話題になっていますよね。 久しぶりにガオーさん復活してくれないかなー、と思ったりもします。 それでは、続いては、長原成樹の現在は!?という話題について調べましたので、引き続きご覧ください。 長原成樹の現在は!? 長原成樹さんの現在の活動について調べてみました。 最近あんまりテレビで見かけないなーと思っていたのですが、先日放送された『さんまの熱中少年グランプリ』に出演していました。 に さん! — そらまめ soramame1471 長原成樹さんの風格かっけー。 他にも、洋菓子のプロデュースなんかもやっているようですよ。 【ル・フルティエ】生チョコサンド&濃茶の生チョコサンドセット(12個入り) チョコレート チョコ 関西テレビ おすすめ3 ギフト よーいドン! — 関西スイーツオフィシャルツイッター kansaisweetscom 多才ですよねー!元ヤンキーとは思えない繊細なお仕事です 笑 それでは最後に長原成樹さんのプロフィールをご覧ください。 長原成樹プロフィール 長原成樹(ながはらせいき) 生年月日:1964年4月18日(55歳) 出身地:大阪府大阪市生野区 血液型:B型 身長:180cm 所属事務所:吉本興業 長原成樹は昔生野連合に?ダウンタウンの関係やガオーさん秘話とは!まとめ 今回はここまで、長原成樹は昔生野連合に?ダウンタウンの関係やガオーさん秘話とは!という話題でお届けしてきましたが、いかがでしたか?テレビの出演だけでなく、悪役組合を立ち上げてみたり、スイーツのプロデュースをしたりと、活躍の場を広げていっている長原成樹さんから目が離せませんね!これからも大注目していきたいと思います。 最後までご覧いただき、ありがとうございました!.

次の

ダウンタウンととんねるずの不仲説 高須光聖氏が真相を語る

ダウンタウン 昔

Contents• ダウンタウンと大崎洋の逸話が衝撃的だった!? 今は有名なダウンタウンですが、昔のマネージャーは大崎洋だったんですね。 大崎洋はその後吉本興業で出世して社長になっていますが、実は大崎洋とかつて売れていなかったときのダウンタウンの逸話が心に刺さるなという情報について書いていきます。 ダウンタウンも最初はなかなか仕事がなく、大崎洋とダウンタウンの3人で黙々とコントの打ち合わせをしていた時期があったと言われています。 今でこそ有名なダウンタウンですが、昔はやはり大変な時期を経験していたんですね。 さらにこのような情報もあります。 nsc1期生・菅野銀次と前田政二の目に映る昔のダウンタウンについて。 ダウンタウンと同期だった銀次・政二が昔のダウンタウンについてこのように語っています。 ダウンタウンは昔は今とは異なって暗かったと言われており、路線も今とは違ったようです。 今現在ボケは松本人志が担当していますが、当時は浜田雅功もボケをしていたということです。 銀次・政二はダウンタウンが漫才がうまいと感じていたようですが、あるとき漫才大会の前にダウンタウンが漫才の練習している姿をみてきちんと練習しているなと感じたようです。 ダウンタウンは人目につかないところで地道に練習しているということなんですね。 さらに気になる情報について書いていきます。 ダウンタウン(松本人志と浜田雅功)の昔(若手時代)について。 実はネット上でもよく話題になりますが、ダウンタウンの若手時代に関しては様々なことが噂されています。 その中でも特に話題になるのがダウンタウンは昔怖かったのではないか?ということです。 いったいなぜ怖いと言われるのか?ということについて調べていきます。 ダウンタウン(松本人志と浜田雅功)は若い頃は怖いと有名だった? たしかにネット上でよく話題になるダウンタウンの若い頃は怖かったということには僕も納得する部分があります。 きっとこの表現できない空気感ですが、その空気感がダウンタウンの若い頃は怖いというイメージが定着している要因なんじゃないかな?と思います。 またその当時のバラエティ番組は多くの人が楽しんで見れるというところにダウンタウンのスタイルはそれを否定していた気がします。 仲良し同士というのはあくまでも表面の顔で特に松本人志は心の中で誰誰にはまけたくないといった内なる闘志があったといわれております。 やはりダウンタウンの若い頃特に松本人志は他の芸人よりは自分たちは面白いという内なるものを秘めていたのではないか?と言われております。 そのような空気感で臨んでいたからなのか?実は番組共演者がすごくダウンタウンを恐れていたという情報があるのでそのことについて触れていきます。 YOUはダウンタウンを恐れていた?!というエピソードは本当なのか? YOUはダウンタウンを恐れていたというエピソードがありますが、いったいなぜそのような話が出るのか?ということですが、YOUが初めてダウンタウンと共演したときが衝撃的でした。 YOUはダウンタウンと初めての共演ということでいったいいつ自分のことを紹介してもらえるのか?と思っていたらダウンタウンに全く紹介してもらえずに、自分からYOUが自己紹介してもいいかと聞いたときにダウンタウンはやや怒り気味で自己紹介すればいいという返答が来たみたいです。 このときからYOUはダウンタウンが怖くなり、ダウンタウンとの収録の前には血尿が出てストレスで痩せたという情報があります。 番組共演しているYOUがここまでのことを感じるということでやはり昔のダウンタウンがどれほど怖かったのか?ということがうかがいしれますね。 ダウンタウンが怖いという噂が出る理由はこのようなことが関係しているということかもしれませんね。 そしてこの内容と全く逆の内容ですが、ダウンタウンが恐れていた人物がいるという情報があるのでそのことについて触れていきます。 ダウンタウンは小林旭を恐れていた?! 実はダウンタウンの2人が共演して怖かったと感じている人が歌手の小林旭という情報があります。 ダウンタウンと小林旭が共演した際に、小林旭が機嫌が悪くなり番組中になんとフリスクを食べていたことに対して、松本人志はフリスクのケースで中身は違うものなんじゃないかな?なんて笑いを挟んでいましたが、松本人志も浜田雅功も小林旭のことを恐れていたといわれております。 というここまでがダウンタウンの昔についての情報ですが、ここからは僕が個人的に感じていることについて関係ある内容ですが書いていきます。 松本人志の若い頃はすごくイケメンだった! 今現在の松本人志は筋肉こそムキムキですが、若い頃の松本人志は本当にイケメンでしたね。 芸人なので顔で売っていないんでしょうけど、僕の個人的な感想ですが若い頃の松本人志は本当にイケメンだったと思います。 ということで今回はダウンタウンの昔について気になる内容について書いてみました。 今回の記事はここで終わりです。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次の

ワイキキ・ダウンタウン歴史街道ツアー:ハワイの「遊ぶ・体験する」|allhawaiiオールハワイ

ダウンタウン 昔

メンバー [ ]• (はまだ まさとし、1963年〈昭和38年〉5月11日 - )(57歳) ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。 身長165cm、A型、出身。 (まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )(56歳) ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。 身長172cm、血液型B型、兵庫県尼崎市出身。 概要 [ ] 尼崎市立潮小学校時代に2人は出会う。 構成作家のも同級生であり、高校卒業後にコンビ結成。 1988年、『』で東京進出。 1991年、『ダウンタウンのごっつええ感じ』で全国的な人気を得る。 関西・関東の多くの芸人が、お笑い芸人となるきっかけを作ったコンビであり、漫才・コント両面で多くの芸人に影響を与えたお笑いコンビ。 また 日本一DVDが売れるお笑い芸人としても有名である。 経歴 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 的であり、で書き直す必要があります。 ( 2013年7月) 吉本入り [ ] 3月、浜田が吉本興業が開校した新人タレント養成所「吉本総合芸能学院」(通称:NSC)の1期生募集ポスターを見つけ、同級生の松本を誘い、同年4月4日にNSC1期生として入学。 旧来の演芸の世界のからは外れた存在であり、師匠も弟子も居ない。 入学2ヶ月目でテレビ番組初出演となる『』にて名人賞を獲得。 その1ヵ月後には「」で福笑い大賞を受賞。 これらの功績が認められNSC在学生では異例の早さで「」の公演に5日間であるが特別出演する。 8月、『』の素人・アマチュア芸人の勝ち抜けコーナー「」に「まさし・ひとし」として出場し、5週勝ち抜きグランドチャンピオンとなった 番組内ではNSC在学生ということは伏せられ、完全な素人と偽って出演していた。 芸能事務所スカウトで吉本興業が獲得の意思を表明するなど、完全な出来レースであった。 劇場で舞台を踏みながら「」や「」に出場する。 、・で、と共にコントライブ「ごんたくれ」(全3回)の第1回公演を開催。 後のの笑いの原型を開拓させたイベントであった。 「松本・浜田」、「まさし・ひとし」、「青空てるお・はるお」、「」、「まさと&ひとし」など、コンビ名を定着させずに活動していたが、同年5月、喫茶店でたまたま開いた雑誌記事の文字からコンビ名を「 ダウンタウン」に改名。 同年6月6日になんば花月上席初出演を果たす。 、「第14回NHK上方漫才コンテスト」で優秀賞を受賞。 「第5回ABC漫才・落語新人コンクール」で最優秀新人賞を受賞した。 「心斎橋筋2丁目劇場 in 南海ホール」誕生 [ ] 当時の吉本興業は、の終焉によって花月三館(なんば花月・・)の観客も若年層より年配層が多くを占めていた。 養成所時代から2人のマネージャー的存在であった(現・代表取締役会長)は、才能はあるが注目度が低かったダウンタウンに対して、「彼らの場を作ってやらんといかん」 と、大崎が発起人となり、当時・にが賃貸契約していた劇場「」での定期開催を計画。 笑いのターゲットを若年層に絞り、若手芸人と共に、1984年「心斎橋筋2丁目劇場 in 南海ホール」(通称「心劇」)を毎週末に開催した。 紳助・竜介の解散 [ ] 5月、うめだ花月上席に出演中のダウンタウンの漫才を、舞台袖で出番待ちをしていたのがたまたま目にし、自分達の限界を感じ、当日に吉本興業本社に出向きコンビ解散を告げる。 同年5月20日に行われた記者会見で紳助は、解散理由について「や、ダウンタウンには勝てない」と当時まだ無名であったダウンタウンの名前を挙げた。 同年秋、『』内の3分程度のコントコーナー「ダウンタウン劇場(シアター)」でテレビレギュラー番組を獲得。 また『』金曜日の司会者に起用される。 南海ホールでの定期ライブ「心斎橋筋2丁目劇場」も徐々に反響を呼ぶようになり多くの若者から支持を受ける。 「心斎橋筋2丁目劇場」オープン [ ] 、南海ホールでの定期ライブ「心斎橋筋2丁目劇場」は、、、らとの公演で人気を博し、入場出来ない程のファンが詰めかけていた。 同時期、南海ホールの経営が南海電鉄から吉本興業に移り、「大阪にものようなホールを創ろう! 」という企画が持ち上がったことから、総工費約2,000万円をかけて改装され、同年5月16日、正式に「心斎橋筋2丁目劇場」の名称で、吉本の常設劇場としてリニューアルオープン。 8月6日にはで当時の2丁目劇場主要メンバー「おさわがせ2丁目探険隊 来てもた大阪城」を開催した。 『4時ですよーだ』 [ ] 、ダウンタウンがメインの平日夕方の帯番組『』()が放送開始。 この番組を機にダウンタウンの人気が爆発、同年9月27日にはでコンサート「DOWNTOWN SCANDALS」を開催し、会場は若年層の女性ファンで超満員となった。 その人気に肖って、当時の吉本若手タレントでは珍しく写真集の発売や歌手としてデビューアルバムも発売させる。 このダウンタウン人気で、NSC7期生(1988年度)の生徒数がNSC卒業生の総数を上回る現象も起こった。 関西で爆発的な人気を獲得したダウンタウンは、その勢いで東京へも活躍の場を広げる。 に、ウッチャンナンチャン・・とのコント番組『』(フジテレビ)が(後に全国ネット)でスタート。 また、2丁目劇場の東京公演「おでかけでっせ、ラフォーレまっせ」をで不定期に開催していた。 東京進出 [ ] 、吉本興業から本格的な東京進出命令が下る。 以前から『』、『』、そして前年からスタートしていた『夢で逢えたら』などの東京に出向いて番組に出演していたが、『4時ですよーだ』の司会を同年4月より7月まで一時交代し、『』(フジテレビ)の月曜レギュラーとなる。 に『4時ですよーだ』が最終回を迎え、、『』()が関東ローカルで放送開始。 4月からは『』(フジテレビ)にレギュラー出演。 司会のとの丁々発止のやりとりがお茶の間に受けるなど、全国ネットのレギュラー番組も増加していく。 、3度の特番放送を経て、『世界の常識・非常識! 』の後番組『』が放送開始される。 ダウンタウンが得意とするシュールなコントで全国的に不動の人気を獲得し、全盛期には視聴率20%を越える人気番組へと成長。 には制作の全国ネット番組『』が、1994年10月17日にはフジテレビで『』が放送開始された。 個人としての活動〜『ごっつええ感じ』終了 [ ] 浜田は東京進出後に数々のに出演するなど俳優業にも分野を広げ、1995年3月15日には浜田はと音楽ユニット「」を結成し、第1弾シングル「」を発売するとオリコンチャートで7週連続1位を獲得し、CDセールスは200万枚の大ヒットとなった。 同年の大晦日放送『』にも初出場し、同番組では松本が浜田に内緒でゲスト出演している。 一方で松本はお笑いの活動にこだわり、1994年には入場料1万円のライブ「寸止め海峡(仮題)」、1995年にはで初のお笑い芸人の1人単独ライブ「松風'95」が行われ独自の笑いを生み出し続けていった。 1993年から1995年にかけて、松本が『』に連載していたエッセイ(「オフオフダウンタウン」)が単行本化される。 題名は『遺書』『松本』で、それぞれ250万部、200万部を売り上げた。 1995年には芸能人長者番付で松本人志が1位、浜田雅功が2位となった。 1997年11月、番組改編期でもない11月に『ダウンタウンのごっつええ感じ』が突如となり、それを受けダウンタウンのバラエティ番組の傾向が変化していく(詳細は参照)。 2000年代 [ ] 、松本とのW主演でドラマ『』(日本テレビ)が放送開始。 最終回には浜田とが出演。 に浜田主演のドラマ『』(日本テレビ)が放送開始。 このドラマの主要メンバーで構成された音楽グループ「」を結成し、「」をリリースすると、同年の大晦日放送の『』にも出場した。 、突如打ち切りとなった『ごっつええ感じ』が『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』として一夜限りの復活を遂げる。 これ以降ダウンタウンとして10年間、地上波テレビ放送ではコントを披露することがなかった。 、作詞:松本人志、作曲・バックコーラス:、歌:浜田雅功として「」を発売。 2010年代 [ ] 、で松本出演のコント番組『』のレギュラー放送第1回目のゲストとして相方である浜田とコントを披露。 ダウンタウンとしてコントを披露するのは2001年放送の『-ものごっつええ感じスペシャル』以来である。 、吉本興業100周年特別公演にダウンタウン、今田耕司、東野幸治、130R、などで、かつて花月で行われていた興行「ポケットミュージカルス」を復活。 公演内容は『ごっつええ感じ』の男性陣で構成された人気コントキャラによる「」や浜田が「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」を熱唱するという豪華なラインナップとなった。 、 ダウンタウン結成30周年記念特設サイトが10月20日に公開された。 から、吉本興業100周年記念公演『』で、ダウンタウンが若手時代に活躍していた「心斎橋筋2丁目劇場」が舞台化された。 この公演でダウンタウンを(浜田雅功)、(松本人志)が演じる。 放送の『』で、一部などで不仲説が囁かれていた(・)と1994年10月3日放送の『』(フジテレビ系)以来となる約20年ぶりの共演を果たし、同じく不仲説があった(・)と、1989年1月1日放送の『』(フジテレビ系)以来となる約25年ぶりの共演を果たした。 また(・)とも、コンビとしては1998年『』(日本テレビ系)以来となる16年ぶりに共演している。 出演 [ ] ダウンタウンとしての出演番組を記載。 個人での出演作品は、を参照。 現在放送中のレギュラー番組 [ ]• (系)• (読売テレビ制作・日本テレビ系)• (系)• (日本テレビ系) スペシャル番組 [ ]• 大晦日年越しスペシャル(日本テレビ)2006年〜• (TBSテレビ)2008年~• (フジテレビ)2013年~• (TBSテレビ)2014年~• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ• 大運動会 TBS• (1986年11月 - 1987年2月、フジテレビ)• 週刊ダウンタウン・おいしいとこスペシャル(1987年10月 - 1989年3月、『4時ですよーだ』の総集編)• 夢で逢えたら(1988年 - 1991年、フジテレビ)• (1989年 - 1993年、フジテレビ)• (1989年 - 1993年、フジテレビ)• (1989年 - 1993年、フジテレビ)• (1989年 - 1990年、テレビ東京)• (1989年10月 - 12月、日本テレビ)• (1990年、TBSテレビ)• (1990年 - 1991年、フジテレビ)• (1991年4月 - 11月、フジテレビ)• (1991年 - 1992年、フジテレビ)• ダウンタウンのごっつええ感じ(1991年 - 1997年、フジテレビ)• (1992年 - 1993年、TBS)• (1993年4月 - 9月、TBS)• (1993年 - 1994年、TBS)• (1993年 - 1996年、日本テレビ)• (1995年 - 1996年、テレビ朝日)• (2001年 - 2003年、毎日放送)• (2004年4月 - 9月、フジテレビ)• (2004年 - 2005年、フジテレビ)• HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP(1994年10月 - 2012年12月、フジテレビ)• (2011年4月 - 2013年9月、フジテレビ)• (2005年10月 - 2013年9月、TBSテレビ)• (2013年10月 - 2014年3月、TBSテレビ)• (2013年11月 - 2015年3月、フジテレビ)• 4時ですよーだスペシャル 笑ろて暮れや! 4時ですよーだスペシャル 黄金週間だ! 」のコーナーに出演。 (1990年9月8日、日本テレビ)• (1991年2月10日)• (1991年6月29日) とダウンタウンで司会• (1990年9月12日、)• (1990年12月29日、日本テレビ)• ダウンタウンのごっつええ感じ マジでマジであかんめっちゃ腹痛い(1991年1月3日、フジテレビ)• ダウンタウンのガキの遊びやあらへんで!! (1991年4月8日、日本テレビ)• 火曜ワイドスペシャル ダウンタウンのごっつええ感じ(1991年5月28日・7月23日、フジテレビ)• (1991年12月22日、フジテレビ)• (1991年12月26日、)• (1991年 - 1993年、日本テレビ)• ダウンタウンスペシャル 男ットコ前やなー! (1991年12月27日)• ダウンタウンスペシャル 男ットコ前やなー! 2(1992年4月11日)• ダウンタウンスペシャル 男ットコ前やなー! 3(1992年10月2日)• ダウンタウンスペシャル 男ットコ前やなー! 4(1993年4月1日)• ダウンタウンスペシャル 男ットコ前やなー! 5(1993年10月5日)• (1992年1月3日、TBSテレビ)• (1992年2月19日、テレビ朝日)• (1992年4月12日、フジテレビ)• (1992年8月29日-30日、日本テレビ)• (1992年10月1日、TBS)• (1992年10月7日・12月23日・1993年3月31日、TBS)• 爆笑ヒットパレード(1993年・1995年・2000年、フジテレビ)• (1993年1月1日)• (1995年1月1日)• (2000年1月1日)• (1993年1月2日・6月10日、日本テレビ)• (1993年1月3日、関西テレビ)• (1993年1月4日、テレビ朝日)• 夢で逢えたら伝説スペシャル〜NYで野沢直子を探すドキドキの48時間と大総集編〜(1993年4月10日、フジテレビ)• (1993年8月20日、TBS)• (1993年10月9日、フジテレビ)• (1993年12月31日、日本テレビ)• (1994年1月1日、フジテレビ)• (1994年1月3日、関西テレビ)• (1994年10月4日・12月31日、日本テレビ)• (1995年1月3日、フジテレビ)• (1995年3月15日、テレビ朝日「水曜特バン! 」枠)• (1995年9月25日、フジテレビ) Aブロック「ダウンタウンのごっつええ感じ」 THE TEAM FIGHT)の司会を担当• (1997年4月1日、フジテレビ)• (1997年7月26日-27日、フジテレビ)• (1998年12月30日、テレビ朝日)• ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル (2001年10月12日、フジテレビ)• (2002年10月5日、日本テレビ)• (2003年3月14日、フジテレビ「」枠)• (2003年8月2日、日本テレビ)• (2004年12月3日・12月17日、日本テレビ) の代理司会• (2004年12月8日、フジテレビ) の代理で浜田雅功が司会、松本人志が解答者として出演• 史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ(2005年 - 、TBS)• (2006年 - 2008年、フジテレビ「」枠)• (2006年・2007年、テレビ朝日「」枠)• (2006年・2007年、日本テレビ)• ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル (2006年 - 2017年、日本テレビ)• (2006年12月31日 - 2007年1月1日)• (2007年12月31日 - 2008年1月1日 )• 2008年第1部 (2008年12月31日)• 2008年第2部 (2008年12月31日 - 2009年1月1日)• (2009年12月31日 - 2010年1月1日)• (2010年12月31日 - 2011年1月1日)• (2011年12月31日 - 2012年1月1日)• (2012年12月31日 - 2013年1月1日)• (2013年12月31日 - 2014年1月1日)• (2014年12月31日 - 2015年1月1日)• (2015年12月31日 - 2016年1月1日)• (2016年12月31日 - 2017年1月1日)• (2017年12月31日 - 2018年1月1日)• (2018年12月31日 - 2019年1月1日)• (2019年12月31日 - 2020年1月1日)• オロナミンC キングオブコント2008・2009(2008年10月5日・2009年9月22日、TBS)• 爆笑 大日本アカン警察(2009年12月28日・2010年3月29日、フジテレビ)• 笑いの王者が大集結! ドリーム東西ネタ合戦 2019年1月1日、TBS - 総合司会• (1982年8月20日-26日、フジテレビ) 「まさと・ひとし」名義で出演。 (1982年12月12日、テレビ朝日) 「ライト兄弟」名義で出演。 (1985年1月19日・1月28日・3月16日・3月23日・1986年7月19日、日本テレビ)• (1985年、テレビ朝日)• (1985年5月8日、NHK総合)• 爆笑ヒットパレード(1986年 - 1992年、1月1日、フジテレビ)• たけし・さんまの第19回初詣! 爆笑ヒットパレード!! (1986年1月1日) 「ダウンタウン」名義としてフジテレビ初出演。 第20回初詣! 爆笑ヒットパレード(1987年1月1日)• 第21回初詣! 爆笑ヒットパレード 完全4元生放送 お笑い超豪華決定版(1988年1月1日)• 第22回初詣! 爆笑ヒットパレード 4時間半3元生中継(1989年1月1日)• 第23回初詣! 爆笑ヒットパレード 5元生放送(1990年1月1日)• 第24回初詣! 爆笑ヒットパレード(1991年1月1日)• 第25回初詣! 爆笑ヒットパレード(1992年1月1日)• 花王名人劇場 おもしろ新人類〜阪神・巨人・小朝も大笑い!! 〜(1986年2月2日、関西テレビ)• (1986年7月12日、NHK総合「」枠) ワンシーンでダウンタウンの漫才音声のみが流された。 (1986年9月9日、フジテレビ「」枠)• (1986年12月31日、関西テレビ)• (1987年1月3日、関西テレビ)• 花王名人劇場 おもしろ文珍CLUB 新しい時代 - 新しい笑い(1987年1月25日、関西テレビ)• 花王名人劇場 男マンザイ過激に集合(1987年3月、関西テレビ)• 第7回花王名人大賞(1987年3月29日、関西テレビ)• (1987年7月8日、テレビ朝日「新・水曜スペシャル」枠)• 花王名人劇場 独占中継! よしもと笑いの殿堂今日オープン(1987年11月1日、関西テレビ)• 花王名人劇場 生中継! オールスター勢揃い 今年も笑っていただきます(1988年1月3日、関西テレビ)• 花王名人劇場 DokiDokiスペシャル 元気印はピット'IN(1988年4月10日、関西テレビ)• 花王名人劇場 やすしきよしのドキドキ生放送! オール爆笑マンザイ(1988年6月19日、関西テレビ)• 花王名人劇場 売れっ子漫才・ルーツ発見! (1988年8月28日、関西テレビ)• 花王名人劇場 感謝をこめて10周年記念特別番組 勢揃い! 漫才オールスター(1988年10月9日、関西テレビ)• (1988年10月22日、朝日放送)• 花王名人劇場 1万人が笑った! マンザイ大爆発! (1988年11月13日、関西テレビ)• (1988年12月31日、フジテレビ)• 第49回ホリデーワイド午前の部 西川きよしの爆笑春一番!! (1989年3月23日、朝日放送「ABCホリデーワイド」枠)• (1989年4月5日、日本テレビ)• (1989年4月16日、中部日本放送)• (1989年5月4日、日本テレビ)• (1989年10月4日、日本テレビ)• (1989年12月31日、日本テレビ)• (1989年12月31日、フジテレビ)• (1990年・1991年、TBS)• (1990年1月14日、フジテレビ)• (1990年2月7日、日本テレビ)• (1990年2月21日・28日、フジテレビ)• (1990年3月8日、日本テレビ)• 「」(1990年、3月18日、日本テレビ)• (1990年 - 1991年・1993年、日本テレビ)• (1990年4月11日・1991年4月3日)• 秋は人気番組でSHOW by ショーバイ!! (1990年10月3日)• (1991年10月2日) 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 』チームとして出場• 秋は人気番組で!! SHOW by ショーバイ世界まる見えマジカル頭脳で笑ってヨロシクどんなMONだい?! (1993年10月6日) 『発明将軍ダウンタウン』からのクイズ出題と番宣をかねてVTR出演• (1990年5月21日、日本テレビ)• (1990年5月27日、関西テレビ)• (1990年6月18日、日本テレビ)• (1990年7月9日、フジテレビ)• (1990年7月12日、日本テレビ「木曜スペシャル」枠)• (1990年 - 1993年・1995年、2001年・2008年、2009年、2011年 - 2013年、フジテレビ)• (1990年7月21日-22日)• (1991年7月20日-21日)• (1992年7月18日-19日)• (1993年7月24日-25日)• (1995年7月15日-16日)• (2001年7月21日-22日)• (2008年7月26日-27日) 『』本番収録中のスタジオに突如、明石家さんまが乱入(翌日、7月28日放送の『HEY! HEY! HEY! 』ではCM中の様子も放映した)。 (2009年7月25日-26日)• (2011年7月23日-24日)• (2012年7月21日-22日)• (2013年8月3日-4日)• LIVE笑ME! (1990年8月24日、日本テレビ)• (1990年8月28日・10月16日・12月18日・1991年1月8日・5月14日、日本テレビ)• (1990年9月8日、日本テレビ)• (1990年9月15日、)• (1990年9月30日、TBS)• (1990年10月7日、日本テレビ) 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 』の企画で素人として出場• (1990年11月10日、日本テレビ)• (1990年12月12日、フジテレビ)• (1990年12月26日、日本テレビ)• FNS番組対抗! なるほど! (1991年9月30日・1992年9月29日・1993年10月4日・1994年10月3日)• (1992年3月30日・1993年3月29日・1994年3月29日) 『ダウンタウンのごっつええ感じ』チームとして出場• (1991年1月11日、TBS)• 吉本新喜劇 東京極楽公演(1991年4月12日、TBS)• (1991年10月21日、テレビ朝日)• 木曜スペシャル ズームイン! ザ・ワールド(1992年3月19日「木曜スペシャル」枠)• (1992年10月25日、TBS)• 春の人気番組勢揃い!! (秘)テレビの裏側大公開(1993年3月22日、日本テレビ)• ダウンタウン・楽屋でのできごと• (1993年3月25日、テレビ朝日)• (1994年3月23日、フジテレビ)• (1995年・1998年、フジテレビ)• 志村けんのバカ殿様! 新春スペシャル(1995年1月4日)• 初笑い!! 志村けんのバカ殿様(1998年1月3日)• (1995年7月9日、関西テレビ)• 第46回NHK紅白歌合戦(1995年12月31日、NHK総合) 浜田雅功がH Jungle with tとして出場、松本人志がに扮して乱入• (1996年11月6日・11月13日・12月11日、TBS)• (1997年10月8日・1998年3月21日、テレビ朝日)• (1997年・1998年、テレビ朝日)• エキセントリック少年ボウイオールスターズとして出演(1997年10月31日)• として出演(1998年6月5日)• (1997年12月26日) エキセントリック少年ボウイオールスターズとして出演• (1997年11月5日、日本テレビ)• (1998年5月7日、毎日放送)• いろもん豪華特別版(1998年6月6日、日本テレビ)• (1998年6月27日、TBS) 日影の忍者勝彦オールスターズとして出演• (2001年9月30日、テレビ朝日)• (2001年12月31日、TBS) Re:Japanとしてを受賞• 第52回NHK紅白歌合戦(2001年12月31日、NHK総合) Re:Japanとして出場、と共演• (TBSテレビ)2005年~2013年• (2014年3月31日、フジテレビ)• おっと! モモンガ」のリニューアル後の金曜日担当。 ヤーングタウン! 」とタイトルコールするところを、彼らのみ「MBS! (この部分は、YOUなど女性パーソナリティが担当)」に続けて淡々と「ダウンタウン」とつぶやいて話題となった。 (1987年 - 1989年、)• (ラジオ大阪)- 数回出演。 HEY! HEY! の特番終わりで横浜アリーナの会議室からの放送中に当時Re:japanのメンバーだった、、東野幸治、、と共に乱入という形で出演。 (1986年) -、 、と共演• - 保険業務 (1987年)• - 洗濯機 (1987年)• - (1988年)• - VHSビデオカメラ「MACLORD VHS Movie NV-M10」 (1989年)『』のレギュラーとして出演• - 缶紅茶「テス」(1989年 - 1990年) - と共演• - 鎮痒薬「ウナコーワ」(1990年)• - 「60日間ウェルカム大作戦」「ウェルカム大作戦 Part. 2」「ウェルカム(カーケア)大作戦」 (1991年 - 1994年)• - ゲームソフト「」「」「」 (1991年 - 1992年)• ロッテ - チューインガム「FRESH」(1992年) - と共演 直接の共演ではなく、合成で二人の顔が加勢大周の顔に変化する。 - 「恋のミラクルサマー」(1992年)- ナレーションのみ• - カラオケルーム店舗「ビッグエコー」 (1992年)• フジテレビ - 哲学〜フジテレビ・秋のキャンペーン(1992年9月)• - 炭酸飲料「OSMO(オズモ)」 (1992年 - 1993年)• - 「おこめサンド」「とれたて弁当」とれたて安心二重丸シリーズ(1992年 - 1995年)• ロッテ - チューインガム「フラボノガム」 (1993年)• ロッテ - スナック菓子「ベーカリー家族」「POPOLI(ポポリ)」 (1993年 - 1994年)• - 映画「ロビン・フッド キング・オブ・タイツ」 (1993年)• - 缶コーヒー「Zotto(ゾット)」 (1996年)• 日本コカ・コーラ - 缶コーヒー「」『明日があるさ』CMドラマシリーズ (2000年 - 2002年) 、東野幸治、藤井隆、ココリコ、、山田花子、間寛平、、、、、野沢直子、、と共演• - 着信メロディ「着と〜く」 「イロメロミックス」 (2004年 - 2006年)• - パチンコ幾「CR明日があるさ よしもとワールド」 (2005年) 間寛平、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号、東野幸治、山田花子、藤井隆と共演• 日本コカ・コーラ - 缶コーヒー「ジョージア」 『エメマンバトル』(2010年) 浜田が「王道派」、松本が「スッキリ派」のリーダーであった。 、東野幸治、木村祐一、、、と共演。 - NEX 2013年 声の出演のみ。 テレビ朝日との関係 [ ] 2020年現在、ダウンタウンはテレビ朝日制作のレギュラー番組を持っていない。 松本は2019年3月24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「皆さんご存じの通り、テレ朝出禁やから」と明かしており、吉本興業の上層部とテレビ朝日の上層部の間で対立が起こり、吉本興業側が「ダウンタウンを出演させない」と通告すると、テレビ朝日側から「いらない」と返事を受けたことを語っているが、真相は不明である。 浜田がMCを務める全国ネットレギュラー番組『』とスペシャル番組『』、松本が審査員を務める『』は、いずれも朝日放送テレビ(ABCテレビ)が制作している。 なおABCテレビ後援の『M-1』には2005年大会以降、テレビ朝日も本社スタジオを決勝戦会場として提供するなど企画協力として制作に参加している。 受賞歴 [ ]• 1982年 毎日放送 素人名人会 名人賞• 1982年 福笑い大賞• 1982年 フジテレビ 笑ってる場合ですよ! お笑い君こそスターだ! 第32代チャンピオン• 1984年 第5回ABC漫才・落語新人コンクール 漫才の部 最優秀新人賞• 1984年 第14回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞• 1985年 第2回花月大賞 花月新人賞• 1986年 第21回上方漫才大賞 新人奨励賞• 1987年 第15回日本放送演芸大賞 ホープ賞• 1987年 第15回日本放送演芸大賞 最優秀ホープ賞• 1987年 第22回上方漫才大賞 奨励賞• 1987年 最優秀新人賞• 1988年 第23回上方漫才大賞 奨励賞• 1989年 第24回上方漫才大賞 大賞 作品 [ ]• 夕陽家族(1989年10月8日)• さよなら(浜田ヴァージョン)(1991年2月21日)• この曲で2001年に2度目の出場を果たした。 2004年11月「浜田雅功と」という音楽ユニットのクリスマスソング『チキンライス』の作詞は松本が担当したりと、共同作業もある。 (1988年10月21日)• より発売されたミニアルバム。 歌手デビュー作でもある。 所ジョージが詞曲を提供している。 (1991年3月21日)• シングル「生きろ・ベンジャミン」(松本バージョンと浜田バージョンの2種類発売)の発売後にリリースされた。 松本、浜田のソロ歌唱曲も収録し、、所ジョージ、、島田紳助などが詞曲を提供している。 夢で逢えたら メモリアルアルバム(1992年9月18日)• 同番組のサントラ盤• (1994年8月19日)• (1995年5月19日)• (1995年6月21日)• プロデュースにより、でCDデビューした際には、"THE GEISHA GIRLS"というユニット名がつけられた。 日本においては、にも住宅地があり、にも繁華街があることが多いため、ダウンタウンを単に「下町」と訳すと意味が違ってくるためこの名になった。 ただ、この命名の理由についてはあくまで便宜的なものであり、実際の命名のきっかけとなった出来事がある。 これは、『ガキの使い』のトーク収録に坂本龍一が観覧に訪れており、後日のトーク収録にてこのことについて触れられた。 そこから「坂本プロデュースでCDデビューしよう」と及び、「ユニット名は? 」との浜田のフリに対し、松本が思わず発した「坂本龍一プロデュース、ゲイシャガールズ! 」と発したことが直接のきっかけ。 この収録のあと、乗り気になった番組スタッフがニューヨークにある にプロデュース依頼のオファーを出し、坂本が「ダウンタウンの2人が(レコーディングで)N. に来られるのなら」という条件付きでこれを快諾、ダウンタウンと坂本らによる『THE GEISHA GIRLS』が結成されることになった。 アメリカの人気、も参加している。 (1997年12月15日)• 番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』のサントラ盤• の楽曲「」をダウンタウンがカバーしている• ダウンタウン物語(1988年)• MY ハレルヤ(1988年)• ダウンタウンホラー・大魔神怒る(1989年)• ウッチャンナンチャンがゲスト参加したコメディ。 ダウンタウンの流(1991年)• 漫才、ショートコントを収録。 ダウンタウンのごっつええ感じ Vol. 1-10(1995年 - 1998年)• 同テレビ番組から傑作コントを厳選。 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! Vol. 1〜7(1995年 - 1998年)• ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 10周年記念傑作トークベストセレクションVol. 1〜4(1999年)• 明日があるさ(2001年)• The Very Best Of ダウンタウンのごっつええ感じ Vol. 1〜5(2003年)• ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! Vol. 1〜20(2004年 - 2014年)• リンカーン Vol. 1〜17(2010年 - 2014年)• ダウンタウンの前説 Vol. 1〜5(2013年 - 2014年)• THE VERY BEST ON AIR of ダウンタウンのごっつええ感じ Vol. 1〜6(2014年) 書籍 [ ] 関連書籍 [ ]• タモリの、ダウンタウンも世紀末クイズ それ絶対やってみよう2(1991年、扶桑社)• タモリ・ウッチャンナンチャンのダウンタウンもみんないっしょに世紀末クイズ それ絶対やってみよう3(1992年、扶桑社)• ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 1〜6(1995年 - 2003年、ワニブックス)• 発明将軍ダウンタウン(1996年、日本テレビ放送網)• ダウンタウンの理由(1997年、)• ダウンタウンのごっつええ感じ完全大図鑑(1998年、扶桑社)• ダウンタウンDXのお願い! 名前を呼んで! (1998年、ワニブックス)• ダウンタウンDXのスーパー国民投票結果発表(1999年、ワニブックス)• 104(2012年、太田出版) 写真集 [ ]• ハレルヤ DOWN TOWN COMPOSITION 1988(1988年、)• 2丁目BOOK(1988年、) 関連人物 [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ.

次の